三谷幸喜 | 2. 大森寿美男 | 76. 宮藤官九郎 | 46. 二回も連続で落ちるとかなりショックです。 山崎努は名取裕子への愛を貫いたのでしょうか?, 先生を消す方程式について。あのドラマ評判はどうですか?私は正直イマイチです。 野木亜紀子, http://web.archive.org/web/20000819043034/http://www.nikkansports.com/news/entert/entert-etc3/2000/sun000709.html, http://web.archive.org/web/20010309175732/http://www.yomiuri.co.jp/yomidas/konojune/toku/98tv/98ctv2.htm, “野島伸司さん総合監修 俳優養成 「ポーラスター東京アカデミー」来春開校 (2/2ページ)”, http://www.zakzak.co.jp/entertainment/ent-news/news/20151208/enn1512081452018-n2.htm, http://www.zakzak.co.jp/people/news/20160121/peo1601210830001-n1.htm, http://www.sankei.com/entertainments/news/151208/ent1512080013-n1.html, http://www.zakzak.co.jp/people/news/20160121/peo1601210830001-n2.htm, http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/06/12/kiji/K20160612012763910.html, 野島伸司が総合監修を務める俳優養成校から、続々と新人がドラマデビュー 朝ドラ出演者も輩出, “野島伸司:希代の脚本家が語る「いいドラマ」とは?理想と数字のはざまで10年苦悩”, http://mantan-web.jp/2015/05/03/20150502dog00m200011000c.html, http://www.oricon.co.jp/news/2051637/full/, http://www.sanspo.com/geino/news/20160416/int16041605040001-n5.html, https://web.archive.org/web/20050205040809/http:/www.sanspo.com/geino/top/gt200502/gt2005020305.html, 中山美穂&堂本剛、脚本家・野島伸司が描く究極の愛『プラトニック』5月25日スタート!, http://www.sanspo.com/geino/news/20160416/int16041605040001-n1.html, “「明日ママ」波紋 ドラマの表現どこまで 日テレ放送継続 一部スポンサーはCM見合わせ(1/4ページ)”, http://www.sankeibiz.jp/express/news/140126/exc1401260739000-n1.htm, コトリンゴ アルバム「birdcore!」発売決定、ドラマ「明日、ママがいない」主題歌収録, http://www.sanspo.com/geino/news/20160613/geo16061305000002-n1.html, 野島伸司氏、アニメ作品に初参加で原案・脚本担当 完全新作『ワンダーエッグ・プライオリティ』来年1月放送, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=野島伸司&oldid=79936332, バレンタインに何かが起きる 「義理チョコに御用心」(別タイトル「恐怖の義理チョコ」?)(. 福田靖 | 56. ネマトゥデイ. 岡田惠和 | 36.

宮藤官九郎 | 60. 髙橋麻紀 | 105. そんなに早く終了すると悲しいです( ; ; ). 三谷幸喜 | 92. 2020å¹´3月8日閲覧。 コミックナタリー 2013å¹´3月19日. 徳尾浩司 | 98. 宮藤官九郎 | 33. 英検二級の面接に二回連続で落ちました。 輿水泰弘、古沢良太、太田愛、櫻井武晴、戸田山雅司 | 69. 尾崎将也 | 62. 井上由美子 | 50. 武藤将吾, 101.

野島 伸司(のじま しんじ、1963年3月4日[1] - )は、日本のテレビドラマ、映画の脚本家。血液型A型[1]。, 新潟県出身[1]。1981年、さいたま市立浦和高等学校卒業[2]。その後中央大学法学部政治学科中退後に渡米し[3]、ロサンゼルスに滞在[1]。ホームステイをしながらUCLAに通う[3]。帰国後、飲食店、肉体労働、テレビ局フロアディレクターなどのアルバイトを経験[1]。22,3歳の頃、青森の製缶工場でまるでロボットのように黙々と作業していた時の反動でアイデンティティーを確立したいと強く思い、帰りがけにたまたま見た雑誌に載っていたシナリオ募集に応募してみようと決意し、ワープロで初めて執筆した[4]。, 1987年、脚本を学ぶため、シナリオ作家協会主催のシナリオ講座9期研修科を受講[5][6]。講師の一人であり、当時第一線で活躍していた脚本家・伴一彦に師事し[5]、『ハートカクテル・ドラマスペシャル』(日本テレビ系)などのプロットを手掛ける[3]。