今回は「ひそねとまそたん」第10話『好きになったらトロけちゃう』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。, 個性:「筋骨発条化」+「瞬発力×4」+「膂力増強×3」+「増殖」+「肥大化」+「鋲」+「エアウォーク」+「槍骨」, ドクター/氏子達磨(うじこ だるま)/志賀丸太(しが まるた)/殻木球大(がらき きゅうだい). そう彼女は熔けていく彼に言い抱きしめた。 一つを二つにする能力。人間も増やすことができる。しかし、複製する為には、身長や胸囲など対象の詳細なデータが必要となる。 複製は人格も再現されており、個性を使うことが� ヒロアカアニメ5期の放送も決定されましたね! https://youtu.be/Mq4WP_inuNM 2020年11月16... ヒロアカのトゥワイスは個性が覚醒して強すぎる?素顔や二重人格や過去のトラウマについて考察, ヒロアカの上鳴電気が内通者なのか考察!雄英高校1年A組にいるとの伏線が漫画にあった?, 【ヒロアカ286話ネタバレ】意識の狭間でオールフォーワンとワンフォーオールが直接対決?. 前回の【ヒロアカ】最新話257話 ではデクがオールマイトの師匠の個性である浮遊を取得する為に, 本日、ジャンプ9号発売です! ヒロアカネタバレ 2019.05.13 2020.05.22 管理人 【ヒロアカ】227話ネタバレ!死柄木と華ちゃんの関係とは? 「死ねよ ホークス」 今回は「ひそねとまそたん」第9話『ギャーーー!!』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。, Dパイロットたちに、過去のできごとを告白した樋本。三角が生け贄になることを知ったひそねは、それをなんとか阻止し、巫女たちを避難させる。ミタツ様を眠らせる時間はないと判断した樋本は、お寝返りを強行するよう指示。三角の代わりとして、ひそねはまそたんと一緒に、ミタツ様の中へと戻っていった。ひそねとまそたんがいなくなって、三ヶ月。小此木は、ミタツ様がもぐったあとの地にやってくる。 今回は「ひそねとまそたん」第12話『無敵の私たち』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。, 自分の思ったことをすぐ口に出してしまうため相手を傷つけてしまう、ゆえに自分を抑え込んで生きてきた甘粕ひそね。航空自衛隊員として、岐阜基地で働くことになったひそねは、戦闘機に擬態するドラゴンのような生物、変態飛翔生体(別名OTF)の飛行要員、通称Dパイロット(略してDパイ)に選ばれる。 避けては通れない、お互いにボロボロになる、けどそれがあったからこその未来につながるんじゃないかなって予想してます, — 愁雨(しゅう) (@Shotofrefre) January 27, 2020, 相澤と山田が黒霧から聞き出した病院というキーワードがホークスに伝わってから1ヶ月間かけて, コンプレス・スピナーが率いる開闢行動 (かいびゃくこうどう)人海戦術隊“BROWN”, オールフォーワンがかつて作り出した世界の再演を果たすことが彼らの目的だとホークスは掴みます。, ヒーローが勝てる可能性はほぼなさそう。。(漫画なんで絶対ヒーローが勝ちますが()), ただ気のいいやつっていう認識なんでヴィランではあるものの利用していたことに少なからず, 分倍河原とホークスは結構絡みがあったんで最終決戦で2人を戦わせたらかなり面白そうな気かまします。, 【ヒロアカ】最新話258話 ネタバレ・考察・感想 ホークスの策でヒーローが動き出す!でした!, [btn class=”big rich_blue”]コミュニティに参加する[/btn], 【ヒロアカ】最新話258話 ネタバレ・考察・感想 ホークスの策でヒーローが動き出す!. 多重人格 あべこべ 解離性同一性障害 弱点として複製されたものはオリジナルより脆くなるため複製体を一層する範囲攻撃には弱い。またこの技はあくまでも自己犠牲を厭わない大切な者の為に使う場合にのみ成立するものであり、自己利益の為に使用すると上記のように複製体同士で反乱が起こってしまう危険性がある。