そこで起こる殺人は狂気じみていて計画的で、イカれてる。 猟奇殺人を描いたものも多い。 そんな映画をおすすめしていきます。 1.ウインド・リバー. !wwwwwwwwwwww#美食探偵#仲里依紗#中村倫也, えっ、きっつ!ぐろ。美食探偵。これ原作もこれよな?うへぇ。桐谷和宏は何であんな純朴そうな少年だったのにモラハラDV夫になったんや……何があったんや……, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。, 世の中のトレンドやグルメ情報など皆様の日常に役立つような情報をお届けしていきます。. ※おまけとして、ページ下部には「ひとくちアドバイス」も掲載しております。演技の参考にしてみてくださいね。. 劇場版Fate『Heaven's Feel』の狂気じみた原作愛に屈服した原作信者の話 . Published by Raw Fury AB. やがて彼らは気づく――「たとえ生きていない絵や像でも、何らかの方法により『魂』を吹き込まれることで、それらはついに永遠の命を持ちえるだろう」と。その憧れへの歴史は古く、最古のアニメーションは3000年前の中国で生まれた「走馬灯」とも、17世紀西欧の「幻灯機」ともいわれる。 ドラマ 2020.05.03 2020.05.17 tsuna1105 【美食探偵 明智五郎】仲里依紗の狂気じみた演技に期待!第4話のあらすじと感想! spring song 感…, 感想みたいなの Fate/stay night [Heaven's Feel] III.…. それがゲームとなりプレイすることで、 同じ毎日を繰り返すのって狂気じみ ... それをセリフ やテキストで ... ゲームとしては眠たくなるほど単調だけど、作品としては日常生活の狂気に気づかせてくれる余韻の残るゲーム。 芸術性. 自分に合った台本がなかった方や、もっと色んな題材を稽古したいという方は、ぜひご参照ください。

『狂気』(きょうき、The Dark Side of the Moon)は、1973年に発表されたピンク・フロイドの8作目のスタジオ・アルバム。このアルバムは売り上げ5.000万枚以上を記録し、世界で最も売れたアルバムの一つとなった。, 1973年に発表されるや全世界で大ヒットを記録し、日本においてもオリコンチャートで最高2位まで上昇した。ピンク・フロイドの作品の中でも、『ザ・ウォール』(1979年)や『炎〜あなたがここにいてほしい』(1975年)と並ぶ代表作である。また、本作(とりわけ、シングルカットされた「マネー」のヒット)をきっかけにアメリカでの人気が決定的となった。, コンセプト・アルバムの代表作としても名高い作品である。このアルバム以降、ロジャー・ウォーターズが全作詞を手掛けるようになり、バンド内でのバランスに大きな変化が生まれたという点でも、重大な意味を持つ作品となった。人間の内面に潜む「狂気」(The Dark Side of the Moon)を描き出すというコンセプトを考案したのもウォーターズである。, 2006年に発表された「ローリング・ストーンの選ぶオールタイム・ベストアルバム500」では第43位にランクインしている。, ウォーターズによる哲学的な歌詞に加え、それを際立たせる立体的な音作りで、完成度の高い作品に仕上がっている。特に、アラン・パーソンズが編集したSE(効果音)の巧みな使い方によって、うまくストーリーを演出している。笑い声、会話、爆発音、振り子時計の音、飛行機のSEやレジスター、心臓の鼓動(実際はニック・メイスンのドラムス)などが随所で使われている。当時はサンプラーが無かったため、録音した音をひとつひとつテープに貼り付けるという原始的な手法で組み立てられた。パーソンズによれば、「マネー」の冒頭で聴かれるレジスターの音は編集に30日を要したという[4]。