・フルLED加工, FullFluxLED仕様で製作しています。広角FluxLEDを採用していますので明るさ、斜めからの視認性も抜群です!, 通常右側のみがリアフォグですが、左側にもリアフォグを追加して左右とも点灯するようにしています。, BP系後期レガシィワゴンのLEDリアフォグ&バックランプ加工品はかなり珍しいです。, 同じ仕様のリアフォグ&バックはまず見かけないので、イベントや街乗りでも注目度は高いです。, 他の人とは違ったカスタムを検討されている方におすすめのLEDリアフォグ&バックランプです。. スバル プレオのシーケンシャルウインカー内蔵タイプ、純正クリアテール加工のフルLEDテールです。 プレオ メーカー:スバ ... スバル GC8(後期)インプレッサWRX/stiのシーケンシャルウインカー内蔵タイプ、純正後期ウィンカー加工のフルLED ... スバル インプレッサWRX stiバージョンⅠ~Ⅳ GC8前期・中期 LEDフロントウインカーです。 ビート メーカー: ... スバル WRX sti/WRX S4のシーケンシャルウインカー内蔵タイプ、純正テール加工のフルLEDテールです。 WRX ... Copyright© ワンオフLEDカスタム|spark7led , 2020 All Rights Reserved. 水平対向4 気筒NA エンジンを搭載する「2.5i」、また、ツーリングワゴン/ B4 /アウトバックに、全車速追従機能を持つSI レーダークルーズコントロー…, 今回の一部改良は、新ボディ色の設定、内装の質感向上、一部仕様装備の変更を実施するとともに、2.5?エンジン搭載車の追加設定を中心にラインナップの見直しを図り、シリーズ全体の商品力を強化。“常に進化を続けるレガシィ”を主眼に、モデルの熟成を図…, レガシィBP/BL B4 2.5i 、2.5i SI-Cruise/アウトバック 2.5i SI-Cruise. スバルの魅力~car-catalog.net~にお越しいただきまして、ありがとうございます。 こんにちは! 去年12月頃から左側のフォグランプが切れていて、ずっと放置していましたが・・・ 思い切って交換してみました。 【車名】LEGACY BP5 2.0GT Spec.B 5AT 【年式】2003年5月 A型 【排気量】2000cc 【エンジン】水平対向4気筒DOHC ターボ 【最高出力】260馬力(6000r… mixiユーザー 10月03日 00:45, [2] みなんさん、こんにちは。 理想の車がなかなか見つからないときは利用してみてください。 ふと気になったレガシィbp5のledリアフォグランプ。点灯させると、右側の4つが光りません。よく見ると、この4つだけledが入ってなく、ダミーとなっています。 2019/11/29

10月05日 20:49, [15] スバルの魅力~car-catalog.net~にお越しいただきまして、ありがとうございます。 10月03日 23:18, [11]

対象となるのは、2003年4月24日 - 2004年3月31日に製作された5383台。 スバル レガシィツーリングワゴンのフォグランプ交換(LEDバルブ)に関するどようのうさぎの整備手帳です。自動車情報は日本最大級の自動車sns「みんカラ」へ!

