ARK(PS4)の攻略wikiです。ARK: Survival Evolved(アーク: サバイバル エボルブド)におけるステータス振りについてご紹介いたします! どこにステータスを振ればいいかを考える際のご参考にどうぞ… ARKで1つ目となる、有料マップの「スコーチドアース」! 人気はあまり無いものの、独特の世界観がウリで、サバイバル感が満載のマップになっています。 特に生活が安定してくるまでは非常に過酷で、アイランド ... 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。. (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); アベレーションやクリスタルアイルズのマップ中に点々とある「チャージノード」! ぱっと見は何の設備なのか分からず、稼働に必要な材料も良く分からない物ばかりだと思います。 そこで今回は、このチャージノード ... スコーチドアースで手に入る「破壊者のアーティファクト」! 今までの2つの洞窟とは打って変わり、かなり広い洞窟規模、敵の多さに多少苦戦する事でしょう。 特にアスレチック要素では、落ちたら即死するポイント ... スコーチドアースで手に入る「岩山のアーティファクト」! 2つ目のアーティファクトとして挑むべき、中級編の洞窟攻略となっています。 といっても、特に難しいわけでもなく…若干敵が多く出る程度。 今回はそん ... スコーチドアースで入手する「門番のアーティファクト」! マップ自体が狭い事もあり、アーティファクトは合計で3つしか存在していません。 その3つ共、各所の洞窟最深部に眠っています。 そこで今回は、スコー ... 海が無くて砂漠だけのマップ「スコーチドアース」! 資源面でもアイランドとは少し違い、入手が困難な素材も若干あります。 今回はそんなスコーチドアースの資源面について、採取場所を紹介していきます!. 様々な特徴を持ちつつ、戦闘面でも頼りになる、まさにark中で一番の相棒になるであろう、飛行型恐竜です。今回はそのアルゲンタヴィスについて、便利な特徴を紹介していきます。アルゲンタヴィスの生息地は?アルゲンタヴィスのテイム方法は?サドルのエングラム解放は? アルゲンタヴィスはボーラが効きません。 その代わり、生物の亡骸にめちゃくちゃ反応します。 それを利用し、わざとアルゲンタヴィスの近くで生物を倒し、その亡骸に夢中になっている間に麻酔矢で気絶 … クリスタルアイルズのみに生息している固有の「クリスタルワイバーン」! 通常のワイバーンとは違った特徴を持っていて、ブレスにもそれぞれに面白い能力が備わっています。 今回はそんなクリスタルワイバーンにつ ... 少しARKにも慣れてきた頃、次に手を出していきたいのが「イグアノドン」です! 普段は大人しい草食恐竜だけど、怒らせると必殺のジャブを繰り出す、割とインファイターな恐竜なんだよね。 今回はそんなイグアノ ... 首が長くデカい恐竜で、序盤に見るとインパクト大の「ブロントサウルス」! ARKを始めてから、割とすぐに見る人も多いはずです。 こんなやつも居るのか~!って感動を覚えるのは、初心者あるあるですね。 今回 ... 序盤から稀に見かける機会もある、両生類の恐竜「バリオニクス」! 陸はもちろんのこと、川や海にも潜れる万能性を持っています。 今回はそんなバリオニクスについて、生息場所やテイム方法、特徴について紹介して ... 金属鉱石の採掘時、もしかして…まだサバイバー自身で掘ってる? 採掘に最適な恐竜「アンキロサウルス」をテイムすれば、一気に大量に金属鉱石が手に入るのに! ってわけで今回は、アンキロサウルスの生息場所やテ ... 雪原地帯の癒し系、可愛い「カイルクペンギン」! ペット化する事で、有機ポリマーがたくさん取れるようになると期待しちゃいますよね。 今回はそんなカイルクペンギンのテイム方法と、実際は有機ポリマーがどのく ... 深海に行くと、2匹がいつもペアで居る「エラスモ(プレシオ)サウルス」! 泳ぐ速度も速くて、ガブガブと噛み付いてくる獰猛な恐竜です。 今回はそんなエラスモサウルスについて、生息場所やテイム方法などを紹介 ... カッコいいオオカミの「ダイアウルフ」! 騎乗した姿は、もののけ姫を彷彿とさせる幻想的なイメージすら与えます。 今回はそんなダイアウルフについて、生息場所やテイム方法、特徴を紹介していきます!. 出会った時の威圧感がすごい大ワニ「サルコスクス」! 初心者エリアにも多く生息している為、準備出来ていない序盤に遭遇するパターンも多いはず。 今回はそんなサルコスクスについて、生息場所やテイム方法、特徴 ... ARKのアイランドでプレイしている中、中々会えないレアな動物の1つ、ティラコレオ! そもそも見た事ない!って人も居るかもしれません。 実はこいつ、相当な走破能力を持った、騎乗生物の中では断トツで扱いや ... Copyright© 面白いPCゲームをやってくアーサーのブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER. ゲーム攻略のかけらさんアンキロで思い出したんだけどドエディやアンキロがメレー振り推奨されてるのは何故?採取量増えても重量無いとすぐ動けなくなるしカニで掴むにしても重量無いとすぐ取らなくなるよねみんなどんな風に採集してんの?ゲーム攻略のかけら 投稿日:2020年4月14日 更新日:2020年10月1日, 様々な特徴を持ちつつ、戦闘面でも頼りになる、まさにARK中で一番の相棒になるであろう、飛行型恐竜です。, ほとんどの地形で見る機会があり、高レベルも湧きやすい為、選び放題なところもあります。, 体力はそんなに高くないし、飛び道具系は2倍ダメージになる仕様なので、普通の矢だけで十分対処出来ます。, ただし、アルゲンタヴィスのレベルが100を越えてくると、さすがに危険度も上がるので、そこまで来たらプテラノドン等の誘導に切り替えましょう。, 過去記事⇒「恐竜トラップの設置例と、各武器の昏睡値上昇量について」はこちらからどうぞ。, そうすると、クロスボウ+麻酔矢の場合、個体によっては昏睡前に死んじゃうパターンが出てくるわけ。, 実はアルゲンタヴィスを狩ると霜降り肉が取れるんで、共食いでも良いから、近くのアルゲンタヴィスを狩りつつ、エサとして与えていこう!, 飛行速度のみプテラノドンには負けるので、スピードが必要な場面では不向きな場合も有り。, 集団で襲い掛かってくる恐竜なんかも、1匹ずつ掴んでから、空中で攻撃連発して成敗!…おらおら次はこいつか!なんて狩り方だって出来るようになるよ。, サバイバーのインベントリでは、金属鉱石の重さは「200個で200.0」ってなってるけど、アルゲンタヴィスのインベントリに移動すると…。, 特に終盤に差し掛かると、繊維×10,000とかっていう、えげつない材料を要求される場合もあって…。, アルゲンタヴィスのインベントリ内では、そんな上限は無いから、重量の許す限り持たせることが可能!, 至高のサドル等の作成時に、必要アイテムの要求数がとんでもない数の時こそ、この機能が役立ちます!, 大体1000付近でも十分快適で、継続戦闘力を求めるなら、もう少し上げるってとこで。, 画像ではキレイなイベントカラーのアルゲンちゃんだけど、探せばもっとバリエーション豊富に居るんで、気に入った色のアルゲンを見つけて、最高の相棒に育てあげてみて下さいね。.