SwitchBotの公式サイトを参照してください。, 次にIFTTTのアクション設定を行います。 ここでは、公開鍵認証を使用し、認証項目でSSHキーを選択します。 それでも最新バージョン(8.14.5以降)でLINE側が対応してくれたため、簡単なレシピなら作ることができます。, では実際に作ってみましょう。 しかしホーム画面にアプリのアイコンがたくさん並んでいると使いにくいと思 …, 皆さんは今の携帯通信料に納得されていますか? 買取業者に下取りしてもらうという手もありま …, 壊れたiPhoneを買い取る業者が増えています。 ネット回線・ポケットWi-Fi・格安SIMの最新情報も是非チェックしてください。. これで、ショートカットを起動すると、写真が開き、変換したいスクリーンショットを選択すれば一気に変換されます。, 「あの日本語って英語で何と言うんだろ?」という場面がたまにあったりしませんか? これは、iPhoneに不具合があるわけでもなければ、LINEに …, iPhoneは自分で好きなアプリをダウンロードすることができます。 一時的な解決策として今回は、インターフォンのボタンを押す→解錠ボタンを押すの後に、数秒遅延させてインターフォンのボタンを押すを最後に実行するようにしました。, 最後に、URLの内容を取得のアクションを追加し、インターフォンのボタンを押す用のWebHookのURLを指定します。これは、インターフォンの終話を目的としています。, ※ インターフォーンのボタンを押す箇所のボタン部分はなかなかSwitchBotと相性が悪く、SwitchBotが完全にボタンを押し込めない状態になることがありました。対策として、クッションを間に挟むことで押し込む動作を補強するようにしました。, 随分わかりにくいですが、SwitchBot Hubにリクエストがいくと、SwithBot Hubが点滅し、SwitchBotが動作します。一瞬、赤いランプが光る箇所は、解錠ボタンが押された時になります。, ※このgif画像では、3番目のAPIリクエストの動作部分がなぜか切れて写っておりません。, 今回のレシピでは、エントランスの自動解錠にSwitchBotを活用しましたが、インターネット経由(あるいは、ローカルネットワーク)で物理スイッチを押したいケースにいろいろと活用できるのではないかと思います。, ショートカット経由で、SSH接続しサーバーに対して任意のコマンドを実行します。 ©Copyright2020 ネット回線とポケットWi-Fiのおすすめ情報|うぇぶまにあ.All Rights Reserved. テキストは、ここでは先頭に 二段階認証_のテキストを追加し、残りのテキストは実行時にテキスト入力するようにしています。最後に、バックアップ対象の任意のノートを選択します。, 最後に、スクリプティングからアプリを開くを追加し、Evernoteアプリを開くようにします。こちらのステップは特に必須ではないですが、バックアップが正しくされたかを確認するために、アプリを起動しています。, コードスキャンの画面が起動するので、二段階認証用のQRコードを読み取ります。 IFTTT経由でSwitchBotと連携する際に、インターフォンのボタンを押すと解錠ボタンを押すの2つのWebHookのイベントを作成したのですが、これらのイベントのAPIに対して連続でAPIを叩くと、順番が前後したりする可能性があったため、注意が必要です。

iPhoneではアプリによってよく使う機能があります。そんな時にはショートカットアプリの機能を使って簡単に操作できるようにすると便利でおすすめです。この記事ではiPhoneのショートカットのレシピ集ということで、おすすめのショートカットレシピをご紹介します。, iPhoneには様々なアプリや機能がありますが、アプリを探したり設定アプリから機能を探したりするのが結構面倒くさいものです。そんな時にはiPhoneでショートカットを作ってしまうと便利です。この記事ではiPhoneでおすすめのショートカットレシピの作り方についてみていきましょう。, iPhoneのショートカットは、iPhoneのアプリで利用できるApple社純正のアプリです。iPhoneでショートカットアプリを利用することで、簡単にワンタップで様々なことができるショートカットを作成することができます。, iPhoneのショートカットアプリはiOS12から無料で利用できるようになりました。