第35回日本義肢装具学会学術大会, 2019.7.13-14, 仙台 Dysphagia, Epub ahead of print, 2017, Sawada K, Kanehara A, Eguchi S, Tada M, Satomura Y, Suga M, Koike S, Kasai K: Identifying neurocognitive markers for outcome prediction of global functioning in ultra-high-risk for psychosis and first episode psychosis. 整形外科 67(3): 223-227, 2016.3, 小倉洋子: 不妊(症)に対する鍼灸治療の実際~子宮内膜厚の肥厚に抵抗を示す症例報告を中心に~. 第34回日本肺および心肺移植研究会, 2018.2.3, 福岡, 天尾理恵、山口正貴、藤堂太右、柏公一、木村光利、木下修、縄田寛、小野稔、芳賀信彦:補助人工心臓装着患者における術前後の認知機能の推移. Haemophilia 22(3): e228-231, 2016, Goto M, Takedani H, Yokota K, Haga N: Strategies to encourage physical activity in patients with hemophilia to improve quality of life.

2) 芳賀信彦: 小児骨系統疾患・全身疾患の診かた. 第3回日本理学療法士協会 生活環境支援系理学療法研究部会学術集会, 2011.12.18, 東京, 小西優子、加賀美幸江、遠藤美代子、宇野光子、齋藤綾、坂田尚子、山口正貴、西郷友香、小久江伸介、西村隆、許俊鋭、小野稔: 不安を抱えた患者・家族の心移植後の退院支援. Neurosci Res, 2015 Nov 10, Epub ahead of print, 小原希実、安井健、伊地知秀明、関根里恵、窪田直人: 肝臓周術期リハビリテーションにおける管理栄養士の役割.

98) 粕谷大智: シンポジウム慢性疼痛に対する鍼灸. 第16回日本心臓リハビリテーション学会学術集会, 2010.7.17-18, 鹿児島, 天尾理恵、西村隆、小野稔、許俊鋭、芳賀信彦、川間健之介: 補助人工心臓装着患者のリハビリテーションの実態調査-米国中核病院と本邦の比較. 第17回日本精神保健・予防学会, 2013.11.23-24, 東京, 太田順、今水寛、関和彦、淺間一、出江紳一、芳賀信彦、近藤敏之、内藤栄一、村田哲、花川隆、高草木薫、稲邑哲也: 身体性システム科学の構築を目ざして. 通過型デイケアにおける就学支援―東大デイホスピタルの実践から―. J Orthop Sci 17: 507-511, 2012, Yano F, Saito T, Ogata N, Yamazawa T, Iino M, Chung UI, Kawaguchi H: β-Catenin regulates PTH/PTHrP receptor signals and chondrocyte hypertrophy through binding to its intracellular C-terminal region. 34) 岡田慶太、芳賀信彦、田中栄: 股関節脱臼と膝関節脱臼を同時に整復したLarsen症候群の一例. 循環器ナーシング 6(8)(特集: 事例から学ぶ!心臓外科手術後の術後管理): 36−44, 2016.8, 天尾理恵: 【理学療法士の役割】療養期間をQOL高く過ごすために. 山口徹、北原光夫、福井次矢(編): 今日の治療指針2007年版: 759-760, 医学書院, 2007, 芳賀信彦: 外傷.五十嵐隆(編): 小児科診療ガイドライン-最新の治療指針-: 453-455, 総合医学社, 2007, 芳賀信彦: 骨折,脱臼,捻挫について教えてください. 第52回日本リハビリテーション医学会学術集会, 2015.5.28-30, 新潟, 井口はるひ、荻野亜希子、七里朋子、兼岡麻子、上羽瑠美、二藤隆春、芳賀信彦: 頚椎手術患者における椎前部の軟部組織の厚みと嚥下困難感の変化.

第41回日本血栓止血学会学術集会, 2019.6.20-22, 津 終末期リハビリテーションの臨床アプローチ(安部能成編集):メジカルビュー社、東京、71-82、2016.9, 粕谷大智: 腰痛に対する鍼灸~運動器と脳のdysfunctionを意識した治療. 摂食嚥下障害の評価 2019.

総合リハ 44(2): 95-98, 2016.2, 芳賀信彦: 四肢形成不全に対する集学的治療-成人後を見据えた小児リハビリテーション-. 現代鍼灸学 13: 103-107, 2013, 安井健: 多発性硬化症に対する治療と理学療法.

