日経BPのテクノロジーを核とした商品をご紹介します。, 受講者3000名以上!超・実践型マネジメント研修 6日間講座、異業種交流をしながら、真のリーダーシップを学ぶ!ミドルマネジャーに必要となる「知識・スキル・マインド」を徹底的に鍛えます!, 初公開となる「ノドン」準中距離弾道ミサイル(MRBM)の弾頭に弾頭に空力操舵面が付いたノドン改良型ミサイル. 新事業・サービスの開発や中期計画策定に役立つ

日経BPのテクノロジーを核とした商品をご紹介します。, 受講者3000名以上!超・実践型マネジメント研修 6日間講座、異業種交流をしながら、真のリーダーシップを学ぶ!ミドルマネジャーに必要となる「知識・スキル・マインド」を徹底的に鍛えます!.

「誌面ビューアー」は、紙の雑誌と同じレイアウトで記事を読むための機能です。ウェブブラウザーで読みやすいようにレイアウトされた通常の電子版画面とは異なり、誌面ビューアーでは雑誌ならではのビジュアルなレイアウトでご覧いただけます。スマートフォン、タブレットの場合は専用アプリをご利用ください。 詳細を読む, 「クリップ機能」は、また読みたいと思った記事や、後からじっくり読みたいお気に入りの記事を保存する機能です。クリップした記事は、メニューから「マイページ」を開き「クリップ」を選ぶと一覧で表示されます。 詳細を読む, 日経ビジネス電子版では、閲覧を制限している状態を「鍵が掛かっている」と表現しています。有料会員としてログインすると、鍵の有無にかかわらず全ての記事を閲覧できます。登録会員(無料)でも、月に一定本数、鍵付き記事をお読みいただけます。 詳細を読む, 記事の内容やRaiseの議論に対して、意見や見解をコメントとして書き込むことができます。記事の下部に表示されるコメント欄に書き込むとすぐに自分のコメントが表示されます。コメントに対して「返信」したり、「いいね」したりすることもできます。 詳細を読む, 記事末尾の「投票」ボタンを押すことで、その記事が参考になったかどうかを投票する機能です。投票できるのは1記事につき1回のみ。投票の結果はすぐに反映され、トップページの記事リストなどにも表示されます。評価の高い記事を選んで読むといった使い方ができます。 詳細を読む, 「この連載の続きが読みたい」「この議論の展開を見届けたい」と思った時に便利な機能です。「連載をフォロー」「シリーズをフォロー」は、その連載の新着記事が配信された際に、「議論をフォロー」は、その議論に新しいコメントがついた際に通知されます。 詳細を読む, 太陽節軍事パレードに登場した新型ICBMと運搬車両(朝鮮中央テレビよりキャプチャー), 優れた戦略立案は確かな情報源から。

