左サイドは阿部、学がいて三苫も入るし、ACLも出ないなら一人放出するんじゃない?

来年も過密日程なので、CBも2セット欲しいのです。, スンヒョン兵役がつらいな



知念も鬼木のままなら使いどころないし、出るんじゃないかな, ※127 査定は上がってると思うし、慰留は当然するだろうけど、鹿のオファーが DF 24 伊東 幸敏 DF 5 チョン・スンヒョン  ※OUT(蔚山現代に完全移籍) どちらもチームには欠かせない選手であり、アクセントを加えられるプレーヤーだった。その分彼らへの依存度が高まってしまい、終盤に怪我で離脱してしまうなど負担がかかっていた。 セルジーニョは中国への移籍が噂されており、状況は予断を許さない。2019シーズンのチーム得点王であるセルジーニョが移籍するとなるとかなりの痛手だ。 近い将来、安部ちゃんや植田や優磨が神戸や他クラブにいても何も驚かない, 今年だけで言えば選手余るから行けないのはわかるが フィンク監督の神戸かミシャ札幌なら才能を発揮できるかもしれないけど。山中の二の舞になるんじゃ?

サイドバックが固定できずに戦った2019シーズンを考えると両サイドで大きな補強となった。, MF 4 レオ・シルバ 安西とUMAの穴が埋まりきらなかった感じ。, ただマリノスもACLあること考えると、広瀬は残留、移籍どっちもあるんじゃないかなぁ…, スンヒョン兵役かあ・・・悲しい 小池→数試合活躍してDFの穴になりあの人はいま

セルジーニョ→欧州やブラジルからオファー殺到なので検討中 鹿島アントラーズは退団を考慮してか、パルメイラス(ブラジル)に所属するゼ・ラファエルの獲得を狙っているとの噂もある。, 遠藤康は健在で、名古新太郎も積極的なプレーを見せているが、レアンドロと中村充孝の移籍でサイドハーフの人数には物足りなさを感じてしまうのも事実だ。, そこで鹿島アントラーズが補強したのは名古屋グランパスの和泉竜司(完全移籍)だ。

白崎にブエノと頭上がらないわ、翔さんも序盤は良かった

その時はウチは移籍金を再投資するまでですからね。ユースから明治行ってる Completing the CAPTCHA proves you are a human and gives you temporary access to the web property. その代わり名古屋グランパスからレンタルしていた相馬勇紀の買取はできず、レンタル期間満了でレンタルバックとなった。, FW 15 伊藤 翔

「ニムロッドの次の曲」が秀逸だなぁと。やったったで、とニムロッドで思うと思うんだが、これのあとが適当なようで実は... 私はフリーランスの作曲家であるので持続化給付金の云々はヒトゴトではない。 そうなると情報の精度は10%くらい落ちるけど依然高いなぁ, まぁそんな事も予想してたかのように終盤に常本を練習参加させてたのかもね。 陸斗は守備の1対1が特別強くないし、ガツガツぶつかっていくタイプでもないから意外。 MF 41 白崎 凌兵 MF 27 松村 優太 ※IN (静岡学園高校)

