今度も記事数増加やマガジン充実に向けて努めていきます。, 「エンタメの殿堂」公式マガジン。 それとも『全世界』でしょうか? 全世界であれば、『鬼滅の刃』余裕でいきそうなんですが汗, 興行収入300億、千と千尋の神隠しは世界的な偉大な作品だと思っていたけど、調べてみると、世界一位はアベンジャーズで3000億、アニメに限ってもライオン・キングで1000億ほどもありました。そして鬼滅の映画はすでに150億以上と。千と千尋の神隠しは世界的に意外とそうでもないのですかね?, 鬼滅の刃が国内の歴代興収5位にあがりましたが、どうおもいますか??これはもう確実にベスト3いきますね。 子供に行為を見られました。シングルです。 ぜひ、購読をよろしくお願いします。 あれはどうしてですか?

長年アメリカで訓練をしていらっしゃるので、奥様はアメリカ人ですか。 先日、息子が彼女にプロポーズして、相手両親に挨拶に行きました。彼女は一人娘で、彼女の父親から、氏名だけでも彼女の姓を名乗ってもらえないかと言われたと息子より相談の連絡がありました。まだしっかりと話はしていないので、息子の考えや彼女の考えもわかりませんが、いずれこのような相談があるだろうと私自身前... オセロと将棋、チェスの板はそれぞれ、 「週間映画興行収入ランキング」毎週金曜日に配信中。 JavaScriptが無効です。ブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてください。JavaScriptを有効にするには, 鬼滅の刃 映画が爆売れしてるのどう思いますか?興行収入で千と千尋の神隠しとか天気の子を追い抜かすと思いますか?, 横浜流星と浜辺美波が共演する映画の撮影が11月7日にあったらしいですが、何の映画ですか?ご存知の方、教えてください!, 千と千尋の神隠しは世界興行収入でいうとランキング何位ですか?また、日本の映画が全然世界ランキング上位にくいこんでない理由の1つとしては予算の問題が考えられますか?. 映画「空母いぶき」は結局ヒットしたの? 邦画は興行収入10億円を超えるとヒット扱いですから、最終着地点が15~20億円と言われているのでヒット作品に分類されるでしょうね。 そんなに早く終了すると悲しいです( ; ; ). 教えてください。 ネタバレ感想『空母いぶき』考察や評価レビュー. 昨日、彼氏が家に泊まりに来て、子供を寝かしつけたあとに行為をしました。途中(いつから見てたのかハッキリはわかりませんが。)子供がいつの間にか起きていてバッチリ行為を目撃されてしまいました。 もちろん他の護衛艦の艦長も同レベルで優秀でしたが、命令以上のことを実行する機会が本作では与えられなかったので判断できません。 (adsbygoogle=window.adsbygoogle||[]).push({}); 正確には「戦争」状態になってないので「洋上の戦闘映画」です。かわぐちかいじの漫画は本格的な戦争状態になることが少ないのが特徴です。軍隊を持たない日本の、独特な戦い方に焦点を当ててる数少ない著者だと思ってます。, ただし裏を返せば「戦争回避を模索するだけの物語」になりえるし「戦闘をせず平和に解決」の可能性もあります。現実ではこうなるべきですが、映画ではそれなりの戦闘アクションシーンが見られないと個人的には期待はずれです。, と前置きはさておき『空母いぶき』は戦闘アクション映画としても、そこそこ満足できました。もちろんハリウッドのSF洋画を見慣れてるため、同列で比べると苦しいシーンも多いけど、うまく低予算をごまかしながら緊迫感を出せてました。, 前半は内閣や船内でのごたごたや、にらみ合いが続くので、ミリタリーマニアや戦争映画オタクや原作ファンなどは退屈しそうです。『シン・ゴジラ』が苦手だった人にも相性わるそうです。, ハープーンミサイル、アスロック、主砲、対空砲、デコイなど戦争専門用語が多いけど、「魚雷がデコイを追う」「ハープーンでは船が沈むので主砲で」という会話や映像などで、一般人にもわかるように解説してくれるのは親切です。, とはいえタイトルに「空母」とついてる時点で、もっと派手で多くの戦闘を期待していたので「そこそこ」を越えるものではありません。しかも敵が戦術的に弱すぎます。主砲をよけれなかったり、空母を撃沈されかけたりとスキだらけです。ただこれ以上の戦闘が続けば戦争になるので落とし所としては限界だとも感じます。