「勤怠管理システムってどれくらいあるの?」

マネーフォワードクラウド勤怠 / マネーフォワードクラウド給与 / マネーフォワードクラウド会計(部門登録2まで・決算書作成・銀行やクレジット明細の取り込み) / マネーフォワードクラウド請求書(見積や納品、領収、請求書の作成) / マネーフォワードクラウド経費 / マネーフォワードクラウドマイナンバー, 【機能】 そこで今回は、勤怠管理システムを導入するメリットや注意点、導入手順などについて解説します。, ICカードには、いくつかの規格があります。このうち勤怠管理システムで多く使われるのが「Mifare」と「FeliCa」です。, Mifareとは、世界で多く使われているカードです。日本ではtaspoなどに使われています。1枚300円程度と安価なのが特徴です。一方、日本で普及しているのがFeliCaで、交通系のICカードに多く使われています。1枚600円~900円程度とやや高価ですが、セキュリティの高さが特徴です。, このFeliCaには、ほかにも、セキュリティ機能が簡素化され、1枚300円程度と低価格に抑えられたFeliCa Lite-Sという種類のものもあります。また、MifareやFeliCaのほかに、EMカードというICカードも存在します。, ICカードで打刻するには、ICカードリーダーを用意することが必要です。勤怠管理システムを提供する会社から購入したり、家電量販店やネットなどで自分で購入したりして入手できます。勤怠システムによっては専用のICカードリーダーでないと打刻できないという場合もあるので注意が必要です。, 勤怠システムごとに対応している機器はさまざまですが、ICカードリーダーには次のものがあります。, USBでPCに接続して使うタイプのICカードリーダーは、価格は1台2,000円~4,000円とコストが低く抑えられ、ICカード打刻を手軽に導入することができるのが利点です。社内に共有で使用しているPCがあればそれにつないで打刻をするのが便利でしょう。勤怠管理システムでよく用いられている機器として、ソニー社のPaSoRiが挙げられます。, 単体で使うICカードリーダーは、シンプルなものは1台5万~6万円ほど、液晶画面や多様な機能が搭載されているものは1台8万~10万円ほどの費用がかかります。比較的高価ですが、PCにつなぐ必要がなくスペースを取らないのが利点です。 「ご用意いただくとよいもの」とか書いてある。親切♡ お気軽にお問い合わせください!, https://twitter.com/seven777happy/status/1206734116382593025, https://twitter.com/shinson10/status/1110763870384087040, 勤怠管理KING OF TIME(キングオブタイム)の評判は?デメリットと使い方、料金をご紹介. https://twitter.com/seven777happy/status/1206734116382593025, マネーフォワード勤怠、よい! BIZONなら、なんと掲載費は無料!

https://twitter.com/shinson10/status/1110763870384087040, マネーフォワードクラウド勤怠は、シリーズで利用でき、バックオフィス業務の効率化に大きく役立ってくれるものでした。, 打刻方法も多いですし、承認フロー(ワークフロー)も備えていますので、従業員全員の使いやすさは抜群です。, また、打刻ミスや異常な残業時間、有給休暇取得にまつわるアラートも備えていて、人事や総務部のチェック時間を大幅に短縮してくれそうです。, マネーフォワードシリーズは無料試用期間を設けていますので、もしも興味があれば資料請求と同時に無料トライアルの依頼をしてみてはいかがでしょう。, なお以下リンク先より、マネーフォワード勤怠を含めた人気の勤怠管理システムの資料を、無料で一括請求できます。, 御社の製品・サービスを掲載しませんか? カテゴリーの人気プロダクトの詳細な比較が可能!, 打刻、申請も簡単で、マニュアルなくても操作できます。個人の出退勤情報も一覧で見やすく、有休の残日数や取得の履歴も見やすくわかりやすい。, 勤怠打刻時の画面がシンプルで見やすい点がとっつきやすく良いと思いました。そして何より無料から使用できる所が導入のハードルを下げてくれます。