VIVA VIVA VIVA 14. 12. 番組概要 タイトル:glayリモートトーク番組 オンエア日:2020年5月25日(月)予定/21:00配信予定 出演者:glay(teru、jiro、takuro、hisashi) 南東風 内閣官房、 Cynical 06.

BURST, 01. 21世紀の日本も、残念ながら問題が山積みだ。そんなたいそうな話じゃなくても、学校生活も、会社も、子育ても大変なことの連続でなんとかしたいと思う日々。そんな人にはこう言おう、「困った時はglayに学べ」と。 そもそもGLAYのアコースティックライヴというのはいささか意外な気もするが、TAKUROに2年ほど前にインタビューした際にこうしたライヴを企画していることを既に示唆してくれていたことを想い出した。TAKUROは21世紀に入ってからの社会の変化を肌で感じていて、その変化に抗うかのようにこうしたライヴを頭の中で描いていたようだ。

・GLAY MOBILE 会員

各会員機関にて動画ファイルを公開, ※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。※新型コロナウイルス感染症についての最新情報は、 ... ジャケ弁職人オバッチのロックな食生活. 08. 11. 23.

04. 出演者:GLAY(TERU、JIRO、TAKURO、HISASHI) MERMAID 12. 生きてく強さ オンエア日:2020年5月25日(月)予定/21:00配信予定

CHRISTMAS SHOW 02. 06. 千ノナイフガ胸ヲ刺ス 首相官邸 のウェブサイトなど公的機関で発表されている情報も合わせてご確認ください。, 話題のタレント、俳優の情報を中心に要注目ネタを幅広く発信中。グループアイドルや・グラビアアイドルの情報も充実しています。, ご興味に合わせたメルマガを配信しております。企業IT、テクノロジー、PC/デジタル、ワーク&ライフ、エンタメ/ホビーの5種類を用意。. 05. FATSOUNDS 誘惑, 01. 16.

03. 06. VERB, 01. MIRROR 2017/10/28(土) 21:05:42.72 0 ソフィアのボーカルのあいつをニコ生で見たけど下手したら20代でもいける雰囲気だった 64 名無し募集中。 fm802のdj31人があなたの新生活を応援するplaylistを大公開! こちらにjiroが参加しております。 ... 2020.10.21. hisashi tv the live # 11 ssa.

・GLAY公式ファンクラブHAPPY SWING会員 ACID HEAD Cynical 11. 電気イルカ奇妙ナ嗜好 14. 05.

PLAYLIST ! 13. Miki Piano 12. 02. 17.

07. 3月15日、glayのtakuroさん(48)が親交が深いdaigoさん(41)がパーソナリティを務める『daigoのohayo-wish!!』(tokyo f… 15. 04. 紅と黒のMATADORA

KISSIN' NOISE ROCK ICON 22. GLOBAL COMMUNICATION 対象: 02. タイトル:GLAYリモートトーク番組 I'm in Love 21. ずっと2人で… 虹のポケット 03. 14. glayのteruが劣化で声が変わった? glayも結成から25年がたち、皆さんが25年前を振り返り、顔や体形が変わったと嘆くように(変わっていない方はすいません(笑))teruさんも色々な面で変化が起きていると言われています。 teruは太った? 01. 03. BEAUTIFUL DREAMER I'm in Love, 01. opening〜ACID HEAD ピーク果てしなく ソウル限りなく, 01. FRIEDCHICKEN & BEER BE WITH YOU ロックバンド・GLAYが、デビュー記念日の5月25日に、GLAYオフィシャルFan Club「HAPPY SWING」、GLAY MOBILE、GLAY公式アプリ有料会員限定で、リモートトーク番組を配信する。, 25日にデビュー26周年に突入するGLAY。番組では、昨年2019年5月25日に行った「GLAY25周年公約発表会」と同様、司会には徳光和夫を迎える。ボーカルのTERUは、昨年の公約発表会を火傷のため参加を辞退。今回再び徳光に司会を依頼し、1年越しにメンバー全員揃ってのトークセッションが実現することとなった。, 番組では、25周年に掲げた7つの公約の振り返りや、中止となってしまった名古屋・東京のドーム公演に関するメンバーの思いが語られるほか、メンバーそれぞれの近況報告、そしてGLAYの新着情報の解禁など盛り沢山の内容となっている。, ■番組概要 SPRING MUSIC SELLECTION FM802 X TSUTAYA ACCESS! ビリビリクラッシュメン 05. More than Love

09.

... ジャケ弁職人オバッチのロックな食生活. ゆるぎない者達 13. LOVE SLAVE 08. 彼女の"Modern…" 16.

