葵 花言葉から実りある豊かな人生を願って 意味は道しるべになれるように!素敵じゃない?」「あ、でも葵もいいかも!花言葉から実りある人生をって由来で!」って考えたような気もします。 「こういう子になって欲しかったから、ってことにしよう」っていう感じ。 特に葵は最近多いですからね。 結婚したことを後悔しています。私と結婚した理由を旦那に聞いてみました。そしたら旦那が「顔がタイプだった。スタイルもドンピシャだった。あと性格も好み。」との事です。 葵には葉が太陽の方を向いて育ち、花を咲かせるという性質があるため、このような花言葉もその特徴からきているといわれています。 生まれてきた子供に壮大な希望や夢をもって育ってほしいという願いを込めて「葵」と名付けるという人も少なくありません。, 葵の花言葉には「野心」という意味があります。かつての男尊女卑の時代とは違い、現代社会においては成功するためのチャンスは誰にでも用意されている時代です。 この「葵」という花ですが、どんな由来から「葵」となったのでしょうか。 葵(あおい)、梢(こずえ)、栞(しおり) 私はそれを聞いて最初は嬉しかったけど、だんだん不安になってきました。

花言葉というと、恋や愛といった恋愛に関するものをよく目にする方も多いのではないでしょうか。たくさんの花言葉はありますが、今回は王道の「恋」「愛」といった花言葉をもつ花をご紹介します。 栞 目立たなくても様々な道しるべとなれるように 記載されている内容は2017年08月28日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。, また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。, 葵は梅雨の時期から夏にかけて様々な色の花を咲かせる植物です。また、最近では生まれてきた女の子の名前にもよく見られるほど人気があります。この葵という植物ですが、どのような特徴や花言葉があり、その花言葉は子供の名づけの際にどのくらい似合うものなのでしょう。, 葵は梅雨の時期に入ると下の方から少しずつ咲くようになり、てっぺんの花が咲くようになると梅雨が終わって本格的な夏が到来するとさえいわれています。 梢 小さな枝が月に届くかのようにまっすぐ成長できるように それでは一つ一つの「葵」の花言葉の意味を見ていきましょう。, 葵の花言葉の1つめは「大望」です。大望とはその名のとおり「大きな望み、大きな夢」を意味しています。 梅雨時期から夏時期に、太陽に向かって咲く葵の花。葵の由来から、最近では子供の名付けに使われる事も多いようです。でも葵の花言葉には、怖い意味も含まれているようです。由来や花言葉を考えつつ、子供の名付けにピッタリな理由を調べてみましょう。 葵の花全般の花言葉: 大望、野心、豊かな実り、気高く威厳に満ちた美、高貴、神聖、温和、平安、優しさ、単純な恋、熱烈な愛、率直: 葵の花の海外での花言葉: ambition(大望、野心)、fruitfulness(豊かな実り) ピンクの葵(銭葵)の花言葉

ハナアオイ(花葵)の花言葉には「大望・大志」「野心・野望」「単純な愛」「媚びの愛」「熱烈な恋」「気高く威厳に満ちた美」などがあります。ハナアオイ(花葵)のさらに詳しい花言葉の意味やエピソードをまとめて解説しています。 <後編>[PR], 【連載:ベルランゴと植物のある暮らし】#1 自宅にいながら自然を感じる暮らしに求める車とは?

