明け方(あけがた)は、1日のうち夜が明けて明るくなる時間帯。明け(あけ)・夜明け(よあけ)・暁(あかつき)・東雲(しののめ)・曙(あけぼの)・黎明(れいめい)・払暁(ふつぎょう)・彼は誰時(かはたれどき)などの語がある。, 日の出頃の時間帯であるが、太陽が地平線より上に昇る前から大気中の塵による光の散乱により空が明るくなり始める。これを薄明といい、星が見え暗さが残る段階までを「明け方」、日の出前でも十分に空が明るい段階を「夜明け」として区別したりする。, 漢語でこの時間帯を表すのは朝・旦・晨・早などである。これらは夕方を表す語とともに朝夕・旦暮・晨昏・早晩などと併用される。, また、暁(あかつき)という言は、現代語では「夜明け」「明け方」(太陽は出ていないが、空が明るくなり出している状態)を指すが、古語では「未明」(空が明るくなる前の状態)を表すので注意が必要である。古くはあかつき、しののめ、あけぼのという順に推移するものと区分された[1], 明け方 : 夜明け • 早朝 • 黎明 • 暁 • 東雲 • 曙 • 彼は誰時 「春の空」を使用した俳句についてまとめてみました。季語「春の空」について【表記】春の空【読み方】はるのそら【ローマ字読み】harunosora子季語・関連季語・傍題・類語など・春空(はるぞら:haruzora)・春天(しゅんてん:shunt
to take a nap【昼寝する】, 国語辞書で調べる ©Copyright TRANS.,Inc..All Rights Reserved.



夕焼けの表現・描写・類語(時間帯(朝・昼・夜)のカテゴリ)の一覧 ランダム5 暑気に濁ったような暮れなずんだ空が、白さを残して広がる 連城三紀彦 / 一夜「日曜日と九つの短篇」に収録 amazon 空(そら、霄、英: sky)とは、地上から見上げたときに頭上にひろがる空間のこと。天。, 空の色は時間帯によって変化する。日の出時には赤色やオレンジ色に、昼間は晴れていれば青くて太陽が輝き雲は白く、曇りであれば空は灰色に、夜間は黒に見える。空は時間帯と天候で色が変化するわけである。(→#色), また、夜空は星が見える場でもあり、空気が澄んでいる場所であれば天の川の白く輝く帯が空をぐるりと横断しているのが見える。ノルウェー北部など緯度が高い地域では24時間太陽が昇らない時期が2カ月ほども続く。その寒い時期、人々はずっと夜空を見続け、再び太陽が昇る時を待つのである。そのかわり北極近くの地域は、オーロラの美しい緑っぽい光のカーテンが空にゆらめくのを見られる時もある。, 空と空以外が作り出す境界線を英語では「skyline スカイライン」と言う。空と海面や湖面との境界線を水平線、空と大地との境界線を地平線という。, 空は1日のなかの時間帯で様相を大きく変える[1]。夜明け前、東の地平線には朝焼けが起こり、暗い空が赤くなる。太陽が昇り充分な高さになると空は青色に見える。そして日没が近くなると西の空は夕焼けでオレンジ色になり、太陽が沈むとまた空は暗くなる[2]。, このような空の色の変化は、太陽光線が7色にわけられる可視光線をすべて含んでいる事と、それぞれの色の光が持つ性質が関係する[2]。, 視覚的に捉えられる空の色が多彩なのは空気と太陽光線の関係から生じるものである[2]。, 太陽からの光は、大気中の酸素、窒素、水蒸気などの分子や、光の波長よりも小さい微粒子にぶつかり散乱する。これはレイリー散乱と呼ばれ、波長の違いにより青系統の光は散乱されやすく、逆に赤系統の光は散乱されにくい。そして、大気中の距離をどの程度進むかによって、空の色に影響を与える[2]。, 昼間は太陽光が大気を通る距離は短い。すると、赤系統の光は大気中をほとんど散乱されず直進するが青系統の光は散乱され、空は青く見える。しかし、朝や夕方には大気中の比較的長い距離を通るため、青系統の光は観察者の目に届く以前に青系統の光は散乱しきってしまい、赤系統割合が多い光が届き、散乱されて空は赤やオレンジ色に見える。ただし朝夕でも上空では大気中を通る距離が比較的短いため、青く見える空が残っている[2]。, また、上空に行くほど大きな微粒子は少なくなるため、ミー散乱が少なくなる。したがって、地上より飛行機や高い山からみる空のほうが濃い空色になる。成層圏では更に濃く、藍に近い青色になる。, ニュートン (2012-11)、p.93、変幻自在 多彩な空の色はどうやってできるのだろう?, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=空&oldid=78426394. 子供好き » 類語データ無し(類語・同義語辞典) 文中検索(小説・作品) 子供好きを含む文書:小説等から検索: ニュース記事: 子供好き » ニュース記事データ無し: 連想語/共起語句: 子供好き » 連想語データ無し.

