【こいで(シャンプーハット)】 ◎⑥ノームコア   【守永真彩】

△⑮ウラヌスチャーム 勝負の世界は男女関係なく、また基本的に負けることが多く、観ている側からでは分からない大変さはあると思いますし、精神的にも苦しい時はあると思います。それでも華やかで夢のある世界であり、多くの人たちを勇気づけたり感動させてくれる存在であることは間違いありません。 △⑧センテリュオ △⑥ノームコア

◎⑱ラッキーライラック 19(土)は中京10R大府特別での◎アールロッソ的中などでプラス収支を決めると、翌20(日)には中京7R3歳以上1勝クラス、中山9R鋸山特別、中京12R3歳以上2勝クラス等の活躍で2日連続のプラス収支を達成。21(祝月)にも中京7R3歳以上1勝クラスなどの好調予想を披露した先週は、3日間トータル回収率112%で終え、これで6週連続の週末プラス達成としています

  ウインマリリン(B)中3週 4番人気想定 マルターズディオサ:チューリップ賞を勝つも桜花賞とオークスはイマイチ。調教の動きなど、それほど良くは見せていなかった中で紫苑Sを勝ち、動きが良くなってきたここは楽しみ。 △⑰エスポワール

△④ソフトフルート

⑤リアアメリア ◎⑪ラヴズオンリーユー ○⑱ラッキーライラック ヒモに:リアアメリア、マルターズディオサ、オーマイダーリン ▲⑱ラッキーライラック △②サムシングジャスト

△⑭サトノガーネット

 

⑩カーロバンビーナ【D】 ◎⑱ラッキーライラック





△⑬サラキア ◎④ソフトフルート 【高田秋】 △⑫ウインマリリン

var cx = 'partner-pub-5546216651537332:9094064035'; 栗東CW単走(火曜追い)。行きたがる面を見せて、鞍上は制御にひと苦労。前進気勢というよりは、気負い過ぎの印象を受ける。展開や道悪など、何らかの助けがないと、折り合い面で手こずるかもしれない。 ◎⑪ラヴズオンリーユー ◎⑧センテリュオ フィオリキアリ:ローズSでの7番人気8着を見るに、トップグループとは少し差がある印象。 ○⑥ノームコア 先週土曜、5/16 高知12R ファイナルレースで、1週前に10ヶ月休養から復帰の別府真衣騎手が久しぶりの勝利。通算700勝以上と、日本人女性騎手の中でも名古屋の宮下瞳騎手と並びトップクラスの実力をもつ同騎手の復活は、高知競馬にとっても地方競馬にとっても明るいニュースとなりそうです。地方競馬ではたくさんの女性騎手が各地の競馬場で頑張っていますし、JRAではご存知藤田菜七子騎手が女性騎手1人で頑張っています。