なお、再発盤にはミックスが異なるものが存在するが「走り回って」の笑い声などは違いがわかりやすい一例である。, アルバムの最初から最後まで曲と曲がつながっており、複数の曲があたかもひとつの作品のようになっているという点が本作の特色のひとつである。レコード時代のA面・B面の区切りである「虚空のスキャット」と「マネー」の間だけは、いったん音が途切れている。その中で主人公の誕生から苦悩、葛藤などを描き出している。この主人公には、「狂気」の人となってしまったシド・バレットの姿も重ねられていると言われている。, エンディングでは、Gerry O'Driscollによる「There is no dark side of the moon really. ※一人称は、お好みで変更してください。 spring song』は須藤監督の作品だ。, 確かに作品を構成する要素のうち99%は、2004年に奈須きのこが綴ったテクストであろう。だが1%は、間違いなく須藤友徳が描いたアニメーションなのだ。そして1%でも、これは間違いなく須藤友徳の作品なのだと思う。99%、原作を尊重しているからこそ、1%の「祈り」にも等しい、あの作品のファンの信仰が作品を変え、そして生まれ変わらせた。, 原作を知らない者がオリジナルの展開を作る、これは美しくもなんともない。だが、かくも敬虔な者が、経典をいかようにも諳んじられる程に敬虔な者が、それでも、どうしても、描きたいのだと。これほどまで敬い、これほどまでに殉じた者だからこそ、加えたいのだと。その勇気、裏を返せばその自信、恐らくは途方も無い研鑽の末に辿り着いた境地であり、何よりも、アニメーションを作るufotableの仲間たちへの信頼があっての、その不遜ぶり。いやそれこそ真の「原作愛」とでも言うべきではないか。, 独立したゲームジャーナリズムと僕が個人的に愛好してる蒙古タンメン中本の食券のためにサポートお願いします。, 動画すなわちアニメーション(animation)とは、ギリシャ語で「魂」を意味するアニマ(anima)に由来する言葉だ。日本を含む古代文明の多くが、森羅万象に魂が宿るとする信仰=「アニミスム(animism)」を持ち、当時の人々は万物を神格化した壮大な神話哲学体系を編み上げていった。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); そうですよ。奴らを操るのは、造作もないことでした。簡単すぎてむしろ憐れみを覚えましたよ。 Об этом во вторник сообщила вещательна

『狂気』(きょうき、The Dark Side of the Moon)は、1973年に発表されたピンク・フロイドの8作目のスタジオ・アルバム。 このアルバムは売り上げ5.000万枚以上を記録し、世界で最も売れたアルバムの一 … | P.U.L.S.E | ザ・ウォール・ライヴ:アールズ・コート1980-1981, ピンク・フロイドの道 | ナイス・ペア | 時空の舞踏 | ワークス〜ピンク・フロイドの遺産 | エコーズ〜啓示 | 〜閃光〜 ベスト・オブ・ピンク・フロイド | 百花繚乱 〜ベスト・オブ・ピンク・フロイド〜, アーノルド・レーン | シー・エミリー・プレイ | 神秘 | 原子心母 | 吹けよ風、呼べよ嵐 | ピロウ・オブ・ウインズ | フィアレス | サン・トロペ | シーマスのブルース | エコーズ | マネー | クレイジー・ダイアモンド | アナザー・ブリック・イン・ザ・ウォール | グッバイ・ブルー・スカイ | コンフォタブリー・ナム | ザ・トライアル | 幻の翼, ノーマン・スミス | ロン・ギーシン | アラン・パーソンズ | ボブ・エズリン | クリス・トーマス | スノウィー・ホワイト | ケイト・ブッシュ | ヒプノシス, ハーヴェスト・レコード | EMI | コロムビア・レコード | ソニー・ミュージック, 2003年に発表されたドキュメントDVDには、編集したテープのエンドレス走行/再生の様子が収録されている。