日曜日の天気は不安定だが、少々の雨なら影響は少ないはず。それゆえ、土曜日の傾向を踏襲する可能性は高い。雨量が多い場合は、意識を少し前めに寄せたほうがいいかもしれないが、いずれにせよ、水準以上の速力を備えていることが肝要だ。 プリディカメントは、父ハードスパン×母ジェネラスオプション(母の父Cadeaux Genereux)。05年フォレ賞-仏G1、06年サセックスS-英G1などを制したCourt Masterpieceの姪。母の父は欧州を代表するスプリンターで、89年ジュライC-英G1では1人気デインヒルを下してG1初制覇を達成してみせた。本馬は短距離の追い込みが板に付いてきており、北九州記念-G3らしい前崩れの展開になれば出番がありそうだ。 正賞はテレビ西日本賞

北九州記念(きたきゅうしゅうきねん)は、日本中央競馬会(JRA)が小倉競馬場の芝1200メートルで施行する中央競馬の重賞競走(GIII)である。, テレビ西日本が寄贈賞を提供しており、正式名称は「テレビ西日本賞 北九州記念」と表記している。, 創設当初は小倉競馬場の芝2000mで施行されたが、1969年から芝1800mに短縮[3]。2006年から芝1200mに短縮され、サマースプリントシリーズに指定されるとともに、スプリンターズステークスを目指す前哨戦のひとつとしても位置づけられた[3]。2008年の優勝馬スリープレスナイトはその後スプリンターズステークスでも優勝し、同年のJRA賞最優秀短距離馬に輝いている[3]。, サマースプリントシリーズに指定されてからは、この競走を制したリトルゲルダ(2014年)[4]、ベルカント(2015年)[5]、アレスバローズ(2018年)、レッドアンシェル(2020年)がシリーズのチャンピオンとなった。, 外国産馬は1995年から、地方競馬所属馬は1998年から出走が可能になった[6]。2009年からは国際競走となり、外国馬も出走可能になった[7]。負担重量は1972年 - 1994年、2000年 - 2005年が別定重量で行われたほかはハンデキャップで行われている[6]。, 出走資格:サラ系3歳以上、2019年8月17日以降2020年8月16日まで1回以上出走馬、未出走馬および未勝利馬を除く, 2020年の1着賞金は3900万円で、以下2着1600万円、3着980万円、4着590万円、5着390万円[1][2]。, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=北九州記念&oldid=79500619, 1966年 - 4歳(現3歳)以上の競走馬によるハンデキャップの重賞競走として創設、小倉競馬場の芝2000mで施行。. (文・シンヤカズヒロ), 2006年に距離が一気に600m短縮され、レースの質が大きく変わったスプリント重賞。スプリンターズステークスの前哨戦に位置付けられているが、ハンデ戦ということもあり本番との直結度は低く、両レースに勝ったのは第43回(2008年)のスリープレスナイトしかいない。その一方、第49回(2014年)の覇者リトルゲルダ、第50回(2015年)を制したベルカントと、2年連続してサマースプリントチャンピオンを送り出した。芝1800m時代の勝ち馬には、G1馬のエイシンプレストン(第36回、2001年)や“ミスター小倉”メイショウカイドウ(第40回、2005年)などの強豪の名前も見られる。, 会員登録(無料)するだけで、予想的中に役立つさまざまなサービスを無料で利用できます。, TV西日本北九州記念2020レース結果・払戻:1着レッドアンシェル(14.9倍)2着モズスーパーフレア(3.9倍)3着アウィルアウェイ(15.5倍).

