必要とするリソース(CPU、メモリ)量があらかじめ推測しにくいアプリケーションに対して、実績に基づいてそれらしい値を決めたい場合に効果を発揮します。, 猫でもわかる Vertical Pod Autoscaler がわかりやすいです。, Kubernetesは、cloud providerが提供していれば、nodeのauto scalingもでき、Cluster Autoscalerという機能が担っている。 KubernetesのServiceに外部IPを設定してPodからアクセスする dashboardのPORT(S)に (ここでは)32002 が表示されていることを確認します。, このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください。. podのHorizontal pod autoscaling(水平podオートスケーリング)とは、podの負荷に応じて自動的にpodの数を増減させることを指す。 ただいつの頃か... はじめに 今回は同じことをやるのですが設定方法を変えてみます。

PodDisruptionBudgetリソースを作成すればよい。 Kubernetes 2018.06.19 2018.06.25 髙妻智一. Why not register and get more from Qiita? By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole, By "stocking" the articles you like, you can search right away. Kubernetes を触り始めて困惑したのは、クラスタの外からどうやってアクセスするのか?ということでした。 GKE なら提供されているロードバランサを使えば良いですが、GKE に頼れない環境でも良い方法が欲しいものです。 ClusterIP はクラスタ内部からアクセスする際に使用するもので、外部からアクセスすることは意図されていませんが、 これをそのまま利用できればとても楽ができそうです。 ClusterIP へのアクセスは複数の Pod に対して振り分けられるので、Ingress や Service Load Balancer が無く … or ku... kubectl proxyオプションの紹介 ~--accept-hosts, --address, --port, --api-prefi... はじめに Kubernetesの環境でPodのデプロイやClusterの制御などを行う際にはkubectlコマンドを介して操作します。 kubectlにはたくさんのコマンドやオプションが用意されています。その中の一つであるkubectl proxyについて、少しだけ検証する機会がありました。 こ... はじめに 以下と同じ環境です。 日常系エンジニアのTech Blog.

kubernetes には kubectl というコマンドがあり普段のオペレーションはそちらでやることが多いと思いますが、サーバから kubernetes をコントロールしたいというニーズもあるとも思います。 kubernetes には REST API が用意されているのでそれにアクセスすれば良いんですが、どうやって認証すればいい … 参考: https://qiita.com/tkusumi/items/946b0f31931d21a78058 What is going on with this article? Cluster Autoscalerはnodeを追加する前にそのnodeにpodがscheduleできるかを確認する。じゃないとnodeを追加してもpodがscheduleできない事態になってしまう。, nodeを削除するとき(scale downするとき)system podsが実行されているかチェックし、されているならnodeの削除を行わない。ただしsystem podsがDaemonSetの場合を除く。DaemonSetは各nodeで実行されているためnodeからpodを削除しても問題ないため。 HorizontalPodAutoscalerリソースには以下の4種類を指定することができる。, Vertical Pod Autoscalerは、コンテナに割り当てるCPU、メモリのリソースの割り当てを自動的にスケールさせるリソースです。 AWS CLIのインストール方法 2018年仮想通貨のスマホウォレットを提供するGinco Incにブロックチェーンエンジニアとして入社。. 実は前回の設定ではsnmp-exporterの... はじめに 前回の問題点 問題を報告する

target valueが80なら 全体(全podの合計)のCPU使用率が80%になるように調整される。たとえば全体のCPU使用率が90%ならpod数は増えるし、50%ならpod数は減らされる。, スケールアウトのための計算方法は以下 (詳しくはAutoscaling Algorithmを参照), 重要な点は、定期的(30秒に1回)にメトリックの取得をしているため、すぐにはスケーリングが行われないということ。少し時間がかかる。, CPU使用率を50%に保つHorizontalPodAutoscalerリソースを作る, describeしてみると、Events欄にSuccessfulRescaleと表示され、pod数が5つになったことが分かる, podの数を見てみると5つ(HorizontalPodAutoscalerで指定したMAXのpod replica数)になっていることが分かる, custom metricsを用いてCPUメトリックス以外のメトリックスでオートスケーリングを行うことができる。 スマホゲームを作る子会社に所属し、サーバーサイドのエンジニアを担当。2年目の終わりから新規子会社の立ち上げに参加し、サーバーサイドのエンジニアリーダーとしてサービースのリリースから運用までを担当。 kubectl.kubernetes.io/last-applied-configuration={"apiVersion":"autoscaling/v2beta1","kind":"HorizontalPodAutoscaler","metadata":{"annotations":{},"name":"hpa-test","namespace":"default"},"spec":{"max... resource cpu on pods (as a percentage of request), Type Status Reason Message, ---- ------ ------ -------, AbleToScale True SucceededRescale the HPA controller was able to update the target scale to, ScalingActive True ValidMetricFound the HPA was able to succesfully calculate a replica count from cpu resource utilization (percentage of request), ScalingLimited True TooManyReplicas the desired replica count was more than the maximum replica count, Type Reason Age From Message, ---- ------ ---- ---- -------, Normal SuccessfulRescale 3s horizontal-pod-autoscaler New size, cpu resource utilization (percentage of request) above target, https://qiita.com/tkusumi/items/946b0f31931d21a78058, 指定したscaled resource objectによって管理されている全てのpodのメトリックを取得する, メトリックを定義されたターゲット値に近づけるためにはどのくらいのpodが必要か計算する, scaled resource objectのreplicas fieldを更新する。, Resource Requests, Resource Limitsのようなメトリックス, Podのメトリックス。例えばQueries Per Second(QPS) や message broker’s queueやコネクションの数。, Podとは直接関係ないメトリックス。たとえばIngressのHit/sやlatency。, Kubernetes外のメトリックス(例: LBのQPS、Cloud Pus/Subの溜まっているメッセージ数), podのメモリ消費量はオートスケーリングメトリックスに向かない。 これらがauto scalingが可能なリソース。, ポイントとしては、auto scalingはtarget valueに近づくようにpod数が調整されるということ。 自分用メモであります。 目標 KubernetesにおけるServiceについて理解する ラベルとLabelSelectorオブジェクトがServiceにどう関係しているかを理解する Serviceを使って、Kubernetesクラスターの外にアプリケーションを公開する Kubernetes Serviceの概要 Kubernetes Podの寿命は永続的ではありません。実際、Podにはライフサイ … はじめにkubernetesにpod作って外部からアクセスするときに簡単に確認する方法をまとめておきます。参考サイトNodePort vs LoadBalancer vs Ingressテスト用nginxのmanifestテスト用に使うのは