「5人を次々にアンクルブレイクさせる、ピクシーの超絶技巧劇場」2000年シーズン天皇杯決勝 名古屋グランパス-サンフレッチェ広島 ... 「注目のリーガ開幕日本人対決は、献身の岡崎とエゴイズムの久保という結果 … League Cup)は、日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)に加盟するクラブが参加するカップ戦である。第1回大会からヤマザキビスケット(旧ヤマザキナビスコ)が冠スポンサーとなっており、JリーグYBCルヴァンカップ(略称はルヴァンカップ)の大会名称を用いている(大会名称に関しては後述)。, J1リーグや天皇杯と並ぶ日本の国内三大タイトルの1つとされている(FUJI XEROX SUPER CUPは除く)[1]。 2000年 11月25 日-2001年 1月1日 ... 準優勝: 清水エスパルス: 試合総数: 79 ← 1999-2000. 「5人を次々にアンクルブレイクさせる、ピクシーの超絶技巧劇場」2000年シーズン天皇杯決勝 名古屋グランパス-サンフレッチェ広島 . 第88回天皇杯全日本サッカー選手権大会(だい88かい てんのうはいぜんにほんサッカーせんしゅけんたいかい)は、2008年 9月13日から2009年 1月1日まで開催された、天皇杯全日本サッカー選手権大会で … スポンサードリンク. この大会は名古屋グランパスエイトが4年ぶり2度目の優勝。 第79回天皇杯全日本サッカー選手権大会(だい79かいてんのうはいぜんにほんサッカーせんしゅけんたいかい)は、1999年 11月28日から2000年 1月1日まで開かれた天皇杯全日本サッカー選手権大会である。. 第88回天皇杯全日本サッカー選手権大会(だい88かい てんのうはいぜんにほんサッカーせんしゅけんたいかい)は、2008年9月13日から2009年1月1日まで開催された、天皇杯全日本サッカー選手権大会である。, Jリーグチーム数の拡大に伴い、本戦(決勝大会)の参加チーム数が82チーム(前回から2チーム増)となった。また、本大会からスルガ銀行が特別協賛として筆頭スポンサーとなった。, 2008年のJリーグがまれに見る大混戦となったため、Jリーグで上位につけている有力チームの多くがベストメンバーを積極的に出せず、次々に脱落する展開となり、準々決勝時点(ベスト8)にJ2のチームが2チーム残る形となった。, この大会から優勝チームの得るAFCチャンピオンズリーグ (ACL) の出場権が、翌々年のものから翌年のものに変わった。また、これまでは優勝チームが翌年のJリーグで優勝した場合は天皇杯の準優勝チームが繰り上がっていたが、ACLの日本の出場枠が2から4に拡大したことに伴い、その年のJリーグ3位までに入ったチームがその年の天皇杯で優勝した場合はその年のJリーグ4位チームが繰り上がる形式となった。, また富士ゼロックス・スーパーカップにおいても、今までその年にJ1リーグで優勝したチームが天皇杯で優勝した場合は天皇杯の準優勝チームが繰り上がっていたが、その年のJ1リーグ2位チームが繰り上がるように変更された。, 2009年元旦の決勝に勝ち残ったのは、準決勝で横浜F・マリノスを延長で下したガンバ大阪と、準決勝でFC東京に終了間際のゴールで逆転勝ちした柏レイソルの2チームであった。, どちらが勝ってもJリーグ発足後初の天皇杯制覇となる決勝の戦いは、前半は柏の、後半はG大阪のペースになりながらどちらも決定力を欠き、試合は0-0のまま第81回大会以来の延長戦に突入することとなった。後半も一進一退の攻防を繰り広げるもどちらも得点を挙げることが出来ず、18年振りのPK戦決着が頭をよぎる中、延長後半11分にFWルーカス - MF遠藤保仁 - MF倉田秋とつながったパスを受けた延長後半から出場のFW播戸竜二がミドルシュート。相手ディフェンダーがはじいたところを播戸が自ら押し込んで貴重な決勝点を挙げ、G大阪が前身の松下電器時代以来、18年ぶり2度目となる優勝を果たした。, G大阪はこの年、Jリーグ公式戦(リーグ戦・ナビスコカップ)に加え、AFCチャンピオンズリーグ2008優勝とFIFAクラブワールドカップ2008への出場もあってJリーグクラブでは一番の過密日程になった。この影響もあって、国内ではリーグ8位に終わり無冠が危ぶまれたが、天皇杯制覇によりAFCチャンピオンズリーグ2009への出場権を獲得、ACL連覇の夢をつないだ。