閉店を余儀なくされました。, 何はともあれパン屋を閉めることになったのですが、 5. 言いたいわけではありません。, 私が2年という短い間でしたがそれでもパン屋さんを 将来的に独立を考えられている方の少しでも参考になったのなら幸いです。, 初めまして すべてのパンを手ごねで行っているという 2年で閉店するまでに感じた赤裸々な率直な感想、

経営についての知識は0です パン屋のバイト事情を赤裸々に告白! 経験者から届いた体験談をたっぷりお届けします。販売・製造それぞれの仕事内容やきつい点、メリット、パン屋のバイトあるあるなどボリューム満点の内容ですよ。この記事でバイト現場のイメージを膨らませましょう。 この競争社会でやっていく気構えを パン屋さんを経営するものは、 まとめ, パン屋のバイトは、販売スタッフと製造スタッフに分かれている傾向があります。どちらもバイト未経験者でも始めやすい仕事内容なので安心してくださいね。さっそく、それぞれの詳しい仕事内容を解説してきましょう!, パン屋の販売スタッフは、その名の通り販売に携わる業務全般を担当します。具体的には来店客に挨拶したりレジを売ったり――といった接客が中心。あなたの接客が店のイメージを左右するので、気持ちよい対応ができるよう努めましょう。, また、パンの陳列や店頭の清掃も商品の売れ行きを左右するような大切な業務のひとつです。清潔で見栄えがよい店内を保てるよう、接客がないときは周囲を見渡して仕事を見つけてください。, 「パンを作ったことがなくても大丈夫?」と不安な人は少なくないでしょう。安心してください。未経験者でも製造スタッフは務まります。初めは粉の量を計ったり、洗い物をしたりと簡単な業務からスタートします。慣れてくればパンの成形なども任せてもらえるようになるでしょう。, 製造スタッフの勤務開始時間は販売スタッフよりも早め。早朝の6:00や7:00からスタートする場合が多いようです。早朝勤務が難しい人は、応募時に相談してみるのもありですよ。, この章では、Career Gooveを運営するアルバイト情報サイト『モッピーバイト』に届いた体験談を紹介し、販売スタッフのきつい点を解説してきます。経験者が苦労したエピソードを見ていきましょう!, パン屋の販売スタッフ経験者から数多く寄せられた苦労話は「覚えることが多くて大変」というもの。, 袋詰めされたパン以外にはバーコードが付いていないので、商品名と値段を覚えないとレジがスムーズに打てません。初めは覚えることに苦労する人が多いようです。, ●「パンの名前と値段を覚えるのが大変でした。次々と新商品が出るし、アレルギーがあるお客様に質問されてもいいように、商品の成分も把握しなければいけません。ですが、働いて1ヵ月もすれば慣れられました! それ以外は特にきついことはありません」(10代/女性), ●「コンビニやスーパーなどのレジ打ちとは違い、商品そのものにバーコードが付いていないので覚えるのが大変です。なかでも食パンは見分けづらくて非常に苦労しました」(20代/女性), ●「初めは商品の種類と値段を覚えるのが大変です。一度覚えてしまえばパターン化しているので楽ちんでした」(30代/女性), 多くの店では各商品のそばに、値段とアレルギー表示などの商品説明が書かれているプライスカードが置かれています。焼きたてパンを陳列する際に、カードを見ながら勉強して覚える努力をしましょう。, 表示がない店では、「パンの特徴を書いたポップを作りませんか?」など店長に提案してみるのもあり。来店客に商品の特徴を伝えやすいうえ、自分でポップを作れば勉強にもなるので一石二鳥です!, 販売スタッフは、トングでパンを挟むシーンが一日に何度もあります。柔らかいパンやチョコレートでコーティングされた商品など、見た目を崩さないように挟むのが意外と難しいんです。, ●「最初はパンの袋詰めを担当しましたが、つぶさないように入れるのが大変でした」(20代/女性), 客目線で美味しそうに見える向きに揃えたり購入された商品を袋に詰めたりと、パンをつぶさないようにトングで挟むのは必須作業。力加減はとにかく感覚で覚えなければなりません。