小谷 真生子 (こたに まおこ、1965年3月4日 - )は、日本のフリーアナウンサーである。 現在は、ニュース番組 『ワールドビジネスサテライト』(テレビ東京)のキャスターとして知 られる。 地方局アナウンサー一覧:小谷渉子,坂口愛美,雨宮萌果,近江友里恵,福田典子,田中愛佳,冨永実加子,林田理沙,柿木綾乃,井上彩香,澤田彩香,宮城杏里,柳沢彩美,花田百合奈,伊藤舞,五十嵐愛… 来歴. 2011年12月に、民主党 政権の野田内閣で内閣情報官 に起用 … 太田 渉子(おおた しょうこ、1989年7月27日 - )は、日本の元障害者スキー選手、パラテコンドー選手。ソフトバンク所属。スキー選手としては、日立ソリューションズ「チームAURORA(アウローラ)」スキー部に所属した。山形県尾花沢市出身。, 1989年に先天性左手全指欠損という障害を持って生まれる。小学校3年で地元スポーツ少年団に入り、スキーを始める[1][2]。中学生時の2003年に日本障害者スキー連盟の強化指定選手になり、2004年よりW杯カナダ大会よりクロスカントリー、バイアスロンのワールドカップに参戦。, 2005年のアメリカ世界選手権ではリレーで銅メダルを獲得、同年のW杯イタリア大会でも3位入賞。2006年2月、トリノパラリンピックに日本選手団史上最年少で出場し、バイアスロン12.5km立位で銅メダルを獲得。その後2006年9月より山形県立北村山高等学校を休学し、スキーと語学取得のためフィンランドのソトカモ高校に留学した。, 2007年シーズン、W杯フィンランド大会のバイアスロン12.5km立位で初優勝。同シーズンはバイアスロンでシーズン総合優勝を達成した。, 2008年シーズン、W杯フィンランド大会のクロスカントリースキー・クラシカルのスプリントで優勝。ノルウェー大会ではクラシカルのショート、スプリントともに優勝。同シーズンのクロスカントリー総合2位。, 2009-10シーズンはW杯フランス大会バイアスロンロングで2位。2度目の出場となった2010年バンクーバーパラリンピックではクロスカントリースキー・クラシカルのスプリントで銀メダルを獲得した。その後、フィンランド留学を終えて北村山高校に復学し、卒業[3]。6月16日に日立システムに入社。, 2011-12シーズンはW杯のバイアスロンで7度、クロスカントリースキーで6度の表彰台を獲得し、クロスカントリースキーシーズン総合で2位に入った。, 2012-13シーズンはバイアスロンでアメリカ大会ショートの優勝を含む4度の表彰台、クロスカントリースキーでは3度の表彰台を獲得。バイアスロンでシーズン総合3位に入った。, 2013-2014シーズンはワールドカップ第1戦カナダ大会でクロスカントリースキー ミドル クラシカル 5kmとスプリント クラシカル 1.25kmで2位。そして2014年ソチパラリンピックに出場。日本代表の旗手も務めた。, 2015年、パラテコンドーに趣味として取り組み始める。しかし、社会的な認知度の低さから、選手として活躍することで認知度を高めようと決心し、2018年1月開催の第1回全日本テコンドー選手権大会から出場[4]。2016年と2018年のアジア選手権で銅メダルを獲得し、2019年の世界選手権でも銅メダルを獲得した[5]。, https://www.nikkansports.com/sports/news/201902280000365.html, 日立ソリューションズ「チームAURORA(アウローラ)」ブログ 太田渉子選手のさくらんぼスマイル日記, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=太田渉子&oldid=79332679.

2011年10月 警察庁長官官房総括審議官 (階級は警視監 ) 内閣情報官として. 2009年 0 4月 兵庫県警察本部長. 2010年 0 4月 警備局外事情報部長. カップと実家やすっぴんとおとな旅がいい! kisetsu 2017年6月10日 / 2018年9月21日 読売テレビの 「朝生ワイド す・またん」のお天気キャスターや「キャスト」のリポーター として人気の高い斉藤雪乃さ … 太田 渉子(おおた しょうこ、1989年 7月27日 - )は、日本の元障害者 スキー選手、パラテコンドー選手。 ソフトバンク所属。スキー選手としては、日立ソリューションズ「チームaurora(アウローラ)」スキー部に所属した。 山形県 尾花沢市出身。. 北村 滋(きたむら しげる、1956年12月27日 - )は、日本の警察官僚。2011年12月から2019年9月まで内閣情報官。2019年9月より国家安全保障局長、内閣特別顧問。, 東京都出身[1]。私立開成高校[2][3][注釈 1]、東京大学法学部を経て[4]、1980年4月、警察庁に入庁。警察庁入庁の同期に、第26代警察庁長官の坂口正芳、第92代警視総監の高橋清孝がいる。, 1997年07月 官房総務課企画官[1]、中央省庁等改革、警察改革を担当[6][7], 2000年08月 交通局交通規制課長[5]、LED信号機の導入をはじめとする交通安全施設整備事業に携わった[8], 2004年08月 警備局外事情報部外事課長[1]、第3回日朝実務者協議など[9]、北朝鮮による日本人拉致問題に取り組んだ[4], 2007年09月 刑事局刑事企画課長、取調べの適正化及び可視化に取り組んだ[10], 2011年12月に、民主党政権の野田内閣で内閣情報官[注釈 2]に起用された[1]。