刑務所の食事、通称ムショ飯は海外、いろいろな国によってメニューが違うとされています。中でも海外のムショ飯、刑務所の食事は日本とは違って豪華とされ、メニューやカロリーがしっかりされているとのことです。今回はそんな刑務所の食事、ムショ飯についてご紹介していきます。, 刑務所の食事とされる通称ムショ飯は、よくテレビや漫画などではくさい飯や質素な食事という表現にされていることが多く、そのようなイメージをお持ちの方も多いと思います。もちろん何かの犯罪や事件を犯した人が刑務所にはいり、裁判までの期間を待つ人や服役する人、一生そこにいて余生を反省する人が入る所です。ですが、そんな刑務所の現状は医療付き、さらに3食ご飯月といった現状とともに、海外では女性死刑囚のメニューが豪華であるともいわれています。今回はそんな刑務所の食事とされる、様々な国のムショ飯と刑務所での生活についてをご紹介したいと思います。, 刑務所のイメージはみなさんどのようにお持ちですか?一昔前のテレビやドラマ、ニュースといったメディアでの影響から、刑務所は受けた罪を償うために厳しい罰や厳しい生活を送って反省をする場所と思っている人も多いのではないでしょうか。そのようなイメージから刑務所=厳しい生活をを送る場所、罪を償う場所と思っている人も多いと思います。しかし、それは今では古い考えとされており、今では刑務所はしっかり反省するような生活を行い、再度社会復帰を促せるように教育、指導する場所とされています。, 実際に一昔前では日本の刑務所も地獄のようなとても厳しい生活を送る場所となっていたとされており、その中でも有名なのが「網走刑務所」です。この網走刑務所は日本で最も脱獄できない刑務所としても海外で名が知られており、北海道開拓のほか、過酷な労働を強いられていました。過酷な労働による北海道開拓により、北海道の発展に貢献したとされ、今もなお北海道にある網走刑務所の旧建造物は、博物館として保存・公開されています。, 網走刑務所のようにとてつもなく厳しい環境下だと今もなお思っている人も多いでしょうが、今の受刑者の生活はとても豊かなものといっても過言ではありません。先ほども少しご紹介したように、社会復帰を促す場所ともされているため、まず「健康的な生活」を送ることから始められるためでもあります。そのため、受刑者は労働するのは皆さんもご存知だと思いますが、土日祝は受刑者はお休みとされています。このことからわかるように、受刑者は平日しか働いてないのです。受刑者の主な仕事内容は、「生産業務」や「内務業務」、「職業訓練」というようなものとなっており、看守に監視されながら黙々と仕事をしないといけないとされています。, もちろん遅刻は厳禁とされており、スケジュールがしっかり決められているのですが、1日8時間労働とされており、残業は多少しかないそうです。このことからも規則正しい生活に戻す施しがわかり、ある意味ブラック企業に勤めている人より優遇された生活といっても過言ではありません。さらに最近では衣類品の試供はしっかりされており、日用品や雑誌など図書の所持制限もなくなったとされております。そのうえ、健康的な生活を送るために医療の施しも付いているので一般の人よりもある意味優遇された生活を送っているかもしれません。このような生活が送れることから、刑務所から出ても再度罪を犯して刑務所に戻る人や、生活が厳しくなって犯罪に手を染めて刑務所に入る人もいるとされています。, 日本の刑務所は先ほどからもご紹介させていただいているように、社会復帰を目的としているために、しっかりとした食事も出されます。さらに3食ついているのでそれだけでも豪華といっても過言ではありません。そんな刑務所の食事、日本のムショ飯はかなり健康に気を使われています。というのも、しっかりとカロリー計算が行われており、画像からもよくみたらわかるようにご飯の中にも麦30%、米70%の割合の麦飯となっており、麦飯を食べることによって健康増進が図られています。さらに、画像にあるように刑務所の食事のメニューの中に、カレーやスパゲティー、サラダや魚料理、和食といったものが出されています。この食事は受刑者が料理を行うとされていますが、カロリー計算は担当の監視員がしっかり行っており、体調といった健康状態、体重、労働内容に応じてカロリーを調整した食事をとるように設定されています。一般成人男性の1日の摂取カロリー2,200カロリーとされていますが、1,600カロリー、1,300カロリー、1,200カロリーの3種類に分けられて考えられているとされています。体調が悪い場合はその人に合わせて治療食にもなります。, さらに日本では行事も刑務所内では大切にされ、クリスマスやお正月には豪華な食事が出されるとされています。上記の画像の上の部分が日本のお正月に出されるメニューとされ、刑務所によってはメニューでおせちが出される所もあるとされています。もちろんご飯は麦飯で、麦飯によってやはりカロリー計算がされており、麦名効果の健康増進が正月でも図られています。, さらに正月での豪華なムショ飯は元旦だけでなく、3が日まで続くとされ、その間も麦飯はもちろんしっかりとした食事、メニューが出されます。このことからわかるように、かなり刑務所生活といってもかなり健康的な生活が送れるとともに、普段みなさんカロリー計算して食事をしないでしょうし、麦飯を毎日食べたり、正月に豪勢な食事をとらない人もいると思うので、刑務所の食事、刑務所での生活はとても豊かなものと考えられます。