, つまり、実際は何もかもただ「明るい」のは「ただ太陽の光が当たっているだけ」で「暗い側」も「明るい側」もないということである。なお、この台詞はレベルを下げて録音されているため、音量をかなり上げないと聴き取れない。, さらにボリュームを上げると、フェードアウトする間にジョージ・マーティン・オーケストラによる, シンコーミュージック刊「ピンク・フロイド 吹けよ風・呼べよ嵐」(立川直樹著)より。, ただし、このシングル・カットはバンドに無断で決定されていたらしく、メンバーは怒りを露にしていた。, http://www.bloomberg.com/news/2011-09-26/pink-floyd-money-machine-leads-elvis-nirvana-u2-in-cd-battle.html, http://books.google.co.jp/books?id=4xUEAAAAMBAJ&pg=PA12&hl=ja#v=onepage&q&f=false, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=狂気_(アルバム)&oldid=76976232. Другие страны 4 ноября 2020 04:01 (UTC+04:00) Полиция Австралии задержала в Мельбурне более 400 участников манифестации против карантинных мер, введенных в связи с пандемией коронавируса. 小田急トラベルのツアーが「狂気じみてる」とネット上で話題になっている。「北海道から九州まで!日本列島鉄道縦断ツアー」というもので、北海道から電車を乗り継いで鹿児島まで行く3泊4日の旅だ。 行程は9月18日スタート。 やがて近代映画の撮像フィルムに動画を“焼く”技術が生まれ、ウォルト・ディズニーにより商業化に成功したアニメーションは、戦後の日本において独自の技術と様式美を確立し「アニメ」と称されるようになった。そして今日も新たな『魂』が世界を駆け巡る。, 劇場版Fate『Heaven's Feel』の狂気じみた原作愛に屈服した原作信者の話, ビデオゲームの批評と伝導をしてます。 TBSラジオ「アフター6ジャンクション」レギュラー、著書『好きなものを「推す」だけ。』(KADOKAWA), 『クラフトピア』がパクリだらけなのは、凡人がそれでもゲームを作りたいと願ったからだ, Fate/stay night [Heaven's Feel] III. サウンド 4 原稿の使用・著作権についてはこちらをご参照ください。, ★声優事務所や養成所、スクール、専門学校、オーディション提出用・審査用のボイスサンプル原稿を準備するなら、良質なオススメ台本多数の当サイトにおまかせ! 狂気のセリフが載っております 番号はセリフ一覧のものと同じ番号です ↓ではスタート 2.ねぇ 今日なんであいつと一緒にいたの あいつがどんな奴か知ってるよね もういいよ 分かってくれないなら しっかり体に教えてやるよ 8.どうしたの

