とても卓球に似ている競技なので、このゴッシマテニスが19世紀後半にイギリスに伝わり、貴族の間で広まったと考えられています。, 当初は貴族などの上流階級の間で遊ばれていた遊戯の一面を持っていましたが、やがて現在のようにスポーツと発展していきました。, 最後に「エジプトで誕生した」という説について解説していきます。  それまでラケットに貼られていたゴム製シートを裏返すという単純な発想だが、卓球界の新たな扉を開く一歩となった。結果、京都は悲願の連覇を達成。その一方で、ストロークは難しくなり、若い選手が邪道に走る可能性があるとして「裏」の技術は他人に勧めなかったという。 F]�r��}l�����Tp䦪Z8L�KBK(�LD�ō�I�NE1=$��QNR�T����ԁSrLd�*oWM?d⥋�#s}��:����Z���=y�)&�D�`^F��pO>rJ���#����غ�(���&��w7�"���e�Z���)ڭ���v��Q����\�a��El��w��/�v�_��W��F��������)�d�(os��U��u|��v�f�D�&�N�6`�A��0n�-;��#�?  <一時猫も杓子も裏ラバーを使用することになりましたが何分此を完全にマスターするには半年は掛かるので殆(ほと)んどの人達がその使用困難に辟易(へきえき)して現在は中止している> それにより、スポンジだけを用いたラバーの使用は禁止され、それまで多く用いられていたスポンジラバーは姿を消した。 <>/Metadata 11904 0 R/ViewerPreferences 11905 0 R>> 冒頭でも解説しましたが、実は中国が卓球王国としての頭角をあらわすようになったのは1950年以降のことです。, それまで、世界の中でも卓球の強国として知られていたのは意外にも日本でした。 その後、1937年に日本初となる国際試合が開催され、元世界チャンピオンでもあるハンガリーの選手と対戦している。この当時、日本選手が用いていたラケットにはラバーは貼られておらず、木べらの状態で試合をしていたと言われている。, 第二次世界大戦以降は、ボールとの接触面積が広く強い回転を掛けやすい「裏ラバー」や、当時、軍事用に使用されていた「独立気泡スポンジ」を用いた「スポンジラバー」、裏ラバーとスポンジラバーを併用した「裏ソフトラバー」など、さまざまなラバーが用いられるようになった。 文化・歴史; 政治 ; 経済. 正式な名前は定かではありませんが、古代エジプトでは遊戯や娯楽というより、宗教的な意味合いでそのような競技を行っていたと考えられています。, 実際に、エジプトから出土した壁画には、ボールのようなものを打ち合う姿が描かれているそうです。 卓球各種打法に関する研究(Ⅴ) 葛西 順一 , 森 武 , 中野 昭一 , 油座 信男 , 飯本 雄二 , 吉田 和人 , 小林 一敏 人間科学研究 = Waseda journal of human sciences 第2巻(第1号), 41-48, 1989 普段、卓球をプレーしていても、歴史までは知らないという方も多いのではないのだろうか。 これから新しい歴史を作ってくれるでしょう。. また、その他のラバーを用いるにしても、厚さ4ミリまでのものに制限された。, 2000年にはボールの直径が38ミリ~40ミリに、2001年には21点制から11点制に、さらに5本ずつの変更だったサーブが2本ずつに変更された。 そして2015年からは国際大会においても使用されている。, テニスが起源となっていた卓球。その後、さまざまな変更が加えられ、現在のルールとなった。 国を挙げて卓球の英才教育を施した結果、中国から多数の卓球プレイヤーが輩出されて、やがて表彰台を独占していきました。, 強いプレイヤーがたくさん現れると、ますます中国国内での競争力が高まり、より一層技術に磨きがかかっていきました。 せっかく自分がプレーしているスポーツなので、ぜひとも知っておきたい。 ����Wb�j�H�"#,WG5Y�v�d(2��5�K�Ӎ�s#��k^�d���̕���[email protected]�aW����GG!�Z��ьU�@6��e&�E����.

