どこの国でも、一人や二人はいますけれどね。, 名実共にロシアの主、そして皇帝として戴冠したのは、イヴァン4世が17歳の時のことでした。, 「ツァーリ」という称号はこれ以前からありましたが、この称号を戴いたうえで戴冠したのは、イヴァン4世が初めてだったのです。, イヴァン4世の誕生にはケチをつけた正教会も、戴冠式で皇帝に冠を授けることで権力を誇示できたので、溜飲を下げた感があります。, それまでは母方の親戚がデカい顔をしていたのですが、イヴァン4世の即位と同じ年に起きたモスクワ大火の責任を疑われて失脚しました。 Федоров. (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 検索ボックスにお好みのキーワードを入れて下さい。当サイト内の記事を探せます。 М.: Наука, 1984. ロシアの面積は、なんと! 日本の約45倍もある世界一広い国です。 ここで、いきなり補足です。 ロシアは周辺の14の国とともに、以前はソ連(ソビエト連邦)という強力な社会主義連邦の大国を形成していました。 ということは! ソ連時代には、今よりももっと面積が広かったわけだね。 1991年にこのソ連が解体して、15の国が分離独立をしますが、ロシアは面積的にソ連の大部分を占めていたので、今でも世界一の大国というわけなんだ。 ソ連というキーワードは、社会を学習する上でも大切な用語な … キエフ・ルーシのキリスト教化(英語版))、スラヴ語を書きあらわすための文字としてキリル文字がもたらされるなど、正教世界の進んだ文化がルーシへと取り入れられていった。, また、ウラジーミルは依然として様々な勢力が入り乱れていたルーシをキエフ大公国のもとにほぼ統一することに成功するが、同時に息子たちの間に支配下の都市を分封して公に立てたために、これ以降、ルーシは本家筋であるキエフ大公国を盟主としつつも、リューリク・イーゴリ兄弟を始祖とするリューリク家の成員を公とする数多くの小国家へと再び分割され、12世紀頃にはキエフ公国の衰退にともなってウラジーミル大公国を中心とする北東ルーシ諸公国、北西ルーシで貴族共和制を実現したノヴゴロド公国、ルーシ西部を支配し、ルーシの都キエフを支配しつづけたハールィチ・ヴォルィーニ公国などのいくつかの地域ごとの政治的なまとまりへと分裂していった。, 13世紀、ルーシは東西の勢力による厳しい挑戦を受けることとなった。 下のロシア人「日本人女はただ醜いだけではなく、曲がった足や汚い歯並び、けむくじゃらのま こなど嫌の要素を詰め込んでいます」 ... なんj 「バズーカ」「キャノン」「ランチャー」←ゲームのこれらの武器、差別化できない説 . 353 c. организации и кружки середины 60-х — начала 70-х годов: В.А. アルコールの消費量には一般的な基準があり、同時にそれは安全な摂取量でもあります。 しかし、ロシア人は一人当たり平均して年間15リットルのアルコールを消費し、この量は専門家が危険と考える二倍弱の量。 まさに、おそロシアの意味が分かる象徴的な事実の一つです。 一方で、このおそロシアな事実に関しては、ロシアのことを知っていれば決して驚くに値しないでしょう。 というのも、ロシア人がウォッカを愛して止まないのは有名で、また他のアルコールもよく飲みから。 ちなみに、そのウォッカ… こうして若き皇帝は、さっそく親政を行っていくことになります。, また、貴族のロマノフ家からアナスタシアというお嬢さんを妃に迎え、プライベートでも充実した生活を送っていたようです。, 後々ロマノフ家が皇帝になるのは、このとき皇帝の姻戚になっていたことも大きいのだとか。ロマノフ朝の初代ミハイル・ロマノフは、アナスタシアの兄ニキータの孫にあたります。, イヴァン4世はさまざまな政治改革を行って、ロシアを発展させていきました。 その彼女がいなくなっては、イヴァン4世の激しい部分が抑えきれなくなるのも時間の問題でした。. どんな人だったのか、さっそく生涯を追いかけてみましょう。, ……と、その前に当時のロシアがどんなところだったかを簡単にお話しておきましょうか。, 「おそロシア」なんて囁かれたりするロシア。 モスクワ大公国という国ができた14世紀中頃から、モンゴルに反撃できるようになっていきます。, イヴァン4世のじーちゃんであるイヴァン3世の頃には、モンゴルの支配から完全に脱することに成功。 