, ITreviewに寄せられたユーザーレビューをもとに、各製品の機能の有無や、使いやすさ・サポート品質に対する評判、価格の違いなどを比較できます。. 勤怠管理システムでよく用いられている機器として、スマート・ソリューション・テクノロジー社のPitTouchPro2やPitTouchBizが挙げられます。, これまでタイムカードを使ってきた場合、タイムレコーダーを置いていた場所にICカードリーダーを置けば打刻の習慣もつきやすいため、導入がスムーズです。, NFC(※1)に対応しているAndoroid端末であれば、ICカードリーダーを購入しなくても、手持ちのタブレットやスマートフォンでICカードを使うことが可能です。iPhoneやiPadなどのiOS端末でICカードを読み取りたい場合は、Bluetooth対応のICカードリーダーを接続する必要があります。, ※1:NFCNear Field Communicationの略で、近距離無線通信技術の国際規格のことを指します。, ICカードに対応している勤怠管理システムは多く存在します。どのような観点でシステムを選べばよいのでしょうか。次に、ICカードで打刻ができる勤怠管理システムを選ぶときのポイントをご紹介します。, 勤怠管理システムを導入する際には、自社の状況に合わせるためにシステムの初期設定が必要です。加えて、ICカードリーダーを導入する場合には機器の設定をおこなう必要もあります。設定などに不安がある場合は、サポートが充実しているサービスや設定代行のプランがある勤怠管理システムを選ぶとよいでしょう。, ICカードでの打刻に対応している勤怠システムはたくさんありますが、その機能はさまざまです。集計機能は使いやすいか、シフト作成や休暇管理などといった、自社に必要な機能が揃っているかなどを把握しておく必要があります。, また、営業などで外出する社員が多い場合、スマートフォンでの打刻ができるかなど、ICカード以外の打刻方法があるかも重要なポイントです。, では実際に、ICカードで打刻ができる勤怠管理システムにはどんなものがあるのでしょうか。ここでは、おすすめのクラウド型勤怠管理システムを9つご紹介します。, jinjer勤怠は集計機能に加え、スケジュール機能や予実管理機能、アラート機能など多様な機能を搭載している勤怠管理システムです。, 単独で設置するタイプのICカードリーダーや、NFC対応のタブレット端末での読み取りに対応しています。また、jinjerはシリーズが豊富であり、勤怠管理のほか人事管理、労務管理、コンディション管理、経費管理などさまざまなシステムがあります。情報を一元管理できるのが特徴です。, follow スマートタッチはNTTコムウェア社が提供している勤怠管理システムです。, PCと接続するタイプ、BluetoothでiOSと接続するタイプ、NFC対応のタブレット端末で読み取るタイプに対応しています。また、システムの有料オプション機能として出張旅費管理機能があり、経費精算を楽におこなうこともできます。, BluetoothでiOSの機器に接続するタイプのICカードリーダーや、NFC対応のAndroidスマートフォンやタブレットでのICカード読み取りに対応しています。また、交通系ICカードで打刻することで、利用した交通機関の情報を読み取り、交通費精算も同時におこなうことができるのが特徴です。, CLOUZAは、タイムレコーダーなどを製造するアマノ社が提供する勤怠管理システムです。, アマノ社が製造するICカードリーダーのほか、BluetoothでiOSと接続するタイプの読み取り方法に対応しています。また、8つの給与ソフトと連携をしており、勤怠データを給与計算に活用することができるのが特徴です。, マネーフォワードクラウド勤怠は、マネーフォワード社が提供する勤怠管理システムです。, PCと接続するタイプ、単独で使うタイプのICカードリーダーに対応しており、1台12,000円でICカードリーダーの初期設定代行もおこなっています。また、勤怠のデータを同シリーズのマネーフォワードクラウド給与に連携することができ、給与計算を効率化することが可能です。, タッチオンタイムには独自に開発されたICカードリーダー「タッチオンタイムレコーダー And.」があります。ICカード認証に加え、指紋認証、ID・パスワード認証の機能があります。このほか、PCに接続してICカードを読み取るタイプのICカードリーダーにも対応しています。