, ポイントはトングの面を大きく当てて優しく持ち上げること。接触面が小さいと一点に力が集中して崩れやすくなります。フワっと持ち上げられるように練習してくださいね。, 次に製造スタッフ経験者から届いた体験談を交え、パン製造の大変なところを解説していきます。, パン屋の製造スタッフは力を使う仕事が多め。慣れないうちは筋肉痛になることもあるようです。, ●「焼きたて食パンが売りの店で、12斤分の生地をこねるのが大変でした。コツを掴むまでは普段使わないような筋肉を使うので腕全体が筋肉痛になります」(20代/女性), ●「つらいことは鉄板の拭き掃除です。とても重いのに量が多くて大変でした」(10代/女性), ●「熱い釜の近くで汗をかきながら作業することもあり、かなり体力仕事でした」(30代/女性), 特に体力を使う仕事は、生地をこねるときや鉄板を扱うとき。パン生地をつくる “ミキサー” を用意している店ではある程度楽でしょう。, 力を使ったあとはケアが大切。入浴後はマッサージをして筋肉の張りを取ってください。翌日に残る痛みが和らぎますよ。自分でマッサージしにくい肩や腰には、湿布を貼るのもよいでしょう。, パン作りの技術が身につく前は、成形や焼き上げ時の失敗がつきもの。売り物にならなくなるので「無駄にしてしまった……」とショックを受けることもあるでしょう。, ●「今までパン作りをしたことがなかったので最初は何度も失敗ばかりしていました」(20代/女性), ●「若いころに勤めていたパン屋では、失敗作ばかりでいつも怒られていました。優しい先輩によく言われたのは『パンを食べ物だと思ってはいけない。生き物だと思え』という言葉です。その言葉を胸に必死で作業していました」(40代/男性), ●「初めは全然だめで上手にこねたり成形したりできませんでした。でも、練習していくうちに徐々に身についていき、形になるのが楽しくなりました」(20代/女性), パンの製造方法は頭で覚えられても体に覚えさせるのに苦労するでしょう。失敗を乗り越えるメンタルが必要になります。ミスしたときは、原因をノートにまとめて見返せるようにしましょう。原因が分かると改善しやすいですよ。, 未経験者は技術が必要ない粉の軽量や生地の分割といった簡単な業務からスタートします。初心者のうちから難しい作業は任せられないので安心してくださいね。簡単な作業を担当している間も先輩の動きを見てイメージトレーニングをしておくと、早くコツを掴めるでしょう。, パン屋のバイトはきつい一面もありますが、大変な業務はどんなバイトにもつきもの。ここからは、いい面にも目を向けてみませんか?, パン屋のバイトはきつさを補えるくらいに楽しく働けます。体験談に目を通すと、販売・製造スタッフ問わず「楽しかった」という投稿がいくつもありました。, パン屋には、小さな子どもからお年寄りまでさまざまな年齢層の人が訪れます。美味しそうなパンに目を輝かせる来店客を見ると、販売スタッフも製造スタッフもモチベーションが上がるのではないでしょうか。, 楽しかったという意見が多い理由には、パン屋特有の香りが関わっているかもしれません。いいにおいに囲まれて働いていると、幸せな気持ちになれる、癒される――という人は少なくありませんよね。, 働いているメンバーだけでなく、来店客も美味しそうなにおいに癒されていることでしょう。朗らかな気持ちで働けそうです。, 味を覚えるためだったり新商品の味見だったりと、パン屋で働くと必ずといっていいほど試食する機会があります。経験者のなかには、「毎日のようにパンを食べていた」という人もいました。, ●「とにかく毎日のようにパンを食べていました(笑)。おかげで働いて3ヵ月で体重はプラス3kg……」(10代/女性), ●「お客様に味を伝えるための試食をしたり、社員さんが考えた新商品の味見をしたり。とっても美味しかったので試食が楽しみでした」(30代/女性), 試食はうれしいですが、一点注意したいのは “食べ過ぎ” です。制限なく食べると体形が崩れる可能性があるのでほどほどに。我慢できない人はできるだけ体を動かしてカロリーを消費しましょう!, ●「パンが好き」という理由でバイトを始めた