【悲報】ロシア「ソ連はアジアで暴虐の限りを尽くした日本からアジアを解放した」【なんj】 歴史 歴史-WW2 1:風吹けば名無し 2020/08/13(木) 20:26:57.87 ID:4EcRDqFb0 国家の個性や国民性の違いって面白いですよね。 なんj. 気候や周辺国との位置関係、はたまた食べ物や行事などいろいろなところに現れますが、少なからず影響を与えているのは、歴代の支配者でしょう。 Формирование государственной территории Северо-Восточной Руси в X—XIV вв. № 3158-II ГД, МВД России по вопросам о правопреемстве Российской Федерации, принципе континуитета и репатриации, Правового управления Аппарата Совета Федерации Российской Федерации на справку МВД России, “Think tank claims Communists won 2011 polls, officials call in shrinks”, http://rt.com/politics/russian-think-tank-says-communists-won-2011-polls-authorities-call-shrinks-in-190/, http://sankei.jp.msn.com/world/news/140315/erp14031507570005-n1.htm, 4 ноября. М., 2012, Хорошкевич А.Л.Символы русской государственности.— М.: Издательство МГУ, 1993.—, Rus | historical state|publisher=Encyclopedia Britannica. 例)帰蝶、織田信長, 本サイトはリンク報告不要です。 が、国が大きくなる前に、東西両方向からイヤなお客さんがやってきました。, 西からはカトリックを布教する騎士修道会、東からは中世世界史でお馴染みのモンゴル帝国です。, 13世紀はそんなこんなで国が強くなる余裕もありません。 「おそロシア」なんて囁かれたりするロシア。 そんな雰囲気になったのは、長い歴史の中ではさほど昔ではありません。 今日「ロシア」と呼ばれる国は、現在のウクライナ付近から始まりました。 ヨーロッパでフランク王国ができ、北欧ではヴァイキングがいろいろやっていた頃にあたります。概ね88~10世紀くらいでしょうか。 都市国家がいくつかできていき、その中で中心になったのがキエフでした。現在はウクライナの首 … その後、国家は大きく領土を拡大し、汗国のジョチ・ウルスを併合した。そしてロシア・リトアニア戦争(ロシア語版)に敗れたリトアニア大公国は、国家の独立を失い、南ロシアの土地をポーランドに譲渡した。 XX в. Шествие и митинг, посвященные событиям на Украине и в Новороссии, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=ロシアの歴史&oldid=80089211. それまでロシアの政治は大貴族による会議を主軸にしていましたが、もう少し勢力の弱い中小貴族や聖職者なども参加できるようにしています。, また、地方の政治についても代官を送るのではなく、自治を行わせることによって政治の腐敗を防ごうと試みました。, ロシア正教会についてはあまり幅を利かせないよう、「皇帝の許可を得なければ領地を増やせない」という制度を作っています。この後もロシア皇帝とロシア正教会は静かな戦いを続け、両者の力関係がはっきりするのはピョートル1世の時代のことです。, 当初はこのような先進的な政治を行っていたのですが、23歳のときに患った大病が治ったころから、イヴァン4世に少しずつ暗雲が立ち込めてきます。, 快癒を神に感謝するための巡礼からの帰りに皇太子を失ったり、対外戦争の戦況が思わしくなく、近臣に対して疑いを抱いたり……挙句の果てに、愛する妻・アナスタシアが若くして亡くなってしまいました。, アナスタシアのブロンズ像/photo by Дар Ветер  wikipediaより引用, アナスタシアはイヴァン4世の短気ぶりをうまくなだめすかして、家庭でも国政の上でも空気を和らげていたのです。 