, 敵の正体は、冒頭で語られたカレドルフこと東亜連邦(仮想の国)なので意外性はありません。そのねらいは、日本を挑発して開戦することと思われます。原作では中国が敵国ですが、本作では北朝鮮のような過激思想の小国が中国などに支援を受けている設定です。, 結末は、国連常任理事国の潜水艦群による浮上で、日本と東亜連邦との戦闘が集結しました。航空機搭載型護衛艦「いぶき」を旗艦とする第5護衛隊群による「死傷者をなるべく出さず、戦闘を拡大しない戦い方」や内閣の外交手腕や記者の動画投稿などが連鎖して功を奏した結果です。, 劇中でも「戦争と戦闘は違う」という台詞があります。軍事学者クラウゼヴィッツによると「戦争とは政治の延長」であり「交戦⇒戦闘⇒作戦⇒戦争」の階層構造を定義しています。戦闘は部隊どおしの戦術的な衝突で交戦の集合体です。, 秋津と新波は「我々自衛隊に死傷者がでても、日本国民に死傷者を出してはならない」と議論しました。戦闘のうちは軍隊どおしの戦いだが、戦争に発展すると戦略的に本土や首都への攻撃が始まり、一軍人の判断ではどうしようもなく全軍隊をどう配置するかが重要になります。, 専守防衛とは「先制攻撃はせず敵の侵攻をなるべく自国内で解決する」という、日本国憲法第9条で戦争放棄した日本の独特な戦い方です。先制攻撃で全滅させられる可能性もある、極めて不利な戦法なので最近は議論の対象となってます。. 漫画原作者「かわぐちかいじ」代表作について その他、エンタメに関する様々なnoteを配信中。 「週間映画興行収入ランキング」を収録。 妹や周平が赤ん坊の時にあの母親はどうやって子育てできたのでしょうか。ミルクや離乳食、オムツ、ベビー服などどうやって購入して育てたのでしょうか。。 2019年の映画興行収入ランキングと、おすすめ映画ヒット作の評価一覧です。評価や興行成績の表で並替えもできます。洋画・邦画・アニメとも、2019年の上半期と下半期の通期に公開開始して上映終了するまでの累計興行収入ランキングです。2020興行収入ランキング、おすすめ映画ジャンル別、 何×何のマス目になりますか? プレイボール篇」「きみと、波にのれたら」「薄暮」(洋画)「X-MEN ダーク・フェニックス」「パピヨン」「アンノウン・ソルジャー」来週は6月第4週目を迎えます。「令和」第8週の週間ランキングです。来週のオープニング成績予想○「ザ・ファブル」2億5000万円~3億5000万円○「X-MEN ダーク・フェニックス」1億5000万円~2億5000万円○「きみと、波にのれたら」5000万円~1億5000万円詳しい興行収入は「2019年映画興行収入ランキング」をご購読ください。最後まで読んでくださり、ありがとうございました。, 「エンタメの殿堂」の更なる充実のため、サポートをよろしくお願いいたします。 4.『君の名は。』(250.3億円) 防衛出動とは、日本への武力攻撃を排除するために自衛隊が出動し「武力の行使」が認められる、現行法で最も高レベルの段階です。国会の承認後、内閣総理大臣の指揮下となるが、現実でも過去に発動されたことはありません。 (adsbygoogle=window.adsbygoogle||[]).push({}); デコイとは、敵の潜水艦が発射した魚雷に追わせる「おとり」です。魚雷は通常すぐよけられるため、熱や音のセンサースキャナーを搭載して追尾弾(ホーミング)になってるが、それを逆手にとり熱や音を発するデコイを追わせる仕組みです。, アスロックとは、対潜水艦ミサイル(魚雷)で、軍艦や航空機などから敵の潜水艦をしずめる目的で発射されます。通常の魚雷はずっと水中を進むので、飛距離も短く速度も遅いためよけられやすいが、アスロックは敵近くまでは空中を飛び距離をかせぎます。着水してからセンサーで潜水艦をねらうので防衛行動の時間が短くなります。, ハープーンとは、対艦ミサイルです。軍艦や航空機や潜水艦や地上基地から発射されます。捕鯨のもりが語源です。通常は追尾型で、射程の長い高空巡航と、敵レーダーに探知されにくいシースキミング(低空巡航)型があります。, 映画『空母いぶき』に何を求めるかにより見解は分かれそうですが「戦争だけの映画」ではないので、一般人描写はあって良かったと思います。ただし、無意味に多すぎる気はしました。