I LOVE YOUをさがしてる

HOWEVER ひとひらの自由 WET DREAM 18. 10. 19. Lovers change fighters, cool glayのベースjiroがfm802にてdjを努めている番組「buggy crash night」で、話題のバンドのベーシストたちをゲストに招いて、ベーシスト対談を行うことが決定した。 今年デビュー25周年を迎えたglayが年末の祭典とも言える「fm802 rock festival radio crazy 2019」(以下、レディクレ)に初出演することを記 … 13. 口唇 ROCK ICON 09. Time for Christmas 04. 現在ツアー『GLAY HIGHCOMMUNICATIONS TOUR 2017 -Never Ending Supernova-』を開催中の4人組ロックバンドGLAYが、ベーシストJIROの体調不良を発表。4月25日の金沢公演はJIRO は不参加となり、残るメンバーTERU(ボーカル)、TAKURO(ギター)、HISASHI(ギター)で予定どおりライブを行うことを報告した。 07. pure soul 電気イルカ奇妙ナ嗜好 サバイバル 03. 20. CHRISTMAS SHOW(Reprise), “GLOBAL COMMUNICATION”と名づけられた2001年のGLAY EXPOは北海道、東京都、福岡県の3都市でそれぞれ異なったステージ、ステージコンセプトで行われた。中でも本映像の舞台になっている福岡県・北九州市マリナクロス新門司特設ステージのライヴは特別な意味を持っていたと思う。と言うのも、この日ステージには、アジアからのバンドも4バンド出演し演奏を繰り広げている。サブタイトルのGLOBAL COMMUNICATIONが示す通り、音楽を通しアジアの、世界とのコミュニケーションを図ろうという主旨のステージだ。 STARLESS NIGHT

glay・jiroが語る、teruの愛すべきキャラ「すごくおちゃめなんですよね」 2019年10月21日 09:51 J-WAVEで放送中の番組『RADIO DONUTS』(ナビゲーター:渡辺 祐・山田玲奈)のワンコーナー「NITTOCHI LUNCHTIME AVENUE」。 カーテンコール 06.

BACK-UP

序文にも書いたが、GLAYのライヴを観ると時代というものが透けて見えてくる。日本は2000年代に入って、大きく変化を遂げた。そのひとつが2006年から始まった人口減少というフェーズ。それまで右肩上がりの経済成長を遂げてきた日本だが、人口の減少と共に経済の先行きは確実に怪しくなっていった。, GLAYがステージに登場する前にGLAYが"仲間“と呼ぶアジアのバンドが演奏しただけではなく、GLAYのステージでも9曲目に演奏された「Super Ball 425」でこの日出演したタイのDOMEと共演を果たしている。また南流石が振り付けを担当し会場のみんなで踊った「ヤンバルクイナ(イノキのリズムで)」はアジアに対するLOVE&PEACEなメッセージを強烈に放っている。またアジアからの出演者への想いを込めて演奏されたバラッド「ひとひらの自由」はステージ前半のハイライトだ。そしてなんと言ってもクライマックスはアンコール最後の曲「I’m in Love」。出演者全員がステージに上がり、アジアの平和を、アジアがひとつになることを、そんな大きな愛がここにあることを歌を通してぼくらに教えてくれる。, その圧倒的なロックショーの仕掛け人が実はJIROだと確信するナンバーがある。まずは本編が後盤に差し掛かるころに演奏された「紅と黒のMATADORA」。ロック色の強いナンバーではあるがストリングスが前面に出る、J-ROCK的な要素が強い曲。そんな立て付けの「紅と黒のMATADORA」が異常なほど身体に刺さる。本映像を観てもらえばわかるが、この曲のJIROのベースが素晴らしい。粒立ちのいい、しかもキレのあるベースラインがメロディラインの後ろで龍の様にうねり、それがBODYに効く。それを序曲にしてその3曲後に演奏されたJIROが作曲を手がけている「SHUTTER SPEEDのテーマ」がもうヤバイ!ロールしたJIROのベースソロから始まり、JIROが最初にリードヴォーカルを取る。そしてTERUへリードヴォーカルはバトンタッチされるのだが、バトンを受けたTERUのテンションもヤバイ!!そして曲の途中で披露されるJIROの爆発寸前のアグレッシブなベースソロパートは圧巻の一言。メンバーのプレイも一気に頂点を迎えている感じだ。後ほどアメリカのGREATFUL DEADというバンドについて少し書こうと思っているのだが、そのDEADのライヴもベーシストでるフィル・レッシュのプレイがステージの出来を左右すると言われている。実際DEADのリーダー、故ジェリー・ガルシアも「フィルに何かが起きたときバンドに何かが起きる」という言葉を残している。そしてそんなフィルに何かが起きたDEADのステージにはロックの神様が降りてくる。GLAYも同様なのではないか?「JIROに何かが起きたときバンドに何かが起きる」。そしてこの曲でその何かが起きているし、ロックの神様がステージに降臨している。もちろん、ロックを信じているあなたにはこの映像を観ればそれがわかるはずだ。, それでも経済界は物を売っていこうと、マーケットを作り出すためにコミュニティの解体を促した。昔、一家に一台だったテレビは、ひとり一台の時代になった。パソコンも家族で一台の時代からひとり一台の時代になった。そうやってコミュニティを細分化することでマーケットを確保してきた。だが、その代償として僕らは孤立してしまった。大都会にいながら、恐ろしいほどの孤独を感じるようになった。.