18世紀から19世紀にかけて、国家は絶えず拡大を続け、バルト三国、黒海北部地域、コーカサス地域、フィンランド、中央アジアをポーランド分割の間で獲得し、ザカルパッチャを除くロシアの旧領地のすべてを支配した。19世紀初頭、ロシアはナポレオンを撃破(1812年ロシア戦役)し、数十年にわたって「ヨーロッパの中央国家」となった。1825年に君主制を制限して、奴隷制を廃止しようとしたデセンブリストの蜂起は鎮圧された。その後も、いくつかの革命が起きたが、成功には至らなかった。1861年には奴隷制は廃止されたが、1905年から1907年の革命までは、土地の償還金という形で農民の封建的な依存の形態が実際に温存されていたため、市民の間でかなりの不満が生じた[3]。, 奴隷制廃止後に可能となった農民の都市への流入は、19世紀末の産業革命につながるとともに、革命運動が大きく発展し、帝政ロシアを打倒するための革命集団が出現した。20世紀初頭には、政治的、社会的、経済的に危機的状況に陥り、日露戦争にも敗れた。1905年のロシア第一革命の影響で、権力は議会を再設置し、基本的な権利と自由、私有地の所有権を認めるようになった。第一次世界大戦へのロシアの参戦は、国内の問題を悪化させ、最終的には1917年の2月革命と10月革命とロシア内戦の勃発につながった。, レーニン率いるボリシェヴィキは社会主義国家建設の道を歩み、内戦とシベリア出兵の勝利を経て、バルト三国、ポーランド、フィンランドの独立を認め、旧ロシア帝国の領土の大部分にロシア・ソヴィエト連邦社会主義共和国の権力を確立した。1922年にはソ連が設立された。1920年代にスターリンが政権を握ると、工業化、集団化、そして大粛清の時代が始まった。ソ連は工業生産のレベルで世界第2位となった[4]。スターリンの統治時代に、第二次世界大戦が勃発し、「大祖国戦争」が起きた。ナチス・ドイツと枢軸国を撃破し、4年間の戦闘で約2700万人が犠牲となった[5][6]。ソ連はナチス・ドイツの敗北に決定的な貢献し、東欧・中欧諸国を「解放」して、バルト三国を併合した。終戦後、ソ連は超大国の1つとなり、アメリカとの冷戦に突入し、北大西洋条約機構(NATO)とワルシャワ条約機構(WTO)が対立した。, 20世紀半ば、ソ連は経済力、軍事力、科学力を積極的に高めて、1961年には世界初の有人宇宙飛行を成し遂げた。1980年代になると、国は経済・政治運営の「停滞期」に陥る。これを打開しようとしてゴルバチョフはペレストロイカを実行したが、この改革の試みは結果的にソ連共産党解体とソ連崩壊につながった。, ロシアの近代的な独立国家であるロシア連邦は、1991年12月に建国宣言をした。ロシアはソ連の正当な継承国で、国連安全保障理事会の常任理事国、ソ連の核兵器を保持していた。私有財産が認められ、市場経済のための進路が取られたが、1990年代後半の経済危機でデフォルトに陥った。2000年以降、プーチンの下でロシアの外交政策が強化され始め、数々の社会・経済改革が行われたことで、経済が大幅に成長し、国内の縦割り権力が強化された。2014年、ウクライナでの市民対立の激化と政権交代を経て、クリミア半島がロシア連邦に併合されたことで、多くのEU諸国や米国が鋭く否定的な反応を示し、ロシアに対して経済制裁を科した。, ロシア史として記述される歴史は、ロシアという国家の単線的な歴史であると同時に、歴史上ロシアに内包されたり、かかわりをもったりしてきた様々な人々が出入りする複雑な歴史でもある。, ロシア(ギリシャ語:Ρωσία)という名前は、東ローマ帝国皇帝コンスタンティヌス7世が「儀式について(英語版)」と「帝国の管理について(英語版)」で名前の原型であるルーシという名前を10世紀に付けた[7]。キリル文字での記録で「ロシア (Росия)」という言葉が最初に使われたのは、1387年4月24日である[8]。その後、15世紀の終わりから16世紀の初めに、頻繁に「Росия」または、「Русия (ルシア)」が使われ、ロシア北東部の自称としての地位を確立した。最終的にピョートル1世によって「Росия」に「с」を付け加えた現在の「Россия」という形が確立した[9]。, ロシアは、1917年3月8日に起きた2月革命の結果、同年3月16日にロシア臨時政府が設立されその後、十月革命によりロシア・ソヴィエト連邦社会主義共和国 (RSFSR)が成立した。 1922年12月30日、RSFSRは他のソビエト共和国と共にソ連を設立し、非公式に「ロシア」と呼ばれていた。, 1991年12月25日のソ連崩壊後、ソビエト連邦人民代議員大会はRSFSRをロシア連邦[注釈 1](ロシア)に改名する法律を採択した。