一方、柏は前身の日立製作所時代以来33年振りとなる天皇杯制覇の夢は叶わなかった。, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=第88回天皇杯全日本サッカー選手権大会&oldid=78634831. 第94回天皇杯全日本サッカー選手権大会(だい94かい てんのうはいぜんにほんサッカーせんしゅけんたいかい)は、2014年 7月5日から2014年12月13日まで開催された天皇杯全日本サッカー選手権大会である。. (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); こんにちは、ぴりおだです。 サッカーの天皇杯が見たい! どうしたらいい? 今回は、こんな疑問にお答えします。 この記 …, 【サッカー】AFCチャンピオンズリーグ(ACL)を徹底解説【歴代優勝クラブも紹介】. (略称はルヴァンカップ)[2]。, 大会が設立された1992年から2016年のグループステージまで「Jリーグヤマザキナビスコカップ」(英: J.LEAGUE YAMAZAKI NABISCO CUP) j1リーグや天皇杯 ... 決勝結果 準優勝 入場者数 決勝戦を開催したスタジアム ... 2000年の鈴木隆行は同年のj リーグカップ開幕当初、期限付き移籍で川崎フロンターレに在籍(川崎fの選手としては同大会2試合出場無得点)。 。 試合中継 テレビ. ※サッカーの国内3大タイトルについては、「【サッカー】国内3大タイトルの重要度を紹介【最も重要なのは?】」という記事で詳しく紹介しています。, 「年齢制限しない選手により構成されるチーム」のことで、Jリーグはもちろん、社会人チームや大学チームも第1種登録に該当します(JFA公式HP)。, Jリーグ以外のチームにも出場資格のある天皇杯ですが、全チームがいきなり本大会に出場することはできません。, JFAに第1種登録しているチームは、5,000以上ありますからね(参考:JFA公式HP)。, このうち、①J1全チームと②J2全チーム、③アマチュアシードの41チームは本大会から出場。, なお、JリーグにはJ1、J2の他にJ3もありますが、J3のチームは天皇杯にシードされていないため、都道府県予選で勝たなければ本大会に出場できません。, ※Jリーグのチーム数については「Jリーグのクラブ数は50以上! クラブがない県もある?」という記事で紹介しています。, ただし、12月下旬に行われる準決勝と、元日開催の決勝については、週末や休日に実施されます。, 国内3大タイトルには、ルヴァンカップもあるよね? あっちもカップ戦だったと思うけど、2つの大会の違いは?, 天皇杯は、先ほども書いた通り日本サッカー協会に1種登録しているチームすべてに、出場資格があります。, 一方、ルヴァンカップはJ1の全チームと、J2の一部チームにしか出場資格がありません。, ※なお、天皇杯とルヴァンカップには、大会方式などにも違いがあります。ルヴァンカップについては、「ルヴァンカップってどんな大会? 出場クラブは? シードはある?」という記事で紹介しています。, 天皇杯は3位決定戦を実施しないため、3位の賞金額は「準決勝敗退の2チームそれぞれに与えられる賞金の額」となります。, ※なお、2020年大会については、コロナ禍もあり優勝賞金が1億円に減額となっています。, ※ACL出場権については、「ACL、日本の出場枠は? 出場権が与えられるのはどんなクラブ?」で紹介しています。, UEFAチャンピオンズリーグなどで採用されているような、ホームとアウェーで1試合ずつ実施し、合計得点で勝ち上がりチームを決める、という方式ではありません。, Jリーグ、ルヴァンカップには、それぞれJSL(日本サッカーリーグ)、JSLカップという前身の大会があるのですが、それらの大会と比較しても、, 大正10年から開催されている大会だけあって、中止となった理由にも時代を感じさせるものが多いですね。, そのため、例えば第100回大会であっても、実際には92回しか開催されていなかったりします。, 既に書いた通り、天皇杯は1921年から開催されているので、歴代優勝チームを挙げていったら、非常に長くなってしまいます。, そこで本記事では、Jリーグが開幕した1993年(第73回大会)以降の優勝チームを紹介します。, 最多優勝はこの表には名前のない慶応義塾大学で、1932年から1956年までの間に9回優勝しています。, 天皇杯は試合数も非常に多いことから、すべての試合を放送・配信してくれるところはありません。, また、準決勝以降であれば、NHK総合(地上波)で全試合生中継をやってくれています。, そのため、J1リーグの方でACL出場権に届きそうにないチームは、天皇杯に力を入れるようになったりもします。.