DF 22 広瀬 陸斗  ※IN(横浜F・マリノスから完全移籍) 中島はゴール決めてないのがな 奈良ねぇ…控えで納得してくれるのかなぁ… 794 U-名無しさん 2019/12/13(金) 05:27:40.25 ID:P6 Hw/IVa 鹿島に奈良って、鹿つながりか 803 鞠 2019/12/13(金) 06:30:10.36 ID:9GMsRsqqa 広瀬って、偽SBで活きるタイプの選手だけど、お宅ら大丈夫? 中島はゴール決めてないのがな 小池、内田、伊東幸敏といるし。誰か出ていくならめっちゃ欲しい!, 広瀬、左足の精度が酷すぎるってこと以外は右SBとしては高レベルでまとまった良い選手だよ, というか、J1全体で一定水準以上の右SBが足りていないのかもしれんね 同監督は柏レイソルでのプレー経験があり、ブラジルのクラブでの監督経験。コーチとしてウクライナの強豪、シャフタール・ドネツクでの指導経験もある。 オファー出した段階で記事になるぐらいだからまだ信頼度は高くない ちなみにこれは私自身が例えば確... 「現代音楽を専門に勉強することは逃げである。」 地元の関係で鹿島ファンである私にとって、今シーズンはひそかに楽しみにしていた。コロナで止まってしまうのが本当に残念であるほど、今シーズンの鹿島アントラーズというチームは注目すべき点が多かったのである。それについて解説する。, 鹿島アントラーズというチームはJリーグにおいて比類ない成績を誇っている。J1だけでも最多の8回優勝であり、その他も上位で留まることが多く、「常勝」というちょっと古語っぽい言われ方もしてきたチームである。, 簡単に言うと、鹿島は基本、はやく強くうまい選手が、他のチームを圧倒。そしてJリーグ設立前は弱小であった鹿島を、スーパースターのジーコがやってきて植え付けたというジーコスピリット、まぁ平たく言えば勝利にこだわる気合と根性のようなもので、おちゃらけを許されない独特の緊張感を持ってJリーグを制してきた。, ところが、その状況はここ数年、変わってきたと言って良い。サッカーのシステムが急激に進歩を遂げているのである。ヨーロッパで洗練された作戦スタイルが他の地方にも浸透しつつあり、カタール等でも普通に5レーン理論などを用いるような時代になりつつある。当然、Jリーグの他のチームにも、高度なサッカーをするところが現れはじめる。川崎フロンターレや横浜Fマリノス等である。結局、ここ3年はその2チームが優勝しているのだ。鹿島はもちろんうまい選手が揃っているので善戦はするのだが、「ジーコスピリット」とされている気合のようなものでなんとかしてきたこれまでと違い、個人でなんとかできるレベルを超えているのである。加えて2019年シーズンはアンドレス・イニエスタが加わった神戸が、彼中心かつ他のメンバーも粒ぞろいのチームを完成させつつあり、天皇杯決勝では鹿島は為す術もなく完敗している。結局ここ3年、まったく国内のタイトルはとれずじまいで、それもまったく納得できるほど、「内容が悪すぎる試合」「完全に作戦で負けている試合」が多く見られたのである。, 鹿島アントラーズというクラブからヨーロッパのクラブに出ていく選手というのは、昔は本当に少なかった。なぜかというとヨーロッパというのはレベルが高く、日本人なんて入り込む隙がない、というかそういう文化がなかったのである。ところが近年、どんどんヨーロッパのクラブで活躍する選手が増えてきている。本当だったら鹿島の将来を担うような若手の選手が、ヨーロッパに次々と渡っていってしまう。, そのため、せっかくとった有能な若手がすぐいなくなる鹿島の戦力は安定しない。具体的にいうと、昌子源、植田直通、鈴木優磨、安部裕葵、安西幸輝といった、普通にスタメンどころかチームの顔となりえる若手が一気にいなくなった。昔であれば、このあたりの選手はずっと在籍したまま、鹿島で成長を重ねて長く引っ張っていくものであったのだが、それができなくなった。, ちなみに、西大伍などの主力選手も、国内ながら普通に抜けていってしまい、あわてて補強するも間に合ってない状況が続いていた。, そんな中、Jリーグ、ルヴァンカップ、天皇杯、ACL、CWCとJリーグ最多といっていい日程をここ数年こなしてきたため、怪我人があふれ、時には10人以上というときもあった。, 事態を重く見たのか、メルカリ会長の小泉氏にオーナーが変わったからか、この2020年でそれらを一気に刷新しようという意気込みに溢れた大改革が行われた。, まず選手は、国内の若手や中堅問わず、ほぼ全ポジションレギュラークラスを取った。そして、攻撃陣にブラジル人を2名取った。さらに新人4人も、全員日本代表クラスであり注目度は抜群である。, そして、戦術の肝、監督であるが、ここまで石井→大岩という、元鹿島の選手であり、鹿島の精神みたいなものはわかってはいてもヨーロッパの最新の戦術にあかるくはなかった監督に代わり、ザーゴ監督という、一言でいうとリヴァプールやレッドブル・ザルツブルクのようなトレンドを知る監督を招聘した。, ここ数年を見てきた者にとってはこれは大きな改革であり、下手したらクラブ史における転換点となりうる変化である。, 神セーブ連発の韓国人GKクォン・スンテも35歳。セービングに関しては本当に頼れるのだが足元の技術はさほどでもない。新戦術においてはゴールキーパーはフィールダーとしての役割も期待される(ノイアーがパイオニア的な存在で、ディフェンスのボール回しに積極的に参加するスタイル)重要なポイントだったりするので、キック精度に優れるという若手の沖をもっと見てみたい。ただスンテのあの気迫は本当に頼もしいのでいてほしい気持ちもある。40になる曽ヶ端は存在が貴重。ルーキーの山田くんは世代別の日本代表にも選ばれたらしく期待の新人ながらまだ出番はなさそうか。, 川崎フロンターレから獲得した奈良が怪我から復帰。これで多分全員元気になっただろう。