, 「何をしてるって?いつもの日課さ 特別なことさ」 アニメーション制作はエウレカセブンや、鋼の錬金術師などを作ったボンズである。, 航空自衛隊でOTFのパイロットになった甘粕ひそね。彼女に会うため、パイロット用スーツの開発者・幾嶋博己がやってくる。パイロット候補生である貝塚は嫉妬し、試作スーツに細工しようとした。しかし、飛行班長の柿保に見つかり基地を出て行く。OTFと協力して貝崎を捜そうとする、ひそね。しかし、OTFに拒否されてしまう。 ある日、街中で死穢八斎會の若頭オーバーホールと出会い、敵連合まで案内する。 「独りです 家族はいません」 対象が人間の場合、その人物の個性や人格までコピーすることができるが、複製はある程度のダメージが蓄積すると、泥の様なものに崩れ消滅する。劇中では荼毘の複製が倒されたことを察知しているため、離れた場所でも複製のことはある程度把握できる様子。同時に二つまで増やせるが、二つ目は一つ目より崩れやすくなる。 骨折による自身が複製ではないという確信と、トガの危機により、トラウマを乗り越えた事で発動した技。本人曰く、「皆の愛と勇気がトラウマを塗りつぶしてくれたよ!」とのこと。 今回は「ひそねとまそたん」第7話『恋する王国』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。, 星野の夢のために、つらい決断をした財投。そして、星野は再びノーマと飛ぶことに。貝崎は幾嶋に、まそたんの気持ちが、だんだん分かるようになってきたと話す。小此木は、いろいろなことを当たり前だと思い込んできたけれど、そうではないかもしれないと考えはじめていた。まそたんに乗れないこと、小此木に恋をしていることに悩んでいたひそねは、自衛官をやめる決心をする。

pic.twitter.com/vGoI8MUXa6, 異能解放軍との戦闘の中で、瀕死の重体になってしまったトガヒミコを、トゥワイスが発見します。, 天涯孤独になり、自分自身のチームも反乱を起こし消え、トラウマを抱えて辿り着いた敵連合は、すっかりトゥワイスの心の拠り所になっていました。, 特にその中でもトガヒミコはトゥワイスと仲が良かったので、トゥワイスはひどくショックを受けます。, そんなところへ解放軍の追撃が到着し、トゥワイスの目の前で、トガにとどめを刺そうとします。, トゥワイスはトガを助けたい、仲間を殺さない、という強い決意を胸に、個性を解き放ち自身を大量に増殖させました。, 「二倍」の個性を持つトゥワイスがトラウマを克服したとなると、もうこわいものなしですね。, ホークスも、トゥワイスを最も警戒するべきとして、解放戦線のアジトに乗り込む際も、トゥワイスのことを徹底的にマークしていました。, 素顔を隠し、二重人格のようなしゃべり方で、ユーモラスでどこか憎めない愛嬌のある愛すべきヴィランです。, しかし過去にあったトラウマを乗り越え、覚醒してからは、その強すぎる個性がかなりの脅威になっています。, ひとりでも戦況を覆しかねないトゥワイスは、このままヒーローに拘束されてしまうのでしょうか。, 以上「ヒロアカのトゥワイスは個性が覚醒して強すぎる?素顔や二重人格や過去のトラウマについて考察」と題しお届けしました。, 【ヒロアカネタバレ最新話291話確定速報】轟燈矢がエンデヴァーを追い詰めホークスの出生の秘密も明らかに?. 今回は「ひそねとまそたん」第5話『スキ好んで嫌われたい人なんていますか?』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。, DパイロットとOTFの真の役目は、超大型OTFを目的地まで導く『マツリゴト』と呼ばれる作戦のためであることを知らされた、ひそねたち。先輩Dパイロットである樋本を教官に迎えて訓練を開始するが、それは三日三晩超低速で飛び続けるという、気の遠くなるものだった。訓練を終えたひそねたちの前に、六人の女の子が現われる。彼女たちもまた、重要な存在であることを告げられる。 