 (* ̄0 ̄*)ノ オォー!! 前走の休み明けを使われての叩き2戦目で、この中間も乗り込み量は豊富。ただ、1週前には併せ馬で遅れていて、一度使われたことでの上積みは感じられない。 さぁ、それで張り切っていってみよっ 3連複フォーメーション 15日、阪神競馬場でエリザベス女王杯(G1)が開催される。京都競馬場が改修工事に入ったことで、今年は阪神競馬場での開催となる。, 古馬に解放された1996年以降、エリザベス女王杯はすべて京都競馬場で開催されているため、参考となる過去のデータは存在しない。直線平坦な京都ではなく、直線に急坂のある阪神へのコース替わりが勝敗を左右するだろう。, 今年は昨年の勝ち馬ラッキーライラック、同馬を札幌記念(G2)で破ったノームコア、昨年のオークス馬ラヴズオンリーユーといったG1馬が人気の中心となりそうだ。, だが、秋華賞組の3歳牝馬もデアリングタクト不在とはいえ、軽視するわけにはいかない。17年にはモズカッチャンが前走3着から古馬を一蹴しており、意外な好走馬が出現するかもしれない。, 前走の秋華賞は2番人気に推されながらも、13着に惨敗したリアアメリア。川田将雅騎手は「桜花賞(G1)も重たい馬場で走れませんでしたし、現状は極端に乾いた馬場でないと力を出せないという印象」と敗因を分析。道悪が堪えての敗戦だったようだ。, 実際に、2桁着順に敗れたのは「重馬場」の桜花賞と「稍重」の秋華賞のみ。11日現在、天気予報は晴れマークが続いており、レースは良馬場で行われることになりそうだ。これはリアアメリアにとってプラスに働くだろう。, また、良馬場で行われたオークス(G1)は後方から追い込んで見せ場十分の4着。この走りからも、2200mの距離、阪神の坂にも対応できるはずだ。, 「秋華賞は2番人気でしたが、前走の大敗により今回は人気を落としそうなので、リアアメリアに馬券妙味がありそうですね。3歳世代でトップクラスの素質馬なので、自分の走りができれば古馬相手でも通用するはず。今回はメンコを着用するという話もあるので、変わり身にも期待できそうです」(競馬記者), ローズS(G2)で復活の勝利を挙げた際、川田騎手は「やっと、この馬本来の走りを見せられて良かった。自分のリズムで、この馬の特性を生かすつもりで競馬を組み立てました」と話している通り、能力を引き出すことができれば好走必至のはずだ。, そして、最もリアアメリアにとって好材料となるのが今年のエリザベス女王杯が阪神開催ということだ。これには川田騎手の成績が大きく影響している。, JRAエリザベス女王杯(G1)リアアメリア「激走」に追い風!?

【じゃい(インスタントジョンソン)】 この中間も坂路で速い時計は出ているが、モタモタしたところがあり全体に動きが重い感じ。 1ヶ月ほど乗り込まれて1週前にはデムーロ騎手騎乗で楽に大きく先着。春の疲れも取れて仕上りが良さそう。 【増沢末夫(元JRA調教師)】 ◎⑥ノームコア ① ◎⑧センテリュオ ◎⑥ノームコア 2週前、1週前と坂路で好時計が出ており、併せ馬でもともに先着していて出来は良さそう。

ミヤマザクラ(C)中5週

2番人気想定 ノームコア:昨年のヴィクトリアマイル勝ちもあり、夏の札幌記念ではラッキーライラックにも先着し勝利。半妹のクロノジェネシスも秋の天皇賞で3着と活躍を示し、血統的にも勢いがある。実績がややマイル寄りであることと、関西への輸送で結果が出ていないあたりが問題か。

<まとめ>

【谷中公一(元JRA調教助手)】



△⑱ラッキーライラック ☆④ソフトフルート <抽選対象馬(2/3)>



gcse.async = true;

×4位以下 [1-2-2-39](3着内率11.4%)

◎⑱ラッキーライラック この厩舎としては乗り込み量が少ない割に、1週前追い切りでは強めに追われている。その点、今回は急仕上げの感あり。

この中間も1週前には坂路で強めに追われていて、休み明けの小倉を一度使われた上積みがありそうな感じ。 注⑱ラッキーライラック ⑧-⑥⑬-①②③④⑤⑦⑧⑨⑩⑪⑫⑭⑮⑯⑰⑱ △⑱ラッキーライラック <賞金上位馬>





 

【盛山晋太郎(見取り図)】 サンクテュエール:昨年の今頃はアルテミスSでリアアメリアの2着、年明けのシンザン記念を勝ったところまでは良かったのだが、桜花賞6着、オークス13着と尻すぼみな結果。今回の距離短縮はいいのだろうが、2000mでも長いかも。 それでは次回、神戸新聞杯(予定)編でお会いしましょう。 △⑧センテリュオ 3連単2頭軸流しマルチ この他にも、織本一極プロ(188%)、伊吹雅也プロ(173%)、マカロニスタンダーズプロ(137%)、ジョアプロ(117%←2週連続週末プラス)、にしのけいごプロ(114%)、馬侑迦プロ(107%)、イレコンデルパサープロ(107%←3週連続週末プラス)、田口啄麻プロ(101%)、山崎エリカプロ(101%)らが週末トータル回収率100%超の活躍を見せています。

