千尋は働きたいと釜じいに頼んだが、ここはもう人手が足りていると言う。 欲しがっているものを手の平から出し、それを受け取った人はカオナシに飲み込まれてしまう。 しかし油屋では湯婆婆に良いように使われてしまい、千尋と再会したことで勇気づけられて油屋を出る決意をします。 カオナシにとって悪いものは「欲に駆られて食ったもの」だったのでしょう。 また、神様が残したゴミや砂の中には砂金が紛れていて、湯婆婆は思わぬ報酬に喜んで「よくやった!」と千尋を褒めたたえた。 中道とは仏教用語で『二つ(生と死、楽と苦など)のどちらにも偏らない』という意味です。 そこに意識を取り戻したハクが現れて、坊が頭にすり替わっていること、坊は千尋と一緒に銭婆の所に行ったことを湯婆婆に告げ、坊を取り戻すかわりに千尋と千尋の両親を元の世界に帰してやって欲しいと頼んだ。, 銭婆の家に着いた千尋は、すぐに銭婆にハンコを返し、ハンコに付いていた芋虫は踏みつぶしてしまったことを謝った。 (自分の意見がなく、上司や他の誰かが言っていたことのマネしかできない) なぜ盗んだのかは明らかにされませんが、銭婆が「私と湯婆婆は2人で一人前だ」と語っていたことと恐らく関係しています。 Copyright © 2018-2020 映画鑑賞中。 All Rights Reserved.

その瞬間、ハクは自分の本当の名が『ニギハヤミコハクヌシ』だったと思いだした。 橋の上に立っていても誰も気づいてすらくれなかったのに、千尋にだけは気付いてもらえたのも、カオナシが千尋に注目した理由だと思います。, 千尋のおかげで油屋に入り込んだカオナシは、自分の欲望を満たそうと、物(砂金)で従業員の気を引いて思う存分油屋のサービスを堪能します。 カオナシは外からの影響を受けやすいので、欲望がうずまくような環境の中に居てはいけないということだったのでしょう。, カオナシはニガダンゴのおかげで欲望はなくなりますが、居場所がない淋しさは消えなかったので千尋について行き、結果 銭婆に必要とされてカオナシの心は満たされます。, このカオナシのストーリーは、自分の居場所を見つけることというテーマの1つとつながります。, (豚の中から両親を当てるように命じられた千尋 引用:https://hk.epochtimes.com), これについては諸説あるようで、探して納得できると感じたものだけを書き出していきます。 ネタバレ、オチの部分はご自身の判断でご覧ください。, 当サイトの解説は、全て個人の主観や推測に基づいて書かれています。 千尋は覚えていないが、ハクは千尋が小さい頃から千尋を知っているらしい。 この団子は釜じいいわく『ニガダンゴ』らしく、食べた人物の中にある悪いものを吐き出させて浄化する効果があるらしい。 夕方、縁側で作業をしていた千尋は、千尋がこの世界に来た時からずっと油屋の前の橋に立っていた黒い存在、カオナシが雨の降る外に立っていることに気付いた。 油屋に迷い込んだ千尋の面倒を見る。, カオナシ…中村彰男 ハクは千尋のように突然油屋に現れて「もう帰る場所がない、働かせてほしい」と釜じいに頼んだという。 興味を持った明夫に悠子と千尋がついて行くと、建物を通り抜けた先には広大な草原、さらにその先には美しい浅瀬の川があった。

© 2020 コミックキャラバン All rights reserved. その神様は、ヘドロの塊のような姿からおじいさんの顔をした竜に姿を変えて「あ~、よかった」と気持ちよさそうに言うと、窓から空へ飛んで帰って行った。 父役(ちちやく)…上條恒彦 竜がハクだと直感した千尋は、ハクを助けようと湯婆婆の部屋に向かった。, 窓から湯婆婆の息子の坊の部屋に侵入した千尋は、湯婆婆が手下の物の怪、頭にハクを捨てるように命じているのを聞いた。