, 1998年10月23日、ロシア連邦議会の連邦院は、「ロシア帝国[注釈 2]、ロシア共和国、ロシア・ソヴィエト連邦社会主義共和国、ソ連、ロシア連邦は、同じ国家であり、国際法でも同じ対象であり、その存在は消滅していない」ことを確認した[10]。, 国際的な継承の問題は、条約に関する国家の継承に関するウィーン条約 (1978年)および国家財産、公文書館および債務に関する国家の継承に関するウィーン条約[11][12]によって規定されている。1991年12月4日のソ連の対外公的債務及び資産に関する継承に関する条約では、継承を次のように定義している。, この定義は、1978年ウィーン条約第2条に最初に定められたものである。1983年ウィーン条約第2条にも含まれている[注釈 3][12]。, ロシア連邦は継承国であり、ソ連は前身国である。ソ連は、1917年11月7日まで存在していたロシア臨時政府の継承国である。そして最後に、ロシア臨時政府はロシア帝国の継承国となっている。このように、形式的・法的な意味では、ロシア連邦はロシア帝国(ロシア国家)の継承国である。しかし、ロシア連邦は、直接ではなく間接的に、上記のような一連の流れを踏襲して、ロシア帝国の後継国となっている。同時に、上記のどの段階においても、前身国からの継承が完全に認められていないことが明らかである[11]。ロシア連邦はソ連の後継者であり、ソ連が認めたロシア帝国とロシア臨時政府の国際的な義務のうち、ロシアが自主的に引き受けることに同意したものの範囲内での継承国である[12]。, 現在のロシア連邦のヨーロッパ部分の西部と、ウクライナの北部、そしてベラルーシにあたる地域には、ゲルマン人の東方への移動後、東スラヴ人と呼ばれるスラヴ人の一派が居住するようになっていた。スラヴ語を話し、森林地帯での素朴な農耕生活を送っていた彼らの西にはバルト諸語を話す人々、東や北にはフィン・ウゴル諸語を話す人々が彼らと同じような生活を送っており、南の黒海北岸のステップは様々な言語を話す遊牧民の天地であった。やがて、この地域の遊牧民の多くは言語的にテュルク系に同化し、突厥の大帝国が崩壊した後は、ヴォルガ川の下流でハザール可汗国を形成した。, やがて、西ヨーロッパでフランク王国などのゲルマン人の王国が形成された頃、北西のスカンディナヴィア半島でノルマン人(ヴァイキング)たちが活動を活発化させ始めた。海賊・侵略行為のみならずバルト海・北海での交易に携わったノルマン人は、その航海技術を生かしドニエプル川をつたって黒海に出て、はるか南の東地中海地域で経済的に繁栄する東ローマ帝国との交易にも乗り出した。, また、ハザールを経由したイスラム帝国の交易も盛んに行われていたために、これらの二つの交易ルートを通して東スラヴ人たちはノルマン人とハザール人の影響を受けて国家の形成に向かい始めた(ヴァリャーギからギリシアへの道)。一方で、ノヴゴロド方面へ進出したノルマン人たちは、ヴォルガ川を下り、カスピ海方面にも達している。彼らは、ルーシ以前のロシアを「ガルダリケ(英語版)」(古ノルド語: Garðaríki)と呼んだ。, 後の時代のルーシ人が残した年代記によると、862年にノルマン人のリューリクが交易都市ノヴゴロドの公(クニャージ)となり、リューリクの一族が東スラヴの居住地域に支配を広げていく過程で、東スラヴ人の間でいくつかの国家が形成され始めた。これらの国々があったこの地域は、リューリクの属する部族ルスの名前にちなんでルーシと呼ばれるようになるが、このルーシという地域名が、のちに「ロシア」という国名と結びつけられるようになる。, しかし「ロシア」という言葉は、中世時代のギリシア人がルーシに対して使った言葉であって、ルーシ人自身は自分たちの国を「ルーシ」と呼んでいた。やはり年代記の伝えるところによると、882年にリューリクの子イーゴリは一族オレーグの助けによりドニエプル川中流の交易都市キエフを征服し、キエフをルーシの中心に定めたという。, 史実としての真偽はともかくとして、バルト海に近いノヴゴロドからキエフを経て黒海に出る道が同じ一族に属する支配者の手によって統合された。オレーグとイーゴリは周辺の諸部族の間に勢力を広げ、イーゴリを始祖とする歴代のキエフ公のもとにルーシへと国家権力を形成していった。この一族はノルマン系であるとされているが、10世紀までには、スラヴ系へと急速に同化していったと言われている。, 10世紀末にはキエフ公のウラジーミル大公が東ローマ帝国からキリスト教を受容してルーシは国をあげて正教会の信徒となり(cf.