中国人「日本人が中国の軍事パレードとドラえもんをシンクロさせちゃった」 中国人「だははははは!」「ドラえもんの破壊力すごすぎ」 じゃぽにか反応帳 世界一臭い缶詰を車の中で開けた外国人の末路 … 発射実験が最近相次いだことから、メディアの報道はSLBM(潜水艦から発射する弾道ミサイル)に集まっているが、最も注目すべきは、射程1万km級と目される新型の大陸間弾道ミサイル(ICBM)が登場していることだ。, 先に言っておくと、このICBMはまず間違いなくモックアップ、実物大の模型だ。では、単なるこけおどしだから心配は要らないのか? そうではない。パレードでのお披露目は北朝鮮が世界に向かって「このサイズのICBMに核弾頭を搭載するまで技術開発を止めない」という宣言であり、その意味するところは重大だ。米トランプ政権は、北朝鮮に対して「核兵器開発を止めよ」という圧力を掛けているが、北朝鮮はそれに応じず、「どんどん賭け金をつり上げるぞ」と意思表示をしているのだ。, 4月15日は、北朝鮮建国の父とされる故・金日成主席の誕生日で、同国では「太陽節」という最大級の祝日である。パレード会場となった平壌の金日成広場には、金正恩朝鮮労働党委員長以下の国家首脳部が列席した。, (※詳しくは「北朝鮮のミサイル、固体推進剤で脅威度急上昇」:2017年2月21日、及び「北朝鮮、ムスダンの開発の異常なペース」:2016年6月30日、を参照。特に、固体推進剤を使うICBMがどれだけ脅威なのかをご存知ない方には、前者をぜひお読みいただきたい), 「宇宙開発の新潮流」のコラムなのに北朝鮮のミサイルが題材になっていることが、危機的状況に進みつつある現状を反映しているようだ。, 金正恩を私たち日本人とモノサシで測ることは意味がないと思う。彼は既に尋常ではないし、いかれているという前提で、筆者のような理路整然とした記事を希望します。, この記事を読む前に、『開戦前、国家は密かに“予行演習”を実施する:米朝戦争勃発? 「1939年の欧州情勢」から考える』を読んだので、この筆者はかなり悠長な人だなと思った(多分、北朝鮮と同じレベルの危機感なのだろう)。実際、現在の状況はこの記事よりも、『開戦前、・・・』の記事の方が信憑性があるように思った。米国が、アフガニスタンで大規模爆風爆弾『GBU43』を使用したのは、北朝鮮での実戦に向けた予行演習だと考える方が現実に即しているように思える。恐らく、金正恩の居住屋をピンポイントで狙えることを示唆していると思う。放射能の問題なしに、一掃できるので周りの国にも迷惑が掛からない。核爆弾は使用しない事に意味があるのなら、大規模爆風爆弾『GBU43』は使用することに意味があるので、ハリボテICBMのパレードを含めて、発射の理由作りは進んでいるのだなあと思った。, 流石と言うかやっとと言うか普通の事を指摘をしてくれる方が出て嬉しいです。北朝鮮がICBMを持っていてもいなくても軍事パレードにミサイルの実弾を持ち込むはずがありません。世界中のどこの国の軍事パレードでもです。戦車や戦闘機は本物でも爆弾関係はすべからく模型です。実践でも無いのにそんな危険な物を持ち込んで万が一事故でもあったら観客、特にVIPはどうなるでしょうか?また暗殺に利用されるかもしれませんし。なのであれがモックアップだと言うことは前提条件であって今更有る無い、本物、偽物などと騒ぐほうが可笑しい。ミサイルが未完成であってもミサイルキャリアは本物だろうし大きさもキャニスターが本物のサイズだと仮定すると大体の大きさは察せます。それにロシアのミサイルキャリアに酷似しているのは一見して分かりました。ロシアか中国から購入したのかパクったかそんな所でしょう。むしろ脅しで公開するにしても将来であったとしても同じものの実物を配備するぞと言うプレゼンス効果は有るわけで完全に秘密裏にされるよりむしろありがたい。ミサイルキャリアとモックアップだけでも色々な性能上の想定ができますから。, 情緒的かつ、情けない他力本願的な「先制攻撃願望論」があふれている中、極めて洞察の深い記事です。筆者と日経ビジネス編集部に敬意を表します。後続記事も楽しみにしています。, 日経ビジネス電子版のコメント機能やフォロー機能はリゾームによって提供されています。.

「誌面ビューアー」は、紙の雑誌と同じレイアウトで記事を読むための機能です。ウェブブラウザーで読みやすいようにレイアウトされた通常の電子版画面とは異なり、誌面ビューアーでは雑誌ならではのビジュアルなレイアウトでご覧いただけます。スマートフォン、タブレットの場合は専用アプリをご利用ください。 詳細を読む, 「クリップ機能」は、また読みたいと思った記事や、後からじっくり読みたいお気に入りの記事を保存する機能です。クリップした記事は、メニューから「マイページ」を開き「クリップ」を選ぶと一覧で表示されます。 詳細を読む, 日経ビジネス電子版では、閲覧を制限している状態を「鍵が掛かっている」と表現しています。有料会員としてログインすると、鍵の有無にかかわらず全ての記事を閲覧できます。登録会員(無料)でも、月に一定本数、鍵付き記事をお読みいただけます。 詳細を読む, 記事の内容やRaiseの議論に対して、意見や見解をコメントとして書き込むことができます。記事の下部に表示されるコメント欄に書き込むとすぐに自分のコメントが表示されます。コメントに対して「返信」したり、「いいね」したりすることもできます。 詳細を読む, 記事末尾の「投票」ボタンを押すことで、その記事が参考になったかどうかを投票する機能です。投票できるのは1記事につき1回のみ。投票の結果はすぐに反映され、トップページの記事リストなどにも表示されます。評価の高い記事を選んで読むといった使い方ができます。 詳細を読む, 「この連載の続きが読みたい」「この議論の展開を見届けたい」と思った時に便利な機能です。「連載をフォロー」「シリーズをフォロー」は、その連載の新着記事が配信された際に、「議論をフォロー」は、その議論に新しいコメントがついた際に通知されます。 詳細を読む, 「ギフト(β版)」は有料会員がお知り合いに有料記事をプレゼントできるを機能です。有料記事に設けた「ギフトボタン」を押してシェア用のURLを発行。そのURLをメールやSNSで送れば、どなたでも24時間以内なら無料で記事をお読みいただけます。 詳細を読む, 北朝鮮は10月10日、朝鮮労働党創立75周年を記念する軍事パレードを実施した(2020年10月10日)(提供:KCNA/UPI/アフロ), 優れた戦略立案は確かな情報源から。 北朝鮮は10月10日、朝鮮労働党創立75周年を記念する軍事パレードを実施した。ミサイルの登場に耳目が集まったが、ここではパレードに参加した部隊に注目する。その1つは、社会安全軍武装 …