, 本作は、戦闘海域、内閣、ネットニュースP-Panel社、コンビニが主な舞台ですが、現場の本田翼と小倉久寛はともかくPanel社内はもっと削るべきかと感じます。衛星携帯をチェックしてない海軍もセキュリティ甘すぎですが。, コンビニでは、有事の買いだめ客など本土の動向を簡潔に見せてくれる構成が素晴らしいです。お菓子詰め合わせのクリスマスブーツや、「せかいはひとつ。みんなともだち」の手書きメモなどが、日常生活を思い出させてくれるのもうまいです。, 秋津艦長が、本田翼に撮影させ国民に見せた理由は、内閣を動かすためだけだったのか不明です。しかし自衛官を射殺した敵にさえ優しく語りかけ、復讐の連鎖を止めた姿の映像は世界の人々や国連を動かしたのですから結果オーライです。. あと母親が出会う男達とすぐに関係を持つシーンが多いですが、 旦那が東大卒なのを隠してました。 「空母いぶき」は先週5位から12位にランクダウン。 かわぐちかいじ原作による人気漫画の実写映画化作品。 西島秀俊主演の話題作。 配給元のキノフィルムズは、単独配給として最高興行収入を更新する可能性大。 来週には興行収入10億円を達成する見込み。 いくつか疑問があります。 【第27回週間映画興行収入ランキング(2019年6月第3週)】今週のランキングは「アラジン」VS「メン・イン・ブラック インターナショナル」。「アラジン」のV2か?「メン・イン・ブラック インターナショナル」の初登場1位か?また、「劇場版 うたの☆プリンスさまっ♪ マジ LOVE キングダム」、「ガールズ&パンツァー 最終章 第2話」、「青春ブタ野郎はゆめみる少女の夢を見ない」は果たして何位にランクインできるか?「エンタメの殿堂」では最新の週間映画興行収入ランキングを毎週金曜日に配信していきます。また、「エンタメの殿堂」の有料noteは読み応えのある内容となっています。「2019年映画興行収入ランキング」なども是非1度ご購読ください。集計期間 2019年6月15日~6月16日『週間映画興行収入ランキング』1位 「アラジン」10億9706万円2位 「メン・イン・ブラック インターナショナル」2億7544万円3位 「ゴジラ キング・オブ・モンスターズ」2億1108万円4位 「劇場版 うたの☆プリンスさまっ♪ マジ LOVE キングダム」1億8011万円5位 「ガールズ&パンツァー 最終章 第2話」1億4437万円6位 「コンフィデンスマンJP-ロマンス編-」1億4437万円7位 「青春ブタ野郎はゆめみる少女の夢を見ない」9953万円8位 「プロメア」5768万円9位 「海獣の子供」5643万円10位 「キングダム」5330万円11位 「アベンジャーズ エンドゲーム」3959万円12位 「空母いぶき」ー万円「アラジン」は初登場から2週連続1位を維持。ディズニーの名作アニメの実写映画作品。ウィル・スミス主演の話題作。2週連続で週間興行収入10億円超を記録し、V2達成。「美女と野獣」(興行収入124億円)を上回れるかが焦点。興行収入100億円を達成できれば令和初の100億円作品。興行収入30億円を達成。1週目 約11億2200万円2週目 約10億9700万円観客動員は249万0000人を突破しています。興行収入100億円が目標ライン。興行収入35億9000万円を突破しています。「メン・イン・ブラック インターナショナル」が初登場2位。「メン・イン・ブラック」シリーズ第4作目。本作から主演がウィル・スミス&トミー・ジョーンズからクリス・ヘムズワース&テッサ・トンプソンに変更。オープニング成績は伸び悩み、興行収入30億円は厳しい状況。1週目 約2億7500万円観客動員は18万8000人を突破しています。興行収入15億円が目標ライン。興行収入3億6000万円を突破しています。「ゴジラ キング・オブ・モンスターズ」は先週2位から3位にランクダウン。ハリウッド版ゴジラ。モンスターバースシリーズ第2作目。前作「GODZILLA ゴジラ」(興行収入32億0000万円)を上回れるかが焦点。興行収入20億円を達成。1週目 約6億7600万円2週目 約3億7100万円3週目 約2億1100万円観客動員は151万0000人を突破しています。興行収入40億円が目標ライン。興行収入22億1000万円を突破しています。「劇場版 うたの☆プリンスさまっ♪ マジ LOVE キングダム」が初登場4位。「うたの☆プリンスさまっ♪」シリーズ初の劇場版作品。