mixiユーザー ・カプラーオン取り付け  エンジン、シャ…, レガシィBP,BL ツーリングワゴン/ B4 に、燃費性能と経済性に優れる2.5? 【適合車種】 ※選択項目でレガシィの型式・年式をお選び願います レガシィツーリングワゴン bp系/br前期 (h15.6~h24.4) レガシィB4 bl系/bm前期 (h15.6~h24.4) こちらの商品は純正のフォグランプに社外hidを取付けてるお車の交換バルブになります また、旋回時のトレース性を高めるアクティブトルクベクタリングを新採用したほか、ホットプレス成形材をはじめとする高張力鋼板の採用範囲を拡大することで、軽量化を図りながら全方位からの衝突に対してトップレベルの安全性も両立した。, 6代目 BN/BS系(日本仕様・2014年 - 2020年、北米仕様・2014年 - 2019年), BE/BH型では、5ナンバーという制約内で側面衝突安全性を確保するため、Bピラー内に鋼棒を組み込むなど苦肉の策とも言える設計が一部採用されており、重量増加の一因ともなっていた。, 第1次世界大戦後の1923年に設立された、戦争未亡人や孤児などの援助基金「Legacy Australia」(, レガシィに搭載されているビルシュタイン製ダンパーは一貫してビルシュタイン社直営工場で生産されている。当時、ビルシュタイン社は富士重工業へのパーツ供給のため、新工場を建設している。, “【富士重からSUBARUへ】いまのスバルにつながる1980年代の英断、そして「レガシィ」が生まれた | clicccar.com(クリッカー)”, https://clicccar.com/2017/03/31/458788/2/, 特別仕様車 スバル レガシィ ツーリングワゴン 「TStypeR Limited」「Brighton-S」を発売, スバル レガシィ セダンをフルモデルチェンジ 『レガシィ B4(ビー フォー)』を発売, スバル レガシィ ランカスターに 「ランカスターADA(アクティブ・ドライビング・アシスト)」を追加, スバル レガシィ ツーリングワゴン/B4「BLITZEN 2001 model」を発売, スバル レガシィ ツーリングワゴン/B4 「BLITZEN 2002 model」を発売, 『富士重工業と理化学研究所 自動車部品の新しい加工技術「ELIDホーニング工法」を共同開発』, 特別仕様車 スバル レガシィ「EyeSight Sport Selection」を発売, https://www.subaru.co.jp/news/archives/13_10_12/13_11_14_93551.html, https://www.subaru.co.jp/news/archives/14_01_03/14_02_07_97783.html, “スバル 新型レガシィ アウトバック/B4 専用サイトオープン~10.24 LEGACY New SUBARU Quality はじまる~”, https://www.subaru.co.jp/news/archives/14_10_12/14_10_01_109914.html, https://www.subaru.co.jp/news/archives/14_10_12/14_10_24_110012.html, “スバル レガシィ アウトバック/B4を改良~アドバンスドセイフティパッケージを標準装備~”, https://www.subaru.co.jp/press/news/2015_09_10_1014/, “スバル 運転支援システム「アイサイト」が2015年度グッドデザイン・ベスト100に選出~レガシィ アウトバック/B4もグッドデザイン賞を受賞~”, https://www.subaru.co.jp/press/news/2015_09_29_1095/, https://www.subaru.co.jp/press/news/2016_09_08_2845/, “スバル 特別仕様車「LEGACY B4 SporVita」を300台限定発売~イタリアの老舗革製品サプライヤーMARIO LEVI社とのコラボレーション第二弾~”, https://www.subaru.co.jp/press/news/2016_09_08_2853/, https://www.subaru.co.jp/press/news/2017_02_03_3638/, https://www.subaru.co.jp/press/news/2017_09_04_4680//, https://www.subaru.co.jp/press/news/2018_09_10_6216/, https://www.subaru.co.jp/press/news/2019_09_03_7643/, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=スバル・レガシィ&oldid=80357221, 