(略称はナビスコカップ)の大会名称を用いており、20回目の開催となる2012年には「同一冠スポンサーによる最長のカップ戦」としてギネス世界記録に申請[3]、翌2013年に「同一企業の協賛により最も長く開催されたプロサッカーの大会 (Longest sponsorship of a professional football competition)」として認定されている[4]。, なお、Jリーグ規約では、第40条において、J1・J2・J3の「リーグ戦」に対して「リーグカップ戦」と表記され[5]、ターミノロジー(用語集)においては「ルヴァンカップ」「ルヴァン杯」「Jリーグ杯」とは表記しないこととなっているという[6]。, 本項では便宜上、NHKなどでも使用される「Jリーグカップ」の名称を用いることとする。, 2016年8月31日にヤマザキナビスコがモンデリーズ・インターナショナルと結んでいた「ナビスコ」ブランドのライセンス契約を終了し、翌9月1日から社名を「ヤマザキビスケット」に改称する[7][8] ことを受け、同年6月21日から(実質的には同年8月31日から始まる2016年(第24回)大会のノックアウトステージから)大会名を「JリーグYBCルヴァンカップ(略称はルヴァンカップ)」に変更することが発表された[9]。「YBC」はヤマザキビスケットの英字略号、「ルヴァン」(Levain) は同社が2016年9月5日よりリッツに替わって発売するクラッカーのブランド名で[10]、フランス語で発酵種を意味する。, この名称変更については、2016年2月時点のリリースでは「社名変更後となる大会終了まで“Jリーグヤマザキナビスコカップ”の名称を使用し、翌年度以降はスポンサー継続の有無を含めJリーグと同社との間で引き続き協議する」としていた[11] が、一方でヤマザキナビスコ側は「ナビスコ」ブランドの終売に伴う売り上げ低下の懸念から、スポンサードの撤退も検討。グループ会社間での協議の席では親会社である山崎製パンから「それならヤマザキカップにしてウチがやるか」という意見も上がったが、Jリーグ側から社名変更のタイミングと同じくしての名称変更に関する提案が出たことで、それを受ける形になった[12]。, 前身であるJSLカップではリーグカップの形態を正しく反映して2部も含めた全てのクラブの参加を認めていたが、Jリーグカップでは2部以下のクラブの出場が見合わせられた期間が長く、2002年大会から2017年大会までは、当該年にJ1に所属するクラブのみにより争われている。参加資格の変遷は以下の通り。, J1が18チームになり、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)が3月開幕となって開催時期が重複するようになった2005年大会からは以下のようなレギュレーションが定着している。2015年大会からステージの名称が改められた[14]。2017年大会からノックアウトステージ(現・プライムステージ)に進出するためのプレーオフステージが追加された。, なお、2011年大会は東日本大震災に伴うスケジュールの都合上、全試合でノックアウトトーナメントを採用しており、例年と異なったレギュレーションで開催された(当該項参照)。, 1992年はリーグ戦が日本リーグからJリーグへの移行期間(経過処置)であり開催されなかったため、本来はリーグ戦の優勝チームに与えられるアジアクラブ選手権1993-94の出場権が与えられた。, 2003年と2006年はA3チャンピオンズカップの日本開催に当たったため、この前年の同大会優勝チームは開催国推薦枠として出場した(中国と韓国で行う場合はリーグ戦の年間2位クラブが推薦枠の扱いであった)。, 2007年以後の優勝クラブは次年度のJリーグYBCルヴァンカップ/CONMEBOLスダメリカーナ王者決定戦の出場権を獲得し、CONMEBOLスダメリカーナの優勝クラブと対戦する。