大祖国戦争の戦勝75年を祝う軍事パレードが10時、モスクワの赤の広場で開始された。 赤の広場でのパレードには1万4千人を超す軍人、歴史に残る、また最新の陸上軍事機器234台、軍用機75機が参加する。 10月10日の午前0時から始まった朝鮮労働党創立75周年記念閲兵式(パレード)は、その日の午後7時になって報道された。朝鮮労働党創立記念閲兵式は1995年に始まりおよそ5年ごとに実施されてきた。実況中継ではなく録画方式の閲兵式報道は、2018年以来、3回目である。, この閲兵式について、メディアは新型ミサイルばかりに注目したようであるが、あまり驚くようなものではなかった。新型ミサイルが出てくることは、これまでの北朝鮮の報道からも事前に予想されていたことだ。しかも、「北極星4型S(ㅅ)」を「北極星4型A」と誤報するメディアもあったぐらいで、かなり慌てていたようである。, この閲兵式では今まで明らかにされていなかった部隊が数多く登場した。朝鮮中央放送のナレーションによると、53の徒歩縦隊と22の機械化部隊縦隊が参加したという。ナレーションだけでも、海上狙撃兵や空中狙撃兵、化学兵部隊、電子かく乱作戦部隊(サイバー部隊)など、それまで見たことがない部隊が次々と現れた。その1つにキム・グァンヒョン中将が率いる社会安全軍武装機動部隊があった。, 社会安全軍そのものの存在はこれまでの報道でも知られてきたが、閲兵式では初めて姿を現した。これは朝鮮人民内務軍が名称変更したものである。朝鮮人民内務軍は北朝鮮の治安組織に属する準軍事組織であり、国境や軍事境界線などに展開している。もともとは、人民警備隊という名称で、朝鮮人民軍と並ぶ「2大軍事組織」と呼ばれていた。この人民警備隊が朝鮮人民内務軍と改称し、それが再び社会安全軍と改称したのである。, なぜ名称変更したのかというと、朝鮮人民内務軍を管轄する人民保安省(日本の警察庁に該当)が社会安全省に改称したからである。朝鮮人民内務軍が北朝鮮の報道に最後に登場したのは、『労働新聞』2020年5月1日付の記事であった。人民保安省が北朝鮮の報道に最後に登場したのは、『労働新聞』2020年5月24日付の記事であった。それは、5月23日に開催された朝鮮労働党中央軍事委員会第7期第4回拡大会議に関する報道である。, 「朝鮮労働党が核抑止力の強化を機関決定」の回で論じたように、5月23日に同中央軍事委員会拡大会議では、「新しい部隊を組織、編成して威嚇的な外部勢力に対する軍事的抑止能力をさらに完備する」ことが議論された。実は、これを報じる記事の最後の方に「安全(治安)機関の使命と任務にふさわしく軍事指揮体系を改編することに関する命令書」に金正恩が署名したことも報じられていたので、軍隊だけでなく、治安機関も再編成することが分かっていた。それが実行されたことが分かったのは、意外とすぐであった。, 6月2日に朝鮮海外同胞援護委員会のウェブサイトである「柳京」が記事で、人民保安省ではなく社会安全省と報じた。人民保安省は、以前は社会安全部であったため、社会安全省は人民保安省が改称したものであることは容易に推測できた。さらに、『労働新聞』2020年7月25日付の記事が「社会安全軍チェ・グァンユン所属部隊」に言及した。チェ・グァンユン所属部隊は、『労働新聞』2019年5月30日の記事で朝鮮人民内務軍の部隊として出てきたので、朝鮮人民内務軍と社会安全軍が同じものであることが分かる。, ただし、閲兵式で出てきた武装機動部隊は同定される既存の部隊が見当たらない。新設だとも考えられる。閲兵式で出てきた黒ずくめの装備を見ると、日本のSAT(特殊部隊)や米国のSWAT(特殊急襲部隊)のような治安特殊部隊のようである。治安強化のために、重犯罪、特にテロ対策に力を入れていることを示しているのであろう。, 海外で起こる様々な事件・事象を専門家が斬る。歴史的にどのような位置づけにあるのか、背景を解説。次に何が起こるのか、その展望を…, 日経ビジネス電子版のコメント機能やフォロー機能はリゾームによって提供されています。.

