それに伴い、ゼロはCEO(最高経営責任者)に就任、黎星刻を総司令、扇を事務総長、藤堂を統合幕僚長とする新体制となった超合衆国決議第壱號に基づき日本解放のためエリア11に進軍する。

仮に追放を回避したとしても、過失だったとはいえ日本人虐殺を引き起こした人間をトップに据えることになる為、ゼロがよほどうまく情報操作でも行わない限りはどちらにしても崩壊していた事は言うまでもないが、「行政特区日本」が成立していれば組織の大義名分も独立も失われるのもまた事実である。独立を優先するのならば、この件だけはユーフェミアを悪役に仕立てる以外に最善で代替案を用意する時間もなかった事例ではある。 ゼロ「千草? ああ、扇が我々黒の騎士団に秘密で愛人にしていたブリタニア人のスパイ女ヴィレッタの事か?」 藤堂「何!?」 南「扇、お前…」 扇「なっ…た、確かに黙っていたのは事実だ。だが決して愛人なんかじゃない。それに今はギアスの話の筈だ」 そろそろ日本編(勝手に分類してますが)も中盤にさしかかりまして、神楽耶たち黒の騎士団がきびしい立場です。(いよいよ日本脱出の本題に入ったからね) 黒の騎士団、およびゼロスザクの前の代であるゼロが好きな人は不快になる場合もありますので、ご注意くださいね。 それを機にブリタニア軍との講和が行われたが、ダモクレス戦役において敗北。皇帝ルルーシュに空席だったCEOの座を奪われ幹部たちも処刑されそうになるが、これはゼロレクイエムの計画の一部に過ぎず、「ゼロ」の仮面を継いだ者によってルルーシュが討たれたことで幹部たちは解放、超合衆国と共に再建されることになり、新たなゼロがCEOに就任した。, 後述通り元々がレジスタンス、つまりは素人集団であるために団員達のほぼ全てはブリタニアから日本を取り戻す程度しか考えていない。しかも、考え方もバラバラの寄り合い所帯である上に前時代的な考え方も多く、それらをゼロの卓越したカリスマ性でまとめ上げていたため、組織の運営や作戦のほぼ全てがゼロに依存しきっている。言ってしまえば、藤堂やカレンといった優れた人材は擁していてもその本質はゼロのワンマンチームなのである。しかもブラック・リベリオンでは外部から合流した兵士がゼロの指示を無視して勝手な行動を取るという統制の低さが原因で攻め遅れた結果、ゼロの戦線離脱と併せた敗因となる。ゼロもそのことを熟知していたがために藤堂のような本職の軍人及びディートハルトのような人種も問わずに能力や才能を重視する方針をとっていた。 黒の騎士団には、俺の望む未来を託せる者は、お前しかいなかったんだ。 それに、俺とスザクは、あまりにも悪事を重ねすぎた。 だから、優しい世界には、いてはいけないんだ。 また、ゼロ自身も団員を駒と見なしていたり本人の秘密主義が組織の運営に関わる幹部陣との信頼関係の隔たりにもなっており、幹部達もゼロに大なり小なり疑念を持っており、それが最悪の形となって組織に跳ね返ることとなる。 壊滅したと思われていた黒の騎士団だがゼロ(ブラックリベリオンのゼロと同一人物かどうかは不明)の復活と同時に、中華連邦総領事館の一室において再度建国宣言を行った その後いくつかの作戦をへて、中華連邦に百万人のイレヴンをつれ中華連邦の蓬莱島に亡命。 天子強奪事件の後中華連邦と合衆国日 …

事実、ルルーシュ自身は国の指導者になる気はかけらもなく、生き残った騎士団メンバーも処刑寸前、というか恨まれればそれでいいので最初から処刑する気はなかったのだが、ゼロレクイエムを経て無事に解放された。, ゼロレクイエム後は超合衆国の唯一の軍として存続し、同じく唯一残された騎士団である『グリンダ騎士団』と共に秩序維持に努めており、その中にはブリタニアの兵や元ナイトオブラウンズも所属している。またその一方で元々最初期からいた扇や玉城といった一部メンバーは、事情は解らないが黒の騎士団から脱退した模様。, 扇要(副指令→事務総長) 初登場後は弱者の保護を実行し、ブリタニアにもテロ活動にも反対している中立派のイレヴンや一部のブリタニア人の支持を得ることに成功している。 「だが、ルルーシュと騎士、そして兵士達の活躍で黒の騎士団を蹴散らし、難攻不落と思われたダモクレスを撃破。大量殺戮兵器も手中に収めた。この時点でルルーシュは不本意ながら世界征服を果たした … 「もう黒の騎士団 に ... 「騎士団の裏切り 」の原因はゼロ(ルルーシュ)にも非はある。しかし、組織という視点から見るに扇の非はそれを上回っており、自分が敵国の女性と恋仲(内通)している事を棚に上げ、ディートハルトがその内通を暴き、組織の為に抑制しているにも関わらず後ろ盾が無� ID: Zra+czlqaj, 2020/08/04(火) 06:05:04