出演:スガダイ(予想神) キムラヨウヘイ(競馬プロファイラー) 岡田大(ウマニティ編集長), ◆アウィルアウェイ・高野師 「自分から反応していました。スタミナを使うレースなら」 ◆アンヴァル・藤岡師 「動きはすごく良かった。小倉は相性のいいコースだからね」 ◆ゴールドクイーン・坂口師 「順調です。今回は走り慣れた条件なので」 ◆ジョイフル・吉村師 「夏は大丈夫なタイプ。小回りコースは問題ないと思います」 ◆タイセイアベニール・西村師 「充実している。展開が鍵」 ◆ダイメイプリンセス・森田師 「少し硬い感じはするが、暑い時期はいい。あとは開幕2週目で馬場がいいから、差し脚が生きるかだね」 ◆トゥラヴェスーラ・高橋康師 「器用さがあるしここでも楽しみ」 ◆ブライティアレディ・上籠助手 「十分に走れる状態。ハンデ52キロでいいところがあっても」 ◆プリディカメント・吉村師 「1200メートルが一番いい。展開がはまれば」 ◆メイショウキョウジ・藤岡師 「体調は上がっている。展開、スタート次第」 ◆モズスーパーフレア・音無師 「高松宮記念の時と比べても遜色ない感じ。先があるけれど、ひと叩きというつもりはない」 ◆ラブカンプー・森田師 「使い込んでいるのでこれで十分。持ち味を生かすためにも前々で」 ◆レッドアンシェル・庄野師 「先週の追い切りからブリンカーを装着しているが、いい感じ。しっかり調教はできている」★北九州記念の出馬表はこちら 調教タイムも掲載, 2010年以降の1~3着馬の馬齢をみると、3歳から7歳まで幅広い。ただし、7歳の好走は、近2走内にオープンクラスで3着以内歴がある馬に限定される。その点には注意したい。, 2010年以降の3着以内馬のハンデを確認すると、51キロから56キロの範囲で収まっている。56キロ超や51キロ未満の馬は、評価を下げたほうがよさそうだ。, 2010年以降の2着以内延べ20頭には、例外なく芝1200mで勝利経験があった。芝1200m戦で未勝利の馬が、勝ち負け争いに加わるのはかなり難しい。, 2010年以降、前走で1番人気の支持を集めていた馬を除くと、前走2ケタ着順馬の連対例はなし。また、近3走内に1400m以下のG3以下戦で、10着以下が複数回あった馬の好走はゼロ。該当馬の深追いは危険と言わざるを得ない。, 2010年以降、前走CBC賞敗退から、当レースに臨んだ馬の連対例は皆無。2着連対圏に届きそうで届かない状況が続いている。

アウィルアウェイは、父ジャスタウェイ×母ウィルパワー(母の父キングカメハメハ)。19年に春秋マイルG1制覇を達成したインディチャンプの半妹で、リアルインパクトやネオリアリズムの姪にあたる血統。父ハーツクライ系×母の父Kingmambo系という血統構成は、13年の勝ち馬ツルマルレオンに通ずるものがある。京都に良績が集まることから直線平坦な小倉替わりは興味深いが、陣営から暑さに弱いといったコメントが聞こえる点でどうか。 【同年5月以降未出走馬】 完全収支公開のガチンコ勝負を勝ち抜いた本気予想は必見です!

北九州記念(きたきゅうしゅうきねん)は、日本中央競馬会(jra)が小倉競馬場の芝1200メートルで施行する中央競馬の重賞 競走(giii)である。.

枠順については、基本的には内~中から競馬を進める馬が優勢の反面、展開次第では外から馬群を見る形で運ぶ馬が、存在感を発揮する場面も十分に考えられる。それゆえ、変にこだわらず、柔軟なスタンスで構えたほうがいいかもしれない。