葵の花言葉には「大望」や「野心」といった明るい将来をイメージさせるようなものがそろっています。 ヒヨドリバナ(鵯花)は、白い小さな花を密集して咲かせます。咲く姿が華やかな日本全国に自生する植物です。種類が豊富で似た植物も多く存在します。今回は、ヒヨドリバナの特徴や開花時期、名前の由来、花言葉、薬効さらに似た植物との見分け方について詳しくご紹介します。, ヒヨドリバナは、白い小さな花を密集して咲かせるキク科の植物です。日本全国に自生しており、道端や草原などさまざまな場所で見かけられます。一見キク科の植物には見えないような見た目ですが、花が密集して咲いている様子はとても華やかです。, アジア圏を中心に広く分布しているヒヨドリバナは日本でも全国的に分布しており、原産地は中国です。明るい場所でよく育つため、道端や草原などによく生息しています。無性生殖型と有性生殖型があり、特に葉の形には変異が出ることが多く、種類も豊富です。, ヒヨドリバナの名前は、開花時期である8~10月頃にスズメの仲間であるヒヨドリ(鵯)がよく鳴くようになることから付けられました。もちろん、ヒヨドリは1年中よく鳴きます。しかし、8~10月頃にさらに鳴くようになると思われているのは、ヒヨドリが山から町へ頻繁に下りる時期だからです。街中で鳴き声がよく聞かれるのはそのためです。, 早川ハンナ(@hayakawa_hanna)がシェアした投稿 - 2019年10月月22日午前2時36分PDT, ヒヨドリバナの花言葉は「清楚」「期待」「延期」「遅れ」です。「清楚」「期待」はとても素敵な意味ですが、「延期」「遅れ」の意味も持ち合わせています。独身女性に贈ると婚期を逃すと考えられており、プレゼントにはあまり向いていません。女性への贈り物にヒヨドリバナを選ぶ際は、「清楚」などの意味が伝わるメッセージカードを同封するなどの工夫が必要です。, 古来、ヒヨドリバナや、ヒヨドリバナによく似た種類のフジバカマには薬効があるとされてきました。そこで、ヒヨドリバナにはどのような薬効が期待できるのかを、ヒヨドリバナのもつ危険性についてあわせてご紹介します。, ヒヨドリバナは昔から薬効があるとして親しまれてきました。全草を煎じて服用することにより、解熱や咳止め、のどの痛み、腫れもの、月経不順、糖尿病などの効果が期待できるとされています。また、薬効のあるヒヨドリバナを入浴剤として利用することで期待できる効果は、皮膚疾患のかゆみ止めやアトピー症状の緩和、疲労回復、保温などです。, 薬効があるとされるヒヨドリバナですが、実は草全体に毒性があります。アルカロイド系成分の毒が含まれており、そのまま食べてしまうと吐き気やしびれ、幻覚症状などを引き起こすことがあり大変危険です。また、花の蜜にも毒があるため、安易に蜜を吸ったり口に含んだりしないようにしてください。, ヒヨドリバナは、特徴的な形をした小さな花を密集して咲かせます。花を咲かせる姿が華やかな植物です。しかし、ヒヨドリバナは有性生殖型と無性生殖型があり、同じ種類であってもその特徴に変異が出ることがあります。ここでは、ヒヨドリバナの茎、葉、花、果実、種子の特徴について詳しく解説します。, A92143(@mako_haru1952)がシェアした投稿 - 2019年11月月5日午後10時57分PST, 地面から垂直に茎を伸ばし、枝分かれするように伸びた茎は100~200cmと、種類によっては比較的大きく成長します。細い茎からつく葉は2枚が向かい合ってつく対生で、葉柄は非常に短いです。葉は先の尖った丸みのある形をしており、縁はギザギザとしています。薄い葉の両面にはところどころに短い毛が生えているのが特徴です。, すすめ! 【英語名】葵(タチアオイ)の花言葉. 「気高く威厳に満ちた美」には、どんなことがあっても臆することなく凛として生きてほしいという意味も含まれています。. でも、 そんな品種だけど花言葉は、全部恋愛関係ってちょっとギャップがありますね〜。 花言葉や由来を見てきました。 なぜ、葵が子供の名前にぴったりか分かりますか? 花言葉が素敵だから? それとも、ただ葵って名前がかわいいから? 『タチアオイ』はアオイ科ビロードアオイ属の植物で、和名は『立葵(タチアオイ)』と言い、別名『梅雨葵(ツユアオイ)』『ホリホック・ホーリーホック』とも呼ばれています。 原産地は中国・西アジア・東ヨーロッパで、葵という名前はアオイ科の植物の総称です。 