犬飼、奈良、ブエノ、町田、関川と、全員特徴を持っていてかつ実力は拮抗していて誰が出てくるか予測不能。個人的には昨年最終ラインを守り続け、どんどん安定感が増していた犬飼は注目したい。奈良も強さと戦術眼を兼ね備えているであろう。ブラジル人のブエノは身体能力が高く頼りになるのだが、先日の広島戦でのやらかしがちょっと響いている印象。新戦術に馴染めていないのだろうか。町田は地元が一緒でかつ左利き、190cm、東京オリンピック世代の若手と期待すべきタレントであるのは間違いないのだが、安定感はまだないのは気になる。まあ、誰だって若いセンターバックは最初やらかすもんだけど。。トレーニングマッチで豪快なヘディングシュートも決めており、成長しているのを信じたい気持ちもある。関川もしかりで、ビルドアップとかうまいのはわかるんだが、彼は逆にちょっと古くさい鹿島の匂いがして、かなり感情の起伏がありそうなイメージ。ということで個人的には奈良と犬飼を推す。両者が戦術に馴染んてきたり、奈良が鹿島のリーダーシップに馴染んできたら、どちらかを町田に託してみてほしい。, ただ、今までのプレシーズンの感じ、町田関川という若手コンビでいきそうなイメージもある。ここは読みづらい。, 予想スタメン:犬飼、町田(直近の練習試合がこれであったので、これで来るかな、と。ある意味そのあたりは素直な監督だと思う。控えは関川だろう), 希望スタメン:犬飼、奈良(奈良が未知数ながらある意味バランス取れる二人な気がする), まさかの昨年優勝メンバーから引き抜くというとんでもない補強となった横浜Fマリノスからきた広瀬陸斗であるが、彼は能力があるのは感じ取れる。戦術的な動き方は横浜から来たから当然できるし、個の能力もどんどん伸びてくるだろう。, 伊東幸敏、彼もまた怪我ばっかりしていたイメージで復帰後のコンディションをまず知りたい。実にサイドバックらしいサイドバック。, そして本来なら大本命であるべき内田篤人。2014年ワールドカップ前後の怪我が未だに尾を引いていて、昨年終盤のパフォーマンスは酷評されていたし、水戸戦などを見ていても明らかに本調子には見えなかった。注目度が高い分批判も多いが、もう一回がっつり働いているところを見たい。サイドバックなのに縦の動きだけじゃなく、立体的に見えて、でも遅いわけじゃなくて、みたいな不思議な感じなんだよね、彼がボール持つと。, 希望スタメン:内田篤人(期待を込めて。広瀬から奪うのは難しいみたいな風潮になってるのは、本来はおかしくて、キャリアとか考えるとファーストチョイスはやはりこっちだと思う。キャプテンも譲ったし、ちょっと休んだし、調子を取り戻してくると信じている), 仙台のアシスト王永戸勝也を補強。フリーキックなどを期待する意味でも貴重な存在だろう。プレシーズンを見ていても、やっぱうめーな、と思った。, 山本脩斗は怪我しないイメージだったが昨年はほぼ怪我。年齢もあるぶん、あの運動量と的確なポジショニングはどのくらい可能なのか。出れば安定しそうな気もするので、期待したい。, 湘南からやってきたオリンピック世代の杉岡大暉は身体能力抜群。ただ、世代別代表とかを見ていると、少し判断力がまだ弱い気もしている。1度試合で見たい気もするが。それにしてもよくこんな湘南の希望の風みたいな選手を取れたものだ。, そして若手の佐々木翔悟。彼のポテンシャルがまだわからない。こっちが出てくるとなったらえらいことだ。一度見てみたい気もする。, 若いながらチームキャプテンで代表経験者の三竿健斗は新システムに苦戦中という印象。ボールロストが目立った序盤から、どのくらい仕上げてきているのか。見事なパスを通している場面も多かったので、奮起に期待している。彼がこのチームで心臓のごとくとどろき出した時、鹿島はものすごい力を得るし、おそらく彼も代表復活へ大きく近づくだろう。逆にスタメン落ちも普通にあり得る危うい状況である。, レオシルバは強くてうまいブラジル人だが、個人プレイが得意な選手だし、ちょっとラフプレイも目立つ。やばいときに流れを変える役割でいい気がする。が、ザーゴは結構ブラジル人好きっぽくて(ブラジル人なので当たり前だが)プレシーズンもスタメンだったので、どうなるか。, 小泉が随分フィットしていた気がする。永木は去年はサイドバックをやらされてかわいそうな子だったが、今年はボランチでいけるだろうか。名古新太郎は攻撃に関してはアクセントになるだろう。, 予想スタメン:三竿健斗、レオシルバ(ブラジル人の力は結構信じている監督のように見える。冷静に外したりするだろうか), 希望スタメン:三竿、小泉(三竿のポテンシャルに期待したいのと、守備的に小泉を置いてチームに落ち着きをもたらしてほしい。失点をまずはなくさないと), 名古屋からやってきた和泉竜司はすべてのプレイがうまい。すごい特徴のある動きはしないけど、何するにも安定している。, ファンアラーノもどっちかっていうとそんな感じで、昨年までいたセルジーニョよりも若干ドリブルするな、という印象。シュートがどんどん入り始めればもっとそれっぽくなる。本当はボランチらしいが、そのプレイも一回見たい気もする。, 白崎はどちらかというと長身で、もと清水の10番であり、エース級なんだが、そこまで速さがないのが今年の鹿島にはどうだろう。, 最注目のルーキー荒木はどんどん序列を上げているところだろう。相手のすきをスルスルと見つけ出す、身体の入れ方もうまく取られない。本当に手練感があった。今の所、彼をはずす理由がない。本来のボランチでも見たい気持ちもある。こっからさらに成長するポイントはどこなんだろう、と考えてしまうところもあるが。。全体的にうまいぶん、特徴が難しい印象があるので、対策されたらどうしよう、という気持ちもある。, 松村のはやさはジョーカーにふさわしい。が、選手権から見ていて点をとるイメージがまだ今の所ない。シュートがうまくなる、か、パスや切り返しなどの選択肢を磨く、というのが必要な気がする。