松竹配給を考慮すると低迷ぎみのオープニング成績。観客動員ランキングは6位。1週目 約1億8000万円興行収入10億円が目標ライン。興行収入2億2000万円を突破しています。「ガールズ&パンツァー 最終章 第2話」が初登場5位。劇場版「ガールズ&パンツァー」シリーズ第3作目。全国60館での公開ながら見事5位にランクインしています。前作「ガールズ&パンツァー 最終章 第1話」(6億0300万円)を上回れるかが焦点。観客動員ランキングは4位。1週目 約1億4400万円観客動員11万8000人を突破しています。興行収入10億円が目標ライン。興行収入1億4000万円を突破しています。「コンフィデンスマンJP-ロマンス編-」は先週3位から6位にランクダウン。フジテレビで放送された人気連続ドラマの劇場版作品。長澤まさみ主演の話題作。5週連続TOP10圏内にランクイン。目標ラインの興行収入20億円を達成。目標ラインも興行収入25億円に上方修正。シリーズ第2作目の製作決定。目標ラインの興行収入25億円を達成。目標ラインも興行収入30億円に上方修正。今週はここまでが週間興行収入1億円以上を記録。観客動員ランキングは5位。1週目 約3億8500万円2週目 約3億5100万円3週目 約2億9100万円4週目 約2億0600万円5週目 約1億4400万円観客動員は191万0000人を突破しています。興行収入30億円が目標ライン。興行収入25億0000万円を突破しています。「青春ブタ野郎はゆめみる少女の夢を見ない」が初登場7位。鴨志田一原作による人気ライトノベルの映画化作品。全国31館での公開ながら見事7位にランクインしています。1週目 約9900万円興行収入7億円が目標ライン。興行収入1億0000万円を突破しています。「プロメア」は先週9位から8位にランクアップ。今石洋之監督、中島かずき脚本による劇場版アニメ作品。目標ラインの興行収入7億円達成は厳しい状況。来週には興行収入5億円を達成する見込み。1週目 約8000万円2週目 約5800万円3週目 約6500万円4週目 約5700万円興行収入7億円が目標ライン。興行収入4億9000万円を突破しています。「海獣の子供」は先週4位から9位にランクダウン。渡辺歩監督の長編アニメ第4作目。五十嵐大介原作による漫画の映画化作品。観客動員ランキングは8位。1週目 約8300万円2週目 約5600万円興行収入5億円が目標ライン。興行収入2億4000万円を突破しています。「キングダム」は先週6位から10位にランクダウン。原泰久原作による人気漫画の映画化作品。山崎賢人主演の話題作。9週連続TOP10圏内にランクイン。山崎賢人主演作品の最高興行収入を更新中。来週には目標ラインの興行収入55億円を達成する見込み。観客動員ランキングは9位。1週目 約5億2600万円2週目 約ー万円3週目 約4億3500万円4週目 約2億5300万円5週目 約2億0900万円6週目 約1億5300万円7週目 約1億2700万円8週目 約7900万円9週目 約5300万円観客動員は411万0000人を突破しています。興行収入55億円が目標ライン。興行収入54億7000万円を突破しています。「アベンジャーズ エンドゲーム」は先週から2週連続で11位を維持。「アベンジャーズ」シリーズ第4作目。前作「アベンジャーズ インフィニティ・ウォー」(興行収入37億4000万円)を上回り、シリーズ最高興行収入を更新中。1週目 約9億6200万円2週目 約5億3200万円3週目 約3億1600万円4週目 約2億1200万円5週目 約1億4700万円6週目 約8600万円7週目 約5300万円8週目 約3900万円興行収入60億円が目標ライン。興行収入58億6000万円を突破しています。「空母いぶき」は先週5位から12位にランクダウン。かわぐちかいじ原作による人気漫画の実写映画化作品。西島秀俊主演の話題作。配給元のキノフィルムズは、単独配給として最高興行収入を更新する可能性大。来週には興行収入10億円を達成する見込み。観客動員ランキングは10位。1週目 約2億4600万円2週目 約1億4800万円3週目 約8200万円4週目 約ー万円興行収入15億円が目標ライン。『来週ランクイン有力作品』(邦画)「ザ・ファブル」「劇場版 ファイナルファンタジーⅩⅣ 光のお父さん」「明治東京恋伽」「スリーアウト!