平成25年度修士論文 卓球ボールの空力特性 ~回転軸への依存性~ 電気通信大学大学院 情報理工学研究科 知能機械工学専攻 経済人事 ... ひっくり返すだけ「裏ラバー」卓球に革命 変幻自在の回転戦術、発祥は京都 2020年5月18日 18:48.  大手卓球メーカーの製品開発担当が書き残した資料にも「裏ラバーは京都の永井が初めて実用化」「猛烈にスピンのかかったサービスの魔球と、独特のドライブボールで席巻した」などの記述がある。しかし、その功績をたどる史料はほとんど残っていない。 卓球が日本に伝わったのは20世紀前半のことであり、20世紀の中頃には日本が卓球王国と呼ばれるほどの全盛期を迎えていた。

<>/ExtGState<>/ProcSet[/PDF/Text/ImageB/ImageC/ImageI] >>/MediaBox[ 0 0 594.96 842.04] /Contents 4 0 R/Group<>/Tabs/S/StructParents 0>> また、イギリスの貴族が、食事の後のテーブルで、シャンパンのコルクを打ち合ったのが始まりという話もあります。, これにセルロイド製のおもちゃボールを使うと「ピンポン」と響きました。 この当時は今のようにピンポン球を打ち合うのではなく、ワインのフタに用いられるコルクを削り出したものが使われていた。このあたりがいかにもイギリスっぽい。, この「ゴッシマテニス」という遊戯は、そもそもテニスが起源とも言われている。英語で「table tennis(テーブルテニス)」と言われるので、これはなんとなく想像できる。 x���Mo�6���x� イギリスにはテニスの聖地と呼ばれている「ウィンブルドン」がありますよね。, そのため、近代のイギリスでは盛んにテニスが楽しまれていました。

今回は「卓球の発祥と歴史」ということで、卓球にまつわる雑学を紹介します。 卓球のラケットが赤と黒なのはなぜ?意外な理由が隠されていた。, 卓球は中国が圧倒的な強さを誇っていることから、中国が発祥の地だと考えられている。 4 0 obj ちなみに、テニスの起源となった「ポーム」という競技は、そもそも屋内でするスポーツだったそうだ。, 日本には1900年代初頭にやってきた。 しかし、実際は中国と卓球の発祥には全く関係が無く、卓球の発祥の地はフランス、イギリス、インド、エジプトといった国々だとされている。 卓球の起源は19世紀終わりのイギリス。当時上流階級の間ではテニスが流行していたが、雨天時に食堂のテーブルをコートに見立ててテニスの真似ごとをしたのが始まりといわれ、そのまま「テーブルテニス」の呼び名がつきました。 第1回マッカーサ元帥杯優勝の京都。永井氏は後列右から2人目。前列中央は田阪常雄氏(日本卓球協会発行「写真で見る日本卓球史」」より), 球の動きを操り相手を困惑させる「回転戦術」は、今や卓球界で主流となった。手元から放たれる変幻自在の打球に大きく影響しているのが、摩擦力の大きい「裏ラバー」だ。多くのトップ選手に採用されている、この技術の発展に京都の先人が大きく寄与していたことはほとんど知られていない。現代卓球につながる新たな道を切り開いた先駆者たちに迫る。, 1950年発行の卓球専門誌「卓球界」に気になる投稿文が掲載されている。筆者は京都で活動していた故・永井達四郎氏。「これはすごい、卓球の革命?裏ラバーについて」と題し、こう書き出している。

���ҙґ���SX��[��Qj�ϛ��)�����ƒ+��kxH*��:��q ]S�����)��D)GB:�����羺0�P$�����H����H�aj$�S��s#Z,�~bzŒ�)5ՊɹB���P6�X��$O�l

