日本腎臓リハビリテーション学会事務局 〒980-8574 仙台市青葉区星陵町1-1 東北大学大学院医学系研究科 機能医科学講座内部障害学分野 Tel: 022-717-7353 Fax: 022-717-7355 E-mail : [email protected] 日本腎臓リハビリテーション学会事務局 〒980-8574 仙台市青葉区星陵町1-1 東北大学大学院医学系研究科 機能医科学講座内部障害学分野 Tel: 022-717-7353 Fax: 022-717-7355                               機能医科学講座内部障害学分野, Tel: 022-717-7353          Fax: 022-717-7355, 1-1, Seiryo-cho, Aoba-ku, Sendai, Miyagi 980-8574, Tel: 022-717-7353          Fax: 022-717-7355, あなたもジンドゥーで無料ホームページを。 無料新規登録は https://jp.jimdo.com から, annual scientific meeting who is under the age of forty), 第3回指導士講習会・試験(2021年3月)につきまして、安全かつ公平な試験の実施見通しが立たないため、講習会・試験実施を延期することに致しました。書類審査につきましても、延期させて頂きます。, 当学会は、先般、日本心臓リハビリテーション学会と共同で、「骨格筋量低値患者または運動療法実施患者における推定糸球体濾過量(eGFR)による腎機能評価」に関するステートメントを策定して参りましたが、7月に理事・監事の信任で決定し、日本腎臓リハビリテーション学会ホームページ:, https://jsrr.jimdo.com/心臓リハビリテーション学会とのステートメント/.

renal patient’s physical, psychological, and social functioning, in addition to stabilizing, slowing, or even reversing the progression of renal deterioration, thereby reducing morbidity and Renal rehabilitation is coordinated, multifaceted interventions designed to optimize a counseling.

日高 寿美(湘南鎌倉総合病院 腎臓病総合医療センター) 6.小児腎不全患者と腎移植患者のリハビリテーション (共催:日本小児腎臓学会・日本臨床腎移植学会) 座長:伊丹 儀友(伊丹腎クリニック 院長) 剣持 敬(藤田医科大学医学部 移植・再生医学) 日本腎臓リハビリテーション学会事務局 〒980-8574 仙台市青葉区星陵町1-1 東北大学大学院医学系研究科 機能医科学講座内部障害学分野 Tel: 022-717-7353 Fax: 022-717-7355

Newsletter of the Japanese society of Renal Rehabilitation (yearly, in

                              機能医科学講座内部障害学分野, Tel: 022-717-7353          Fax: 022-717-7355, 1-1, Seiryo-cho, Aoba-ku, Sendai, Miyagi 980-8574, Tel: 022-717-7353          Fax: 022-717-7355, あなたもジンドゥーで無料ホームページを。 無料新規登録は https://jp.jimdo.com から, この法人は、日本の腎臓リハビリテーションに携わる医師、医療従事者を対象として包括的腎臓リハビリテーションの確立、腎臓リハビリテーション関連各分野の学術水準向上をはかり、これらによる腎臓障害患者のQOL向上を通じて日本の医療・福祉の向上に寄与することを目的とする。, 会員 施設会員は医療に関係する団体で、当法人の目的に協力する団体とし、その構成員のうち、少なくとも1名は当法人の正会員であることを要する。, この法人に特に功労のあった者、または腎臓リハビリテーションの発展に関し功績のあった者の中から、理事会が推薦し、社員総会において承認された者, 当法人に代議員を置き、代議員をもって一般社団法人及び一般財団法人に関する法律上の社員とする。, 7 代議員の任期は、選任後2年以内に終了する事業年度のうち、最終のものに関する定時社員総会の終結の時までとする。ただし、再任を妨げない。また、代議員が欠けた場合又は、事故等により、代議員として社員総会において議決権を行使することができる代議員が欠けた場合には、任期の満了又は第, 任期満了前に退任した代議員の補欠として、又は増員により選任された代議員の任期は、前任者又は他の在任代議員の任期の残存期間と同一とする。, この法人の正会員及び施設会員になろうとする者は、所定の申込用紙に必要事項を記載して申し込まなければならない。, 会員は、この法人の事業活動に経常的に生じる費用に充てるため、社員総会において別に定める定款施行細則に従い、会費を支払う義務を負う。, によりその資格を喪失したときは、この法人に対する会員としての権利を失い、義務を免れる。ただし、未履行の義務は、これを免れることができない。, 会員が次のいずれかに該当するに至ったときは、社員総会の決議によって当該会員を除名することができる。, この法人の社員総会は、定時社員総会及び臨時社員総会とし、定時社員総会を毎事業年度終了後, 社員総会は、法令に別段の定めがある場合を除き、理事会の決議に基づき理事長が招集する。, 社員総会の決議は、法令又はこの定款に別段の定めがある場合を除き、総代議員の議決権の過半数を有する代議員が出席し、出席した当該代議員の議決権の過半数をもって行う。, 理事又は評議員が社員総会の目的である事項について提案をした場合において、その提案につき評議員の全員が書面又は電磁的記録により同意の意思表示をしたときは、その提案を可決する旨の社員総会の決議があったものとみなす。, 理事の任期は、選任後2年以内に終了する事業年度のうち、最終のものに関する定時社員総会の終結の時までとする。ただし、再任を妨げない。, 理事会の決議は、決議について特別の利害関係を有する理事を除く理事の過半数が出席し、その過半数をもって行う。, 理事が理事会の決議の目的である事項について提案をした場合において、その提案につき議決に加わることができる理事の全員が書面又は電磁的記録により同意の意思表示をしたとき(監事がその提案について異議を述べたときを除く。)は、その提案を可決する旨の理事会の決議があったものとみなす。, 理事又は監事が理事及び監事の全員に対して理事会に報告すべき事項を通知したときは、その事項を理事会へ報告することを要しない。, 理事会の議事については、法令で定めるところにより、議事録を作成しなければならない。, この法人の事業報告及び決算については、毎事業年度終了後、理事長が次の書類を作成し、監事の監査を受けた上で、理事会の承認を受けなければならない。, この法人は、代議員、会員、役員及びその他の者に対し、剰余金の分配をすることができない。, 基金の募集・割当て・払込み等の手続、基金の管理及び基金の返還等の取扱いについては、理事会の決議によるものとする。, 基金の返還は、定時社員総会の決議に基づき、法令に規定する限度額の範囲内で行うものとする。, 基金の返還を行うときは、返還する基金に相当する金額を代替基金として積み立てるものとし、その代替基金については、取崩しを行わないものとする。, この法人が清算をする場合において有する残余財産は、社員総会の決議を経て、公益社団法人及び公益財団法人の認定等に関する法律第5条第, この定款に定めるもののほか、この法人の運営に関する必要な事項は、理事会の決議により別に定める。.