スピードタイプがクレバーになったところ見たいな。, 和泉竜司は名古屋からやってきた万能選手。前線ならどこでも、というユーティリティで、広島戦では後半にサイドバックに下がるみたいなオシャレなこともしていた。全体的にうまいのだがシュートが惜しくも外れる印象がどうしても拭えない。試合を重ねると、もっと印象も違ってくるかもしれない。, 遠藤康は一時期不調だったが、最近本来のうまさを発揮し始めている気がする。賢いので新戦術にもはまりそう。カップ戦等で出番があったときは安心できるだろう。, 予想スタメン:ファンアラーノ、荒木(荒木スタメンは結構躊躇なくやってきそう。あの活躍っぷりを見てたらね。。), 昨年の成績は実はあまり参考にならないんじゃないかと思っている。なぜかというとおそらく今年の戦術になってやることがかなり変わるからだ。, 点取り屋として補強したエヴェラウドはいまだ無得点。見たところ、スピードはさほどでもないが、力はあるように見える。今の所まだ、彼でしかできない強烈なプレイみたいなものを見ることができていないように思うが、どうなるだろうか。期待はしているが、計算はできないというのが正直なところだ。, 土居聖真はクレバーで冷静に「うまい」プレイができるが、昨年までの「即興スタイル」でしか活動できないのか、新戦術にはまった上で面白いことができるのかは見もの。南野っぽいプレイを期待したいところであるが。, 伊藤翔は昨年の初期は活躍したが、その後失速した感はある。昨年までの戦術であれば独力で流れを変えるプレーは少なく、厳しそうだったが、今年ハマる可能性もある。, 上田綺世は強くはやく、裏抜けがうまい五輪世代で、注目度も抜群だが、内田篤人もラジオで言っていたように野性味溢れる気迫みたいなものがないように見える。これがあると点がとれる、というのは非常に前時代的な意見ではあるんだろうけど、賢さは感じるだけに、単純に個としてもう1進化することが求められてるんじゃないかと思う。, 染野唯月は世代を代表するプレイヤーでダントツで注目されていた選手。怪我から復帰し、これからアピールを重ねるところだろうが、荒木と松村が早々に活躍するのを見るに、思ったよりとっとと出てきて普通に活躍するんじゃないかと思っている。上田よりうまかったらびっくりだ。, 予想スタメン:土居、エヴェラウド(初戦がこれだったので、これでいくのだろう。タイプの異なる二人で面白いと思うが、相性は予想がつかない。機能しなかったときに違う組み合わせも見たい), 希望スタメン:土居、エヴェラウド(上田染野は大変ロマンがあるが、まだ早い。とはいえ試してほしい), 層厚い。例えば清水で10番だった白崎だったり、湘南の希望だった杉岡だったりなど、どこに行ってもレギュラーでしょ的な選手が出られないような布陣となっていて、怪我もしていないという状況は鹿島としては数年ぶりだと思う。ルーキーや外国人など、特徴の異なる選手も多く、粒が立っている。逆に出ていった選手はほとんどレギュラーとして出てはいなかった選手たちだったので(セルジーニョは除く)ぐっと引き締まった印象。, 苦手なフロンターレは昨年までの戦い方だと勝てる気がしなかった。今年当たるのはちょっと早い気もするが、今までとの違いを見せてほしい。まだあんまり勝てる気はしないが、打ち合いするみたいな展開があってもいいと思う。, 見せ場も多く作るが、見事な崩しで2点くらい取られる、という感じな気がする。熟成された川崎に対しても、昨年の勝てる気しなかった感じよりは全然よくなる気はする。, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。, 鹿島アントラーズ誕生物語 | DRAMA Vol.09 | 鹿島アントラーズ オフィシャルサイト, 鹿島アントラーズ誕生物語 DRAMA Vol.09のページです。鹿島アントラーズのオフィシャルサイト。すべては勝利のために、アントラーズファミリーとともに紡ぐFOOTBALL DREAM。最新ニュース、試合情報など、クラブに関する情報をお届けします。, Yahoo!ニュースは、新聞・通信社が配信するニュースのほか、映像、雑誌や個人の書き手が執筆する記事など多種多様なニュースを掲載しています。. コーチ 黒崎 久志 (退任:鹿島アントラーズアカデミースタッフへ) FW — 金森 健志 (サガン鳥栖) ※OUT(サガン鳥栖に完全移籍), 久保田和音は2019シーズンはファジアーノ岡山にレンタル移籍していたが、鹿島・岡山ともに契約満了となった。 鹿島建設株式会社の公式ウェブサイト。お知らせ、採用情報、企業情報、株主・投資家情報、サステナビリティ、技術とサービス、知る・楽しむコンテンツをご紹介します。 これは出て行く方も結構あるぞ, 鹿島のDFって代表にもフィットしそうな1対1に滅法強いタイプを揃えるイメージがある。 代わりに数年前は伊東が狙われてたけど、 広瀬はポステコサッカーの申し子的な感じだから、鹿島に行くとは思えないけどね。よっぽど条件のいいオファーでないと。, 鹿島ネタに関しては何故か確度の高い報知に名前が出てきたって事は何人かは決まりだろ 永戸含めて3人全員外す事はまず無い 広瀬は全く知らんw 奈良より正直、三浦弦太のが良いけどフリーで獲れそうなら悪くないてトコよね, 奈良ー?いるか? 永戸は前から噂出てたしありそうだけど他のはどうかな?? しかし、今年はよく情報が漏れるなー何でだろうか, おはようございます。奈良ちゃん、鹿島の可能性があるのか。何て言うか鹿島から選手抜かれる時代が来るとは、むず痒い感じではある, 永戸にもオファーしてるってことは両SBの補強とスンヒョン の代わりを探してるってことか とりあえず関川育つまでのつなぎ的な要素も強いかな, ガンバさんと鹿島さんは2年連続で奈良ちゃんにラブコールくれてるんだよなあ……