1989年9月、最上級グレードとして「EJ20G」のカムプロファイル、ターボチャージャー変更により、, 1992年11月、「Brighton」をベースにアルミホイール、リモコンキーなどを追加した, セダンのターボモデルである 「RS」 には「RSタイプR」「RSタイプRA」という、モータースポーツ向けのモデルが用意された。, 1989年9月に発売された「RSタイプR」は、RSから内装の装備を簡略化し、足回りなどを強化したものである。, 1989年11月に発売された「RSタイプRA」 の 「RA」とは 、「(10万km速度)記録挑戦=RECORD ATTEMPT 」に由来しており、 「RSタイプR」 に、, 1996年に行われたマイナーチェンジでは大林眞悟らが中心となってシャシー、エンジン他全域にわたって大幅に手が入れられた。スバルはこれをビッグ・マイナーチェンジと呼称。エクステリアデザインの小変更とは裏腹の「フルモデルチェンジに相当する大改良」により高評価を獲得。2.0L量産車初の280ps到達、, マイナーチェンジ後のワゴン・GT-B、セダン・RSの前後サスペンションには、量産乗用車としては乗用車としては初の, 1998年11月2日 特別仕様車として、TS typeRをベースにスポーティーな内外装を追加した「TS typeR Limited」と、量販モデルのBrightonをベースに装備を充実させた「Brighton-S」を発売, 1999年11月24日 レガシィB4発売1周年を記念して、RSをベースにビルシュタイン製ダンパーやHIDヘッドランプ、CD/MDプレイヤーなど、走行性能・安全性・快適性を向上した特別仕様車「RS type B」を発売, 2000年10月3日 ツーリングワゴン TX-Sをベースに快適装備などを追加した特別仕様車「TX-G」を発売, 2001年1月24日 ツーリングワゴンGTをベースにVTD-4WDと専用色「プレミアムホワイトパールマイカ」を採用した「GT-Limited」を発売, 2002年1月21日 ツーリングワゴンおよびB4にEZ30型3.0L水平対向6気筒エンジン搭載グレードとして、それぞれ「GT30」、「RS30」を追加, 2002年5月21日 一部改良により(アプライドモデルはD型から変わらず、D型後期と俗称されている)、カッパーオレンジマイカが廃止され、ジェットグレーメタリックを新設定。17インチタイヤのがRE010からRE040に変更され、インパネ上部の運転席側小型デフロスターの可変機構が廃止に。B4のフォグランプベセルのデザイン変更。またターボの廉価仕様である「リミテッド」シリーズが登場。B4としては初のSOHCエンジン搭載車である「S」が追加された, 2002年8月21日 スバルテクニカインターナショナルより、ツーリングワゴン「GT30」とB4「RS30」をベースにした「BLITZEN6」が発売, 2002年11月12日 STIによるコンプリートカー「S401 STi Version」を400台限定で発売。STi仕様としては唯一の型式認定車(全車持込登録)である。, 2002年11月27日 B4とツーリングワゴンにそれぞれ「RSK S-edition」「GT-B S-edition」を設定。GT-B E-tuneII,RSKをベースにアルミパッド付スポーツペダル、ダークグレーのヘッドライトベゼル(ブリッツェン・S401同等品)、ステアリングホイールを含むチタン調内装パネル(Blitzen2002、2003同等品)、ブラックインテリア(ピラー、ルーフまでブラック)、, 2003年1月24日 B4「RSK」をベースとした「BLITZEN 2003 model」が発売, 2003年5月23日 BP型ツーリングワゴン発表、販売開始。BE/BH型生産終了。北米生産車は2004年夏まで継続生産された。, 2003年6月23日 BL型B4販売開始。シリーズ全体の目標月間台数は6000台。, 2003年9月9日 B4/ワゴンに3Lモデル「3.0R」、ワゴンに「3.0R ADA」追加。, 2004年5月17日 年次改良。B型となった。A型では硬すぎたSpec B系のサスセッティングを変更した。車速感応式ワイパーやオーディオパネルのサイド部をアルミからアルミ調に変更された。