, 1988年5月、『時には母のない子のように』で第2回フジテレビヤングシナリオ大賞を受賞[4]し、メジャーデビュー[3]。『君が嘘をついた』(1988年、フジテレビ系)で連続テレビドラマの脚本家デビュー[3]。ドラマは平均視聴率17.3%を記録し、業界で注目を集める[1]。その後、フジテレビの名物ドラマプロデューサー、大多亮と二人三脚で、トレンディドラマの脚本を手がける。, 1993年、『高校教師』(TBS系)ではゴールデンタイム枠でありながら男性教師と女子高生の純愛、レイプや近親相姦というショッキングで重いテーマを取り上げ、賛否両論を呼んだ[7][8]。, 1994年、『家なき子』(日本テレビ系)に企画・原案で参加し、「同情するなら金をくれ!」という台詞が流行語となった。, 2016年4月開校の俳優養成スクール「ポーラスター東京アカデミー」の総合監修に名を連ね[9]、自身のキャスティング能力を生かし、俳優の原石を見つけて実際の仕事につなげて育成していくことを目的に活動を始める[10]。日本最大級のキッズファッション&エンタメショー「ドリームキッズコレクション」とコラボレーションしての新人俳優発掘プロジェクトも始動[11]。ここから輩出された俳優に奈緒や佐々木このみらがいる[12]。, 野島は1992年の『愛という名のもとに』を皮切りに、暴力、いじめ、障害者、自殺問題など現代社会の暗部を独自の視点で鋭く切り取った作品を多く手がけはじめ[4]、1993年の『高校教師』がターニングポイントになったと回想しており「もし、『高校教師』が成功してなかったら、それまでのラブコメを作っていた自分に戻ったかもしれない。良くも悪くもあの作品で一変した」と述懐している[13]。しかし、1998年の『聖者の行進』(TBS系)では余りの暴力描写の多さに視聴者からの抗議が殺到し、スポンサーの三共がTBS金曜ドラマ枠のスポンサーを降りるという事態も発生した。他の作品もほとんどが20%以上[4]を記録する一方で、作中の表現が日本PTA全国協議会のアンケートでたびたび問題として取り上げられ、「子供に見せたくない番組」ワーストランキングに入ることも少なくなかった[14]。しかし野島本人は、「若ければ若いほど、自分を固定していない、完成していない、いろいろなものに刺激を受けやすい。そこに向けて作るのが、物作りの基本的な考え[15]」と若者こそターゲットにしたいという持論を当時から持ち続けており[4]、批判を受けたり視聴率に伸び悩んだとしてもソフトとしてクオリティーが高く、後に忘れられない“いいドラマ”を残したいという姿勢を崩していない[15]。, タイトルは既存の作品から借用することが少なくない。デビュー作の『時には母のない子のように』はカルメン・マキのヒット曲(1969年発売、寺山修司作詞)と同題である。また、『人間失格』(1994年、TBS系)は太宰治の『人間失格』と完全に一致していたため、放送開始前に太宰家の遺族から苦情申し入れがあり、結果、中黒を挿入し一文追加した『人間・失格〜たとえばぼくが死んだら』と改題された(『たとえばぼくが死んだら』は森田童子の曲名)。, 野島作品ではテーマ曲も効果的に使われており、ドラマ評論家の成馬零一も1993年の『高校教師』(TBS系)の主題歌である森田童子の「ぼくたちの失敗」について、「歌詞が強烈で、作品全体の印象を支配しているといっても過言ではない」と評している[7]。懐メロも多く登場し[7]、1995年の『未成年』(TBS系)ではカーペンターズ、2001年の『ストロベリー・オンザ・ショートケーキ』(TBS系)ではABBAを起用し、それぞれのリバイバル・ブームのきっかけとなっている[13]。これは昔から主役とバーターで主題歌を決められることに嫌悪感があった野島が、要求を拒否して自分が良いと思ったテーマソングを使い続けてきた結果であり、やがて芸能事務所側もバーターを諦めるようになったという[13]。, また、野島が手掛ける作品では『高校教師』など数多くの作品で千住明が劇伴を担当している。野島が残酷ないじめを表現すれば千住が音楽で哀れみ、野島が濃いシーンを出せば千住が音楽をギターのメロディ1本で薄くするなどバランスをとってきた結果、周りからは“野島が父で千住が母”と表現されるようになったという。千住は「互いにペアとしてもいい表現ができる相手だったんだと思います。」とインタビューで述べている。[16], 「企画」として作品に関わる際は“わかりやすくシンプルに”ということを心がけるが、「脚本」という立場になるとそれは全く考えず、今自分が思っていることをそのまま出すことを最も重要視する[1]。そうなると狭い世界にのめりこんでしまうと自覚しているため、一歩下がって俯瞰し、主観と客観の両方で作品を見つめる方が良いと感じる場合には、「脚本監修」という立場をとるようにしているという[15]。, 中国や韓国では『101回目のプロポーズ』[17]や『ストロベリー・オンザ・ショートケーキ』[18]がリメイクされており、野島自身も韓国に赴き、脚本家らを対象に講演会を行った[19]。, 父親の影響で幼い頃から高校生まで空手をやっており、自らを「筋金入りの体育会系」と形容する[1]。野球が好きで、福岡ソフトバンクホークスのファン[20]。, 1. 野島伸司 | 17. 2015å¹´5月5日閲覧。 2012å¹´7月14日. 坂元裕二 | 93. 金子茂樹| 104. 森下佳子 | 64.