これは恐らく、ハクにとって千尋は大切な存在だったので、それが湯婆婆にバレて湯婆婆が千尋に何かするのを避けるためだったのでしょう。, ハクが千尋に「私のことは『ハク様』と呼べ」と言ったのも、ハクは油屋の中では偉い立場なので、他の従業員も釜じいとリン以外はハクをハク様と呼んでいます。 SONYチャンネルやDisneyジュニア、ニコロデオンなど29チャンネルが見放題です。, ネットで気軽にDVD・CDレンタル「ゲオ宅配レンタル」 地面には、まっくろくろすけに手足が生えたような姿のススワタリが火釜の中に炭を運んで放り込む仕事をしていた。 湯婆婆の弟子として油屋で働いている少年。 両親は今は人間だったことは忘れているらしく、スヤスヤと眠っていた。

湯婆婆は「この世界にはルールがあり、千は問題に答えなければならない」と告げてから、8匹の豚の中から両親がどれか当てろと命じた。 青蛙…我修院達也 湯婆婆が去った後すぐに千尋はハクを助けようとしたが、頭、坊、湯バードに遮られていた。

ハクから元気が出る魔法をかけたというおにぎりをもらった千尋は、大粒の涙をこぼしながらそれを食べきった。 ↑映画が見たいならここです(雑誌や漫画もあります)。 この世界では働かない者は生きていくことを許されず、千尋は豚に変えられた両親のために働くことになります。, 湯婆婆は人物の名前を奪って支配してここから出られないようにしています。 3つ目は、千尋自身が油屋で精神的に成長したから、という説です。, 私は個人的には3つ目を信じています。 自身の子である坊を溺愛している。, 銭婆(ぜにーば)…夏木マリ 千尋は湯婆婆に名前を奪われて忘れかけるけど、ハクのおかげで忘れずにいられます。 大ヒットで日本の歴代興行収入第1位となった宮崎駿監督作品。 ハクも近いうちに湯婆婆に解放してもらって元の世界に戻ること、戻ったら再び千尋に会いに行くと約束した。 すると釜じいが、40年前に使ったという列車の切符をくれた。 千尋は銭婆の所に行った時から、銭婆のことを「おばあちゃん」と呼びます。 湯婆婆いわく、あの神様は名のある河の神様だったそうだ。 恐らくカオナシは直感で千尋が優しそうで助けてくれそうに見えたんでしょう。

これは、子どもは成長して(肉体も精神も)変われるけど、両親(大人)は本質的なものは変わらないという割とシビアなメッセージでもあるようです。 今回は千と千尋の神隠しについてです。イギリスbbcが「21世紀の偉大な映画ベスト100」を発表し、千と千尋の神隠しが4位にランクインしました。 そのため、千尋は「両親はこの中にいない」という答えを出したのではないかと思っています。, ・参考記事 現代社会に例えると、油屋は湯婆婆が経営している『会社』、千尋はそこに就職した『新入社員』に置き換えることができます。 そして、油屋に戻ってきたとき湯婆婆のこともおばあちゃんと呼んでいます。 湯婆婆と見た目も声もそっくりな双子の姉。 千と千尋の神隠のキャラクターが『マトリーショカ』で登場しました。 千という名前をもらってまだ一晩しか経っていないのに、千尋はもう本当の名前を忘れかけていたのだ。 銭婆という双子の姉がいる。 油屋に続く橋の上に佇み千尋を見つめる、お面の部分以外は真っ黒な謎の存在。 千尋は泣きそうになりながらも両親のために、ただ「働かせて下さい!」とだけ言い続け、折れた湯婆婆と契約を結んだ。

本作における『本当の名前』は、『その人の夢や目標』に言い換えることができます。 そこには誰もおらず、おいしそうな料理だけがズラリと並べられていたので、明夫と悠子は「後でお金を払えば良い」と勝手に食べ始めた。, (勝手に料理を食べ始めた亜紀をと悠子 引用:http://blog.livedoor.jp), 食べる気がしなかった千尋は両親を置いて散策していると、少し行った先に『油屋』という看板が掲げられた巨大な温泉施設のようなものがあった。 湯婆婆は名前を奪って支配するらしい。

苦しんでいるハクに団子を飲ませたら、銭婆のハンコと湯婆婆がハクに忍び込ませていた黒いイモムシが出てきましたね。

この世界では人間はあまり良く思われていないことを教えてくれた。 ハンコには銭婆がかけた『盗んだ者が死ぬまじない』、イモムシは『湯婆婆がハクを操るために忍び込ませた虫』だと明かされているので、ハクにとって悪いものを吐き出したことになります。, そしてカオナシに団子を食べさせると、油屋で食べた大量の食べ物と飲み込んだ従業員たちを吐き出しました。