鹿島にお金無いよ   都市圏のクラブと資金競争したら勝てないよ, 今のCBは量はともかく質は酷いんだから獲りに行けよもう 確かにそう言われると納得してしまう部分はあるな。 入れ替わりで発表されたのが、横浜F・マリノスの広瀬陸斗の完全移籍での加入。 意外だったのは町田ゼルビアの監督を退任したばかりの相馬直樹氏がコーチとして復帰した。現役時代に鹿島アントラーズを退団してから17年ぶりに戻ってきてくれた。 という気持ちでいっぱい 勝也行かないで(´;ω;`) でもたしかにこれまで鹿島→仙台はあっても仙台→鹿島は無かったもんねぇ ウチがどうしても阻止できない場合は勝也の価値(移籍金)を跳ね上げるしか あと遠藤康ください, 木山さんが山形と同じく3バックを採用するならWBじゃ微妙な永戸は関口の控えになるだろうしなー FW   9 エヴェラウド  ※IN (ケレタロFC/メキシコから完全移籍)

染野は前回怪我で参加出来なかったから呼ばれただけでしょ 他のチームも試合出てる選手が結構呼ばれてなかったりしてる 990 U-名無しさん (ワッチョイW f5cb-/glN [106.73.196.224]) 2020/10/23(金) 21:47:15.45 ID:ibSuGAqf0 鹿島は例年GK4人体制で編成している。そのため、川俣慎一郎が契約満了による退団となり、南葛SCへ移籍した。, DF 2 内田 篤人 エニグマ変奏曲 でもお前ら、移籍金数億で今も怪我もちで、10ヶ月くらいブランクあるんだから、もし鹿島が獲るって言ったら、それはそれで満を叩くんだろ。