4番人気想定 センテリュオ:昨年このレースで4着以降はいまひとつだったが、前走のオールカマーで久々の勝利。ただ今年は全て渋った馬場でのレースばかりで、評価は正直難しい馬。 桜花賞4着クラヴァシュドール(牝=中内田)、同10着リアアメリア(牝=中内田)は、オークス(5・24、東京), 未勝利戦1着スマートクラージュ(牡=池江)は、藤井でプリンシパルS(5・9、東京). ③リュヌルージュ【B】

リアアメリア → 中京代替ローズS1着、馬場さえ良ければ好走可能 ソフトフルート → ゴドルフィン馬、秋華賞3着 ウインマイティー → 今年のオークス2着馬 今年急に番組改編がおこなれた 2020年10月24日(土) 4回新潟5日目11R 新潟牝馬ステークス 芝2,200m  

◎⑱ラッキーライラック

栗東CW単走(火曜追い)。全体時計は地味だが、ステップは軽快で活気も十分。ブレの少ないフォームで駆ける姿は見映えがする。急上昇とはいかないまでも、前回のデキを下回るということはない。

次走:マイルcs 前走:スワンs(3着) 始動戦のスワンsでは3着。次走はマイルcsへ。 ダノンプレミアム 次走:香港カップ 前走:天皇賞秋(4着) フィエールマン 次走:有馬記念 前走:天皇賞秋(2着) 春秋連覇を狙った天皇賞秋では2着。次走は有馬記念を視野。

リリーピュアハート(B)4ヶ月

×  6 番 ノームコア           力上位。

  ⑥⑪⑱→⑥⑪⑱→④⑥⑧⑪⑭⑯⑱ 【稲富菜穂】

○⑰エスポワール 唯一のA判定、⑧センテリュオがトップ評価となる。栗東坂路主体に調整を重ね、1週前はしっかりと追われて上々の伸び脚を披露。今週の追い切りでも、気合乗りよくスムーズな走りを見せた。力強い踏み込み、そして前後の連動性の高い滑らかなフォームが印象的。すんなり流れにのれば、怖い存在になりそうだ。

△⑰エスポワール 【追い風データ】 「これはヤバい」血の気ひいた3コーナー「まさか、あの2頭が……」, JRAラッキーライラックは2番手! エリザベス女王杯(G1)阪神開催が「レースの肝」。大本命は最強ローテのアノ馬、「激アツ情報」で意外な「マル秘穴馬」も急浮上か. 美浦南W併走。体勢有利の形でゴールしたものの、推進力が上に逃げる完歩が多く、そのぶんバタバタした走りに映る。相手強化のG1では、期待よりも不安のほうが先立つ。

⑥→④⑧⑪⑭⑱→④⑱ ◎⑪ラヴズオンリーユー 栗東CW併走。身のこなしが軽く、背中の安定性が高い。鞍上の手応え以上に競る気配を示しているし、脚どりもしっかりしている。持ち前のしぶとさを生かせるようなら、面白い存在になりそうだ。 ○⑪ラヴズオンリーユー ⑥→④→①②⑤⑧⑨⑪⑫⑬⑭⑮⑱ ○⑧センテリュオ

◇今回はローズS編でした。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。 ◎⑱ラッキーライラック ×  5 番 リアアメリア          あとは折り合い。