今回は「ひそねとまそたん」第1話『正気の沙汰ではないんです』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。, 築城基地の星野空曹長、入間基地の日登美二曹、三沢基地の絹番二曹とそれぞれのOTFを岐阜基地に迎え、合同訓練を行なうことになった。念願の友情を育むため、共感力を生かそうとするひそね。だが、個性的なパイロットたち相手に空回りしてばかり。そして模擬戦当日、プライドの高い星野は指示を無視し、勝手な行動を起こしてしまう。 前号に引き続き、見逃せない新たな展開が…! 「そりゃ良かった 良くねぇ! 全身に黒と灰色を基調としたラバースーツを身に纏い、顔全体を覆うマスクを着用した男。左腕に着けているのはメジャー(巻き尺)。 口数が多く、一人で二人分の会話を行っているような喋り方も特徴。右を選ぶと同時に左を選び、誉めると同時に罵倒し、是正すると同時に否定する。 先に喋るAは本当のことを言っているが、後に喋るBはAの反対。もしくは、本来言うべき言葉とは反対の言葉を発している。 「知ってるぜ、このガキ共! 誰だ!?」 ただし、下記のトガヒミコが瀕死の重症を負ったとき … 分倍河原は仲間思いできのいいやった柄こそ利用しやすかったんですね。。 ホークスは最終決戦で分倍河原と対決しそうな予感! 本日、ジャンプ9号発売です! 前号に引き続き、見逃せない新たな展開が…! 複製体の外見は対象を測った時点での状態で再現し、性格や記憶などの内面はトゥワイスが最後に見た時点にアップデートされるため、オリジナルが負傷しても負傷前を複製出来る半面、初めて測る人物が負傷していた場合、負傷した状態でしか複製出来ない。 自分の思ったことをすぐ口に出してしまうため相手を傷つけてしまう、ゆえに自分を抑え込んで生きてきた甘粕ひそね。航空自衛隊員として、岐阜基地で働くことになったひそねは、戦闘機に擬態するドラゴンのような生物、変態飛翔生体(別名OTF)の飛行要員、通称Dパイロット(略してDパイ)に選ばれる。パイロットとの接触をずっと拒んでいたOTFとの間に、やがて絆がうまれる。, モブサイコ100とは漫画家ONEにより裏サンデーにて連載している漫画、及び漫画を原作にしたボンズ製作のアニメ作品である。主人公の影山茂夫(CV:伊藤節生)通称「モブ」は、師匠である自称霊能力者の霊幻新隆(CV:櫻井孝宏)の元で除霊のアルバイトをしている中学生。作中最強と言える超能力者であるが、能力の使用を控えている。モブの感情が100%に達する時、何かが起きる。, 鋼の錬金術師とは、2001年から2010年まで荒川弘により月刊少年ガンガンで連載された漫画およびそれを原作とするアニメ、ノベライズ、映画、ゲーム作品。舞台は19世紀産業革命期のヨーロッパをモチーフとした錬金術が存在する架空の世界。主人公エドワード・エルリック(エド)は弟アルフォンス(アル)と共に、自身らが犯した禁忌の錬成によって失ったエドの右腕と左足、アルの全身を取り戻すための方法を求め旅に出る。, 2005年4月17日から2006年4月2日まで毎日放送をキー局として、TBS系列で全50話が放送された、ボンズ制作のSFロボットアニメ。この作品のために作られた放送枠の朝7時より放送。

しかしその場での話し合いは決裂、仲間であるマグネとMr.コンプレスの左腕を失うことに。 自分自身を増やすことも可能だが、過去のトラウマが原因で増やしたくないらしいが…?, 「"個性"「二倍」」

中学生の頃、ヴィランが起こした犯罪に巻き込まれたことにより両親を亡くす。親戚付き合いもなかったため引き取り手がおらず、天涯孤独の身となる。 ©Copyright2020 漫画考察Lab.All Rights Reserved. 主人公の少年レントンがヒロインの少女エウレカと出会って恋に落ち、成長していくボーイ・ミーツ・ガールの物語。それと同時に知的生命体「スカブ・コーラル」と星の謎を追う。, 『桜蘭高校ホスト部』とは葉鳥ビスコ原作のマンガおよびそれを元にしたアニメ。2002年月刊少女雑誌にて連載開始、2010年に完結。単行本は18巻、累計発行部数は1100万部を超える人気作。国内だけでなく世界各国で翻訳されている。