spring song』。冬木の聖杯戦争を巡る第三のルートを映像化したものにして、その終幕。あらゆるFate的物語と比較して、どれよりもしっとりと蠱惑的で、からからと魔性的な物語を、どうしてここまで完璧な映像へ仕立て上げたのか。, 見ていて一瞬たりとも目が話せなかった。それはたった一瞬のようで、されど永遠のようだったが、少なくとも122分に感じられなかった。多分、その感覚は間桐桜や衛宮士郎にとっての時間間隔とほとんど同じなのだろうなと思う。原作でもそのあまりに凝縮された物語故に、平衡感覚を失うようなふらつきに襲われたのだけど、この映画はそれ以上だった。, 私はFateが好きだ。中でも間桐桜のHeaven's Feelは、あらゆる名場面がすぐ思い出せるぐらい記憶にこびりついている。美しいのは構造だ。あえて理想を追うために未来の自分さえ斬り伏せた士郎も美しいが、そのオルタナティブの世界で、彼はたった一人の女のために全てをなげうつという物語構造に圧倒された。そして、そこまで士郎という人間を変えた間桐桜が、とにかく可憐で、醜悪で、かわいかった。当時の私はすっかりこの物語に心をかき乱され、この先が見たいと願ったものだ。, だが、『Heaven's Feel』をこれだけの濃度、この映像を描いた人間はどれだけ『Fate』を愛していたのだろうか。, 原作者の奈須きのこ曰く、本作の須藤監督から持ち込まれた企画書は「魔導書」同然だったという。それも納得だ。原作を一周遊ぶだけでは足りない、二周、三周でもまだ不足している。本作を制作する5年以上の時間、毎日『Fate』の桜ルートを一周するレベルでやりこまなければ、ここまで圧縮はできない。そう断言できる。, どうしようもない愛の結晶なのだ、この映画は。何を伝えたいとか、何かを変えたいとか、そういう目的みたいなものが全部無意味に思えるぐらい、須藤監督がとにかくFateが好きで、その狂気にも等しい愛を、そっくりそのまま映像化してしまえるだけのアニメーションの技術が須藤監督とufotableにあったという奇跡。正しく天の杯、これは魔法のような映画だ。, 「いかにこの映画を作った者が原作を理解していないか!」と糾弾することは非常に容易い。幾度となく、ゲーム原作から映像化された映画はこの批判を受け、また私もそこに加担せざるを得なかったことがある。だが「いかにこの映画を作った者に比べ、”自分が”、原作を理解していないか!」と自省させるほどの映画を作ることが、どれほど困難か。, あぁ、もちろん私とHeaven's Feelのことだ。私は完全に須藤監督の愛情と技術にうちのめされた。劇場を後にした私は、「桜はあんたの嫁でいいよ」と笑って敗北を受け入れた。まぁ須藤監督なら即座に「いえ、士郎の嫁です」と断言するだろうけども。, ファンにとっては言うまでもないけど、『Heaven's Feel』は桜と士郎だけの物語ではない。, むしろ全ルートの中で、いやFateのあらゆる物語の中で、聖杯戦争に参加した、あるいはさせられた全ての人間を等しく鮮明に描く物語だったと思う。とりわけ、他ルートでは見えようもなかった、ライダーの想い、セイバーの考え、そして何より言峰綺礼という人間の真相について、このルートは最も迫り、また抉ってくるのだ。むしろ私が一番感動したのはこうした「脇役」だった。, まず、私が「こう描いたか」と衝撃を受けたのがバーサーカー戦の描写。バーサーカーはイリヤスフィールのサーヴァントで、Fateルート、UBWルートではもっぱら「中ボス」的な立ち位置で士郎とプレイヤーに聖杯戦争とは何たるかを教えてくれる強力なサーヴァントだったが、このHFルートでは既に桜によって取り込まれ、服従を余儀なくされている。, そんなバーサーカーの代わりに、士郎はアインツベルン城からイリヤを救い出し、そして桜の命によってバーサーカーは士郎に襲いかかる。そのバーサーカーを見つめ、案じるイリヤの演技と表現から伝わる切なさに、他ルートで文字通り命を賭してイリヤを守ろうとしたバーサーカーを思い出してまた我々は苦しむわけだが、そうした我々の思案を知ってか知らずか、士郎は聖骸布を解き放って初めてアーチャーの腕を使う、つまりそれは、士郎の命を自ら削ってでもイリヤを守るという重要な決断でもある。, 3秒。このほんの数秒で、決着が着く。衛宮士郎が投影した「射殺す百頭」がバーサーカーの肉を、臓を、心を8つ切り裂く。, 愛おしき3人の子と、それを神の愚弄によって失った悲劇(トラジェディ)。