以前はWorkflowというアプリでしたが、このアプリを作成していた会社をApple社が買収したことで、iPhoneの純正アプリとして利用できるようになりました。, iPhoneでショートカットを作るためにはまずはアプリの準備をすることが必要です。, まずはこちらのリンクからApp Storeのショートカットアプリのページに入って、ショートカットのアプリをiPhoneにインストールしましょう。, 具体的なレシピごとのショートカットの作り方は具体的に一つずつ説明しますが、まずは基本的なショートカットの作り方を見ておきましょう。ショートカットは一つのアクションに対して一つずつのコマンドを設定していきます。 これで何が良いかというと、ウィジェットからメニューに表示されたショートカットを選択することで、アプリを起動するのが簡単になります。, 新規ショートカット作成画面を開き、スクリプティングのメニューから選択を追加します。, 上記で表示されたプロンプトにメニューに表示する項目(例えばアプリ名など)を追加します。ここでは、認証アプリ(Google Autheticator、Microsoft Authenticator、1password)を追加します。, ※ 既に作成済みのショートカットで解説しているため、画像には、認証とショートカット名が表示されています。, メニューの項目を選択したときに実行する動作を追加します。ここでは、スクリプティングのアプリを開くを追加し、アプリ名を実行するアプリに変更します。, ウィジェットから、認証のショートカットを選択することで、3つのアプリがメニューに表示され、アプリを素早く起動することができます。 そこで、クリップボードにコピーアクションを追加します。, URLスキーム設定用のURLアクションを追加し、slack://channel?team={TEAM_ID}&id={CHANNEL_ID}の形式の文字列を追加します。, 作成したtwislakのショートカットを使用して、気になる記事のTwitter投稿とSlack投稿を行なったgif画像になります。最後に手動でペーストするのは若干手間ですが、他の方法も模索していきたいと思います。, 今回のレシピでは、URLスキームの起動を活用しました。他のアプリにあるURLスキームやSiriショートカットを調べることで、便利なショートカットが実現できるかもしれません。. Twitterなどにツイートする時にも、そのままではサイズが大きすぎるのではないでしょうか。 アイフォン修理店のスタッフが、iOS12から追加された「ショートカット」アプリの便利なレシピ集をご紹介します!ここで紹介されているレシピはそのままダウンロードして使用することが出来ますよ。 ここでは、Twitterを追加しています。, 最後に、Evernoteが起動し、二段階認証_Twitterの名称でQRコードが保存されていることを確認できます。, ここでは、二段階認証をテーマに説明しましたが、通常のQRコードにも活用できるかと思います。

普段使っていないアプリや人には見られたくないアプリなどを隠したいという方は多いのではないでしょうか。 現在ほぼすべてのApple製デバイスにあらかじめ搭載されているSiriですが、iOS 13のリリースによって、このAppleのAIアシスタントはますます多くのことに使えるようになりました。 Siriは、特に『ショートカット』アプリと合わせて使うと、たいていのユーザーが何かしらの用途に活用できます。 ショートカットの作成画面から検索窓をタップすると、どのアプリに対するショートカットを作成するのか選ぶことができます。アプリをタップすると、どのような操作をしたいのか選択できるので、そちらを順番に配置していきます。, まずはiPhoneで日常的によく使う機能のショートカットレシピの作り方を見ていきましょう。, 家や会社にいるときにはiPhoneのWi-Fiはオンにしておいて、外に出たらオフにする、という使い方をしている人はたくさんいます。こちらではWi-Fiのオンオフを設定アプリを開かなくてもできるようにするレシピの作り方と使い方を見ていきましょう。, iPhoneのショートカットアプリを開いたら「ショートカットを作成」をタップします。, するとショートカットの作成画面が開くので、検索窓に「Wi-Fi」と入力して検索します。すると「Wi-Fiを設定」と出てくるのでそちらをタップします。, ショートカットの作成画面にWi-Fiの設定が配置されます。オンにするのを設定したいときにはWi-Fiをオンに設定します。