インドに引き続き、エジプトについても卓球をプレーしている印象が皆無ですよね。, しかし、なんと古代エジプト時代には、既にボールを打ち合う球技のようなものが存在していたそうです。 その起源は、1880年代にまでさかのぼる。もともとはインドで行われていた「ゴッシマテニス」という遊戯で、それがイギリスに伝わり、貴族の間に広まってスポーツに発展したという説がある。

stream そんな注目の卓球の歴史や英才教育・練習方法から中国の強さの秘密までリサーチしました。 卓球の見方・楽しみ方がまた少し変わるかもしれませんよ。 スポンサーリンク // 意外と知らない卓球の歴史 当然、卓球発祥の地は中国かなと思いましたが、意外にもイギリスで誕生しています。 19 X���H��آ���={ЦN���Nm/��/);͇�HQ�bS�����R�t�_]W{vv6N������Ov9�6�����x���r|Qܬ��~�Y��?����|��/���,�N���O��1F)ƙ�"��� l�>����A��[email protected]���M��� �yJ%ҽ,�ܤs�nv������pp��[�:���~Z����}Ub��QK����٧ c��}����4�8e|�[��a�_Eܓ�hu"�i4 4�W!A0$a("e��D��T׸�`H�c�������Ϡ L�L�i谙J�BJ�����HW�]�ϥ��`��e ��,95|[email protected]

普段、卓球をプレーしていても、歴史までは知らないという方も多いのではないのだろうか。 せっかく自分がプレーしているスポーツなので、ぜひとも知っておきたい。 この記事で卓球の歴史についてご説明したいと思う。 その頃から中国が卓球の英才教育を始めたことから、強い選手が次々に誕生する好循環を生み出し、現在のような卓球王国となった。. endobj やがてこの簡単な遊びがどんどん進化していき、テーブルテニスようのボールやラケットが開発されて、現在の卓球になったのでした。, 続いて「インドで誕生した」という説について解説していきます。 卓球が強い国といえば、おそらくほとんどの人が「中国」を思い浮かべるのではないでしょうか?, そのことから、卓球は中国で誕生したスポーツだと思われていますが、実は卓球の発祥と中国は全く関係がありません。  卓球史に詳しい卓球コラムニストの伊藤条太さん=仙台市=は、昔は長靴やタイヤのチューブを裂いてラケットに貼ったとの逸話があるとし、「永井以外の選手も裏ラバーを試した可能性はある」と推察。一方、一定の戦績を残し、印刷物に記録があることから「裏ラバーの考案者は永井と考えて間違いないだろう」との見解を示している。. インド人が卓球をしているイメージは全くわかないので、正直かなり意外ですよね。, 実際にプロ卓球プレイヤーの上位陣を見ていても、インド人の選手は全然いないことがわかります。 2017 年度修士論文 卓球初心者向け25 段階の基本技術習得目標に関する研究 25-Steps Program in Basic Table Tennis Skills for Beginners 早稲田大学 大学院スポーツ科学研究科 トップスポーツマネジメントコース 5017A312-5 佐藤 司 Tsukasa Sato 指導教員 平田竹男 教授 Copyright© SPAIA | スポーツデータAI予想解析メディア All Rights Reserved. 卓球のマナーや暗黙のルールまとめ一覧、実は完勝してはいけない。 <> 現代では、「卓球」といって思い浮かべる国は世界最強に君臨し続けている中国や、日本などのアジアの国の印象が強いかと思います。, 卓球のはじまりはさまざまな説がありますが、19世紀のイギリスでテニス選手たちが、雨のため室内テーブルで打ち合って練習したのが始まりという説が有名です。 %����

ここまでいくつかの説を紹介してきましたが、このように卓球の発祥の地は世界各地に存在しているのです。, 最後に卓球の発祥とは関係が無い中国が、なぜここまで強くなったのかについて解説していきます。 日本に卓球が普及したのは1902年といわれています。 しかし、テニスは基本的に屋外で行われるスポーツのため、天候に左右されやすいという一面がありました。, 特にイギリスの気候は季節によっては雨が降り続く時期もあり、その間はテニスをプレーすることが出来なくなってしまったんですね。 それまでは現在の中国のような圧倒的な強さを誇っていた訳ではありませんでした。, それでは、中国じゃなければ卓球はいったいどこの国で発祥したスポーツなのでしょうか?, 卓球の発祥の国について調べてみたところ、発祥の国だとされている国がいくつか浮かび上がりました。 2014年には、プラスチックボールが登場した。 冒頭でも軽く解説しましたが、卓球王国として知られている中国については、実は卓球の発祥の国ではありません。, 現在は卓球王国として知られている中国ですが、実はここまで急激に強くなったのはここ数十年のことなのです。 卓球の発祥は中国だと思われていますが実は違います。卓球の発祥の地は定かではありませんが、原型となった競技はフランス、イギリス、インド、エジプトといった国々で発祥したと考えられています。日本に伝わったのは20世紀初頭でした © 2020 JAPANESE OLYMPIC COMMITTEE All Rights Reserved. 世界のトップを走る続ける中国へもあと一歩まで迫る活躍を見せてくれました。, 今回のリオ五輪女子代表の伊藤美誠選手をはじめ、同い年の平野美宇選手や、男子の怪物級の中学生・張本智和選手など、10代プレイヤーの実力が際立っています。 (c) 1996-2020 The Kyoto Shimbun Co.,Ltd All rights reserved. そして、この宗教的な儀式はヨーロッパへと伝わっていき、やがてテニスへと発展していったのです。, 卓球の起源はテニスだとされているため、テニスの起源となったエジプトが卓球の発祥の地と考えてもおかしくはないですよね。 h��cU�����p�NH� Mm�h.�f�AY�iZݾ�,_���B&������R���``i��$�f6;�3�jb�ol� ���28�mdݗj��������$�\8�6�&K�2�ab����Ab//7S~�㮥��aG�&�{��S�Qz٫�l��l��\�/W���g�}\�I&)N3���+��A�[email protected](q^J��jlL  <すごいループやカーブで相手を悩ますことが出来ると共に、又相手のよく切れたカットやドライブに調子が合わず途方に暮れることもあります。(中略)敵も自分も驚くような奇妙なボールとなります> 卓球の発祥の地ではないのに、なぜ中国が卓球王国と呼ばれる程に強いのか、また卓球の発祥について詳しく調査してみました。, それではさっそく卓球の発祥の国について解説していきます。 その歴史を少し、見ていきましょう。, 国家が選手を養成するシステムが完成すると、1959年にドイツで行なわれた第24回世界選手権大会で、中国の容国団が初優勝を遂げます。, そして中国で開催された1961年の第26回世界選手権大会では上位を独占しました。 しかし、インドには古くから「ゴッシマテニス」という競技が存在していて、これが卓球の原型になったと考えられています。, ゴッシマテニスは簡単に言えば、木製テーブルをネットで区切り、セルロイド製で出来たボールをラケットで打ち合う競技ですね。 しかしアメリカの会社が、ピンポンの名前をすでにほかの商品につけていたため、「テーブルテニス(卓球)」が正式な名前となりました。, 【イギリスから我が国へ】 イギリスからルールブックと、ラケットやボールをはじめとした卓球の用具一式を日本に持ち帰ってきたことがスタートと言われている。 タモリの発言で卓球台の色やボールの色が変わった事がある。 %PDF-1.7 そして、屋内でもテニスを楽しもうとして考えられたのが「テーブルテニス(卓球)」だったのです。, 当初の卓球は現在の卓球とは違い、暇つぶしで葉巻の箱のフタをテニスのラケットで打ち合うお遊びでした。 そして、2002年にはサーブの際にボールを隠す行為を全面的に禁止。ボールを握らずに、相手に見えるように手を広げて手の上に乗せることがルール化された。