怖い話や古い言い伝えに興味がある人は「逢魔が時」という言葉を聞いたことがあるでしょう。いかにも妖怪や魔物に遭遇しそうな時刻ですが、一体何時頃を指し、どのような背景で「逢魔が時」と名付けられたのでしょうか?, ここでは都市伝説にも多く登場する「逢魔が時」の言葉の意味や由来、類語と対義語、他の「一日の時刻の表し方」などを含めて紹介しています。さて「魔物」がやってくる時刻とは?, 「逢魔が時」は「おうまがとき」と読み、「逢魔時(おうまどき)」と書くこともあります。, 「逢魔が時」は一日の中の夕方ごろ、つまり「昼間から夜に移る黄昏時」の時刻を指す言葉です。時間でたとえるなら「およそ午後6時ごろ(午後5時から7時の間)」で、辺りが薄暗くなり、周りの景色が見えにくくなり始めることを指します。, ちなみに、英語で「逢魔が時」を一言で表すなら「dusk(ダスク)」が最も適切な表現です。, 「逢魔が時」は「魔に逢う時」と書くように、「魔物や妖怪などに遭遇する怪しい時刻」と言われています。, かつて、夕方うす暗くなった時に大きな災禍に出くわすと信じられたことが背景にあり、薄暗く周囲が見えない不吉な時間であることを意識しよう、注意しようという呼びかけでもあるという説から「化け物や魔物に警戒する」といった意味を含んでいたとされています。, 「逢魔が時」の同じ時間帯を指す言葉に、大きな禍があるとされる「大禍時(おおまがとき)」があります。同じ「黄昏時」「夕暮れ時」などの時刻を指す言葉であり、かつては「暮れ六つ」「酉(とり)の刻」とも呼ばれていました。まさに、西の空から徐々に夕焼けの赤さが消え、藍色を含む暗い空が広がる時刻が「大禍時」です。, ちなみに「逢魔が時(おうまがどき)」と「大禍時(おおまがどき)」は、言葉の響きこそ似ていますが、本来「禍時(まがとき)」は「禍々しい時(まがまがしい時)」を意味し、「逢魔が時」の「魔(ま)」とは直接的には関係がありません。また、「大禍時」を「「王莽が時(おおまがとき)」と同じ意味合いで表記する場合もあります。, 「逢魔が時」は「魔物が出る不吉な時間」というニュアンスが強いですが、黄昏時の空から赤みが消えかかる神秘的な時間とも捉えることができます。「逢魔が時」の時刻「午後6時ごろ」という意味を軸に考えてみると「暮相」「雀色時」「夕さり」「火灯し頃」「夕べ」「入り相」などのように、情緒あふれる類語が挙げられます。, また、その他の類語として、カタカナ語では日が沈む夕暮れ時を表す「サンセット」、詩や比喩表現に使われる「桑楡(そうゆ)」は夕方や夕日、また人生における晩年、生涯の終わりの時期を指す類語となります。, 「逢魔が時」を言い換える時は、文脈に「不吉なニュアンス」が含まれているか、それとも純粋に「夕暮れ時」を指しているのかを判断しする必要があるでしょう。その上で適切な類語を選ぶようにして下さい。, 「逢魔が時」が日が沈む黄昏時であるなら、明け方の太陽が昇る時間帯が対義語となると考えられます。そうすると「かはたれ時(かわたれ時)」「誰時(たれどき)」「黎明(れいめい)」「曙(あけぼの)」などが挙げられます。, 鳥山石燕が描く妖怪や魔物は「鳥山石燕 画図百鬼夜行全画集」で見ることができます。「逢魔が時」という不吉な時間帯を連想させる怪物たちをお楽しみください。, 「逢魔が時」は「大禍時」と同じ時刻を指す言葉で、「魔物に出逢う時間帯」「不吉なことが起こる時刻」として知られています。しかしながら、「逢魔が時」を言い換える類語には風情のあるものが多く、昼から夜にかけて静かに暮れていく空を情緒豊かに表現する言葉が多いことに驚きます。, 「逢魔が時」は辺りが暗くなり、「いったい、そこに誰がいるの?」と目を細めるほど周囲のものが見えにくくなります。ビジネスシーンで考えるなら、昼間の明るい時間とは異なり、集中力や意識が欠けてくる時間帯とも言えます。「逢魔が時」には思わぬミスで「禍々しいこと」に巻き込まれないように、最新の注意を払いましょう。.
昼寝