B4に「2.0, 2004年10月19日 B4/ワゴンに「3.0R Spec B」を追加設定。当初は6速, 2005年3月24日 世界累計生産台数が300万台を突破。ツーリングワゴンとB4に「2.0R B-SPORT」、「2.0i B-SPORT」、ツーリングワゴンにのみ「GT-II」、アウトバックに「2.5i S-style」を設定した。, 2005年5月24日 年次改良。C型となった。B4、ワゴンと共に取り付け位置によるサスセッティングが行われた。ヘッドランプの色味の変更、センターキャップに六連星を採用。「3.0R spec B」に5速AT車、「2.0i」「2.0i Casual edition」に5速MT車、新ボティカラーの設定などが行われ、カーナビゲーションを, これと同時に、2005年9月30日までの期間限定車として、3.0R,2.0GT,2.0Rをベースに南関東限定(東京スバル、神奈川スバル、, 2006年5月24日 マイナーチェンジ、D型(後期型)となる。一部グレードのエンジンの, 2006年8月8日 特別仕様車「tuned by STI」を設定。600台限定だった。, 2006年11月28日 B4/ワゴンに「2.0i B-sport Limited」「2.0GT SI-Cruise Limited」「3.0R SI-Cruise Limited」を追加設定。2007年3月末までの限定販売だった。, 2007年5月15日 年次改良。E型となった。「3.0R」、「2.0GT」、「2.0GT Spec.B」にスマートエントリースタートキーが標準装備され、「2.0R」のグレード名を「2.0R SpecB」にし、「3.0R SpecB」を廃止。先の「SI-Cruise Limited」をカタログモデル化した「2.0GT/3.0R SI-Cruise」の追加などが行われた。, 2007年8月7日「tuned by STI」を発表し、同日より全国スバル店を通じ発売。, 2007年11月14日 ツーリングワゴン・B4・アウトバックに特別仕様車「Urban selection」を設定すると共に、ツーリングワゴンとB4に水平対向4気筒2500cc SOHCエンジン搭載車種「2.5i Urban selection」を追加。, 5月14日 「究極のグランドツーリングカー」をコンセプトにしたSTI製コンプリートカー、「S402」を発表。, 10月29日 特別仕様車「Smart Selection」・「Premium Leather Limited」発売開始。「Smart Selection」は専用シート表皮の採用のほか、ベース車に対して一部装備を変更したモデル、「Premium Leather Limited」はブリックレッドの専用本革シートの採用のほか、クロームモール付サイドスカートなどを装備したモデルであった。, 2009年5月20日 - (A型)ツーリングワゴン・B4・アウトバック共にフルモデルチェンジ(3タイプが一斉にフルモデルチェンジ・同時発売するのは初めてのこと)。3タイプ合わせて月間販売目標は3,000台と発表されている。ターボ車を含め全車「平成17年排出ガス基準75%低減レベル(☆☆☆☆)」を達成すると共に、ツーリングワゴンとアウトバックの2.5Lの一部グレード(ツーリングワゴンはオプション装着により、車両重量が1,520kg以上)で「平成22年度燃費基準+15%/+20%」を達成した。, 2009年10月23日 - 2009-2010日本カー・オブ・ザ・イヤー特別賞「Best Value」を受賞, 2010年4月21日 -自動車アセスメントにおける衝突安全性調査においてグランプリを受賞した。スバルとしては2007年度の, 2010年5月18日 - 一部改良(B型)。先代に装備されていた「EyeSight」の進化版である「EyeSight(Ver.2)」をツーリングワゴン・B4の「2.5i」と「2.5GT」、アウトバック「2.5i」と「3.6R」の全6タイプに設定。「EyeSight(Ver.2)」は衝突回避性能を向上した“プリクラッシュブレーキ”、渋滞走行時などにおける追従性を高め、先行車が停車した時には自車も停車し、停止保持状態を維持する“全車速追従機能付クルーズコントロール”、前方で障害物を検知した状態で、ペダルの踏み間違いによる誤発進を抑制する“AT誤発進抑制制御”など、先進の機能を備える。これ以外にも「L Package」では17インチアルミホイール、オートライト&オートワイパー、ヘッドランプウォッシャーなどを、「S Package」では左右独立温度調整機能付フルオートエアコン、助手席パワーシートなどをそれぞれ装備し機能を充実。