2020年度 東日本都市対抗シニア軟式野球選手権大会 第4回東日本都市対抗シニア軟式野球大会. 全日本中学野球選手権大会ジャイアンツカップ ニュース2020年 2020.05.27 第14回全日本中学野球選手権大会 ジャイアンツカップ 大会中止のお知らせ 高校野球 二松学舎大付が逆転で4強「気力です」秋山が完投 [11月7日 17:22] 高校野球 駿河総合猛攻浴びてV逃す「この冬に鍛えます」監督 [11月7日 17:07] 第45回日本リトルシニア日本選手権大会 決勝戦8月8日(水)9:30~映像配信; 2017/7/3.

中学硬式野球クラブチーム1506チーム の全国分布一覧地図や都道府県別一覧表などをアップしてきましたが、どうしても 優勝できるような強豪チームに入って野球がしたいと 考えているご家庭もあるかと思います。. 地区大会. 第99回全国高等学校野球選手権大会リトルシニア出身選手; 2017/8/21. 優 勝 大宮クラブ(埼玉県さいたま市) 準優勝 ジャンプスポーツマスターズ(群馬県高崎市) 決勝戦の相手も私ども江東ポニーリーグの同門「江東ポニーズ」で、全日本選手権での同門決勝は日本ポニーリーグ史上初との事。, 日頃から切磋琢磨し、一緒に汗を流す仲間同士が敵と味方に分かれて対戦するのは精神的に複雑なものも有ったと想像に難くなかったのですが・・・。, それでも両軍ともに「絶対に勝つ!優勝するんだ!」と意地をぶつけ合い、必死に白球を追う姿に熱いものを感じました。, 今期は新型コロナウイルスの影響により、様々な面に於いて厳しいシーズンとなりましたが、そんな中、応援・支援下さった多くの関係者の皆さんに改めましてご報告と、こころからの感謝をここに伝えさせていただきます。, 父母会・OBをはじめ、近隣地域の皆さまや関係者の皆さま、応援ありがとうございました。, >ホーム >ご挨拶 >スタッフ紹介 >選手紹介 >根津スタジアム >選手募集 >Q&A, あなたもジンドゥーで無料ホームページを。 無料新規登録は https://jp.jimdo.com から, 雲一つない青空が広がっていた。9月22日、東京都大田区の大田スタジアム。創設45年目の中学硬式野球チーム「江東ライオンズ」(東京都江東区)が、所属するポニーリーグ(全国147チーム加盟)の全日本選手権で11年ぶり4回目の優勝を遂げた。新型コロナウイルスの感染拡大に翻弄(ほんろう)された異例のシーズンを笑顔で締めくくり、主将の3年、舟橋立葉(りつは、15歳)の胸に浮かんだのは「感謝」の2文字だった。, 舟橋は小学3年で本格的に軟式野球を始め、小6の時、地元・江東区の少年硬式野球チーム「東京北砂リトル」に入った。当時、早稲田実高(東京)で活躍していた現プロ野球・日本ハムの清宮幸太郎(21)の出身チームであり、自らも甲子園出場を夢見た。中学ではグラウンドが隣の江東ライオンズに進んだ。, 軟式野球時代から主に投手を務めていたが、中学では内野手に転向した。初めは苦手意識があったが、素手での捕球から始める冬場の3カ月間の徹底した守備練習で克服してきた。主将に就き、100人超の選手を率いる今年は、中学硬式野球の日本一を決める全日本中学選手権大会「ジャイアンツカップ」への5年ぶり出場を目指していた。, そこを襲ったのが新型コロナだった。3月下旬から全体練習は休止に追い込まれた。それでもオンライン会議システム「Zoom(ズーム)」で結んだトレーニングなどに励んだ。舟橋は休校中も自ら勉強と自主練習をスケジュール管理し、若林達也監督(50)やコーチの指導をノートに書き留め体幹などを鍛えた。その時に「野球ができることは当たり前じゃない」と痛感した。だからチームメートに「感謝の気持ちを大事にしよう」と呼び掛けた。, 練習が再開した6月6日。グラウンドに向かう車の中で胸を躍らせていた舟橋の横顔が父真弥(なおや)さん(51)は忘れられない。リトルシニアやボーイズリーグなど各団体で争うジャイアンツカップは5月に中止が決まっていたが、7月から9月に延期されたポニーリーグの全日本選手権制覇に目標を切り替えていた。選手たちはブランクを埋めるため、冬場と同じような地道な基礎練習から始めた。保護者たちは球場の消毒などに奔走。指導者たちも普段から外食を控えるなど徹底して感染予防に努めた。, チームは3チームを編成し、予選に挑み、3チームとも目標の全日本選手権切符を獲得。本大会は19チームによるトーナメント戦で争い、江東ライオンズは決勝で、江東ポニーズの名で出場していた控え組中心のチームメートと対戦。江東ライオンズは5番手で救援した3年、小杉太生(たいせい、15歳)が最後の打者を二ゴロに打ち取り、4―0で勝利した。, 決勝までの4試合で3失策の堅守が快進撃を支えた。遊撃手として守りの要となった舟橋は「やってきたことが出せた。周りの支えをすごく感じることができた」と充実感を漂わせた。若林監督は先行きが見通せない不安の中での歩みで、選手が一人も離脱することがなく、最後の大会を終えられたことに胸を熱くしていた。「全員で勝ち取った勝利。3年生は強いチームではなかったが、舟橋を中心によくまとまった」と語る目元は真っ赤だった。, 舟橋は甲子園を目指して高校でも野球を続ける。将来は東京六大学でプレーすることが目標だ。「チャンスでしっかりバットを振っていけるような選手になりたい。感謝の気持ちを持ってプレーしていきたい」。野球をできる喜びと周囲への感謝を忘れずに歩んでいく。, 一般社団法人 日本ポニーベースボール協会 関東連盟所属  江東ライオンズ オフィシャルサイト. 第11回全日本中学野球選手権大会ジャイアンツカップ 佐倉リトルシニア優勝; 2017/8/6. 雲一つない青空が広がっていた。9月22日、東京都大田区の大田スタジアム。創設45年目の中学硬式野球チーム「江東ライオンズ」(東京都江東区)が、所属するポニーリーグ(全国147チーム加盟)の全日本選手権で11年ぶり4回目の優勝を遂げた。