, 2012年12月の政権交代により、自民党政権の第2次安倍内閣が成立したが、北村は内閣情報官に引き続き起用された[1]。第3次安倍内閣、第4次安倍内閣でも留任した[1]。安倍政権下では、内閣の情報機能の強化[12]、特定秘密の保護に関する法律の法案策定[13][14]、国家安全保障会議の立ち上げなどに携わった。, 2019年9月、国家安全保障局長に就任[15]。同月、内閣特別顧問に就任[16]。, 「名門高校 俊英の奇跡 ①開成高校(上)」『中央公論』2017年1月号、216頁・「名門高校 俊英の奇跡 ①開成高校(下)」『中央公論』2017年2月号203-204頁, 開成会報122号53頁(平成28年6月)、財務官僚・香川俊介追悼文集発行委員会『正義とユーモア』PHP・71-78頁(平成28年12月), 山田英雄「公安委員会の『管理』ーひと・組織・こころ27」季刊現代警察123(啓正社)50-57頁(平成21年1月), 佐藤隆之「刑事訴訟法60年・裁判員法元年 Ⅱ 刑事訴訟法の課題 被疑者取調べの適正化」ジュリスト(2009.1.1-15(No.1370)), 小谷賢「日本インテリジェンス事情」外交(Vol.27 Sept.2014)(時事通信社)54-57頁, 海渡、清水他編『秘密保護法何が問題かー検討と批判』岩波書店162・238頁(平成26年), スクープレポート 特定秘密保護法案「官邸のアイヒマン(北村滋内閣情報官)」と呼ばれる男 本当の黒幕は公安の「妖怪」(週刊現代) | 現代ビジネス | 講談社(1/5), 第13期 情報化推進懇話会(2002年4月 - 2002年9月)交通情報の民間への提供と新しいビジネスの展望 (講師 警察庁交通局交通規制課長 北村滋), https://web.archive.org/web/20190912073736/https://www.nikkei.com/article/DGXMZO49705140R10C19A9PP8000/, https://web.archive.org/web/20190914030042/https://www.nikkei.com/article/DGXMZO49818640T10C19A9EA3000/, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=北村滋&oldid=80221860, 「(座談会)外国警察の実態と動向」法学セミナー増刊 総合特集シリーズ36『警察の現在』, 「流通食品への毒物の混入等の防止に関する特別措置法について」警察学論集 40巻12号1頁 (昭和62年12月), 「いわゆる犯行再現ビデオについて」警察学論集 41巻12号29頁 (昭和63年12月), 「暴力追放運動推進センターについて」(特集・暴力団対策法)警察学論集 45巻1号117頁 (平成4年1月), 「写真撮影・ビデオ撮影」国松他編『講座 日本の警察 第2巻 刑事警察』 173頁 (平成5年8月), 「フランスの警察」(特集・主要諸外国の警察制度Ⅱ)警察学論集 48巻5号2頁 (平成7年5月), 「仏におけるカルト教団問題の概要」警察学論集 46巻7号124頁 (平成7年7月), 「行政改革会議最終報告と警察組織(上)(下)」警察学論集 51巻2号120頁、同巻3号116頁 (平成10年2月・3月), 「警察政策評価試論ー「国民のための警察」との関わりの中でー」警察学論集 51巻6号82頁 (平成10年6月), 「警察法制の今後の課題-テロ対策を契機として」警察政策 1巻1号62頁 (平成11年2月), 「中央省庁等改革と警察組織」(特集・中央省庁等改革・地方分権の現段階と警察行政)警察学論集 52巻10号1頁 (平成11年10月), 「『不正アクセス行為禁止法』の概要と課題」 日経コンピュータ (no.483) 26頁(平成11年11月), 「人にやさしい交通を-交通事故における弱者対策の拡充」(特集都市交通を検証する)月間自治フォーラム(503号) (平成13年8月), 「最近の『情報機関』をめぐる議論の動向について」『犯罪の多角的検討 渥美東洋先生古希記念』, 「新たな取調べの確立に向けて―取調べに関する大きな変革―」(特集・被疑者取調べの新たな在り方について) 警察学論集 61巻5号1頁 (平成20年6月), 「内閣総理大臣と警察組織―警察制度改革の諸相」安藤、國松他『警察の進路~21世紀の警察を考える~』東京法令 579頁 (平成20年12月), 「外事警察史素描」関根他『講座 警察法』第3巻 立花書房 556頁(平成26年3月), 「捜索・差押えの状況の写真撮影」(名古屋地決昭54.3.30)別冊判例タイムズ(no.10)警察実務判例解説(捜索・差押え篇)64頁(昭和63年9月), 「犯罪の発生が予測される現場に設置されたテレビカメラによる犯罪状況の撮影録画が適法とされた事例」(東京高判昭57.9.7)捜査研究(no.443)31頁(昭和63年11月), 「任意同行と逮捕(1)―同行の態様」(東京高判昭54.8.14)別冊判例タイムズ(no.11)警察実務判例解説(任意同行・逮捕篇)30頁(平成2年4月), 「いわゆる犯行再現ビデオ」(東京高判昭62.5.19)別冊判例タイムズ(no.12)警察実務判例解説(取調べ・証拠篇)150頁(平成4年2月), 「警察の責務(1)」(最高第三小法廷判昭52.7.10)別冊判例タイムズ(no.26)警察基本判例・実務200・20頁(平成25年9月).