1952年にインドで開催された第19回世界選手権大会では、7種目中4種目を優勝で飾ります。, スポンジラバーを卓球ラケットに張るなど技術革新も起こり、それに伴って卓球用具の制限やルールの改正が行なわれていきました。, では、中国はいつからあんなに強くなったのでしょうか? 1950年代、まだ卓球のラケットやラバーに種類がほとんどなかった時代に、日本の技術力を用いて様々な用具を開発しました。, そして卓球全盛期を迎えた日本でしたが、そこに対抗意識を燃やしたのがお隣の国である中国だったんですね。 テニスをしようとしたら雨が降っていたため、どうにかして屋内でできないか、そんな時に考え出されたのが「卓球」だった。

 <ラバーの裏面を使用する奇妙な事を考へ出したのは私が元祖だと自負して居ります> その歴史を少し、見ていきましょう。 1949年に中華人民共和国が建国され、指導者が目をつけたスポーツが卓球でした。 卓球を国技とし、卓球レッスンには最新の技術を数多く取り入れていきました。 実は卓球はアジア圏以外ではヨーロッパでも盛んに行われているスポーツであり、特に男子卓球ではヨーロッパに強い選手がいますよね。, そのため、ヨーロッパで卓球が発祥したと考えられるのも自然かもしれません。 東京高等師範学校教授の坪井玄道が、イギリス留学を終えてルールブック、ラケット、ボール10セットを持ち帰ったのがきっかけでした。, 1938年には国際大会が日本で開催され、元世界チャンピオンと互角に戦ったという記録が残っています。 キッカケとなったのは東京高等師範学校で当時教授をしていた坪井玄道氏だ。 その後は日本やヨーロッパ勢の復活も起こりますが、中国は常に表彰台や世界ランキングのトップを占めています。, 卓球はイギリスの貴族の楽しみとして誕生し、現在では神業のようなラリーで打ち合うほどの高度なスポーツへと進化してきました。, 2016年のリオ五輪では、男子団体銀メダル、女子団体銅メダル、男子シングルス・水谷選手銅メダルという素晴らしい結果を飾った日本卓球。 また、卓球は「テーブルテニス」と呼ばれるように、テニスを原型に考えられたスポーツのため、ジュ・ド・ポームが卓球の発祥だと考えられているのです。, 続いて「イギリスで誕生した」という説について解説していきます。 この記事で卓球の歴史についてご説明したいと思う。, 今や競技人口も多く、メジャースポーツのひとつでもある卓球。 2 0 obj そして、フランスには13世紀に貴族の間で楽しまれていた「ジュ・ド・ポーム」と呼ばれるスポーツがありました。, ジュ・ド・ポームとは簡単に言えば室内で行う少し変わったルールのテニスであり、テニスの原型となったスポーツです。 このことから、卓球にはピンポンという名前がついたのです。, このピンポンゲームはイギリスで大流行します。