51) 藤枝由美子、石橋綾、清水希実子、矢島明佳、株元麻美、飯田美恵、佐藤信子、西村聡彦、佐藤由美子、金原明子、森田健太郎、管心、笠井清登、芳賀信彦: 大学病院におけるピアスタッフ雇用実現へ向けた組織的取り組み~organizational change実現を目指して~. 黒川幸雄、伊東元、渡辺京子、長澤弘、横田一彦、江藤文夫(編): 臨床理学療法マニュアル 改訂第2版: 392-395, 南江堂, 2007, 芳賀信彦: レッグ・カルベ・ペルテス病(単純性股関節炎を含む). 医学のあゆみ 264(13):1271-1278, 2018.3, 篠田裕介:がん患者の運動器管理の重要性. 第36回日本肝移植研究会, 2018.5.25-26, 東京, 吉岡純希、藤原清香、後藤美和、真野浩志、塚本康司、柴田晃希、芳賀信彦: 大腿切断の小児への3Dプリント品によるプレパレーションを行った1例.

第64回日本音声言語医学会学術講演会, 2019.10.17-18, さいたま 第46回日本リハビリテーション医学会総会, 2009.6.4-6, 静岡, 美根大介: 腱板断裂に対する鍼治療の1症例. 8th Combined Congress of Spine and Pediatric Orthopedic Sections, APOA (Asia-Pacific Orthopedic Association), 2011.6.1-4, Gifu, Jiao S, Tsutani K, Haga N: Review of Cochrane review on acupuncture. 18) 粕谷大智: 最高のボディメンテナンス. 粕谷大智: 慢性腰痛患者の身体的、心理社会的要因との関連. World Federation of Hemophilia 2012 World Congress, 2012.7.8-12, Paris, Haga N, Ogata N, Nakahara Y, Zhang Y, Tanaka N, Akita Y, Mashimo T: Application of a Hip-Action Brace for Hip Instability in Patients with Congenital Insensitivity to Pain with Anhidrosis. 21) Fujii M, Murakami Y, Karasawa Y, Sumitomo Y, Fujita S, Koyama M, Uda S, Kubota H, Inoue H, Konishi K, Oba S, Ishii S, Kuroda S. (These authors contributed equally: Fujii M, Murakami Y, Karasawa Y) :Logical design of oral glucose ingestion pattern minimizing blood glucose in humans. ペインクリニック 34: 47-54, 2013, 粕谷大智: 緩和医療 大学病院における鍼灸治療の実際と将来像 糖尿病性神経障害に対する鍼灸治療. 6) 篠田裕介: がん薬物療法における支持療法 骨修飾薬総論. 第31回日本義肢装具学会学術大会, 2015.11.7-8, 横浜, 森鮎美、上羽瑠実、横山明子、井口はるひ、荻野亜希子、七里朋子、二藤隆春、山岨達也: 「とろみの3段階」による適切なとろみ付加が摂食状況に与える影響に関する検討. 第25回日本整形外科学会骨系統疾患研究会, 2013.11.9, 横浜, 矢島明佳、清水希実子、藤枝由美子、石橋綾、江口聡、飯田美恵、平野吉晃、株元麻美、管心: 若年者・通過型デイケアにおける就学支援の工夫〜東大デイホスピタルの実践から〜. 第56回日本リハビリテーション医学会学術集会, 2019.6.12-16, 神戸 第53回日本小児神経学会総会, 2011.5.26-28, 横浜, 四津有人: ヒトの四つ這いの動的接地力.

第34回日本二分脊椎研究会, 2017.7.8, 名古屋, 真野浩志、藤原清香、野口智子、奈良篤史、柴田晃希、越前谷務、山口杏、矢吹さゆみ、芳賀信彦: 先天性上肢切断・形成不全児における義手導入および使用訓練による適応行動の変化. J Oral Maxillofac Surg 69: 1905-1910, 2011, Ohte S, Shin M, Sasanuma H, Yoneyama K, Akita M, Ikebuchi K, Jimi E, Maruki Y, Matsuoka M, Nanba A, Tomoda H, Okazaki Y, Ohtake A, Oda H, Owan I, Yoda T, Furuya H, Kamizono J, Kitoh H, Nakashima Y, Susami T, Haga N, Komori T, Katagiri T: A novel mutation of ALK2, L196P, found in the most benign case of fibrodysplasia ossificans progressiva activates BMP-specific intracellular signaling equivalent to a typical mutation.