最初の頃は上手くいかなければ組織そのものを切り捨てる方針だったはずが、目まぐるしい情勢の移り変わりと共にルルーシュ自身の思想も変化していった為、もう少しうまく立ち回れさえすれば穏やかな解散か組織存続が出来るような流れになっていた可能性も高い。 ID: Zra+czlqaj, 2020/08/23(日) 12:02:43 卜部巧雪, ディートハルト・リート(情報全般・広報・諜報・渉外総責任者→媒体情報管理長)

周香凛(参謀長官) その後いくつかの作戦をへて、中華連邦に百万人のイレヴンをつれ中華連邦の蓬莱島に亡命。 ヴィンセント(ロロ専用機) しかし第二次東京決戦においてゼロが重傷を負い、治療の甲斐なく死亡と発表。

黒の騎士団 の双璧が行く ... 2017年09月26日(火) ... 彼は自身に反応したisコアが十年前の白騎士事件で投入されたナンバー〇〇一である事に気付く。 あの日、空が偽りの救世主に焼かれる光景を見た少年が … ワンピースとギアスのクロスオーバーSSです。 投稿日 2012 9/25 第1話 麦わら帽子と仮面の魔王 2012 9/25 第2話 旅の仲間 2012 9/25 第3話 c.c.と料理と黒の騎士団 2012 9/25 第4話 ”紅月”カレン 2012 9/29 第5話 地味な男と扇の本性 2012 9/29 第6話 魔王再び 2012 10/5 第7話 オレンジ畑とゼロの正体 … 23 of the novel series "闇夜の月華". 杉山賢人(部隊長→特務隊長) 南佳高(副指令代理→可翔艦「斑鳩」艦長)

斑鳩 ナリタ戦を機に戦力を増大させていき、日本解放戦線の壊滅以降には支援グループ・キョウトの援助も取り付け、さらに藤堂鏡志朗・四聖剣といった解放戦線の残党を吸収したことでエリア11のおける最大勢力にまでのし上がった。