旦那が東大卒なのを隠してました。 野沢尚 | 20. 変な質問でごめんなさい。2年前に結婚した夫婦です。それまで旦那は「専門学校卒だよー」って言ってました。 『人間・失格〜たとえばぼくが死んだら』(にんげん・しっかく たとえばぼくがしんだら)は、1994年7月8日から9月23日まで毎週金曜日22:00 - 22:54に、TBS系列の「金曜ドラマ」枠で放送された日本のテレビドラマ。主演は赤井英和。, KinKi Kidsの初主演作と言われることがあるが、全編を通しての主演は赤井である。, 名門私立中学校を舞台にした物語で、イジメ、体罰、虐待、自殺、父親の復讐、親子の絆などを描いた。大きく分けると、前編(第1話から第6話まで)が名門中学での誠への陰湿、過激なイジメ問題を中心に描写、後編(第7話から最終回まで)からは誠を殺した者達への、衛の復讐劇が中心に描写される。前編の話にかなり過激なイジメや体罰描写があり、倫理的・道徳的にタブーとされる話題を数多く扱ったことから、「過激で興味本位な内容である」という視聴者からの批判が多かったという。そのため、前半は視聴率で苦戦(第2話は9.8%)したが、徐々に視聴率を上げ、最終回は28.9%にも及んだ。平均視聴率は19.2%。第6話以降は全話視聴率20%以上を記録していたが、序盤の低迷が響き平均視聴率は20%を割った。, 本作をきっかけに堂本剛と堂本光一の二人は俳優として注目を集めることとなり、その後のブレイクに繋がった。赤井英和にとっては、本作が連続ドラマ初主演であったが、当たり役となった。, 東京の進学校・修和学園中等部。比較的、裕福な家庭に育つ子供達が通う私立の名門男子校が物語の舞台である。勉強熱心な生徒が成績トップを競い合うが、その様子はややヒステリックであり、それぞれの生徒の内面の陰を感じさせる。最近では、校内で飼育しているウサギが、血を抜かれて惨殺されるという陰惨な事件も起きていた。大場家はラーメン屋「なにわ亭」を開業し、この名門男子校に通うため、神戸から東京に引越しをしてきた所から話ははじまる。, 中学3年生の大場誠は、父親の大場衛と、その後妻である大場夏美と共に、神戸から東京に引っ越し、修和学園の3年A組に転校してくる。衛はラーメン屋を営み、夏美は子供をお腹に宿している。思春期の男の子にしては非常に素直で明るく、転校後のテストでいきなり学年トップを取ってしまうほど成績も非常に優秀。父親の衛とも仲が良く、後妻の夏美とも悪くはない距離感で生活していた。生活は貧しいながらも円満な家庭環境で育つ真っすぐな少年。これは、裕福な家庭の生徒が多いものの、複雑な家庭環境を持つ修和学園に通う生徒達とはやや異質であることの伏線でもある。, 誠は、同じクラスの影山留加と最初の友人になる。留加は常に首席の座を維持する優秀な生徒で他の生徒達からも一目置かれているが、誠の知らない所では校内で問題になっている「ウサギ殺し」をイジメグループの中心で率先して行っていた。また、母親と愛人・瀬野公一郎の情事を盗聴するといった屈折した心を持つ。ハツカネズミを親友と呼ぶ留加に、誰とでも友達になろうという性格の誠はやや違和感を覚えつつも、心を開く留加との親交を深めていった。, しかし、誠の生活は間もなく不幸な環境に一転する。あることがきっかけとなり、誠自身に全く落ち度は無いのにも関わらず、イジメの標的になるのである。まず生徒達から標的となったきっかけは、ホームルームの場で、クラスで行われている「イジメ問題」に対して、異論を唱える発言をし周囲の反感をかったこと。武藤がイジメられっ子から誠イジメへと本格的に変貌したきっかけは、自身が家庭教師に毎日来てもらっても学年トップの成績を取れないのに、誠が家庭教師も塾も通わず学年トップの成績であることに激しく嫉妬したこと。宮崎から標的になったきっかけは自身の女装写真を誠に盗撮されたと勘違いしたこと(新見が撮ってばらまき、誠のせいにしたものであった)。その後も宮崎からの体罰についての相談を何一つ受けていないのにもかかわらず、新見からの報告により、『誠が自身の悪行をチクった』と思い込み、後述するようなより過激な体罰を行うようになった。