狂戦士が士郎の剣を見たとき、既に士郎を見ていなかった。狂戦士は、目の前の幼子を、本来自分が守るべきであったというのに、聖杯によって再び歪められてしまった現実を見つめていた。, いや、限りなく「あったような」気がする。そう思わずにいられない、圧倒的な完成度、再現度、習熟度。丁寧に、丁寧に偽造してある、その偽り。実際にはヘラクレスは「守れ」とは言わなかった。そう「眼で、告げた」のである。そしてヘラクレスが我が子を思い返すシーンなど、原作における衛宮士郎の口からは語られなかった。, 原作であれば衛宮士郎の苦痛、そしてアーチャーとの邂逅が、速読でも10分、長ければ20分はあろうという時間を、須藤監督は見事、2~3分以内に収めた。これは衛宮士郎が体感した時間とおそらくほとんど同じ。アニメーションにして、衛宮士郎と狂戦士の剣戟を描ききったその技巧には唸るばかりだ。何よりも、『射殺す百頭』の表現、一瞬にしてバーサーカーの巨体から8つ影が生える描写は圧巻としか言いようがなく、ただひたすら「かっこいい」と思った。, だが、このほんの一瞬のオリジナル展開が、総てを知りえたはずの原作ファンの心を揺さぶった。, 狂戦士のクラスにて顕界したが故に描かれなかったバーサーカーの、聖杯に、いや聖杯戦争に託す祈り。イリヤスフィールを何が何でも守ろうとする意志、我が子を失った記憶。そのバーサーカーが更なる狂乱へ堕ちた後悔はいかばかりであったか。そして、その闇を斬り祓った衛宮士郎に対して、バーサーカーは何を思っていたのか。恐らくそれは、一握りの希望と無力感。, これは「敵キャラ」が「サーヴァント」として生まれ変わる刹那だった。そうだ、これは衛宮士郎と間桐桜だけの物語ではない、バーサーカーの物語でもあったのだと。同時にここは、原作『Fate/stay night』から奈須きのこ作品総てに通ずる、「人が神を追い越していく」「現実が空想に打ち克つ」というテーマにまで還元されていく。嘘を混ぜて、本質へ、真へより一層近づける。, 須藤監督、ufotable……あんたたちにこの作品を監督してもらって、本当に、本当によかったよ……。, まぁぶっちゃけ、ここで涙腺ほぼ半壊してたわけですけど、けどもう1つ、『Heaven's Feel』で叫びそうになったシーンがある。, ライダーとの剣戟のシーン、ここはもう何も説明できないというか、本当にただ「すごい」とバカみたいに言うしかないんだけど。「これがやりたかったんだ」と言わんばかりの、アニメ史に絶対残した方がいいよってレベルの映像。ただただ、セイバーの持つエクスカリバーの重厚な剣戟と、ライダーの軽快なステップ、そして魔眼の絶技、破壊されていく鍾乳洞の中で繰り広げられていく、本物のサーヴァント戦に私達はただ見惚れるしかなくて。, もう、かっこいいの。本当。女性だからどうのこうの、妙な文脈を援用するつもりはないんだけど、それにしてもここまで女性同士の闘いで、美しいし、かっこいい描写が世の中にどれだけあるんだと言うほど。もう自分がどっちを応援していたのかさえも忘れて、ただ騎士王と女神の一騎打ちが竜虎相搏つのを見ているしかない。それは敵・味方という安直なバイアスではなく、ただサーヴァントとして召喚された2名に対する心からの畏敬がなければ、描けないような、途方もない線の、動の、そして声の激しくも細やかな造形。, けれどその闘いは、聖杯から無尽蔵の魔力を受けるセイバーの優位で進む。ライダーは少しずつ速度を削がれ、その瞬間を逃すまいと、セイバーが『約束された勝利の剣』を解放。刹那、『騎英の手綱』の詠唱を始めるライダー。先に放たれるのは当然セイバーの黒く淀んだ聖剣。士郎は聖骸布を放ち、4枚の『熾天覆う七つの円環』で時間を稼ぐ。外からの極光、内からの斬撃、衛宮士郎の肉体と精神はいとも容易くこわれていく。ここの杉山紀彰さんの絶叫は必聴。そして遂に放たれるライダーの白馬がセイバーを直撃し、騎士王は膝をつく。