endobj 3 0 obj

今後もさらに変更が加えられる可能性があるため、まだまだ目が離せない。, ISMS認証登録番号:ISO/IEC 27001認証取得 No.ISA IS 0311. このような好循環を生んだ結果、中国には現在でも卓球の上位プレイヤーが存在し、卓球王国として知られるようになったのです。, 他にも、こんな雑学がお勧めです。 endobj 1��֒�Ma�=�i� サイト内の記事・写真・アーカイブ・ドキュメントなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。. 今、日本の卓球は過去にないほどの盛り上がりを見せています。 しかし、1959年に国際卓球連盟が用具を制限するルールを制定した。 1 0 obj どの国が発祥の国となったかは定かではありませんが、主にフランス、イギリス、インド、エジプトなどの国が発祥の国だと考えられているようです。, まずは「フランスで誕生した」という説について解説していきます。  戦後すぐに創設された都市対抗競技・マッカーサー元帥杯(47年)の初代王者に輝いた京都。永井はそのメンバーに名を連ねる。連覇を目指し、極秘に編み出した奇襲戦法が「裏ラバー」だったという。表面が平らで球と接触面積が大きく、回転をかけやすい特性に着目していた。 <> 卓球の起源は19世紀終わりのイギリス。当時上流階級の間ではテニスが流行していたが、雨天時に食堂のテーブルをコートに見立ててテニスの真似ごとをしたのが始まりといわれ、そのまま「テーブルテニス」の呼び名がつきました。当初の用具は、ラケットに葉巻入れのふた、ボールにはシャンパンのコルクを丸めたものという実に上流階級らしいものでした。現在は、木製の版に特殊ゴム(ラバー)が貼られたラケット、プラスチック製のボールが使われています。, 国際卓球連盟は1926年に設立され、2017年時点で約226という国際スポーツ統括組織としては有数の加盟国数を誇っています。, 男子・女子ともに正式競技としてオリンピックに登場したのは1988年ソウル大会。当初は男女それぞれシングルス・ダブルスの4種目でしたが、2008年北京大会より男女シングルス・男女団体の4種目が実施されています。, シングルスの試合形式は1ゲーム11ポイントの7ゲームマッチで、4ゲーム先取した選手が勝利します。団体ではシングルスとダブルスを組み合わせた5試合で3試合を先取したチームが勝者となります(団体戦それぞれの試合は5ゲームマッチで3ゲームを先取した選手が勝利)。, 卓上にボールが落ちる音が「ピン」「ポン」と聞こえることから「ピンポン」という呼び名でも広く知られる卓球。一般では、普段着で行える手軽な遊戯として楽しまれることも多いスポーツですが、トップレベルの競技者同士の戦いは眼にもとまらぬ火花のような攻防を展開します。, トップアスリートが打つボールの速度は時速100km以上にもなり、幅152.5cm、長さ274cmという狭い台の上で繰り広げられるスピード感に観る者は引き込まれます。それだけの速度をもって、ラインぎりぎりのコースを狙ってやりとりされる大胆な攻撃の応酬は、競技スペースの小ささとは裏腹に激しくダイナミックです。, また、卓球の試合は選手のとる「戦型」によって、全く違う様相を見せます。現在、世界のトップ選手の主戦型となっているのが、卓球台から少し距離をとったポジションから前後左右のフットワークを使い、腕を大きく使ってボールに強いドライブをかけ、常に攻撃的に試合に臨む「ドライブ主戦型」。体の大きな選手が得意とするスタイルです。, 対して「前陣速攻型」は、卓球台に身を寄せたポジショニングから、相手の打球の種類やコースを素早く把握して速いタイミングで球を打ち返し、相手の反応を遅らせてポイントをとるスタイル。こちらは小柄な選手が強みを発揮しやすい戦型です。, 「カット主戦型」は卓球台から距離をとり、相手の強打に対して強い下回転をかけたボール(カットボール)を返球し、回転の変化でミスを誘います。そしてチャンスと見るや一気に前に出て強烈な球を放ち、ポイントを奪います。現在カット主戦型をとる選手の数は減っていますが、緩急に富んだこの戦い方は他の戦型にないドラマティックさがあり、ファンも多くいます。, それぞれの選手がどの戦型を採用しているか、異なる戦型や、同じ戦型同士の戦いなど、戦型という視点で観戦すると、選手ごとの特徴がよりはっきりして面白くなります。, サーブ(サービス)も注目のポイントです。相手を惑わす下回転のサーブ、ワンバウンドしてからの勢いがある上回転のサーブ、横に曲がる横回転のサーブなど、さまざまなサーブがあります。レシーブの種類も多く、下回転のカット(ツッツキ)に加え、最近多くの選手が使うのは、バックハンドから手首をクルッと回して横回転させるチキータです。球が曲がっていく軌道がバナナのようであるとされ、この名が付きました。こうした細かなテクニックに注目し、ほんの一瞬に選手がいかにさまざまなテクニックを繰り出しているかを知ると、新鮮な驚きが味わえます。.