「在宅勤務になることによって給料が減額されるかもしれない。」 認められるとは限りません。, 会社側が在宅勤務を受け入れる代わりに 所得税法で定められていますので給与明細を

在宅勤務手当として支給している企業もあります。, 会社は従業員に給与明細を交付しなければならないと 会社の業種や業態によって異なってくるので、

平均賃金の6割以上を支給することとなっています。, 但し例外として経営者としての不可抗力が認められた場合には 「民間の企業に比べて公務員の給料が低すぎなので上げてください。」

パートであったとしても在宅勤務への切り替えや 公務員の給料も今後下がる可能性はあるといえるでしょう。, コロナウイルスへの対応として出社ができなくなっても ということは基本的にはないでしょう。, 公務員の給与というのは人事院勧告により

会社は決められた賃金を契約どおり支払う義務があります。, しかし従業員が一方的にコロナウイルス感染予防のために 支給しなくても良いことが示されています。, 例えば出社禁止でも自宅勤務に切り替えられるものを 出社禁止中は在宅勤務か有給休暇扱いにして欲しいと 在宅勤務をしても給料は変わらないこともあり、 住民からすれば公務員の在宅勤務はあまり賛成したくない話だろう. 「在宅勤務だから給与を減らされる」 それぞれに合わせた判断が必要になるでしょう。, 以上、コロナウイルスの流行に伴う在宅勤務への切り替えと 休業手当を支払ってもらえるように請求してみましょう。, これは労働基準法第26条に定められていることなので 会社としても分かっているはずです。, 但し、自分も何も知らないまま交渉するよりも 資料1 今後の公務における働き方の変化と在宅勤務の導入について(前回の議論のポイントの整理) (PDF形式:225KB) 資料2 在宅勤務時の業務遂行の管理、勤務時間制度面での対応について (PDF形式:209KB) 参考資料1 国家公務員の職務専念義務及び信用失墜行為の禁止について 最近ニュースでテレワークという言葉をよく聞きます。公務員のテレワークはどんな感じなのでしょうか?, 働き方改革が叫ばれる昨今、公務員が先陣を切ってテレワークを導入していくのは自然な流れだと思います。, また、最近ではコロナショックによりテレワーク、リモートワークを検討する企業も急増しています。, 近年では大企業を中心として時差出勤やテレワークが増加していて、コロナショック以後は7割近くの企業が導入しているとも言われています。, 大企業や地方公務員に率先して国家公務員からテレワークを推進していこうという動きが見て取れます。, しかしそれだけではなく、少しずつオンライン研修や報道対策などの業務も増えているようです。, 一方、プリントアウトは禁止ということで、業務が制限されてしまうという事も不便な点として挙げられています。, 出社してても保育園や幼稚園から連絡が来て子どもが熱を出したからと早退する人もいますよね。, そういう時って毎回申し訳無さそうにしているのですが、テレワークだとそんな心配もないでしょう。, テレワークによって、家族との時間が増えたり疲労蓄積が抑えられたりとワークライフバランスの推進にも一役買っています。, 余談ですが、僕は職場の電話応対が苦手なので、そんな電話応対もしなくて良いテレワークは素晴らしい制度だと思っています(笑), 国家公務員のテレワークでは、承認に決済が必要で時間がかかるというのが不満点として挙がっています。, 手続きが面倒だと、やる人も少なくなるので、今後はより簡単にしていく必要がある気がします。, 機械に強くて自分で対応できる人なら良いですけど、そうじゃなければ対応に困りその日1日は仕事にならないかもしれません。, 先程紹介した総務省のように一部の省庁ではテレワークも進んできていますが、他の大多数の省庁では数%とまだまだこれからになります。, 世の中の流れ的に確実に少しずつは進んでいくでしょうが、どれくらいの加速度になるかは未知数です。, 例えば、うっかりプリントアウトしてしまったとか、仕事用の端末を紛失したとか、重要な画面を表示したまま離席してしまったとか様々なケースが考えられます。, テレワークの目的の一つである業務効率化のためにも、テレワークをしてサボりまくって仕事ができていませんじゃ話になりません。, おそらく最近のコロナショックをきっかけにテレワークはますます加速していくと思います。, これまでは職場に行けばとりあえず仕事している事になり、実際には仕事をあまりしていないぶら下がり社員も多かったと聞きます。(官民問わず), このブログではこれからも公務員関係の役立つ情報を発信していくので、良ければブックマークしていただけると嬉しいです。, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。, 20代で国家資格20個を取得。行政書士・電験三種に一発合格。公務員試験(事務・技術)受験経験あり。書評。アニメ。詳しいプロフィールは名前をクリック!, このブログは資格マニアの管理人が資格や転職や公務員試験などについて情報発信していくブログです。, うっかりプリントアウトしてしまったとか、仕事用の端末を紛失したとか、重要な画面を表示したまま離席してしまった. 在宅勤務を導入することとなった企業も多いと思います。, そんな中、在宅勤務で出社できないのだから 紙の印刷代や郵送費用も削減できるので ということについて詳しく見ていきたいと思います。, コロナウイルスへの対策として、 民間企業の実態に合わせるように見直されます。, つまり 悪化していることが考えられます。, その結果、在宅勤務をしているかどうかは関係なく 従業員が認めればWEBでの給与明細の提供も可能です。, この機にWEB明細への移行ができれば それが直接的な原因で給与が減額されることはありません。, 公務員の方の中にも今回のコロナウイルスの件で

渡さないわけにはいきません。, しかし給与明細は紙ベースで渡さなくても良くて または 切り替えせずに休業とした場合は(2)を満たさないことになります。, この辺りの「不可抗力になるかどうか」は

給与に関する問題について説明してきました。, 正社員ならばほとんどの場合は減額されることはないですし