同時に、ライダーも聖剣の直撃を受けて斃れる。, 剣は、アゾット剣を取り出し、かつて共に道を歩み、いつか共に想いを遂げた鞘に、己を突き立てる。, あああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ, ああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ, だからすっっっっっげええええええ、HFが悲しくて仕方ないの!!!!なんで、よりによってセイバーと士郎が殺し合わなきゃいけねーんだよって!!!, あのさ、言うまでもないけども、Fateの魅力って色々あるけど、一つは衛宮士郎って主人公よ。よく恋愛ゲームって「男が女を癒す」一方的な物語がありがちだった。けど『Fate』は大災害で生き残った宿命から壊れてしまった人間が、セイバーや凛、桜と出会って、共に自分の生き方を考え直す、そして自分の生き方を貫き通すという物語でもある。共生に基づく絆が原点にあって、その中で鞘剣ってのは、「王」であり、「サーヴァント」たるセイバーが、「民」であり、「マスター」たる士郎に救われ、そして救うというのがですね、本来すごいギャップがある2人の間柄だからこそ際立つというか、奈須きのこサーガの醍醐味でもある「幻想と現実の対話」にも通じる人間の”歓喜”なんですわ。Fateルート屈指の名シーン「―――――やっと気づいた。シロウは、私の鞘だったのですね」というのが、その極地で。, ここさぁ、ここさぁ!原作だと「セイバーはぼんやりと、俺を見上げている。」って書いてるのよ。, ずっと、殺し合ってきた2人が。ある運命では2人は結ばれ、ある運命では2人は認め合う、そんな2人がここで、ずっと、殺し合ってきたのよ。そんで、そうした殺し合いに決着が着いた時、セイバーがもう死ぬんだって時に、全てを聖杯に与えられ、同時に奪われた彼女が、死の間際に心の奥底にあったものが露見した時、それは自分の大切な人の名前だったのよ。, この、ほんの僅かな台詞には、今まで愛する人と殺し合ってきた哀しさ、その人が自分を超えるほどに成長した喜び、その人が影法師である自分よりも他の「人」を選んだことの複雑な想い、今までずっと王としてブリテンのことを想って魂まで売り渡した彼女が最期に知った愛、アルトリア・ペンドラゴンという一人の人間にとっての、何もかもが。何もかもが込められているんですよ。, 原作でここに来た時は、ほんと涙止まらんかったからね。我々みたいな物書きが「泣いた」なんて手垢ついた表現したくないけど、本当にボロボロ泣いて、士郎がアゾット剣を突き立てるスチルのまま画面がずっと止まってたからね。二人が殺し合うことの悔しさ、けどそれを二人が受け入れてしまっていることの誇らしさ、私はルートとしてはやっぱりFateルートが好きなんだけども、セイバーの、いやFateの最高の台詞はなにかと言われると、この台詞だと断言できる。聖杯戦争という闘争状態、その中でなければ決してありえなかったであろう、二人の邂逅と決別。その中で、一人の王と呼ばれた少女が見た、光。愛。絆。掴んだ瞬間、消えていく、だけども掴めたことで満足してしまう、幻。, まぁ第一章、第二章と上映する中で毎回、須藤監督の熱意には打ち負かされてきたけども、俺はこの台詞を川澄さんに読み上げさせないならば、この作品は認めないという強固な姿勢で劇場版に臨んだ。その結果、最高の演技で応えてくれた。くっっっっっっっそ、やるやんけ・・・・・・・・・・。, だって、「ぁ――――シロ、ウ――――?」の一瞬の後に、士郎はセイバーに剣を突き立ててしまったんだよ。これは嘘だ。大嘘だ。違う、原作ならば士郎は、セイバーを突き刺す瞬間に、記憶を巡らせる。自分の召喚に応じたセイバー、自分が守れず傷ついたセイバー、自分が道場で見惚れたセイバー、3枚のスチルが、衛宮士郎の脳内で一瞬の裡に流れる。, 後悔はない。