ちなみに、Exchange Server 2007 の Outlook Web Access のオプションにもリソースの設定がありますが、こちらはサーバー側での会議出席依頼の処理方法を設定するものであり、Outlook のリソースの設定とは異なります。

ユーザが会議室予約送信時に、仮予約となり、Aさんにメールがとび、Aさんがそれを承認してはじめて、本登録となるようにしたいです。, また、Aさんの予定表には、予定が入らず、会議室の予定表に予定が登録されるようにしたいです。, 下記のように設定し、メールフローの設定で、転送指定を行わない場合、Aさんの予定には入らず、会議室の予定にだけ登録され、Aさんが会議室の予定を直接編集で承諾して、本登録となります。ただし、Aさんに承諾依頼のメールがとびません。, メールを飛ばす為に、メールフローの設定で、転送先にAさんを指定すると、Aさんにメールがとぶのですが、Aさんと会議室と両方に予定が登録されてしまいます。また、メールから承諾すると、Aさんの予定表に登録されてしまいます。Aさんには、承認処理を行わなくてはいけないのを気づかせたい為にメールしたいだけで、Aさんの予定表には登録したくないです。, ・自動的に承認されるポリシー内の会議出席依頼を送信できるユーザを指定します:「選択した受信者」を選択(Aさんを指定), ・リソースボックスの代理人によって承認されるポリシーなおの会議出席依頼を送信できるユーザを指定します:「すべてのユーザ」を選択, 下記の対応を行うことにより、Aさんにメールがとび、そのメールから承諾が出来、Aさんの予定表ではなく、施設の予定表に, 「このメールボックスの代理人を指定します」にAさんを登録し、「代理人に会議出席依頼を転送する」にチェックを入れる。, リソースポリシータブで代理人を設定すると、代理送信に自動的にAさんが設定されており、それはそのままにして, メールフローの設定をせずに単純に A さんを代理人に指定すればよいだけだと思うのですが、それでは何か不都合があったということでしょうか。. 会議室メールボックスの作成 Create a room mailbox. Exchange Server 2010 の例 get-calendarprocessing | fl *policy メモ これらの設定は、ユーザーがリソースを使用可能な場合に自動的に予約する方法と、リソースが自動的に使用できない場合に手動承認要求を送信する方法を制御します。出力は次のようになります。 Exchange Server > Exchange Server 以前のバージョン.

ー, ****追加** !

これは、Exchange Online では2日後、Exchange Server では5日後に行われます。

承認者が承認メッセージを削除または無視すると、有効期限メッセージが送信者に送信されます。 If the approver either deletes or ignores the approval message, an expiration message is sent to the sender. 会議室予約 承認を必要とする会議室の作成. [追加] アイコン > ルームメールボックス の追加] をクリックします。 ポリシーを要求する: これらのユーザーが自動的にリソースをスケジュールして、リソース メールボックスがある場合。リソースが使用できない場合は、要求されている会議を手動で承認する必要があります。ただし、要求は自動的に拒否しません。 ューティング, 以前のバージョンのドキュメント. [ ] アイコンをクリックし, 以前のバージョンのドキュメント.

Exchange 管理センターで、[ 受信者] [リソース] に移動し > Resources ます。 In the Exchange admin center, navigate to Recipients > Resources.. 会議室メールボックスを作成するには、[ 新規!