ID: AH7uTWvi+W, 2020/09/17(木) 16:50:35 天子強奪事件の後中華連邦と合衆国日本、他のブリタニアに侵略されているアジア諸国、E.U.の一部の国家も加盟した連合国家「超合衆国」と資金、物資、人員提供と引き換えに安全保障を担う傭兵組織となる。 ‚à‚¤–Ê“|‚É‚È‚Á‚ăWƒFƒoƒ“ƒj‚ª‚â‚Á‚Ä‚­‚ê‚Ü‚µ‚½‚É“¦‚°‚½ƒfƒXƒm‚Æ‚à•ÊB ‚æB 「―――――ジノ。邪魔をしないで」 腕の中のアーニャは淡々そう言った。 ジノが乱入しなければ真っ二つになっていたというのに。 「嫌だね。 仮面の男ゼロがエリア11(旧日本)のレジスタンス扇グループを母体に結成した弱者(人種問わず)保護を謳うレジスタンス。 インフィニット・ストラトス▼それは大天災篠ノ之束によって生み出されたマルチフォーム・スーツ▼しかしそれは女性にしか動かすことが出来ない…▼はずだった▼男性で初の操縦者〈織斑一夏〉が見つかった事により世界中で男性操縦者の検査がおこなわれたそしてついに2人目の操縦者が見つかった▼そう!その男性こそ織斑一夏の幼馴染にして親友の緋龍蓮仁であった!!▼「ハァ?え?動い…, 総合評価:225/評価:/話数:26話/更新日時:2020年11月11日(水) 23:00 小説情報, 本編にはいなかったドラゴンスレイヤー氷竜、もしもFAIRY TAILで初めからギルドにいたら?ナツとコンビを組んでいたら?どうなっていたかを主が妄想全開で書きます。▼オリ主の挿絵募集します。もしも書いてみた、表示OKって方がいたら是非お願いします。▼この本編で戦いがしばらくないとき自分は氷竜戦闘という作品にオリ主達が戦うだけの作品も書いてますのでよかったらそ…, 総合評価:567/評価:/話数:63話/更新日時:2020年11月11日(水) 16:44 小説情報, “首輪付き”───それは人類種の天敵とまで呼ばれた、たった一人の少年にして、史上最も多くの命を奪った者。▼ 彼は死に、世界は歓喜に包まれた。そして彼自身もまた“これで世界は大丈夫だ”と、歓喜と共に永遠の眠りについた。▼ しかし彼に安息は許されなかった。彼は再度、“生き直す”事となってしまう。まるで罪を償わせるかの如く。▼※今作品にはACfaのネタバレ要素、…, 総合評価:6083/評価:/話数:27話/更新日時:2020年09月07日(月) 14:43 小説情報, 某所上空での戦闘中、1人のファイターパイロットが空で散った……筈だった。▼しかし、彼はまったく別の場所にて目を覚ます。▼そこは、後に【インフィニット・ストラトス】と呼ばれる女性にしか反応しない兵器が生まれ、それによる女性優位の風潮が広まる世界であった。▼これは、敵味方から【鮫】と呼ばれたパイロット──ウィリアム・ホーキンスの波瀾万丈の物語。▼, 総合評価:5/評価:/話数:19話/更新日時:2020年11月15日(日) 03:30 小説情報, プロテスタントの開祖『マルティン・ルター』の末裔、ヴィルヘルム・ルターには特別な神器が宿っていた。▼ 聖書の神がいずれ神器が悪魔や堕天使に渡る事を恐れ作り上げた神器▼ 『天上の使徒(ソレスタル・ビーイング)』。▼ しかしそれを狙った悪魔によりヴィルヘルムは両親を、友を、全てを奪われた。▼ 彼は己の様な存在が二度と生まれぬ様、長い戦いに身を投じていく。▼ や…, 総合評価:494/評価:/話数:26話/更新日時:2020年11月08日(日) 07:00 小説情報, 赤龍帝と白龍皇。ドライグとアルビオン。二天龍と呼ばれし龍は争い戦った。だが、二天龍だけではない。その間にもう一体の龍が入りさらに規模が大きい戦いに発展させた龍が居た。 黒天龍王と言われしその龍の名は "ゼローグ"▼, 総合評価:55/評価:/話数:12話/更新日時:2020年10月11日(日) 21:00 小説情報, ある日シンフォギアXVの最終回を見てそのまま寝てしまった主人公▼起きるとそこはテンプレの如く神様の前!その後神様にほかの神が転生させた転生者を捕まえて欲しいと言われ▼シンフォギアを受け取り作者の趣味で戦姫絶唱シンフォギアの雪音クリスに転生して転生者を捕まえる為に奮闘する小説です▼三日で更新ですが▼よかったら見てくださいね, 総合評価:55/評価:/話数:28話/更新日時:2020年11月10日(火) 16:00 小説情報, 女性だけが動かす事の出来る筈のIS〈インフィニット・ストラトス〉を起動させてしまった男がもう一人いたならば、そんな二番煎じが盛り沢山の小説です。▼作者の想像と妄想を書き殴って行きます。, 総合評価:931/評価:/話数:67話/更新日時:2020年11月01日(日) 00:00 小説情報, 「必ず、お前の取り戻す」▼ルーリット村で衛士の天職に就く少年、ルーク。▼幼馴染のユージオとアリス、■■■の三人と暮らす彼の平穏な日々は、突如村にやって来た整合騎士によって打ち砕かれる。▼連れ去られたアリスと、殺されていた果ての山脈の白竜。▼公理教会に疑念を抱いた彼は、白竜の骨で作られた剣を携え、鍛錬に明け暮れた。▼─それから6年。村からの出立を考え始めたルー…, 総合評価:303/評価:/話数:25話/更新日時:2020年11月10日(火) 10:38 小説情報, 宙への憧れは曇る事を知らない。▼いつか、約束した彼女の為に宇宙へ飛ぶ為に。▼――――――――――▼先日最終回してバトローグまでのロスを埋める為に始めてみました。▼コアガンダム+プラネッツシステムのみの登場でISにオリ主ぶっこんでいくシリーズです。▼ISの知識が相当古いので不安しかありませんがどうぞよろしくお願いいたします。▼感想等ありましたら喜びます(小声, 総合評価:247/評価:/話数:24話/更新日時:2020年11月02日(月) 07:52 小説情報, ゼロレクイエム、それは狂王ライに憎しみを集め英雄ゼロに討たれる事で世界を軍事力ではなく話し合いのテーブルに着くよう、ライ、ルルーシュ、スザクの3人が考えた作戦だった。, ソードアート・オンライン アリシゼーション Imagenary Fabricte ~光を照らす執行者〜.