過去10年の北九州記念3着以内30頭中17頭を占めます。そのうち5頭が優勝しています。穴馬も多く、牝馬を押さえておいた方が無難といえるかもしれません。 過去10年の北九州記念3着以内30頭中14頭を占めます。人気やレースのクラスに関係なく、好走例が目立ちます。 過去10年の北九州記念3着以内30頭中14頭を占めます。近年は、アイビスサマーダッシュ組が多く、穴馬の好走例も目立ちます。 今回の出走メンバーで、要点をクリアしているのは、⑤トゥラヴェスーラ、⑨ダイメイプリンセス、⑱ジョーカナチャン。従って当欄では、この3頭を注目株として推奨する。, 13開催連続プラス収支を達成した予想神『スガダイ』の重賞展望をお届け! サマースプリントシリーズ第4戦、北九州記念2020です。過去度々、高額配当が炸裂している真夏のハンデ戦。全くと言っていいほど、当たる気がしないレースのひとつです。, 過去10年の北九州記念の配当を見ると、3連単10万馬券超えが5回あります。データ外になりますが、2007年に157万馬券が出ています。ちょうど2~3年周期で波乱決着となっているレースなので、周期的に今年はそこまで大きな波乱が無い年にあたりますが、馬連3連複ともに毎年のように好配当が出ているレースだけに、難解なレースであることに変わりないと思います。, では過去10年の北九州記念で3着以内に入った馬のデータをまとめました。よろしければご活用とご参考になさってください。, 過去10年の北九州記念3着以内30頭中18頭を占めます。そのうち6頭が優勝しています。穴馬も多く、牝馬の活躍が目立つレースといえそうです。, 過去10年の北九州記念3着以内30頭中14頭を占めます。人気やレースのクラスに関係なく、好走例が目立ちます。, 過去10年の北九州記念3着以内30頭中14頭を占めます。近年は、アイビスサマーダッシュ組が多く、穴馬の好走例も目立ちます。, 今年の北九州記念2020は、例年以上に混戦のメンバー構成になるでしょうか。近年は、アイビスサマーダッシュ好走馬がここでも好走する傾向にありますが、今年は何が来てもおかしくない印象のメンバー…。実績面ではモズスーパーフレアの一強も、ハンデ戦に加えて、スプリンターズステークスに向けた叩きになると思いますし、取りこぼしもあるかもしれません。かなり難解なレースだと思います。, 以下、簡単な考察と予想です。逃げ馬が多いので中団から後ろで進めそうな馬を中心に狙いました。しかし、全く当たる気がしません…。, 今年から芝1200m戦に変更となった前走福島テレビオープンで優勝。飛び抜けた強さを感じたわけではありませんが、前走からの勢いに期待して本命にしました。過去の北九州記念では、同時期に行われていたバーデンバーデンカップ組の好走例が目立つことも買い要素になるでしょうか。, 前残りとなった前走CBC賞で9着。中団後ろから外を突いた追い込みで、全く展開が向かなかったといっても良さそうです。500万クラスですが、小倉芝1200mコースを1:07.4の好時計で勝った実績もありますし、今の速い時計が出る馬場と逃げ馬が多いメンバー構成なら、チャンスがあるかもしれません。, ジョイフル同様、前残りとなった前走CBC賞を追い込んで4着。内から良い脚で伸びてきているものの、前を捕まえきれず…という内容でした。末脚が活きる展開になれば、上位に浮上しても良さそうです。, デビューからの2戦の小倉では勝ち切れていませんが、力を付けて来た今なら上位争いに加わっても良いかもしれません。斤量51kgと過去好走例が目立つ3~4枠にも期待して…。, 7歳牝馬ながら、大きく衰えた印象を受けません。北九州記念は、2年連続で好成績を残している舞台。後ろからのレースも向きそうなメンバー構成ということに期待して押さえました。, 簡潔なまとめです。馬券的には、6着、9着、15着、18着でした。本命◎トゥラヴェスーラは、6着でした。, 10万馬券こそ超えませんでしたが、穴馬が1着3着に入る波乱決着でした。予想は、全くかすりもせず…。, 午前中の雨の影響もあったのか、勝ち時計は1:07.8。2着以下は1分8秒台でした。前日土曜の3勝クラスの勝ち時計が1:07.6だったことを考えると、やや平凡な印象を受けます。レースは、大方の想定通りモズスーパーフレアが飛ばしていく展開。前が流れたこともあり、最後の最後で差し追い込み勢が突っ込んで来る大接戦となりました。この展開で2着に残ったモズスーパーフレアは、やはり能力が高いと思います。, 優勝レッドアンシェルは、57kg背負っての完勝。例年軽ハンデ馬が活躍する傾向のレースですが、今年はハンデを背負った実力馬が強さを見せるレースとなりました。, Please enable JavaScript!Bitte aktiviere JavaScript!S'il vous plaît activer JavaScript!Por favor,activa el JavaScript!antiblock.org. なかでも、前走が1200m戦で1着または勝ち馬との差が0秒2以内の馬や、前走がアイビスSDで1ケタ着順だった馬の好走が目立つ。条件を満たす馬は積極的に狙っていきたいところだ。 No.1競馬サイト「netkeiba.com」が北九州記念(G3)2020年8月23日小倉の競馬予想・結果・速報・日程・オッズ・出馬表・出走予定馬・払戻・注目馬・見どころ・調教・映像・有力馬の競馬最新情報をお届 …