, 『文豪ストレイドッグス(文スト)』原作・朝霧カフカ、作画・春河35の異能力バトルアクション漫画及びそれを元にしたアニメ。太宰治や宮沢賢治など教科書でもお馴染みの文豪をキャラクターモデルにし、それぞれの作品名に基づいた異能力を用いて戦うアクション漫画。2016年にはアニメ放送もされるほどの人気作品。, 『棺姫のチャイカ(ひつぎのチャイカ)』とは、榊一郎によるライトノベル作品を原作としたアニメ作品。この作品は禁断皇帝ガズ皇帝の娘チャイカが父の遺体を回収するために旅をする物語である。約300年もの間長きに渡って続いた戦争が終結したフェルビスト大陸を舞台にしている。 もし輪廻転生という概念が超人社会においても残っているのなら、今度は幸せな人生を歩んでいくことを願うばかりである。, 僕のヒーローアカデミア ヴィラン連合 超常解放戦線 その規模は凄まじく、瞬く間に泥花市を埋め尽くす程の複製を作り上げ、数によって圧倒する。 分倍河原ってワイの同級生におったわ ヒロアカのキャラと同姓同名でたまにからかわれてるやろうな 164 風吹けば名無し 2020/10/04(日) 12:35:13.41 ID:8b/yt4Y+0 先に喋るAは本当のことを言っているが、後に喋るBはAの反対。もしくは、本来言うべき言葉とは反対の言葉を発している。

今回は「ひそねとまそたん」第2話『ドラゴンの名前はまそたんにします』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。, 演習のため、OTFをともない無人島へ渡ったひそねたち。三日分の水と食料以外は現地で調達しなければならない。限られた物資の中でどう判断し決断をくだすのか、パイロット同士のチームワークが問われる。終了の条件は島から脱出し基地へ帰投すること。期限は一週間。結果次第では、Dパイロットを辞めなければならない。 ―――僕のヒーローアカデミア 公式キャラクターブック2 Ultra Analysisより, 全身に黒と灰色を基調としたラバースーツを身に纏い、顔全体を覆うマスクを着用した男。左腕に着けているのはメジャー(巻き尺)。 その後、再度話し合いの席を設けた敵連合のリーダー死柄木とオーバーホールの間で提携が結ばれ、トガと共に八斎會で「出向組」として動くが、元より八斎會との交渉の際、マグネを殺害されたこと等で快く思っておらず、八斎會突入作戦で彼らを見限り、トガヒミコと内部工作に勤しむ。分断していたヒーロー達を合流させることで、八斎會との全面衝突へと導いた。, 異能解放軍との抗争の際は、スケプティックと交戦し、自身が骨を折られながらも消えなかったことで自身が本物であると確信し、トラウマを克服・覚醒する。(覚醒に関しては下部へ) そのため16の時には住み込みで働く様になるが、ある日バイクで走行中に飛び出してきた相手を撥ねてしまい、しかもそれが勤め先の取引相手の役員の親族だった為、会社から追い出され職と住処を失ってしまう。しかも、警察が「今回のようなケースでも君を無罪には出来ないんだ。」と言うほどに彼に非は無かったと言うのに。 トゥワイス(分倍河原仁)の死亡シーン. 『僕のヒーローアカデミア』とは、堀越耕平による漫画作品である。ジャンプの看板作品であり、アニメやゲームなど様々なメディアミックスが製作されている。人類の8割が『個性』と呼ばれる特殊能力を持つ人間として生まれる『超人社会』で、緑谷出久はプロヒーローを目指していた。出久は個性を持っていなかったが、No.1ヒーローであるオールマイトに認められ、彼の個性を継承し、プロヒーローを目指す。ヒーローと敵対し、平和を乱すものが『ヴィラン(敵)』である。本作では様々な個性的なヴィランが登場する。, 5月10日生。身長178cm。好きなものは煙草。31歳。黒いラバースーツを着用している(MARVELのキャラクター・デッドプールに酷似している)。ラバースーツを脱ぐと眉間に傷跡が確認できる。敵連合の中では一番の饒舌だが、一度発言した事柄と全く正反対の事を続け様に言う癖がある。ブローカーである義爛の紹介で敵連合へと入った。二重人格者であり、チグハグな発言をするのもそのせいである。