テレビアニメ「コードギアス 反逆のルルーシュ」「コードギアス 反逆のルルーシュR2」で主人公を貶めてゼロレクイエムを決行させた、見事な手腕でルルーシュを利用した扇要を指す言葉でもある。, 映画の3部作と復活のルルーシュはパラレルワールドであって、制作側の意図で扇レクイエムを逃れている。, 無能と自覚している扇要が敵国であるブリタニア人に惚れ没頭し、記憶を取り戻した彼女に再会した後、作戦中にも関わらずその彼女...ヴィレッタ・ヌゥを妊娠させ、言葉巧みに誘導するシュナイゼルと、愛する彼女からゼロの正体やギアスの事、そして何より駒扱いしていたことを聞かされて鵜呑みにした扇は、今まで自分たちを導いてきてくれた存在『ルルーシュ(ゼロ)』をシュナイゼルに売る条件として「日本の返還」を申請し、裏切ることを決めた。, 当然ロロに邪魔されて「日本の返還」は叶わず(扇がルルーシュを裏切らなければロロが死ぬことが無かった可能性もありヘイトは上昇気味)、黒の騎士団は頭を失い、代わりを務められる存在も、精神的支柱すらもいなくなってしまった。, と言いながらフジサンではルルーシュの身近にいながら戦略を見抜けない無能さ、富士山の噴火で乗っていた斑鳩まで撃沈させてしまい黒の騎士団は壊滅状態となった。, ゼロレクイエム後はルルーシュが自分の名誉や命を引き換えに築いた平和の世界でのうのうと幸せに人生を送り、日本の首相となった扇は自らが裏切ったルルーシュの妹であるナナリーと笑顔で握手を交わしている。, 展開に関しては担当声優の真殿光昭から「フォローしきれない」と言われ、ヴィレッタ担当の渡辺明乃からも難色を示された挙句、他の女性声優陣からも「女を思い通りに出来ると思っている男の傲慢さを感じる」とコメントしている。, 黒の騎士団女性陣からは「いい人だけどそれだけ...」と、ヴィレッタからは「案の定ヘタレ」だと男として情けない評価である。, ブリタニア皇帝となったルルーシュとの会談にて、いきなり彼を拘束(ギアスへの警戒もあった)して法外な(殖民エリアの開放だけでなく国土の分割の要求まで)条件を突きつけ、脅迫まがいな手段に出ており、ルルーシュに軍を進軍させる大義名分を与えてしまった。, 最終的に独裁の道を選んだルルーシュが日本を戦場とした為、世間からの批判は買わずに済んだ様だが、小説版では「恐ろしく外交マナーから外れた行為」と酷評された。, 黒の騎士団の幹部であるディートハルトは、扇とヴィレッタの関係を知って彼女を拘束し、扇が女にかまけて裏切らないよう、職務を果たすよう脅迫(不当という程ではない)していた。             ゼロ追放後、後ろ盾を失ったディートハルトを扇はヴィレッタと共にリンチした。, 結果的に、後先考えずにトップであるゼロを放逐して黒の騎士団のトップとなった扇は、自ら積極的にメンバーを引っ張るようなことをせず、事実上シュナイゼルの使い捨ての駒と化した。, 敵国No.2(シュナイゼル)の言葉に踊らされ、(結果的に見て)扇の独断で「超合集国最高評議会」の決議無しに自分達、「黒の騎士団」を導いてきてくれたCEOを「日本の返還」を条件(その約束が叶うか分からないのにも関わらず、叶えられても『再侵略』してくるかも、日本が復興する為の十全な予算が無い事も考えず)に売り渡す事に決めた。.