, チームに対する表彰は、Jリーグ表彰規定第5条に定めがある。下記は2020年大会の場合。, Jリーグ表彰規定において、個人賞については「リーグカップ戦における最優秀選手を選考し、賞金または賞品を授与する」との記述のみで具体的な定めはないが、基本的には優勝チームから決勝戦で最も印象に残る活躍をした選手が選ばれる。受賞者には記念トロフィー(クリスタルオーナメント)と賞金100万円、副賞としてヤマザキビスケット製品1年分が贈られる。, 2019年シーズン終了時点で複数回受賞者はビスマルクと小笠原満男の2回。またパトリックは2014年に受賞しているが、シーズンの途中からG大阪に入団した為途中入団の選手がMVPを受賞したのは史上初である。, 1996年に創設された賞で、準決勝までの試合で最も活躍した21歳以下の選手に贈られる。リーグカップの新人王と位置づけられ、この賞の受賞者は後にA代表に選ばれるなど、日本サッカー界にとって欠かすことのできない選手に成長することが多いことから、若手選手の登竜門と一般に捉えられている。, 条件は大会開幕日に満年齢21歳以下(2017年までは満年齢23歳以下)で、過去の同賞を獲得したことのない選手。予選から準決勝までの1試合ごとに報道関係者が1人1票投票を行う方式(2019年現在)であり、ベスト4以上のクラブの選手が被投票機会も多く選出されやすい(2020年時点で例外は1996年受賞の名波浩と2020年受賞の瀬古歩夢の2名。2019年の中村敬斗はクラブ自体はベスト4以上へ勝ち進んだが、同年7月にエールディヴィジのFCトゥウェンテへ期限付き移籍したためプライムステージの出場は無し)。決勝戦前日の前夜祭で表彰される。, 受賞者には賞金50万円とクリスタルオーナメント、副賞としてヤマザキビスケット製品1年分が贈呈される。, 2001年まではWOWOWが優先放映権を持ち、ノックアウトトーナメントのほぼ全試合を中継した。また、これとは別に決勝戦のみ地上波(1998年まではテレビ東京系列、1999年-2001年はTBS系列)で放送された。, 2002年にレギュレーションの大幅な変更と共にフジテレビジョンが優先放映権を獲得。以降は予選リーグの一部、準々決勝・準決勝のそれぞれ全試合を自局系の衛星放送であるフジテレビワンツーネクストで生中継(一部の試合はFNS系列局による地上波ローカル中継あり。ワンツーネクストでもその映像を使用する。かつては独立局での地上波中継もあった。)、決勝は2010年大会までは地上波およびBSフジとフジテレビONE(2010年の決勝はフジテレビTWO)の3波同時で生中継(地上波はFNS系列全国ネット。2010年大会まではフジテレビの番組で唯一の地上波・BS・CSによる3波同時放送)という体勢が続いていたが、2011年大会は地上波のみ生中継を行い、BSフジとフジテレビONEは録画中継での放送に変更された。また、フジテレビONEでは地上波の決勝戦生中継開始前に「まもなくナビスコカップ」として試合開始前の様子を、決勝戦終了後に「まだまだナビスコカップ」と題してセレモニーの様子、試合を終えた選手たちの表情、インタビューなどが放送された。準々決勝以降(2011年は2回戦以降)のワンツーネクストで生中継しない試合はスカチャンで生中継された。, 2012年にフジテレビとの放映権契約を更新。予選リーグはワンツーネクストで毎節2試合程度生中継。また、スカパー!がサブライセンスを取得し、編成上などの事情でワンツーネクストで生中継しない試合を予選リーグからスカチャンでの生中継を行う(その後フジテレビNEXTでの録画中継を行う)。また、準決勝までのワンツーネクストで生中継される試合は、ワンツーネクストと同内容でスカチャンでも生放送する。これによって初のワンツーネクスト、スカチャン、フジテレビ地上波を合わせての全試合生中継、およびワンツーネクストでの全試合中継を実施する。, 2017年にフジテレビとの放映権契約を再更新[21]。この年からリーグ戦の有料放送放映権はスカパー!からパフォーム・グループの動画配信サービス「DAZN」に変更されているが、本大会についてはDAZNでの配信を行わず、引き続きフジテレビとスカパー!により放送される。また、一部の試合をスカチャンに加えて、スポーツライブ+(スカパー!系列)・J SPORTS(J:COM系列)・スカイA(朝日放送系列)のフジテレビグループ以外のスポーツ専門チャンネルでも放送する[22]。