「EyeSight(Ver.2)」非搭載グレードにもクルーズコントロールを標準装備した。また、ツーリングワゴンとアウトバックの「2.5i L Package」と「2.5i EyeSight」は「平成22年度燃費基準+25%」を達成した。さらに、ツーリングワゴンとB4には「2.5i」をベースに専用16インチアルミホイール、HIDロービームランプ、本革巻ステアリングホイールなどを装備した特別仕様車「2.5i S-style」を同時発売した。なお、グレード体系が整理され、ツーリングワゴンとB4は「2.5GT」の「L Package」と「SI-Cruise」を廃止。アウトバックの3.6L車は「3.6R Eyesight」に一本化された。, 2010年11月16日 - 「EyeSight Sport Selection」を発売, 2011年6月14日 - 一部改良(C型)。ツーリングワゴンとB4に特別仕様車で発売されていた「EyeSight Sport Selection」の装備内容を見直し、「2.5i EyeSight S Package」・「2.5GT EyeSight S Package」としてカタロググレード化。さらに、足回りの見直しによる走行性能の強化、「EyeSight」の性能向上、室内側から確認できるターンインジゲーター付ドアミラーの採用、ボディカラーに新色「アイスシルバー・メタリック」の追加などを実施。なお、2010年5月の一部改良時に発売されたツーリングワゴンとB4に設定の特別仕様車「2.5i S-style」はベース車の改良を受け販売を継続する。, 2012年5月8日 - マイナーチェンジ(D型)。外観はフロントフェイスを一新して引き締まったスポーティーデザインとなり、内装は加飾パネルをダークメタリック調に変更し、新デザインのシート表皮を採用。電動パーキングブレーキはセンターコンソールのシフトレバー後方に、SI-DRIVEのスイッチをステアリングスイッチの右下に移設したことで操作性を向上させた。「2.5i」を除く全グレードでルミネセントメーター中央部に3.5インチカラー液晶のマルチインフォメーションディスプレイが設けられ、各種情報を的確に読み取れるようになった。NAエンジンは新世代ボクサーエンジンである, 2012年9月4日 - ツーリングワゴンとB4に設定されている直噴ターボエンジン車「2.0GT DIT」に運転支援システム「EyeSight(ver.2)」を標準装備した「2.0GT DIT EyeSight」を追加発売。, 2013年5月14日 - 一部改良(E型)。新たに、2.5L・NA車の最上位グレードである「2.5i EyeSight S Package」と共通デザインの専用フロントグリルやブラックベゼルのHIDロービームランプ等の外装を採用するとともに、マルチインフォメーションディスプレイやフルオートエアコン(左右独立温度調整機能、後席ベンチレーション)も装備した充実仕様のエントリーグレード「2.5i B-SPORT」、「2.5i B-SPORT」の装備内容に「EyeSight(Ver.2)」とオールウェザーパックを追加装備した「2.5i B-SPORT EyeSight」、「2.5i B-SPORT EyeSight」に運転席10ウェイパワーシート/助手席8ウェイパワーシートやSRSサイドエアバッグ+SRSカーテンエアバッグ等を追加し、アルミホイールを17インチにサイズアップした「2.5i B-SPORT EyeSight G Package」を新設。同時に、グレード体系の整理を行い、「2.5i」、「2.5i L Package」、「2.5i EyeSight」およびシングルスクロールターボ車の「2.5GT EyeSight」を廃止。これにより、初代から搭載されてきたEJエンジン搭載車はラインナップから消滅することとなった。, 2013年10月29日 - ツーリングワゴン・B4の「2.0GT DIT EyeSight」をベースに、18インチアルミホイール(ブラック塗装+切削光輝)、電動格納式リモコンドアミラー(ブラック)、カラードリアゲートガーニッシュ(ツーリングワゴンのみ、B4はベース車に標準装備)、260km/h表示のマルチインフォメーションディスプレイ付ルミネセントメーター、シルバーカーボン調加飾パネル(スクエアバイアス)、ブラックルーフトリム&ピラートリムを装備した特別仕様車「2.0GT DIT spec.B EyeSight」を発表(11月28日販売開始), 「レガシィ(LEGACY)」とは、「大いなる伝承物」「後世に受け継がれてゆくもの」もしくは「.