タイセイアベニールは、父ベーカバド×母ハロードリーム(母の父ブライアンズタイム)。母のいとこにヴァーミリアンやサカラート、ソリタリーキング、キングスエンブレムなどがいる血統。12年には同じ母の父となるスギノエンデバーとシゲルスダチが人気薄で1・2着となっており、母の父Roberto系という括りで見れば17年の勝ち馬ダイアナヘイローも当てはまる。前走CBC賞-G3では前有利な展開となるなか、3着とハナ差にまで追い込んできた末脚は評価すべきだろう。 ウマニティに会員登録(無料)すれば、高精度スピード指数・U指数を重賞全レースでチェックできるほか、全国トップランカー予想家たちの予想閲覧、あなただけの予想ロボット作成機能など、予想的中・予想力アップに役立つ20以上のサービスを無料で利用することができます。, 土曜日の小倉芝のレース結果、近年のTV西日本北九州記念の結果をもとに、馬場と血統のバイアスを考察していきます。予想の際にお役立てください。 2010年以降の3着以内延べ30頭は、例外なく同年の5月以降に1戦以上を消化していた。前走が同年の4月以前だった馬は、今ひとつの結果に終わっている。, 過去5年の優勝馬のU指数順位は、2015年から順に4、4、9、5、6位。二桁順位のアタマ獲りこそないものの、上位断然とはとても言えない状況になっている。3着以内の15頭に範囲を広げてチェックすると、1位は3回馬券になっている一方で、2~3位はオール4着以下。多頭数の混戦になる年が多いこともあり、指数的には難解な一戦の様相を呈していると言えよう。実績最上位の1位モズスーパーフレア(100.5)はいくらなんでも軽視できないが、それ以外の上位勢は過度に信頼しないほうがいいかもしれない。

血統面に関しては、近年のTV西日本北九州記念を振り返ると、芝マイル以下の国内G1勝ち馬を父もしくは母の父に配する馬が攻勢。近5年の1~2着延べ10頭のうち8頭が該当する。

この中間は好天に恵まれ、土曜日の芝および路盤の状態は良好。TV西日本北九州記念と同じ芝1200mで行われた佐世保S(3勝クラス)の勝ちタイムは1分7秒6。走りやすいコンディションであることは疑いようがない。

テレビ西日本賞北九州記念[2020年8月23日小倉11r]のネット新聞。全重賞レースの予想印/血統&コース分析/コース×種牡馬連対率など豊富なデータが満載!アナタの予想も記入できます。  2017年には、14番人気で14位のナリタスーパーワンが2着、15番人気で10位のラインスピリットが3着。下位人気かつ低指数の激走がさらにこのレースの難易度を高めている印象だが、指数92を下回っている馬の馬券絡みはないので、さすがにこれ以下をカバーする必要はなさそうだ。  モズスーパーフレア以外の注目馬として、昨年の勝ち馬で前年同様アイビスSD僅差負けからの臨戦過程を踏む6位のダイメイプリンセス(97.2)、昨年の3着馬で夏場に強い5位のアンヴァル(98.0)、小倉芝1200mで無類の安定感を誇る8位のメイショウキョウジ(96.4)の3頭の名前を挙げておく。, 例年、ハイペースの前崩れになることで二転三転する結果になりやすいが、09年サンダルフォン(8人気1着)、12年スギノエンデバー(8人気1着)、16年バクシンテイオー(8人気1着)、と人気薄のサクラバクシンオー産駒、とりわけ差し・追い込みタイプが幅を利かせてきた。 直近3年はLyphard系のキングヘイロー牝駒が毎年連対しており、18年の勝ち馬アレスバローズにおいても父系でLyphardの血を引くほか、そもそも4代母EnthrallerがLyphardの半妹という血統馬でもあった。 競馬予想のウマニティがTV西日本北九州記念2020を徹底予想!出走予定馬の最新情報・過去10年の結果(動画)・データ分析・レース傾向・無料予想・プロ予想・オッズ・u指数などの情報満載! ただし、前が必ずしも有利というわけではなく、速い時計に対応できる馬であれば、待機勢でも間に合う状況。佐世保Sでは4角最後方の馬が直線一気を決めている。よって、偏りの少ない馬場状態とみていいだろう。 ダイメイプリンセスは、父キングヘイロー×母ダイメイダーク(母の父ダンスインザダーク)。今年の函館スプリントS-G3・2着のダイメイフジが半弟にいる血統で、Peeping Fawnやカジノドライヴなどが出たBlush With Prideに遡る牝系。暑い時期を得意とする夏馬らしく、北九州記念-G3においても2年連続で好走している。昨年の勝ち馬でハンデを見込まれる点がどうかも、舞台適性については申し分ない。 テレビ西日本が寄贈賞を提供しており、正式名称は「テレビ西日本賞 北九州記念」と表記している。.