アオイ科には、タチアオイ・ハイビスカス・フヨウ・ムクゲ・モミジアオイなどがあります。 徳川の紋章が葵の御紋であることは有名ですね。 また、京都の葵祭(賀茂祭)も有名なお祭りです。 これらはいずれも“ウマノスズクサ科”の『フタバアオイ』です。 花色は赤色・ピンク色・白色・黄色・オレンジ色などがあり、和名の立葵(タチアオイ)は茎が太く真っ直ぐに立っている姿に由来しています。 ビロードアオイ属の学名は『Althaea(アルテア)』と言い、ギリシア語の“althaino(治療)”が語源となっています。 葵は昔から薬草として用いられており、そのことに由来しているとされています。 また、葵という名前はかつてフユアオイなどを指しており、葉が太陽に向かうことから『仰(あおぐ)日(ひ)』が『葵』になったとも言われています。 葵は、梅雨入りと同時に咲き始め、梅雨明けに咲き終わると言われており、ジメジメと不快指数の高い梅雨時期を爽やかに演出してくれます。 それでは、そんな葵(タチアオイ)の花言葉をご紹介しましょう。, 花言葉『大望』『野心』『豊かな実り』は、葵(タチアオイ)にたくさんの実が生ることにことに由来して付けられたと言われています。 また、『気高く威厳に満ちた美』は、真っ直ぐ伸びた背の高い茎に花を咲かせる花姿に由来しているとされています。, 『葵』は、女の子の名付で非常に人気の高い名前です。 2015年には1位になるほど多くの方が『葵』という名前を付けており、現在も上位に入る人気を誇っています。 確かに可愛らしい名前ですね。 「葵ちゃん」という響きも日本らしい名前で素敵ですね。, 葵は耐寒性にも耐暑性にも優れている丈夫な植物です。 夏の到来を報せるようにハイビスカスによく似た花を咲かせ、ピンク色・黄色濃い紫色など、様々な花色で楽しませせてくれます。 アジア原産ということもあり和の雰囲気が漂い、毎日次々と花を咲かせながら2ヶ月近くも咲き続けます。 下の花穂から順に上へ上へと咲いていき、2ヶ月かけて一番上まで咲き上がっていきます。 一番上の花が咲くと梅雨が明けると言われています。 草丈は2mを超すほど高く、根は広い範囲に張るため、間隔をあけて種まきした方が良いでしょう。 本来、二年草かは多年草の葵ですが、品種によっては一年草のものもあります。 発芽しやすいのでこぼれ種から発芽することもあり、大変育てやすいのでガーデニング初心者の方にもおすすめです。 葵が中国から日本に入ってきたときには、初めは薬草として持ち込まれたと言われています。 現在も薬草としても使われていますが、観賞用としても多くの人に好まれています。 薬草としては、花を乾燥させたものが用いられており、生薬の一種として蜀葵(しょっき)と呼ばれています。 西洋では最古のハーブの一種として、咳止めなどに用いられていたそうです。, 葵の花色は赤色・ピンク色・白色・黄色・オレンジ色などがあり、梅雨入りから梅雨明けまでの2ヶ月ほどを美しく彩ります。 ただし現在のところ、花色別の花言葉は存在していません。, 葵は英名で『Hollyhock(ホーリーホック)』と言い、その意味は「聖地の花」です。 名前の由来は、12世紀頃の十字軍がシリアから葵を持ち帰ったことに由来していると言われています。 また、学名は『Althaea rosea』です。, タチアオイには様々な花色や、一重咲き・八重咲きなど非常に多くの種類が存在しています。 それでは、ここでは葵の種類をいくつかご紹介していきますね。, 八重咲きで草丈は約150cmほどになり、花径は約12cmと大振りの花を咲かせます。 ほかの葵に比べて花数も多く、赤色・ピンク色・黄色・白色などの花を咲かせ、非常に人気のある品種です。, 別名『クロタチアオイ』とも呼ばれおり、黒っぽい紫色の花を咲かせます。 多年草で一重咲きの花を持ち、草丈は150~200cmほどになります。 ほかの葵に比べると少し早めに花をさかせ、ハーブティーとしても用いられています。 黒色をしていますが、レモン液を垂らすと鮮やかなピンク色に変化し、花弁は鎮痛作用・鎮痙作用・抗酸化作用があります。, 草丈は60~70cmと低く、八重咲きの淡い色の花を咲かせます。 ほかの葵に比べて少し遅めに花を咲かせます。, 葵は夏に花を咲かせる植物で、開花時期は6月~8月です。 梅雨入りと同時に花を咲かせ、梅雨明けには花が終わるとされており、梅雨の鬱陶しい時期に鮮やかな花色を楽しませてくれます。 