この中間は輸送を考慮してか、1週前に単走で強めに追われて好時計。毛艶が良く、ガッチリ押さえたまま好時計が出ている。やや硬い感じには映るものの、前走時よりは良くなっているように見えた。 1番人気想定 デアリングタクト:無敗の二冠馬で、ぶっつけとなったが調教の動きは鋭く、ある程度位置をとる競馬も可能とみる。小回り云々を言われているが、無敗での三冠は濃厚では。 センテリュオ, 11月15日に阪神競馬場で行われる「第45回エリザベス女王杯」(GI、阪神11R、3歳以上オープン、牝馬、定量、芝2200メートル、1着賞金1億500万円)の枠順が13日に確定した。例年、京都競馬場で実施されてきたが、同競馬場は今月から大規模な整備工事を行い、2023年3月まで開催休止となるため41年ぶりに阪神競馬場で実施される。 ルメール騎手との新コンビで史上4頭目の連覇&GI4勝目を狙うラッキーライラック(5歳、栗東・松永幹夫厩舎)は8枠18番、札幌記念を快勝した芦毛馬ノームコア(5歳、美浦・萩原清厩舎)は3枠6番、昨年3着でリベンジに燃えるラヴズオンリーユー(4歳、栗東・矢作芳人厩舎)は6枠11番、産経賞オールカマーで重賞初制覇を果たしたセンテリュオ(5歳、栗東・高野友和厩舎)は4枠8番からスタート。 そのほか、府中牝馬Sで3馬身差の完勝劇を演じたサラキア(5歳、栗東・池添学厩舎)は7枠13番、秋華賞13着からの巻き返しを期すリアアメリア(3歳、栗東・中内田充正厩舎)は3枠5番、重賞初挑戦の秋華賞で3着に入線したソフトフルート(3歳、栗東・松田国英厩舎)は2枠4番、同レース最多の4勝を挙げている武豊騎手騎乗のエスポワール(4歳、栗東・角居勝彦厩舎)は8枠17番に決まった。 秋の女王決定戦・エリザベス女王杯は15日、阪神競馬場(11R)で、午後3時40分にスタートが切られる。★エリザベス女王杯の枠順はこちら, ◆ウインマイティー・五十嵐師「前走はゲート、位置取りとも悪かった。阪神は問題ない」 ◆ウインマリリン・手塚師「前走のダメージはなくて上積みはある。距離延長もプラス」 ◆ウラヌスチャーム・斎藤誠師「早めの栗東入りで態勢も整った。スタミナを生かせれば」 ◆エスポワール・小滝助手「動きは悪くなく上積み十分。力が必要な阪神も合うはず」 ◆カーロバンビーナ・斎藤助手「今週も動きとしては上々。持ち味のスタミナが生きれば」 ◆サトノガーネット・矢作師「カイバ食いが良く、体もふっくら。展開の助けが欲しいね」 ◆サムシングジャスト・松田師「前走は馬場の悪いところを走って善戦。後肢に力がついた」 ◆サラキア・池添学師「調子は高いレベルで安定。ここでもやれて不思議はない」 ◆シャドウディーヴァ・斎藤誠師「早めに栗東へ来て体にも丸みがある。レースが流れれば」 ◆センテリュオ・高野師「計画通りの仕上がり。急な坂もある阪神は合うと思います」 ◆ソフトフルート・松田師「いきなりの挑戦でGI3着は力がある証拠。いい状態です」 ◆ノームコア・萩原師「今週は非常にいい動きを確認。この距離も気にはならない」 ◆ミスニューヨーク・杉山晴師「GIで健闘した後も状態は申し分ない。舞台も問題ない」 ◆ラヴズオンリーユー・矢作師「良馬場でやりたい。体調が整えばベストの走りも可能です」 ◆ラッキーライラック・松永幹師「これまで阪神でもしっかり走れており、力を出せる態勢」 ◆リアアメリア・片山助手「前走後は精神面をリフレッシュ。ここでも楽しみですね」 ◆リュヌルージュ・斉藤崇師「しっかり調整して状態はいい。自分のレースでどこまで」 ◆ロサグラウカ・尾関師「満足のいくデキ。調教で試したブリンカーも装着しますよ」★エリザベス女王杯の出馬表はこちら 調教タイムも掲載, 前回の当コラムでは、フィエールマン、アーモンドアイ、クロノジェネシスの3頭を推奨。その通りの3頭で決まったわけですが、あとはフィエールマンがアーモンドアイを差し切って帯封ゲットとなるはずも、結果はご存知の通り......。そう甘くはないですね(笑) ただ、勝てたこと自体は良かったので、今週こそはガチっと稼ぎたいものです(北海道はコロナがまた増えてきていて、結構大変な状況です)。