, Jリーグ開幕期を除いて2001年までは、Jリーグチャンピオンシップや天皇杯決勝と比較すると地味なイメージが拭えず、決勝戦の動員は大体2~4万人台で推移していた。しかし、2002年に浦和レッズが初めて決勝進出を果たすと、リーグトップの観客動員を誇る同チームの初タイトルがかかった試合ということでチケットが即日完売し、スタンドは超満員の観客であふれかえることになった。以降浦和が3年連続で決勝戦に進出したことによって、決勝戦チケットのプレミア化とリーグカップに対する注目度が上昇することが常態化した。, 2005年シーズンはジェフ千葉vsガンバ大阪のマッチアップで浦和が決勝に進まなかったものの、ここでもチケットはほぼ完売し2002年以前の決勝戦とはサポーターの間での捉えられ方が異なることを印象付けた。最近では2006年から7年連続で決勝戦のチケットが完売しており、2010年・2014年シーズンの決勝戦を除いて4万人を下回っていない[注 3]。, 逆に決勝以外は平日開催がほとんどのため、J1リーグ戦と比べて観客動員が伸び悩んでいる。, 2010年シーズン決勝の観客動員は39,767人。2014年シーズン決勝の観客動員は38,126人。, 20回目のファイナルを彩った若者たち ナビスコカップ決勝 清水エスパルス1−2鹿島アントラーズ, “【Jリーグヤマザキナビスコカップ】「Longest sponsorship of a professional football competition」としてギネス世界記録に認定”, http://www.jleague.jp/release/article-00004961/, https://www.yamazakipan.co.jp/company/news/pdf/20160212.pdf, “「ヤマザキナビスコ」、ライセンス契約終了で社名変更へ 「オレオ」「リッツ」など製造終了”, http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1602/12/news111.html, “2016シーズン リーグカップ戦の大会名称が「JリーグYBCルヴァンカップ」に決定”, http://www.jleague.jp/release/post-43798/, “「ナビスコカップ」、新名称は「ルヴァンカップ」に ヤマザキ新会社のクラッカー新商品から”, http://www.itmedia.co.jp/business/articles/1606/22/news090.html, https://www.jleague.jp/release/post-50812/, http://www.jleague.jp/release/post-47361/, http://www.jleague.jp/release/post-47849/, 【ヤマザキナビスコカップ決勝:前夜祭】アンセムを制作したアーティストm-flo☆Taku氏コメント, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=Jリーグカップ&oldid=80422591, 第2戦の後半終了後、引き続き15分ハーフの延長戦(アウェーゴールルールは採用せず), 「最終所属」は、Jリーグカップに最後に出場した時の所属(選手としての最終所属ではない). Jリーグカップ(ジェイリーグカップ、J. 優勝チームは翌夏に開催されるJリーグYBCルヴァンカップ/CONMEBOLスダメリカーナ王者決定戦への出場権が与えられている。, Jリーグ開幕前年度の1992年に社団法人(当時)日本プロサッカーリーグが主催するカップ戦としてスタートした。リーグ戦の日程の関係で開催されなかった1995年を除いてJリーグと並行して開催されている。, 決勝戦の開催スタジアムは1992年から2013年まで国立霞ヶ丘陸上競技場(1994年・1997年を除く)、1994年は神戸総合運動公園ユニバー記念競技場、1997年はジュビロ磐田スタジアムと茨城県立カシマサッカースタジアム、2014年から2019年まで埼玉スタジアム2002、2021年からは国立競技場で開催されている。, 2010年5月に、1992年に実施された第1回大会以来の通算入場者数が1,000万人を突破。