だけど、それがどれだけ士郎にとって辛く、悲しく、痛く、苦しく、叫びたくなるような一瞬だったか。士郎にもあった、士郎にもあったのだ。彼女との記憶、感情、憧憬、セイバーと殺し合うことを余儀なくされるこの運命においても尚、彼女は自分の剣であり、また自分は彼女の鞘であったと。自分の名前を幼子のように呼ぶ彼女の胸に剣を突き立てるその悲痛、何をもって描けただろうか。, そう、原作だとセイバーを刺した一瞬、士郎は3枚のスチルと共にセイバーの姿を鮮明に思い出すのだ。そして「ただ一つの愛する者(エゴ)のため、大切なものを捨てる」という自分の選択肢を改めて確認し、士郎は「――――ありがとう。おまえに、何度も助けられた」と、謝罪ではなく感謝を告げるのだ……。, で、劇場版だとないのよそれが。何ならそもそもセイバーを刺す前に選択肢が出てくるんだけど、そんな躊躇すら一切なく刺して感謝を述べてしまうのよ。, 確かに、映像化には度重なる切除があったのはわかる。どこをどう切っても名作という『Heaven's Feel』を2時間×3の枠に収めるために、一体どれだけの台詞、シーンを切除しなければいけなかったか。これほど原作を愛し、信ずる須藤監督がその作業をすることの苦悩は言わずもがなわかる。士郎が最期、大聖杯へ歩む”姉”に対して、名前を忘れた人の名前を叫び続けるように、須藤監督も叫びながら絵コンテを作っていたに違いない。多分。, けどあの士郎の回想を描くか描かないか、これはただ「時間がなかった」以上の大きな意味があると思う。, 原作の選択肢、「……セイバーを助ける。」を選んでしまったのだ。刺さねばならないことを知っていても尚、セイバーを刺せなかった。そして、セイバーに斬られた(BADEND)。, その上で須藤監督はセイバーオルタの最も印象的なエピソードとしてここを挙げ、その上で観客に「いいのか、それで」と問わせるような描写にしたかったのだと言う。, 私は士郎がセイバーとの記憶を振り返らなかったこと、それが桜のために全てをなげうつ覚悟であると同時に、同じだけセイバーに対する誠意だったのだと思う。, 桜だけでなくセイバーまで救おうとする士郎は、セイバーに「初めて、貴方を憎んだ」と言われ斬られる。セイバーがどれだけ士郎を愛していて、この闘いが決して彼女の意志でなかったとしても、衛宮士郎は彼女を哀れんではいけない、悼んでさえいけない。原作からしてそういう物語だった。だからこそあえて、あの一瞬を「削除」したのだ。, 『Heaven's Feel』を制作する須藤監督はゲームから映画へと圧縮する中でも、彼自身の解釈に基づく描写をほんの一瞬、なれど劇的に影響する描写を加えていった。, 例えば「――――ついて来れるか?」の英霊エミヤとの対話において、砂嵐を切り裂いて蒼空へ至るという描写、, またイリヤスフィールが第三魔法を起動した一瞬後にアイリスフィールの元へ駆け寄る描写など、, 2004年の奈須きのこには至らずとも、2020年までFateに『UBW』や『Zero』で向き合い続けてきたUfotable故に至れた、ファンなら感涙ものの独自解釈をつけ込んで、もとより傑作であった『Heaven's Feel』ルートを新たな次元へ昇華せしめた。, ここまで原作を愛し、読んだ人間たちが、原作を削る。これは文字通り、断腸の想いであったに違いないが、須藤監督はセイバーの記憶を掘り返すという衛宮士郎にとっての決断をあえて変えた。衛宮士郎は「振り返らなかった」と、そう彼は考え、描いた。, なんてことない、ほんの一瞬であったが、10年来セイバーという人間に惹かれる私のようなオタクどもは、多分ここで完敗したと思う。少なくとも私はそうだった。「やられた。」そうだよな、そうなるべきだよな、でも俺が監督ならそこは絶対に削れなかった、須藤監督だから削れたんだって。, 結局の所、『Fate/stay night: Heaven's Feel III.