真っ直ぐに伸びた太い茎にいくつも花を付けますが、下から順々に花が咲き、一番上の花が咲くころには梅雨が明けると言われています。 花屋やホームセンターなどに出回る時期は6月~7月です。 根を広く張るため、植えるときには間隔をあけた方が良いでしょう。 丈夫で育てやすいので、初心者の方にもおすすめです。. そんなに早く終了すると悲しいです( ; ; ). 前回の補足の部分と同じになってしまうのですが、回答いただけたら嬉しいです。 上の理由で候補に選びました。 でも、 そんな品種だけど花言葉は、全部恋愛関係ってちょっとギャップがありますね〜。 花言葉や由来を見てきました。 なぜ、葵が子供の名前にぴったりか分かりますか? 花言葉が素敵だから? それとも、ただ葵って名前がかわいいから? 葵(あおい)は梅雨の季節を代表する美しい花です。赤ちゃんの名前としても人気の葵ですが、どんな特徴をもった花でどんな種類があるのでしょうか。また怖い花言葉があるというのは本当なのでしょうか。三つ葉葵の紋と葵の関係も紹介します。 秋明菊は別名「貴船菊(キブネギク)」とよばれるキンポウゲ科の多年草で、古くから日本で自生しています。秋には風にゆれる長い花... アズマイチゲという花をご存知でしょうか?北海道から九州までの日本全国の山地などに咲く可憐な野草です。このアズマイチゲの花に... 初夏、土手などを散歩していると優しいカップ咲きのピンクの花が群生しているのを見かけます。ヒルザキツキミソウです。ここでは、... 蓮華の花を見つけるとつい子どもの頃を思い出し嬉しくなってしまうことありますか。田園風景に一面に咲いていたレンゲを、世代の違... イワウチワは岩団扇と書き、名前の通り団扇のような見た目のかわいらしい花です。特徴的な名前のイワウチワの由来や、基本的な育て... 山間に自生する野草・ナルコユリは、さまざまな特徴を持つ植物です。山菜として食用にもでき、薬草としても使われるナルコユリは、... タイツリソウはかわいらしいハート型の花が魅力の山野草です。育て方も簡単で、ガーデニング初心者でも気軽に育てられます。中国や... ガガイモという植物をご存じでしょうか。小柄でかわいらしい、五弁花の花を咲かせます。日本の広くに自生しているガガイモは、食べ... 薄紫の小花をつけるトキワハゼ(常磐爆)は、日本中に分布する野草です。常磐(いつでも緑色)で、実が爆ぜる(はぜる)特徴が名前... 三尺バーベナは、クマツヅラ科クマツヅラ属のとても丈夫で草丈が高くなる植物です。花期には綺麗な淡紫色の花をつけます。もしかし... クマガイソウ(熊谷草)はラン科アツモリソウ属の多年草。独特な形が印象深い花ですが、実は絶滅危惧種Ⅱ類に登録されている、たい... タンポポには野原や土手に咲く黄色いタンポポのほかに、白い花びらをもつ品種があることを知っていますか?白いタンポポは珍しいと... 徳川家の家紋や京都の葵祭でも使われる「フタバアオイ(双葉葵)」。山地や林の日陰で育つイメージがありますが、ご家庭でも簡単に... アカネ(茜)は、アカネ科アカネ属に分類される蔓性の多年生植物です。アカネの歴史は古く、染料や生薬として使われてきました。身... 日本各地の山野などで見かけるシロヨメナ(白嫁菜)。その名前から、白無垢姿の花嫁さんなども想像できますが、いったいどんな花で... ハクサンイチゲ(白山一花)は中部~東北地方に分布する日本固有の高山植物で、透明感のある白い花が魅力です。今回はハクサンイチ... 河川敷や野山に出かけたときに、美しいハナウドに出会ったことがある人も多いでしょう。登山が趣味の人以外では、あまり知られてい... ミヤマリンドウは、尾瀬や立山などの高山で、青紫や白の花を咲かせる小さな高山植物です。なかなか見る機会が少ない花のため、ポピ... アレチノギクをご存知ですか。写真を見たら「あぁっ!この花ね」とわかるぐらい誰もが知っている花なのですが、「アレチノギク」と... 春の山菜と聞いてどんなものを思い浮かべるでしょうか?ツクシやワラビなどに比べ、身近な野山に生えていてもあまり知られていない... アケビに似ているため、その名を付けられたツチアケビですが、アケビとはまったく違うようです。どこが違うのでしょうか。効能・薬... 水引という植物をご存知ですか?お正月のしめ縄やお祝いに使うのし袋を飾る紅白の水引紐のほうが馴染み深いでしょうか。実はこの水... 9月半ばのお彼岸ごろに田んぼの畔や道端でぱっと鮮やかな赤が目を引く彼岸花。