また、同年10月には本大会の通算試合数が1,000試合に到達した。, カップウィナーに対してJリーグカップ(チェアマン杯、前年優勝クラブによる持ち回り)とルヴァンカップ(スポンサー杯、優勝クラブへの贈与)がそれぞれ授与される。, 大会公式試合球は当年のJリーグで使用されている試合球のデザインをJリーグカップ用として特別にデザインされたものを使用している。, 第1回の1992年大会から菓子メーカーのヤマザキビスケット(旧・ヤマザキナビスコ)が特別協賛(冠スポンサー)となっており、現在の大会名称は「JリーグYBCルヴァンカップ」(英: J.LEAGUE YBC Levain CUP) と続いて、5回戦は準々決勝、6回戦が準決勝となっています。 天皇杯の歴史. 天皇杯は、他の国内3大タイトルと比較して圧倒的に古い歴史を持っています。 第1回大会が開催された年は、次の通り。 第85回天皇杯全日本サッカー選手権大会(だい85かい てんのうはいぜんにほんさっかーせんしゅけんたいかい)は、2005年9月17日から2006年1月1日まで開催された天皇杯全日本サッカー選手権大会である。. 2001-2002 → テンプレートを表示: 第80回天皇杯 全日本サッカー選手権大会(だい80かいてんのうはいぜんにほんサッカーせんしゅけんたいかい)は、2000年 11月25日から2001年 1月1日まで開かれた天皇杯全日本 … 第85回天皇杯全日本サッカー選手権大会(だい85かい てんのうはいぜんにほんさっかーせんしゅけんたいかい)は、2005年9月17日から2006年1月1日まで開催された天皇杯全日本サッカー選手権大会である。, この大会は浦和レッドダイヤモンズが前身の三菱重工業サッカー部時代以来、25年ぶり5度目の優勝を果たした。, 決勝に勝ち残ったのは、2001年以来の天皇杯を目指す清水エスパルスと、前身の三菱重工時代以来25年ぶりの優勝を目指す浦和レッドダイヤモンズの2チームであった。熱狂的なファンを多く抱える浦和のJリーグ発足後初の天皇杯決勝進出とあって、2006年元旦の国立競技場には5万人を超える観衆が詰めかけた。, 両チームとも守備重視ではないかという試合前の予想に反して試合開始から攻勢をかけたのは清水であったが、前半39分にロブソン・ポンテの右CKに堀之内聖がフリーでが飛び込むが、清水守備陣が反応してクリア。これを三都主アレサンドロが拾って、左サイドに流れた山田暢久とのリターンパスからクロスを上げ、これに反応した堀之内が2度目のヘッドで先制点を挙げた。清水は、これが本大会初失点であった。前半はこのまま浦和の1点リードで折り返す。, 後半清水は怒濤の反撃に出るが浦和がこれをしのぐ。清水は後半27分に市川大祐と平松康平を同時に投入するが、これで逆に守備に一瞬の隙が生じることとなり、後半28分にポンテと赤星貴文のパス交換から中央へ走り込んできたトミスラフ・マリッチが右足ダイレクトでだめ押し点となる2点目を決め、浦和がJリーグ発足後初、前身の三菱重工以来25年ぶり5度目の優勝を果たした。2点目を挙げたマリッチは2005年7月に浦和に加入し、半年契約を更新せずに天皇杯限りでの退団が決まっていたが、同大会では5試合で6得点の活躍を見せ、チームに天皇杯をもたらした。これで浦和は2007年のACL出場権を獲得し[補足 2]、同大会での優勝につながった。, 清水は、後半31分に右サイドのFKからこぼれ球を市川大祐が決めて1点を返すものの、その8分後には平松康平が審判への異議で2枚目のイエローカードを受け退場処分となるなど、後一歩のところで攻め手を欠いて、長谷川健太の監督就任1年目での天皇杯獲得とは成らなかった[補足 3]。, 浦和は2006年のJリーグディビジョン1でも優勝し、2007年のACL出場権は重複した。, 【第85回天皇杯決勝:浦和 vs 清水 浦和レポート】見せつけた「決定力の差」。2点を死守した浦和が、25年ぶりに天皇杯のタイトルを奪取, 【第85回天皇杯決勝:浦和 vs 清水 清水レポート】多くのチャンスを生かせず敗戦も、新シーズンに向けて確かな手応え, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=第85回天皇杯全日本サッカー選手権大会&oldid=78282292, 大会への自動出場権を持つJ2チームの増加に伴い、JFLシードが2チーム、大学シードが.