, 右上の「完了」の下にある、下の画像で赤い枠で囲ってあるアイコンをタップします。するとショートカットの名称とsiriの設定ができます。, ショートカットの名前は「Wi-Fiをオン」、siriでは「Wi-Fiをオンにする」と設定します。, Wi-Fiをオフにするショートカットは別に作成する必要があります。同じ手順でWi-Fiの設定でオフを選んでショートカットの名前とsiriのコマンドを「Wi-Fiをオフ」と設定すれば、Wi-Fiをオフにするショートカットが作成できます。, Wi-Fiの設定のショートカットの使い方は、siriを起動して「Wi-Fiをオンにする」「Wi-Fiをオフにする」と音声コマンドで起動するか、ショートカットアプリを開いて表示されているメニューの上のアイコンをタップすれば、WiFiのオンとオフが操作できます。, 次はiPhoneのフラッシュライトを点けたり消したりできるレシピを見ていきましょう。暗い所でsiriからフラッシュライトが起動出来ればとても便利になります。そんなショートカットのレシピを見ていきましょう。, iPhoneのフラッシュライトのショートカットのレシピの作り方は次の通りです。iPhoneのショートカットアプリを開いたら「ショートカットの作成」をタップします。検索窓に「ライト」と入力します。, するとショートカットからどのようなアクションをするのか選択できます。「オン」もしくは「オフ」を選択してしまうと、ショートカットアプリからオンもしくはオフしかできなくなります。両方切り替えたいときには「切り替える」を選ぶと便利でおすすめです。, 次にショートカットの名称を変更します。右上の「完了」の文字の下のマークをタップします。下の画像の赤い枠で囲った部分です。, 「名前」のところでショートカットの名称をわかりやすいものにしておくことをおすすめします。今回は「ライト」としておきます。, また、「siriに追加」もタップしてsiriから操作できるようにしておきましょう。「siriに追加」をタップすると音声の録音画面になります。こちらでフラッシュライトを操作する言葉を録音すると、その言葉をsiriに伝えるだけでライトが点灯したり消したりできるようになります。, こちらのショートカットの使い方はsiriから起動するのがいいでしょう。フラッシュライトはコントロールセンターにも配置されているので、ショートカットアプリから起動する必要はありません。ぜひsiriから利用しましょう。, iPhoneのリマインダーにやるべきことを登録している人も多いことでしょう。リマインダーをショートカットに入れておくことで、次にやるべきことをsiriから簡単に確認できるようになります。こちらでは次のリマインダーを確認するためのショートカットのレシピをご紹介します。, iPhoneのショートカットのアプリから「ショートカットの作成」をタップしたら、ショートカットの作成画面の検索窓で「リマインダー」と検索します。検索結果から「次回以降のリマインダーを取得」を選択します。, 一度にショートカットから複数のリマインダーを確認したいときには、こちらの画面のプラスとマイナスをタップして、ショートカットで取得するリマインダーの数を調整します。また、複数のリマインダーのリストを作成していて、特定のリストだけをショートカットで設定したい場合には、こちらの「リスト」から選択します。, 今回はリマインダーのタイトルを読み上げるショーカットレシピを作るので「タイトル」を選択します。, 画面の上の再生ボタンをタップしてみましょう。次回に登録されているリマインダーが読み上げられるはずです。動作を確認出来たら、ショートカットの名前とsiriへのコマンドを設定して「完了」をタップすると、リマインダーを確認するためのショートカットの作り方は完了です。, こちらのショートカットの使い方もsiriから起動する使い方がいいでしょう。siriで「リマインダー」というだけで次の予定を教えてもらえます。通知を設定していても、ついつい忘れがちなことを、siriから簡単に確認できるのはとても便利な機能になります。, iPhoneは家や会社の中だけではなく、外出するときにも欠かすことができない便利な道具です。外出時だからこそ便利に使えるショートカットの機能を作ることができます。こちらでは外出するときのために使える機能をショートカットにするレシピをまとめてみました。, iPhoneにはGPS機能を使って今自分がいる場所の名前や住所を取得できる機能があります。