ワシントンd.c.で軍事パレードを実施するというトランプ大統領の計画は、まだ初期段階にあるようだ。計画は、軍事パレードをやることで与えるメッセージに対する批判だけでなく、すでに予算の問題にも直面している。米軍のパレードはこれまで、ハリー・ Copyright © 2020 Nikkei Business Publications, Inc. All Rights Reserved. 中国人「日本人が中国の軍事パレードとドラえもんをシンクロさせちゃった」 中国人「だははははは!」「ドラえもんの破壊力すごすぎ」 - じゃぽにか反応帳 米国との関係が緊迫する中、北朝鮮は4月15日に平壌で軍事パレードを実施した。 発射実験が最近相次いだことから、メディアの報道はslbm(潜水艦から発射する弾道ミサイル)に集まっているが、最も注目すべきは、射程1万km級と目される新型の大陸間弾道ミサイル(icbm)が登場していることだ。

Sputnik / Ekaterina Chesnokova, バイオエヌテック社代表 ファイザー社と共同開発した新型コロナワクチン接種後の抗体の効果期間についてコメント, 憎悪を煽り立て、人種・民族・性・信教・社会的差別を助長し、少数者の権利を迫害するもの, 他のユーザー、個人ないし法人に対する中傷や脅迫を含み、その名誉や尊厳を傷つけ、または社会的評判を貶めるもの, 商業的目的を持った発言、適切でない広告、違法な政治的宣伝または、そうした情報を含む別のサイトへのリンクを含むもの, スパムを含み、スパムの拡散やメッセージの大量配信サービスおよびインターネットビジネスのための素材を宣伝するもの, そのコメントが、同一または類似の内容を持つ大量のコメントを投下する行動の一環をなす場合(フラッシュモブ), 内容の稀薄な、または意味の把握が困難ないし不可能なメッセージを大量に投稿した場合(フラッド), インターネット上のエチケットを乱し、攻撃的、侮辱的、冒涜的振舞を見せた場合(トローリング), テキストの全体または大部分が大文字で又は空白無しで書かれるなど、言語に対する尊敬を欠く場合, 上記規則への違反と認められ、アクセス禁止措置が取られる理由となった行動に対する説明. 大祖国戦争の戦勝75年を祝う軍事パレードが10時、モスクワの赤の広場で開始された。, 赤の広場でのパレードには1万4千人を超す軍人、歴史に残る、また最新の陸上軍事機器234台、軍用機75機が参加する。, パレードにはまた、アゼルバイジャン、アルメニア、ベラルーシ、インド、カザフスタン、キルギス、中国、モルドバ、モンゴル、セルビア、タジキスタン、トルクメニスタン、ウズベキスタンの13か国からの軍人らも参加している。, https://cdn1.img.jp.sputniknews.com/img/756/39/7563900_0:34:3072:1762_1200x675_80_0_0_0195908d5e82b47eba83de83306d18cc.jpg.webp, https://cdn1.img.jp.sputniknews.com/i/logo.png, https://jp.sputniknews.com/russia/202006247563814/, 下記の「登録」ボタンをクリックすると、貴殿の個人情報の処理と、個人情報保護方針への貴殿の同意が確認されたことになります。, プロフィールが削除されました。プロフィールの再現は削除後30日以内であれば、登録の際のこちらからの送信メールにあるアドレスから可能です。, ソーシャルネットワーク上のユーザーアカウントを通じてスプートニクのサイトでユーザー登録および認証を受けたという事実は、本規約に同意したことを意味する。, ©

新事業・サービスの開発や中期計画策定に役立つ 日本時間10日午後7時より録画という形で放送された朝鮮労働党の創立75年の軍事パレードで、これまで公開されていなかった火星16(Hwasong-16※正式名は不明)と考えられる超大型大陸間弾道ミサイル、及び北極星4A(Pukkuksong-4A)という潜水艦発射弾道ミサイルをそれぞれ発表し Copyright © 2020 Nikkei Business Publications, Inc. All Rights Reserved.