, FeliCaを製造するソニーのグループ企業が提供していることもあり、さまざまなICカードの打刻方法に対応しています。ICカードリーダーに関しては、USBでPCに接続して使うタイプや、BluetoothでiOSの機器に接続するタイプ、単独で使うタイプものに対応しています。Xperia Hello!というコミュニケーションロボットでも打刻することができます。, 勤怠管理システムとしては、画面の見やすさや使いやすさが特徴です。また、カフェテリアプランなどの福利厚生の管理をするという独自の機能があります。, PCに接続して使うタイプや、BluetoothでiOSに接続するタイプ、単独で設置するタイプなどさまざまな打刻方法に対応しています。「出勤管理」、「シフト管理」、「休暇・申請管理」、「工数管理」の4つの機能があり、必要な機能を組み合わせて利用することができます。また、機能制限がありますが、無料プランもあります。, TeamSpiritは、チームスピリット社が提供するシステムです。システムの利用料とは別に料金を支払うことで、TeamSpirit専用のICカードリーダー「APPS PASS」を利用することができます。, 勤怠管理のほか、工数管理・経費精算などの機能が一つになっています。また、社内SNSや電子稟議などの機能が標準で搭載されています。, セキュリティなど社内システムの事情から、クラウド型ではなく、オンプレミス型の勤怠管理システムを導入したいという場合もあるでしょう。ここでは、オンプレミス対応の勤怠管理システムを3つご紹介します。, 同社が提供するクラウドサービスと同様の機能をオンプレミスでも運用することができます。PCと接続して使うタイプのICカードリーダーに対応しています。利用料金は企業ごとに個別の見積りになります。, クラウド型だけでなく、オンプレミス型での導入も可能です。単独で設置するタイプのICカードリーダーに対応しており、EMカードに対応したICカードリーダーを使用することが可能です。, クラウド型とオンプレミス型のどちらも選択することが可能です。オプションが豊富で、自社に合わせたカスタマイズが可能です。単独で設置するタイプのICカードリーダーに対応しています。, 勤怠管理システムは多数存在し、その機能や特徴はさまざまです。また、ICカード打刻にもさまざまな方法や機器があります。自社の状況や必要な機能なども見ながら、自社に合うシステムや打刻の方法を探してみてください。, SaaS・クラウドサービスに特化したビジネスメディア、トルテオマガジンを運営しています。SaaS・クラウドサービスを活用して業務改善をおこなうノウハウやDX化のトレンドなど、皆様のビジネスシーンに役立つ情報を発信していきます。あなたのビジネスを最先端へ導くお手伝いができれば幸いです。. 独自の視点から算出したスコアで、 御社では「働き方改革への対応が急務」、「人材不足問題を解消するため、家庭の事情で離職を考えている人をなんとか繋ぎ止めたい」という問題に加え、次のような課題も抱えていませんか?, 御社の問題・課題にマネーフォワードクラウド勤怠が対応できるのかが理解できるはずです。, 御社の解消したい課題に沿う特徴を備えているかどうかを知ることで、検討すべきかどうかも理解できるでしょう。, マネーフォワードクラウド勤怠は、基本的な勤務だけでなく、シフト制、フレックスタイム制、36協定締結を前提とした裁量労務制にも対応しています。, 詳しくご説明すると、次のような働き方にも対応していることがマネーフォワードクラウド勤怠の特徴です。, 数多くの働き方に対応し、打刻データを集約できることは、「労働形態が多すぎて打刻データのうち、割り増し金が必要な時間がわかりづらい」「変則的な働き方に対し、手作業での集計に時間がかかりすぎる」という総務部の悩みを解消する一手となるでしょう。, マネーフォワードクラウド勤怠は、様々な条件を設定し、アラートを発する機能を持っています。, 上記のいずれもが、いわゆる「働き方改革」に求められるものの基本的な管理事項でしょう。, 特に残業時間超過や有給休暇取得状況について、マネーフォワードクラウド勤怠は事前にアラートを発しますので、うっかりミスを事前に防止できます。, 「気が付いたら特定の人材が残業続きだった」「有給休暇の消化を推奨していながら、未消化の従業員がいる」という会社全体の問題を事前に発見できるのは、今まさに働き方改革に取り組もうとしている企業にとって便利なものでしょう。