この機能をショートカットに組み込むこともおすすめです。自分がいる場所がわからないときには、現在地の住所をショートカットから読み上げてもらいましょう。, ショートカットで現在地の住所を読み上げる機能の作り方は次の通りです。ショートカットアプリを開いて「ショートカットの作成」をタップしたら「現在地」もしくは「地図」と検索して「現在地を取得」をタップします。, 次に現在地の詳細情報を取得しますが、詳細情報は、緯度、経度、高度、都道府県、市町村、番地、郵便番号、地域、電話番号と9つの中から1つずつ取得していきます。ショートカットで取得したい情報の数だけ「現在地を取得」を追加しておきましょう。今回は都道府県、市町村、番地、名前を取得したいので4つ追加しておきます。, 次に「詳細」と検索して「場所の詳細を取得」を追加します。こちらも4つ追加して「現在地の取得」の下にそれぞれ1つずつ配置しておきます。, 「場所の詳細を取得」の「選択」をタップしてどの詳細情報を取得したいのかを選びます。, 次はショートカットでテキストを読み上げる設定を行っていきます。検索窓に「テキスト」と入力して「入力からテキストを取得」をタップします。こちらも4つ追加して、都道府県から名前までそれぞれの「場所の詳細の取得」の下に配置します。 以前、ショートカットがまだWorkflowという名前だった時には自作のレシピを公開しましたが、今回はネットで見つけたショートカットのレシピをまとめてみました。, いろいろと見たり作ったりしている中で見つけた汎用性の高いレシピをまとめてみましたので、使ってみたり作り方の参考にしてみてください。, 念の為、実行する前に中身を確認してどういう動きをするかは確認して使ってくださいね。, そのままですが、リンクとタイトルをTwitterにツイートするショートカットです。, iPhoneに保存されているスクリーンショットのなかで最新の1枚をツイートします。, タイトルを見るとナンノコッチャですが、MovableType用のプラグインらしいです。サーバー側でからショートカットレシピを生成させて、インストールするとMovableTypeのブログの再構築・写真の投稿がショートカットアプリから実行できるそうです。素晴らしい。iOSの「ショートカットアプリ」のショートカットを作成するShortcutsAppプラグイン – blog.taaas.jp, ドロップボックスに写真を選択してアップしている方にはおすすめ。iPhone容量の節約の為に使ってみてはかがでしょう。, AirPodsを複数のデバイスで使っていると接続先を切り替えなければ行けない場面がよくあります。, iOS14では自動的に接続先を切り替える機能が追加されましたが、それでもやっぱりつながらないときにはショートカットで切り替えるのが便利です。, AirPods ProをiPhoneやiPadなどの複数デバイスで一発で切り替える方法│インフラエンジニアなう, 注意点としてはiPhone(もしくはiPad)にAirPodsを接続した状態でショートカットを作らなければいけません。, 複数のデバイスを同じアカウントで利用していて、ショートカットアプリを使っていれば一度作るだけでiPhone、iPadそれぞれに接続するようになるので便利です。, iOS12からコントロールセンターでWi-Fiをオフにできなくなったのでショートカットで代理対応, LINEを操作するショートカットの理想形としては「定型文を決まった相手に送る」を自動化シたものだと思っています。が、未だにその方法は見つけられていません。, ただのQRコードですが、ブラウザを選択できたり、読み込んだURLをコピーできるメニューが搭載されています。作り方は以下の記事で紹介しています。, 入れているアプリや使い方も人それぞれなので、自分に合わせて作ってしまうので汎用性は低くなってしまうことも多いです。, このブログで紹介しているショートカット関連記事やショートカットでLINEにメッセージを送る方法の記事も合わせてご覧ください, iOSの「ショートカットアプリ」のショートカットを作成するShortcutsAppプラグイン – blog.taaas.jp, Smart Keyboard Case – iPad用トラックパッド付きキーボードの詳細レビュー. ただし、Wifiモジュールとの通信ラグが結構発生し、5秒から10秒くらい待たされるので、急いでいる時はSesameのアプリから操作した方が、解錠・施錠ともに速いかもしれません。