スマートな「断り方」5つのヒント 【1】正直に、素直に。できない理由を明確にする。 【2】「no」+代替案 でお断りのフォローアップを 【3】ありがとうの言葉と、残念な気持ちを伝える 【4】お誘いや依頼は、早めのレスポンスで相手に心遣いを 斬新!世間では大絶賛の声多数. All rights reserved. ショウと申します。1日12時間働く仕事中毒な26歳Webマーケターです。 このブログではキャリアの積み方、副業、ブログ運営ノウハウをお伝えしていきます。 これから合コンの断り方のng例を紹介します。自分が普段行っていないか確認してみましょう。 絶対にng!相手の情報を理由に断る. ✓ユーザーから収集した迷惑電話番号データでリストを随時更新 © Copyright 2020 【決定版】ビジネスフォンの課題を解決 ~innovation with ビジネスフォン~. ©Copyright2020 グロースハッキングライフ.All Rights Reserved. とはいえ、いきなり「今日から飲み会は一切お断りします!」とは言えないですよね。さすがにそれは周りの反感を買ってしまいます。 一週間、一ヵ月のスケジュールを見返してみましょう。一人でゆっくりとリラックスする時間や、落ち着いて身のまわりを整えるなど、余裕のある時間を作れていますか?うまく「NO」と言えずに断り切れない人は、仕事や家事、遊びにおいても気付かないうちに抱え込みすぎる傾向があるといわれています。柔らかくスマートな“断り上手”になることで、相手とフラットな関係性の中で、お互いに無理のない計画を立てることができるようになります。今回は大人のための上手な「断り方」のヒントをご紹介していきます。2019年11月27日作成, 相手との関係性や断った時の反応を気にして、なかなか「NO」と言えないシーンもあるかもしれません。「断ったら失礼にならないかな…」と本音を伝えられないこともありますよね。, スケジュールに追われ、必要以上の忙しさや疲れを感じている人。断り上手になることで、無理のない自分の予定管理ができるようになり、自ずと心に余裕も生まれます。, 自由な時間を確保することで、「前から気になっていたあの場所に行ってみよう!」「久しぶりにゆっくり映画を観てみようか」など、新しい何かに挑戦する気持ちや、心のパワーチャージなども出来るように。, また“上手に断る”ことを意識することで、自分の時間を確保できる他にも、本当の気持ちを素直に伝えられるようになり、お互いに無理のない計画を立てることができるようになります。相手とのフラットな関係性を築くことにもつながりますね。, 心から楽しく一緒の時間を過ごしたい、と思うのは自分も相手も同じ。余裕のあるスケジュール管理のためにも、無理のない約束を心掛けたいものです。, 相手からのお誘いや依頼にお断りをする時は、可能な限りできない理由を素直に伝えてみましょう。具体的な理由をストレートに伝えることは、相手にも自分にとっても余計な負担にならない一番スマートな方法かもしれません。, 「今週は大事な会議があって」「その日は家族との約束があるので」と予定を明確に伝えたり、親しい友人などには「実はいま節約期間中で…」「大人数は少し苦手なんだ」など、一歩踏み込んた返答の方が分かってもらえる場合もあります。ニュアンスは少しずつ変わってきますが、理由を明確にすることで曖昧にならず、相手も理解し受け入れやすくなるはずですよ。, 出来ません、行けません、と一言で断ってしまうと、相手にぶっきらぼうな印象を与えてしまうことも。“NO+代替案”でお断りのフォローアップをすることで、相手への気遣いかつ合理的な交渉にもなります。, 例えば、急なお仕事の依頼が舞い込んだ時には「本日はタスクが重なっているので難しそうです。明後日までの納期でしたら可能ですがいかがでしょうか?」など期日の変更についてお伺いを立てるような姿勢を。, 飲み会のお誘いなら「今夜は残念ながら参加できないのですが…また今度おすすめの〇〇を教えてください」。親しい友人であれば、「実は最近お酒を控えているんだ。来週おしゃれなカフェでランチ会はどうかな?」など、次の案を提示することで、相手に自分のニーズを伝えることができますね。, 遊びに誘ってくれたり、お仕事を依頼してくれたりするのは、相手が自分を必要をしてくれているからこそ。やむを得ない理由でお誘いや依頼を断らなければいけないケースでも「誘ってくれてありがとう」と感謝の気持ちを伝えることは、とても大切なことです。, ありがとうの気持ち以外にも、「とても行きたいのだけど…」「また次回誘ってもらえたら嬉しいです」など、参加できないことへの残念な気持ちを言葉にして伝えることで、お断りをする際に冷たい印象を与えずにすみますね。, お誘いや依頼を受けた時、すぐに返答ができない時もあるのではないでしょうか。例えば、他の予定がまだ調整できていない、体調に不安がある、参加しようか迷いがある、など。, そういった時には保留中の理由と合わせて「○○日までにお返事をします」と具体的な日にちを伝えることで、お誘いしてくれた相手にも心遣いを。相手は自分の返事を待ってくれていることを忘れずに。, 「今回は難しそうだな」と感じた場合には、先延ばしにせず早めに回答するのが理想的。早めのレスポンスがあれば、相手方も「他の誰かを」または「別日に」など、調整できるかもしれませんね。, 家庭内のことや職場の難しい課題など、タイトなスケジュールや依頼が日常的に続き、自分のカラダや心の健康のためにもゆとりが必要だと感じた場合には、自分の気持ちを正直に伝える機会をつくってみましょう。, 断る以外にも、協力を促したり自分の置かれている環境を理解してもらったりすることで、自分一人で抱え込みすぎることなく、心がすっと楽になるはずですよ。, 職場でのお仕事の依頼や、友人との遊びや飲み会、ママ友との交流、家族のイベントに約束…と、日々の時間を様々な予定やスケジュールに追われて、忙しく過ごしている人は多いのではないでしょうか。, 一週間、一ヶ月のスケジュールを見返した時に、一人でゆっくりとリラックスする時間や落ち着いて身の回りのことを整えるなど、自分のための時間を作れていますか?うまく「NO」と言えずに断り切れない人は、仕事や家事、遊びにおいても気付かないうちに抱え込みすぎて心身共に疲れてしまっている可能性も。, そこで今回は、円滑な人間関係と余裕のある日々を送るためにも知っておきたい、スマートな断り方のヒントをご紹介していきます。ぜひ参考にしてみてくださいね。, たくさんの人と関わる機会の多い大人だからこそ身につけたい、断り方のヒントをご紹介しました。断ることは決して悪いことではなく、自分と相手の時間を有意義にするためにも大切なこと。ぜひ今回の記事を参考に、楽しく余裕を持った日々を過ごしてくださいね。.