しかし、1年前に小池夫妻が謎の不審死を遂げました。遺体は心臓をえぐり取られていたのです。事件の数日後に、自分そっくりの女性が映っている映像がリサのもとに送られてきたことから、リサは妹が生きていると確信したわけです。, 依頼を引き受けた大杉の脳裏に、自身が刑事を辞職する原因となった事件の記憶が甦ります。それは後輩の三島刑事(桐谷健太)の事件でした。 ソ連が崩壊し、ロシアはこの潜水艦から日本の公安の国民監視システムを乗っ取ったのです。グラークα作戦の真の目的は、公安を裏切った明星の父親である明星洋人(篠田三郎)の抹殺でした。ロシア人スパイ、イワン・タイラーの正体は明星洋人だったのです。 大杉はエレナを保護して、自分の探偵事務所に連れて行きますが、エレナには知的障害があり、言葉が話せません。権藤は新谷宏美のように女装して大杉探偵事務所を襲撃しエレナを奪還しようとします。しかし、大杉がエレナを連れ出していたため、偶然そこにいた大杉の娘・めぐみ(杉咲花)を拉致するのです。 しばらくして三島が復職するとほぼ同時に、百舌の模倣犯が現れました。模倣犯の犠牲者はいずれも、証拠不十分で釈放された犯罪者たち。大杉と三島はこの捜査を担当します。その一方で、大杉は三島の犯行を疑い始めたのです。, 回想から我に返った大杉は、鳴宮に小池リサの両親の遺体が発見された犯行現場を調べるよう依頼します。そこは「足を踏み入れた者は、心臓博士に襲われる」という噂がある廃病院でした。鳴宮はそこで管理人を名乗る男性(堀部圭亮)と出会います。

都市伝説になっている「夢に現れるダルマ」という不気味な人物は、どうやら国民監視システムに関連があるかのように示唆されて、物語は終わります。, 倉木、大杉、明星らは「ダルマ」が実在するかもしれないと思い始めます。多くの人の夢に「ダルマ」が登場することから都市伝説となり、「大きな事件にはダルマが関わっている」と囁かれるようになるのです。 倉木警部、明星、そして所轄署の刑事・大杉良太(香川照之)は、一連の事件が関連していると断定し、協力して新谷和彦を追います。 また、百舌の模倣犯も佐藤でした。三島に模倣犯の罪を着せようとしていたのです。佐藤は、抵抗できない三島をアイスピックで刺殺しました。, 大杉はリサに真相を伝えます。小池夫妻の人体実験、彼らがリナに殺害されてしまったこと、18年前の幼児連続殺害事件がリナの犯行であること、管理人がリナを守り、2度とリナに罪を犯させないと言っていることなどを。大杉はリサに「彼らを信じてほしい」と頼みます。 西島秀俊主演のハードボイルド刑事ドラマ、「mozu」シリーズ。「海猿」シリーズなどの羽住英一郎が手がけ話題になりました。今回はその複雑怪奇なあらすじを、分かりやすくまとめてみました。ネタバレがありますので、ご注意を。 リナは、満月を直視すると動物や人間を噛み殺したくなる衝動にかられます。両親はこれを治療しようとしていたのです。管理人は小池夫妻の人体実験の唯一の成功例でした。 交番勤務の鳴宮啓介(伊藤淳史)に防犯カメラの映像を解析させます。分析の結果、爆弾を仕掛けたのは森井組のチンピラ・三谷と判明。嫌がらせの発端は、植田による、事務所を移籍しようとしている自分への嫌がらせだったと、百合は大杉に語ります。

吉田駒夫は戦時中は武器商人として巨億の富を手にし、終戦時にアメリカとコネを作り、戦後、右翼・ヤクザなど裏の人間を利用して政治家たちを操っていました。日本の首相を決めるほどの大物にのぼりつめた人物です。過去の多くの経済事件の裏には、常に吉田駒夫の存在が囁かれていました。

写真は、室井警視官と倉木妻の不倫現場写真と、 サルドニア共和国の地図?だったような。 とにかく不倫写真が重要意味があったのだけど・・・ ドラマでは登場しましたっけ? 最終回の今話、明かされた倉木の妻がなぜに爆弾を運んだのか? に繋がるのか? 西島秀俊(21)

公安部の明星美希(真木よう子)は、プロの殺し屋・新谷和彦(池松壮亮)を追って、爆発事故の現場に居合わせていました。新谷は筧を尾行していたのです。, 筧は警察内部の暗号化された機密が入ったICチップを所持しており、サルドニア共和国大統領暗殺を企んでいたことが判明してきました。 倉木はテロリストたちに拷問されそうになったところを、元アテナセキュリティの東和夫らに救われます。一方、大杉は娘のめぐみとエレナを交換するために、権藤と接触しました。大杉が絶体絶命のピンチに追い込まれているところ、自分の模倣犯である権藤を快く思わない新谷和彦が現れ、権藤を百舌のハヤニエのように串刺しにして殺します。, 吉田駒夫は生きながらえるために、臓器移植が可能な自分の子どもを大量にストックしていました。エレナもその1人で、一番の適合者は彼女だったのです。 倉木らが日本へ帰国後、ペナム共和国大使館でまたもやテロ事件が起こり、多数の負傷者が出ました。倉木は現場に駆け付けますがエレナは行方不明。東が「化け物が復活した」と倉木に告げます。化け物とは吉田駒夫のことで、どうやらエレナは拉致され、エレナの臓器を使って吉田駒夫は復活を果たしたようです。 テレビドラマ、スピンオフ、劇場版と多数の展開が行われた「MOZU」シリーズ。全ての作品を見た上での感想をお話します。東のその後や津城の考察、作中での犠牲者一覧などなど、細かなお話や、MOZUシーズン3の可能性はあるのかどうかをお話していきます。 この容疑者として佐藤(浦井健治)という男が逮捕されました。しかし、アリバイが成立し釈放されてしまったのです。ショックを受けた三島は、休職を余儀なくされてしまいます。 アジアの途上国ペナム共和国で、高柳は倉木に「ダルマ」の正体は吉田駒夫(ビートたけし)であると教えます。 久しぶりに妻と娘と食事した大杉 ... 【ネタバレ】ドラマMOZU Season2 ~幻の翼~ 第1話 あらすじと感想 【ネタバレ】MOZU 9話のあらすじと感想 娘雫ちゃんの父親は結局室井かよ! 【ネタバレ】MOZU 7話 あらすじと感想 グラークアルファ作戦と警備計画書が気になる TBS WOWOW. また、倉木千尋は夫を守るためなら真実を話さないと判断され、グラークα作戦の生き証人として、イワン・タイラーによって生かされることに……。公安の幹部、津城警視正(小日向文世)はすべてを「ダルマ」によって隠蔽するように指示します。