彼岸花の色は「赤」という印象が強いですが、中には... ガマは、水辺に多く生えている植物です。最大の特徴は、ソーセージに似た花穂です。また、秋になると花穂が爆発し、ふわふわの綿毛... 「マムシグサ(蝮草)」は日本の広範囲に生息する多年草の植物です。独特な花の形や茎の模様が目を引きます。ここではマムシグサの... 田んぼのあぜ道や道路わきなどを見てみると、ツユクサが咲いていることがあるでしょう。ツユクサは生命力が強く、手をかけなくても... ムラサキカタバミのハート形の葉で遊んだことはありませんか?道端や庭に咲くピンク色の可愛い花で、オキザリスの仲間です。実はム... ラテン語の「月」を語源に持つルナリアは、うちわのような形の実が特徴的なアブラナ科の二年草です。名前の由来や花言葉、育て方に... セイヨウタンポポは、道ばたなどでよく見られるポピュラーな春の草花の1つです。この花は外来種で、日本に昔から生えているタンポ... 秋の七草のひとつに数えられ、万葉集の時代から愛されている花「オミナエシ(女郎花)」。めずらしい名前の由来や花言葉、育て方な... キツネノマゴは、夏の終わりから秋にかけて道ばたや草地など身近なところで見ることができる日本で昔から親しまれてきた野の花です... 道端で普通に見かける紅紫色の花を咲かせるイヌタデ。その姿は非常に可愛らしく、ほぼ一年中の季節やほぼ日本全国で見ることができ... ムシトリナデシコ(虫取り撫子)は夏の季節にピンク色の花を咲かせる、とても身近な野草です。「虫取り」と名が付く通り茎のべたべ... キツネノボタン(狐の牡丹)という植物をご存じですか?名前がわからなくても、田んぼのあぜ道や湿った草地に咲く黄色い小さな花を... ニッコウキスゲは正式名を「禅庭花(ゼンテイカ)」といいます。夏になると日光の戦場ヶ原や尾瀬、霧ヶ峰など山地の高原に黄色の花... ヒヨドリバナ(鵯花)は、白い小さな花を密集して咲かせます。咲く姿が華やかな日本全国に自生する植物です。種類が豊富で似た植物... ヒヨドリバナとはどんな植物?似た植物との見分け方やその特徴を解説!のページです。BOTANICA(ボタニカ)では、植物やガーデニングにかかわる情報を発信しております。.
ゴジアオイという可愛い花があります。しかし、このゴジアオイという花は植物界のサイコパスと呼ばれているそうなんです。なぜこんなにも可愛い花がサイコパスと呼ばれるようになったのでしょうか?そこには衝撃的な花言葉もあったのです。調べてみました。 しかし「葵」は植物であり花であることを忘れてはいけません。, 葵は中国や地中海沿岸を原産とする植物で、梅雨から夏(6月から8月)にかけて花をつける植物です。
葵(タチアオイ)の花言葉と由来 『タチアオイ』はアオイ科ビロードアオイ属の植物で、和名は『立葵(タチアオイ)』と言い、別名『梅雨葵(ツユアオイ)』『ホリホック・ホーリーホック』とも呼ばれていま … 【花言葉】「幸せ」や「祝福」の意味を持つ花20選 「幸せを願っている」なんて、よっぽど仲のいい友人以外にはなかなか気軽に言えませんよね。 幸せを願う気持ちをスマートに伝えたい時、花言葉はとて … 葵の花は白色やオレンジ色、赤色など様々な色を付けるため、見た目もとてもきれいです。 葵は英名で『Hollyhock(ホーリーホック)』と言い、その意味は「聖地の花」です。 名前の由来は、12世紀頃の十字軍がシリアから葵を持ち帰ったことに由来していると言われています。 また、学名は『Althaea rosea』です。 変な質問でごめんなさい。2年前に結婚した夫婦です。それまで旦那は「専門学校卒だよー」って言ってました。 よく耳にする葵(アオイ)は、独特な綺麗な花を咲かせるために人気があります。しかし葵の種類の中には、とても怖い花言葉を持つ種類があるってご存知でしたか?今回は葵には果たしてどんな怖い花言葉があるのか、じわじわと迫ってみることにします。 旦那が東大卒なのを隠してました。 見てみましょう。, 葵といえば歴史を知っている人の中では江戸幕府の将軍を務めた徳川家の家紋「三つ葉葵」をイメージする人も少なくないでしょう。 JavaScriptが無効です。ブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてください。JavaScriptを有効にするには, 子供の名前についてです。