留加は最初は違和感の残る友人関係が続いたものの、新見の策略がきっかけで誠不信に陥り、影で誠イジメへと転じる。新見から標的になったきっかけは、誠は新見の本の窃盗現場を目撃したことと、新見自身が淡い恋愛感情を向けていた留加が誠と親友になり、後に留加から誠へ淡い恋愛感情を向けられたことにより、新見の根深い嫉妬をかったこと。そして、新見が背後で生徒や教師達、父の衛の憎悪が全て誠に向くように操作した結果、誠は同級生のみならず、体育教師や父親まで巻き込んだ、周囲の全員からの近親憎悪・無理解を受ける四面楚歌の状況へと追い込まれていく。, 誠はさまざまなイジメを受けることになる。同じクラスの生徒達からは、窃盗の犯人に仕立て上げられる、教科書に中傷的な落書きで教科書を使い物にならなくする、誠の食事中に生徒達が上から釘や鉛筆の削りカスなどの異物を混入させる、ライターで誠の襟足をあぶる、身体をロープでしばり、ガムテープで口を塞いで清掃用具入れに長時間閉じ込められての失禁等のイジメがどんどんエスカレートしていく。体育教師の宮崎信一からは、柔道で見せしめに何度も投げられる、一人だけ長時間走らされる、プールに何度も沈められ殺人紛いな体罰を受ける、体罰により弱って動けない身体へ更にラグビーボールを何度も腹に投げつけられる等の執拗な体罰を受け、写真部顧問の新見悦男からは、表向きは思いやる教師を演じるものの、裏では宮崎を辱める写真を送ったり、留加の母の卑猥なコラージュ写真を誠の机に入れ、それら全ては誠がやったように操作し、宮崎や生徒達の憎悪が誠へ向くよう仕向けた。さらにはお金がなくカメラが買えない誠に自身の古いカメラを譲ったものの、衛や森田には『誠が盗んだ』と間接的に思い込ませ、誠への感情を不信に変える等の悪質な嫌がらせを繰り返した。誠がクラスのイジメから助けた元イジメられっ子の武藤和彦は、家庭教師や塾に通わずとも学年トップを取った誠に激しく嫉妬し、イジメグループのリーダー格になり執拗なイジメを続けるようになる。一方、親友であるはずの留加は、深層では誠に想いを寄せるが、彼を助けることによるクラスの生徒達からの報復への恐れから、誠と二人の時は友人関係を続けるものの、生徒達に苛められていても助けることはなく見ているだけであった。一時は森田と誠を守ることを約束し、クラスの中でも友人関係を続けることになったが、新見の操作した罠により芽生えた誠への不信感から、誠を影からイジメるようになる。誠は友達だと思っていた留加に対しても次第に不信感を持ち信用出来なくなっていった。また、不幸にもクラス担任の森田千尋はおろか、唯一の理解者となり得るはずの父親の衛も、誠の異変が酷いイジメによるものであることを見抜けず、誠に暴力を振るったり、責めるようになった。誠の精神状態は限界に達しており、ついには登校拒否になる。誰からも信用されなくなった誠は、神戸の実母の墓で一人うなだれるように泣いていた。そんな誠を見た衛が「元の学校に戻ろう」と提案、衛から思いがけずにかけられた言葉に誠は泣き崩れ、実母の墓の前で父子は和解し絆を取り戻した。しかし誠は衛の言葉が励みになったのか、衛に迷惑をかけまいと修和学園に通い続けることを選択した。だが、修和学園で誠へのイジメはピークに達する。登校早々イジメグループ達に屋上に連れてこられた誠は、イジメグループの一員でウサギ殺しの犯人が留加であった事実を知り、誰も信用出来なくなっていた。今回の屋上でウサギ殺しと同じように誠の血を注射器で抜くと提案したのも留加であったが、注射器を誠に刺す寸前で留加が思い止まった為、和彦が注射器を誠の腕に突きつけた。誠は刺される寸前で校内の屋上の足場の悪い屋根の上まで登り、追い詰められる。誠の状況に留加は咄嗟に正気を取り戻し、危ないからこちらへ来るよう説得し手を差し伸べるが、留加を信用出来ない誠はその手を拒否する。瞬間、誠は足を滑らせ屋上から落下した。, 誠の屋上から落下後、生死は分からないが動かなくなったため、屋上で誠を追い詰めた和彦達イジメグループの生徒はどうにかこの事件を自殺に見せかけ隠蔽しようとする。誠はその後病院へ送られ、一時は一命を取り留めたものの、容態が悪化し死亡してしまう。