鹿島が川崎のDF奈良竜樹(26)、横浜MのDF広瀬陸斗(24)の獲得に乗り出していることが12日、分かった。奈良は4月末に負った左膝のけがで長期離脱し、リーグ戦は9試合の出場。今季限りで契約の切れる川崎には退団の意向を伝えている。鹿島は来季、韓国での兵役を控えるDF鄭昇ヒョン(チョン・スンヒョン)に代わるセンターバックとして白羽の矢を立てた。奈良にはG大阪も獲得オファーを出している。, けが人の影響もありMF永木ら本職以外の選手が入ることがあった右サイドバックには、J2水戸時代から注目していた広瀬の獲得を目指す。左サイドバックの補強として仙台DF永戸に獲得オファーを出しており、鹿島はDF3人の獲得に乗り出したことになる。, スポーツ報知 12/13(金) 2:13配信



層を厚くするのが目的で、1番手として考えていないなら獲得して欲しくないな。, CBは犬飼、ブエノ、町田、関川で良いと思うけど。他から戦略取るのはいいけど、鹿島らしさが薄れていくのは嫌だな。, 奈良は今まで何故かイエローで済んでたプレーが「そういえば今年から鹿島か……退場!」になる光景しか見えない, 永戸は中谷とともに佐倉市サッカー界の星として応援してるから頑張ってほしい。なんかの間違いでうちにこねえかな, 現状鹿に勝てるとすればフィジコとメディカルの有能さだけかな。 アシストはしてるしいいシュートは打ってるから時間... やっぱサッカーは個、1対1の勝負の連続。ブンデスで言うツバイカンプ。 知念は絶対に1年で返却するならワンチャン 買い取りオプションがついてるらしいけど、今の出来では… 永戸と広瀬は移籍するだろうな, 白崎→数試合活躍してポンコツに

小池はシントトロイデンにレンタルバック後、即セレッソ大阪に完全移籍した。, 小池と入れ替わるように2019シーズン終盤が町田が左サイドバックに入る試合が多くなった。オフェンス面ではサイドハーフのフォローが物足りないこともあったが、ディフェンス面では町田のおかげで安定した部分も多かった。, 山本脩斗が怪我で離脱する期間が多かったのも左サイドバックが定まらなかった理由のひとつだ。, 2020シーズンに向けてすでに日本代表クラスである湘南ベルマーレの杉岡大暉を完全移籍で獲得。本人の強い要望があったという報道もあり、鹿島アントラーズを応援している私からすると嬉しい。, さらにベガルタ仙台の永戸勝也も完全移籍で獲得した。永戸は左足からのクロスに定評のあるサイドバックだ。J1レギュラークラスを相次いで獲得したことから強化部の本気が感じられる。, 2019シーズン序盤で内田篤人が負傷すると、平戸太貴(町田ゼルビアに移籍)、小田逸稀、永木亮太、小泉慶、伊東幸敏など多くの選手を起用。最終的には中盤へのフォローや、手堅いディフェンスなどで貢献した永木が一番安定したプレーを見せた。, 2019シーズン中盤に大怪我から復帰した伊東幸敏はまだまだ本調子とは言えず、不安定なプレーを見せてしまった。, 2020シーズンは小田が町田ゼルビアにレンタル移籍することが発表された。