, マネーフォワードクラウド勤怠は、給与計算システムのうち人気の「マネーフォワードクラウド給与」と組み合わせて利用できます。, また、マネーフォワードクラウド勤怠は、「マネーフォワードクラウド会計」「マネーフォワードクラウド経費」「マネーフォワードクラウド社会保険」「マネーフォワードクラウドナンバー(マイナンバー管理)」と、シリーズで使用できます。, なお、プランごとに使えるツールが増えていくのが特徴ですので、もしかすると他のツールからマネーフォワードクラウドシリーズに乗り換えてしまう方が費用面でも有利かもしれません。, 「打刻情報をいちいちCSVデータにし、他の給与計算システムに取り込むのも面倒」「現在使用中の給与計算システムに合ったフォーマットに整えるときに失敗していた」という苦い経験をお持ちの総務部にとって、この利便性はとても魅力的なのではないでしょうか。, 勤怠管理は従業員一人ひとりの給与に直結するだけでなく、「働きすぎはないか」「特定の人に仕事が集中していないか」をチェックするために有益でもあります。, 勤怠管理システムは、働き方改革にしっかり取り組もうとしている企業に必須といえるでしょう。, 「自社の規模にあったいい勤怠管理システムが知りたい」 勤怠管理システム【マネーフォワード クラウド勤怠】の打刻方法です。パソコンからのWeb打刻をはじめ、ネットワーク対応ICカードリーダー(ピットタッチビズ、ピットタッチPro2)による打刻が可能です。今後も様々な打刻方法への対応を予定しています。

マネーフォワードクラウド勤怠 / マネーフォワードクラウド給与 / マネーフォワードクラウド会計(部門登録無制限・決算書作成・銀行やクレジット明細の取り込み・電子証明書連携) / マネーフォワードクラウド請求書(見積や納品、領収、請求書の作成、郵送・メール送信一括操作) / マネーフォワードクラウド経費 / マネーフォワードクラウドマイナンバー, 【機能】 近年労働環境の改善などの重要性が増し、注目を浴びている勤怠管理システム。勤怠システムには多様な打刻の方法があります。そのなかでも今回は便利で導入しやすいICカードでの打刻について解説します。ICカード打刻のメリット・デメリットや、ICカードで打刻ができるおすすめの勤怠管理システムをご紹介します。, タイムカードで打刻をする場合、自分のタイムカードを取り出し、タイムレコーダーに差し込み、印字するという一連の動作があるため、始業時刻前・終業時刻後にタイムレコーダーの周辺で渋滞が起こるということがあります。, それに対してICカードは、ICカードリーダーにかざすだけでスムーズに打刻をすることができるため、終業時刻前・終業時刻後の渋滞を緩和することができます。, ICカードを活用して打刻することで勤怠のデータを自動で登録することができるため、集計にかかっていた時間を大幅に短縮することができます。これにより、人事部や経理部、総務部などの部署の月末・月初の負担を大幅に減らすことができます。また、勤怠データを自動集計することができるため、集計ミスを防ぐこともできます。, 勤怠管理システムの打刻方法にはWeb打刻やアプリ打刻などさまざまな方法がありますが、これらの方法だと、PCやスマートフォンを使い慣れていない従業員がいる場合、操作に慣れるまでには時間がかかることもあるでしょう。, その点、ICカードはICカードリーダーにかざすだけでよいため、タイムカードに近い感覚で打刻ができます。そのため、PCに不慣れな従業員でも簡単に打刻をすることができます。, 近年では、働き方改革や生産性の向上といった観点から、社員の勤務状況を正確に把握する必要性が高まっています。しかし、勤怠管理は毎日おこなう必要があり手間がかかります。勤怠管理システムではそういった人事業務を一部自動化し、効率化してくれます。 このガイドでは、「打刻モード」の操作方法についてご案内します。 「打刻モード」は、一つの画面で、全従業員が「出勤」「退勤」「休憩」「戻り」を行える機能です。 また、カードリーダーのPaSoRi(パソリ)を利用しての打刻も可能です。 ※iOSには現在対応しておりません。

4 マネーフォワードクラウド勤怠の使い方; 5 マネーフォワード ... 「各自のパソコンから打刻」「icカード 打刻(専用機器が必要)」「タブレット打刻」「スマートフォンアプリ打刻」で、事前に御社にマッチした打刻方法を選びます。 もし、ic