顔を何かで覆うことにより精神が安定する。顔が露出すると、もう一つの人格が出てきてしまい精神が錯乱する。仲間思いであり、治崎にマグネが殺害された際には激昂し、責任を取らせるように叫んだ。また、義爛が異能解放軍に捕まった際には率先して助けに行くよう提案した。その戦いでトガが重症を負った際には懸命に助けようとした。夏の林間合宿では、荼毘を複製してプロヒーローの足止めを行なった。街で死穢八斎會の治崎と出会い、アジトに治崎を案内した。しかし、その結果マグネが殺害されてしまい、そのことに激昂していた。その時は交渉が決裂するが、後に死柄木の命令により死穢八斎會に出向する事となった。しかし、マグネが殺された事もあり、トゥワイスは当初から嫌がっていた。死穢八斎會とプロヒーローの戦いが始まり、トゥワイスはヒーローの足止めを命じられる。その戦いの最中、ラバースーツが破れて気が動転しかけるが、トガにより救われる。その時は「付き合おうトガちゃん。君は悪魔だ」と発言している。その後、トガと共に死穢八斎會を裏切り、プロヒーローに壊滅させようとした。異能解放軍との戦いでは義爛が囚われ、すぐさま助けに行くよう提案した。しかし、その先でマスクを剥ぎ取られ、精神に支障をきたす。しかし、戦いの中でトラウマを克服し、個性により自身をコピーし続けて戦力差をひっくり返した。超常解放戦線に潜入していたNo.2ヒーロー・ホークスの事を仲間と信じ、情報を漏らした。その情報を元に超常解放戦線の掃討作戦が始まり、大量のヒーローがアジトになだれ込んでくる。個性を発動してそれに対抗しようとするが、トゥワイスを危険視していたホークスが立ちはだかる。ホークスは人が良いトゥワイスに降伏するように話すが、トゥワイスは仲間を助ける為に戦いを始める。戦いの途中で荼毘が助けに入るが、トゥワイスは高所から落下しコンクリートに頭を打ち付ける。最後の力で分身を作ったトゥワイスは、ヒーローに襲われていたトガを助け、謝罪して死亡した。, 一つを二つにする能力。人間も増やすことができる。しかし、複製する為には、身長や胸囲など対象の詳細なデータが必要となる。複製は人格も再現されており、個性を使うことができる。強力な個性だが、人格が再現されているのでトゥワイスの命令するまま動くわけではない。複製はある程度のダメージ(成人で骨折ほどのダメージ)を受けると崩壊する。2体の複製を作ることができるが、2体目は1体目よりもさらに脆い。自分自身を複製することができる。その複製がさらにトゥワイスを複製することで無限に増やすことができる。複製が自身をオリジナルだと言い張り、殺し合いを始めたことがあったが、異能解放軍との戦いでトラウマを克服してからは複製は団結している。自身を無限に増やす行為に『哀れな行進(サッドマンズパレード)』と技名がついた。, 中学生の頃に両親がヴィランが起こした犯罪に巻き込まれて死亡、天涯孤独の身となる。その後、16歳で住み込みで仕事をするようになるが、ある日、バイクで走行中に飛び出して来た人を轢いてしまう。その者が会社のお得意様の身内だった為、仕事を首となり、居場所を失った。孤独だったトゥワイスは自分自身を複製し、話し相手を作った。その後、トゥワイスは自身の分身を増やし続け、悪事に手を染めるようになった。しばらくは満たされた生活を送っていたが、ある日、分身が反乱を起こしてしまう。その時に負った傷が額のそれである。分身はオリジナルを縛り付けて争い始め、その内自身がオリジナルだと主張を始める。オリジナルのトゥワイスは自身が殺し合いをする光景を9日間に渡って見せられ続けた。その結果、トゥワイスは精神が崩壊し、自身がオリジナルだと断定できなくなった。そして二重人格が発症した。その後、自身と同じく狂った人間を探し、行き着いた先が敵連合だった。異能解放軍との戦いでトラウマを解消した。スケプティックに顔を晒され、「本物と主張する自分の偽物」を用意されて激しくトラウマを揺さぶられる。しかし、トゥワイスの骨を折ったことでトゥワイスは自身がオリジナルだと断定することができた。その後、無限に自分を増殖させることが可能になった。, 羽のついたシルクハットに白いコートを着用している。