ちなみに日本では女性、死刑囚ともに他の囚人同様の食事をとります。このような日本の刑務所事情を海外でも注目されています。アメリカだけでなく、中国や韓国でも注目されており、特に日本の麦飯に対してや、正月でのメニューについて豪華すぎると言っている人が多いのが現状です。, 日本の刑務所事情や日本の刑務所の食事、ムショ飯についてご紹介しましたが次は海外の刑務所の食事、ムショ飯のメニューについてご紹介していきます。, まずご紹介する海外はアメリカです。刑務所の食事、ムショ飯メニューは上記の画像から見て分かるように、ステーキや目玉焼きといったものが食べられ、死刑囚などの最後の晩餐時などでは好きな食べ物、メニューをオーダーできるとされいます。この刑務所での食事、人生最後の食事をスペシャル・ミールとアメリカでは言われ、「特別な食事」とされています。アメリカではこのような特別な制度がありますが、アメリカの死刑囚の間でがこのスペシャルミールを最後の意思表示の場とも捉えられているそうです。というのも、アメリカではこのスペシャルミールは少し触れたように好きな食べ物、メニューをオーダーできます。このオーダーはメニューだけでなく、味付けや量などもリクエストすることがおり、アメリカの死刑囚で最後の食事にフライドチキンやロブスター、牛ステーキといったものを食べた人もいるそうです。アメリカの刑務所では女性にも同じ食事内容のものが出されます。, 次にご紹介する海外は韓国、中国です。画像から見てもわかるように韓国や中国らしく、刑務所の食事とされる、ムショ飯のメニューの一品としてキムチが出されるらしいです。韓国や中国らしいといえば、韓国、中国らしい食事ですが、一般的といえば一般的な食事とも言えます。ですが、この中国や韓国では日本の刑務所の食事、死刑囚に対する食事などが豪華すぎるとネットで騒がれているのも事実です。特に日本の正月のメニューが豪華だという人も多く、中国でも旧正月では豪華なものが出るとされていますが、日本の刑務所で正月に出される刑務所のムショ飯が世界で一番豪華なのではないかと記事にも取り上げられているほどです。中国や韓国では女性や死刑囚に対しても画像のような他の囚人と変わらない同様の食事を出されるとされています。, 次にご紹介する海外はロシアです。ロシアの刑務所の食事の画像はやや見にくいかと思いますが、お粥やスープといった大変質素な食事が出されることが多いです。この刑務所の食事内容は主にダイエット食ともされており、日本では考えられないような大変貧しい食事をしております。これが本来の姿なのかもしれませんが、日本も昔はこのような食事だったとされています。ロシアでは女性、死刑囚変わらずに同じ食事をとるとされています。, 次にご紹介する海外はポーランドです。ポーランドの刑務所の食事、ムショ飯もロシア同様に画像を見て分かるように大変質素なものとなっています。しかし、ポーランドでも栄養士が栄養管理をしっかり行っており、労働してもらうための必要最低限の栄養価を維持しているとされています。人として最低限の生活が送れるようなメニューを組まれているそうです。, 次にご紹介する海外はドイツです。ドイツの刑務所の食事、ムショ飯も画像を見て分かるように、ポーランドやロシアより色味はありますが、やはり流動食とも言える食べ物に近いといえます。このことからわかるように、日本はもちろんですが、中国や韓国などの刑務所での食事は大変豪華なものということが分かります。, 刑務所ではなかなか豪華な食べ物を食べていることが分かりましたが、刑務所に入る前の留置所の食べ物についてもご紹介いたします。留置所の食事では刑務所とは違って外部委託のために主に冷めきった弁当を食べることになります。もちろん麦飯であったりするものではなく、留置所なのでいったん警察に捕まっているだけであり、労働などはないので健康的な食事中心ではないことが分かります。さらに留置所の場所によっては朝が食パンだけの所もあったり、お茶が付いていなかったりするそうです。このようなことからわかるように、留置所の食事は刑務所と比べるとお世辞にもあまり良いものとは言えないと思います。さらに留置所と刑務所では食事の予算が異なり、留置所では400円程度の食事とされていますが、刑務所の方は受刑者が調理を行うためコストがあまりかからない事からか530円程度とされています。このことからもわかるように、刑務所の方が生活、健康的な食事がとれると考えれます。, ネット上では女性死刑囚の食事が豪華なのではと噂があるのですが、実はあまり変わりません。というのも、アメリカの時にご紹介したように、スペシャルミールではないですが、最後の晩餐時には自分の好きな食べ物を要望することができる国が多いとされています。このことからわかるように、女性死刑囚だけでなく、男性死刑囚でも基本国によっては豪華なものが食べられるので、女性死刑囚だけではないです。しかし、食事が豪華になると言っても過酷な状況、世間体、社会的なことを考えても復帰した後はあまり良いようには見られない可能性もありますので犯罪などはくれぐれもおこさないようにしましょう。, 【刑務所の食事】色々な国のムショ飯まとめ。女性死刑囚のメニューは豪華?のページです。Cosmic[コズミック]はファッション・カルチャー・芸能エンタメ・ライフスタイル・社会の情報を発信するメディアです。大人へ向けた記事をまとめて読むことができるWebマガジンを無料で購読いただけます。.