実際に運行初日の7月9日早朝、中央林間駅で「時差Bizライナー」が出発するところを見てみました。5時59分に列車がホームに入ると、ホームに並んでいた客が続々と車内へと入っていきましたが、それでも席が5~6割埋まる程度。立客がほとんどいないまま発車しました。, 続いてピーク時間帯の久喜行き準急(6時57分発)に乗ってみましたが、中央林間駅を出発した時点でほぼ満席。三軒茶屋駅に到着する直前には、ぎゅうぎゅう詰めに近いほどの混雑になっていました。, 中央林間駅の案内板に貼られていた「時差Bizライナー」の時刻表(2018年7月9日、草町義和撮影)。  興味を持った方しかパイクカーにはたどり着かないでしょう。年齢は若い方から年配の方まで様々です。世の中にあるパイクカーの中古は、それこそ何万円台から、新車に近い価格までピンキリですが、古い車なのでキリは文字通りボロボロです。当社はこれをしっかり整備して販売するというやり方を数十年来続けています。, ――どれほどの流通量があるのでしょうか? この一覧表の役割の一つには大百科内に多数散在し、今後も増えるであろう鉄道関連の他項目への誘導やインデックスというユーザーにとっての使いやすさを補助するものです。, また、この分類方法は暫定的な「たたき台」みたいなものです。これは固定されたものではありませんので、編集者や閲覧者の皆様方の総意をふまえて、より見やすくて使いやすいリスト作成を目指してください。 何卒ご協力をお願い申し上げます。, なお、記事の編集方針などの意見については情報の集約を図るため、親記事である「駅名一覧」の掲示板までお願いします。

 音の正体は、モーターを制御するインバーターが発する磁励音と呼ばれるノイズです。ドイツ・シーメンス社製のインバーターを搭載した一部の車両が発車時に発する音で、鉄道ファンなどから「ドレミファインバーター」などと呼ばれています。



京急の電車で、「歌う電車」などと呼ばれる一群があります。発車時に車両から発せされるノイズが、音階のように響くという電車ですが、このような音を発する電車が数を減らしています。, 「ドレミファインバーター」が搭載されている新1000形の「1033編成」(2017年4月、草町義和撮影)。 ただし、現在存在する駅名記事でまだ一覧に反映されていないものの追加希望などは各地方の掲示板でも構いません(該当する地方を間違えないようにお願いいたします)。, 2013/01/20(日) 20:00:35

 JR東日本の上位100駅では、前年と比較して最も増減率が高かったのが山手線の新大久保駅(4万8220人)でプラス9.8%、逆に最も低かったのが同線の原宿駅(7万4353人)でマイナス2.3%でした。人数ベースだと、東京駅が前年と比較し1万2995人増で、以降、新宿駅(9311人増)、品川駅(6779人増)、池袋駅(6596人増)、新橋駅(6376人増)と山手線の駅が続きます。減少している駅は原宿駅(1731人減)、渋谷駅(667人減)、大船駅(444人減)、菊名駅(270人減)、辻堂駅(114人減)、飯田橋駅(91人減)、錦糸町駅(58人減)でした。 今後、該当項目が増えた際はお手数ですが、順次加筆をお願いいたします。  10駅のなかで乗車人員数が唯一前年を下回った渋谷駅は、東京メトロ副都心線が開業する前年の2007(平成19)年(44万5730人、3位)をピークにおおむね減少が続いています。一方、東京駅は2012(平成24)年以降、連続して乗車人員が増加しています。 ※ ※ ※ ――なぜメーカーは、このようなパイクカーをあまり作らなくなっていったのでしょうか?  ヤマハによる音響通信技術「Sound UD」を用いた音のユニバーサルデザイン化支援システム「おもてなしガイド」を活用。2015年から行ってきた技術検証の結果を踏まえ、Sound UD推進コンソーシアム(事務局:ヤマハ)と連携し、今回の取り組みが展開されます。 「いまやパイクカーのようなクルマを愛好する方は確かに少なく、マーケットとしては小さいでしょう。しかしゼロではありません」(光岡自動車)。同社ユーザーの多くはリピーターで、別のクルマに「浮気」したものの満足できず回帰する人も多いとのこと。一方で、若い人にももっとアピールしていきたいと話します。, 光岡自動車によると、このようなパイクカーの製作は技術的にもハードルが高くなってきたといいます。  このインバーターは、1998(平成10)年から2000(平成12)年にかけて導入された2100形電車(8両編成10本)と、2002(平成14)年から導入された新1000形電車のうち初期に製造された8両編成5本および4両編成4本、合計19本の電車に採用されました。ちなみに、2100形登場当時の『鉄道ピクトリアル』1998(平成10)年7月増刊号によると、この音はシーメンス側でノイズを音階に聞こえるよう調整したもので、実際の音階としては「ドレミファ……」ではなく「ファソラシドレミファソー」だそうです。  また、新たに参入した高速ツアーバス各社(現在は制度改正により高速乗合バスに移行)は、料金比較サイトや総合予約サイト上で激しく競争しています。利用者のリピーター化を図り「指名買い」を促すため、印象的な車両カラーリングを施したり、自社(直販)サイトの会員プログラムを充実させたりと、事業者単位でのブランド(コーポレートブランド)構築に熱心です。, 平成エンタープライズの高速バス「VIPライナー」の上位グレードに位置づけられる「グランシア」(2018年2月、中島洋平撮影)。 「日産さんのパイクカーシリーズが生まれたのは、バブル期という時代背景もあるでしょう。クルマに限らずすべてのモノが満たされた時代、そのなかで、人とちがったものが欲しいという思いに支えられていたのだと思います。しかし、その後は販売価格や燃費といった節約志向、あるいは環境性能を重視する時代へと向かっていきました」  船の科学館駅は「東京国際クルーズターミナル」駅に、国際展示場正門駅は「東京ビッグサイト」駅に、それぞれ変わります。改称は2019年3月ごろの予定です。 ・「夜行」をイメージさせる名称(「ドリーム号」「ノクターン号」など)

 東千歳駐屯地から、北海道大演習場までの約10kmの道のりは、なんと戦車が自走して一般道を移動します。そのような時、この戦車のウインカーが役に立つといいます。, 左向きの方向指示器を点滅させて公道を左折する16式機動戦闘車。北海道では90式戦車でも同様の光景が見られるが、実は両者には決定的な違いがある(矢作真弓撮影)。 ・7位:新橋 27万7404人(2.4%)

 東京ビッグサイトは、東京国際展示場の愛称として広く使われおり、また、同施設を管理・運営する企業名にもなっています。新しい駅名はこの名称が採用されます。, 東京国際クルーズターミナルは「船の科学館」の先の海上に整備される(画像:東京都港湾局)。, 目標は「満員電車ゼロ」。東京都や関東の鉄道事業者などは2018年7月9日(月)、客をピーク時間外の列車に誘導することで混雑を緩和する「時差通勤」の促進キャンペーン「時差Biz」を始めました。2017年の夏に続き2度目で、2018年は7月9日(月)から8月10日(金)までの約1か月間、行われます。, 東急田園都市線で再び運転が始まった臨時列車「時差Bizライナー」(2018年7月9日、草町義和撮影)。