, Google AssistantをSiriショートカットから呼び出し、Google Assistant経由でGoogle Homeを操作します。例えば、Google HomeでSpotifyの音楽を流したり、Nature Remoに対してエアコンをONにする操作ができたりします。, Google Assistantアプリは、Siriショートカットに対応していため、このSiriショートカットをウィジェットから呼び出すようにします。, このGoogle AssitantアプリのSiriショートカットですが、Sasame同様にSiriショートカットをどこから追加すれば良いか分からず結構悩みました。, Siriショートカットを追加するには、どうやらGoogle Assistant上で一度検索を行う必要があるようで、検索を行なった後に、ショートカットアプリを見てみると、追加するアプリやギャラリー上に、Google AssistantのSiriショートカットが表示されるようになりました。, ここでは、Google Assistant経由でGoogle HomeでSpotifyを再生する手順を解説します。 最後に「Siriショートカット」の使い方も説明しましたが、このように「ショートカット」アプリと「Siriショートカット」を活用することで、様々なアクションを, 通信事業者のネットワークエンジニアとサービスクリエーションに従事した後、フリーランスの道へ。ライターとしての活動のほかYouTubeの企画・制作も。人生はMacとiPhoneとVespaで出来ている。, iPhoneのWi-FiとBluetoothを完全にオフにするショートカットレシピ.

ショートカット(旧:Workflow ワークフロー)の自動化プログラミングで自作レシピを作成... iOS12から新たに追加された機能「Siriのショートカット」の便利な使い方を知っていますか... 皆様のお役に立てる情報をお届けするために日々精進していきます。どうぞよろしくお願いします。, iPhoneのショートカットアプリの作り方とおすすめレシピ13選!使い方も徹底解説!, まずはこの記事の中でご紹介したレシピで作り方を覚えて、いろいろと自分なりの工夫でもっと便利なレシピを考案してみてください。. 画像では2つのデバイスが選択されていますが、インターフォンのボタンを押す用のSwitchBotを指定します。, これで、インターフォンのボタンを押す用のSwitchBotの設定は完了ですが、同様に 解錠ボタンを押す用のSwitchBotの設定を行います。ここでは、手順が同じため詳細は省略します。, 上記で作成したIFTTTのWebHookは以下のURLに対してリクエストを投げることで実行されます。, 新規ショートカット作成画面を開き、URLの内容を取得のアクションを選択します。 壊れているので安値で買い取り、それを修理して通常品として高値で売ることができるからです。 …, iPhoneの話題で「ヘイ、Siri」という言葉でいろいろと指示を出す光景を見たことはないですか? いろんなレシピを試してみて、便利でかしこいiPhoneに育ててみるのも面白いでしょう。, ▼Apple Payを使えばiPhoneでクレジットカードやSuicaが利用できる, 最後まで読んでいただきありがとうございました。 これで完成です。, 設定ボタンから「簡単翻訳」という名前のショートカットにしました。 カップラーメンの3分タイマーや筋トレのタイマーなどに役に立つのではと思います。, ショートカットアプリのオートメーションを開き、オートメーションを新作成します。ここでは、個人用オートメーションを作成を選択します。, 新規オートメーション画面でNFCを選択します。 Siriショートカットは、Siriの音声コマンドでショートカットを実行できるのですが、ウィジェット経由で呼び出したり、NFCタグをトリガーに呼び出すこともできます。, SesameのスマートロックとWifiモジュールをセットアップ済みの前提で解説します。, Sesameを使ったショートカットアプリはあらかじめSiriショートカットが定義されているため、比較的に簡単なのですが、Siriショートカットをどこで追加するのか比較的悩みました。, Siriショートカットを追加するには、ショートカットアプリのギャラリータブを選択し、お使いAppからショートカットの全て表示を選択し、お使いAppからショートカット画面にセサミのSiriショートカットが配置されています。