黒いマスクの上に仮面をかぶっており、素顔は明らかになっていない。仮面はその時によって違ったものを装着している。元エンターテイナーを自称している。身のこなしは軽いが、戦闘を得意としていない。それ故、サポートをしていることが多い。夏の林間合宿の襲撃に参加した。個性により、目的であった爆豪を攫うことに成功する。爆豪を助けに来た緑谷たちに攻撃を受け、爆豪を圧縮した球を取られたように思われたが、それは偽物で、本物を口の中に隠していた。死穢八斎會と敵連合の会合の時には、マグネを殺害した治崎を個性で止めようとする。しかし、『個性を消す弾』を受けたせいで個性が発動せず、治崎の個性により左腕を失った。死穢八斎會とプロヒーローの戦いが終わった時には、死柄木たちと共に治崎の護送車を襲撃し、個性により治崎の腕を圧縮してちぎり、復讐を果たした。, 触れたものを小さく圧縮して小さな球に変える。この個性により、夏の林間合宿では爆豪を攫った。体の一部を圧縮して引きちぎることができるが、戦闘が苦手なのか、戦うことはあまりない。, 8月8日生。身長174cm。好きなものはゲーム。21歳。リザードマンのような風貌をしているが、これは異形型の個性によるものである。いくつもの刃物が合わさったような巨大な剣・『スーパーナイフナイフソード』を武器に戦う。しかし緑谷に破壊され、その後はサバイバルナイフを使用している。ウブな一面もあり、夏の林間合宿にはマンダレイの個性『テレパス』で「かっこいいじゃない。好みの顔してる」と言われて一瞬動きが止まっていた。ステインに感化されて敵連合へと加入した。ステインに影響を受けて敵連合へ入った者は何人かいるが、中でもスピナーは特にステインに心酔している。身につけている物もステインに寄せている。自身の行動や、他人の行動の良し悪しを『ステインの理念に沿っているか』という基準で判断する。緑谷と遭遇した時には、『ステインが認めた人物』として見逃したことがある。また、治崎の護送車を襲撃した時には車の運転をしていたが、その時もその襲撃が理念に則っているのか自問していた。スピナーは田舎町で生まれ育った。その町では未だに異形型の個性に対する差別・偏見が残っていた。それ故、スピナーは「トカゲ野郎」と蔑まれて育った。引きこもりとなったスピナーは漠然と毎日を過ごしていたが、ある日テレビでステインの事を知り、いてもたってもいられずに飛び出し、敵連合へ加入した。スピナーは全てがステインの模倣で自分というものを持っていないが、敵連合に入って何かが変わるかと思っていた。それ故、オール・フォー・ワンや黒霧が捕まって敵連合が停滞していた時には、その現状が耐えられずに死柄木へと不満をぶちまけている。, ヤモリにできるようなことができる。だが今の所、壁に張り付く程の使い方しかされていない。異形型の個性であり、容姿もヤモリのように変化する。伊口家の人間は爬虫類系の個性を持つ。その中でも『ヤモリ』は弱い個性である。, 長髪にサングラス、たらこ唇が特徴。オネエ口調で話す。それ故に仲間からは「マグ姉」と呼ばれている。強盗致傷9件、殺人3件、殺人未遂29件という多数の犯罪履歴を持つ。論理やルールなど、縛られることを嫌う。また、性別に対してもその思いは同じである。夏の林間合宿の襲撃の時に登場した。その時はプロヒーローと戦っていた。スピナーが死穢八斎會の治崎を連れてくるが、治崎は挑発的な言動で、敵連合を傘下に加わるように強制する。そのことに反発してマグネは個性を使おうとするが、治崎の個性により分解され、上半身が弾け飛んだ。, 『僕のヒーローアカデミア』とは、堀越耕平が週刊少年ジャンプで連載している漫画、及びそれらを原作とするアニメ、ゲーム作品。舞台は多くの人が超常能力「個性」を持つことが当たり前の世界。そこでは個性を悪用する敵(ヴィラン)を取り締まる「ヒーロー」が憧れの存在となっていた。ヒーローを夢見る少年、緑谷出久は何の能力を持たない「無個性」だった。これは出久が「最高のヒーロー」になるまでの物語である。, 『僕のヒーローアカデミア(My Hero Academia)』は週刊少年ジャンプで連載されている、堀越耕平による漫画作品。