仕事で用いられる建物や機械、パソコン、車などの資産は、一般的には時の経過によってその価値が減っていきます, 減価償却資産を手に入れた場合、手に入れた時点で全額が必要経費になるのではなく、その資産を使用できる期間にわたって少しずつ経費にしていきます, ここでは、減価償却の方法というより、買った値段などにより、使用開始した年に全額を経費にできたり、3年にわけて必要経費にする制度を紹介します, 買った値段などが10万円未満のものは、その全額を使用し始めた年分の必要経費とすることができます, 使用可能期間が1年未満のものも、同じ様にその全額を使用開始年分の必要経費にできます, たとえば、パソコンを買う場合、最近は10万円未満でも立派なパソコンがありますので、その年の経費になるかという点では、10万円未満のパソコンを選ぶか、10万円以上のパソコンを選ぶかによって大きな違いがあることを認識しておきましょう, 取得価額が10万円以上~20万円未満のものは、一括償却資産として処理することもできます, 一括償却資産の場合は、その品を手に入れた時期や法定耐用年数(使用可能期間)に関係なく、3年間で経費処理をします, 青色申告を行なう場合、少額減価償却資産の特例により、30万円未満のものは、年間合計300万円までは減価償却ではなく、一括で必要経費としての処理を行なうことが認められています, つまり、青色申告であれば、10万円以上~30万円未満であれば、その年に必要経費としての処理を行うことが可能です(10万円以上~20万円未満のものは一括償却資産をとることも可能), ところが、白色申告の場合は、20万円以上になると、資産として計上して使用可能期間で減価償却するしか方法がありませんので、さきほどの10万円というボーダー同様、20万円は大きな分岐点です, 青色申告と白色申告の違いは、青色申告特別控除があるかどうかに注目されがちですが、30万円未満の少額減価償却資産の特例がつかえるか否かというのも大きな違いです, 平成30年分より青色申告をしたい場合の青色申告承認申請書の提出期限は、平成30年3月15日までです, 一定水準の記帳ができる場合であれば、こうした特典のある青色申告をはじめてみるのはいかがでしょうか, 神奈川県鎌倉市で相続を得意とする女性税理士(横浜家庭裁判所 成年後見人等推薦者名簿登載者)が、お客様の負担をできるだけ軽減するため相続税の申告から相続にまつわる各種お手続きなどをサポートしております, ◆現在、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、オンライン(ZOOMなど)や電話でのご相談も承っております. 投稿内容については、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。. 大変お手数ですが、ご回答よろしくお願いいたします。, パソコンは一括償却資産(送料を加える)に計上して、以下の様に3年の均等償却になります。

白色申告のパソコンの減価償却について教えてください21年1月1日付けで事業申告しました。事業内容はアフィリエイトです。まだ利益が少ないのと初めてなので白色申告しようと思います。 21年6月23日 … パソコンは、会社・事業所の業務に必需品であり、かつ重要な資産となっていることでしょう。 そのため、パソコンがどのように減価償却されるのか、しっかりと確認する必要があります。 しかし、パソコンは厄介なことに、価格帯ごとで減価償却の方法が異なる場合もあります。 確定申告の際の白色申告での減価償却の仕方はご存知でしょうか。減価償却は、青色申告、白色申告での扱いが少し異なるのです。, また確定申告書の記入方法も白色申告、青色申告でそれぞれ違うため、あらかじめこれらの違いも理解しておきましょう。, では白色申告での減価償却では、青色申告の場合とどう違ってくるのでしょうか。当コラムは白色申告での減価償却をおこなう方に向けて、減価償却の違いを解説しています。確定申告前に一度参考にしてみてはいかがでしょうか。, 白色申告での減価償却とは会計処理方法のことで、「長期間にわたっての使用が見込まれるもの」を対象にします。長期間にわたっての使用が見込まれるものとは、自動車やパソコンといったものです。自動車やパソコンなどの価値は年々下がるとして、会計処理では経費を分割して計上します。, 自動車やパソコンといったものには、それぞれ「法定耐用年数」が定められています。耐用年数は、物品が使用に耐えうる年数のことで、減価償却ではこの耐用年数をもとに毎年の計上経費が決められるのです。, たとえば、パソコンや自動車の耐用年数は4年、テレビやラジオは5年、事務机や椅子では15年、ベッドは8年といったように物品ごとに耐用年数が定められています。, ただし、自動車の総排気量や、机や椅子の素材といったそれぞれ物品ごとの違いによって年数が異なる点には注意しておきましょう。これらは国税庁のホームページにある耐用年数表で確認できます。, 白色申告の減価償却の際に扱う物品ごとの法廷耐用年数は、基本的に物品が新品の状態である場合の年数です。資産を中古で購入した場合だと、この耐用年数が「資産の経過年数によって短縮された年数」になる点には気を付けましょう。, たとえば中古の自動車を購入したケースだと、あらかじめ2年の経過年数が見込まれる場合の耐用年数は残りの2年として扱います。そうなると、その残りの2年をもとにした減価償却がおこなわれるのです。, また、年の途中で資産を購入したという場合にも注意が必要です。こういったときには、1年分の計上経費を算出したあとに、購入した日から年末までの期間までを計算し減価償却をおこないます。, また、白色申告での減価償却の計算方法には種類があります。「定額法」「定率法」「生産高比例法」といったものがあり、個人事業主は申請がない限りは定額法で計算することが原則となっています。, ・定額法 減価償却は私には難しく、解説していただけますと有難いです。, 本投稿は、2020年02月22日 23時42分公開時点の情報です。 取得価額は114,980円です。 ・2019年:162000円÷3年÷12ヶ月×11ヶ月(2〜12月)×50% ◾︎按分時点で10万未満なら消耗品費で一括計上してよいという情報は誤りですか。 パソコンの税務上の耐用年数は4年です。, となります。なお、減価償却費には消費税はかかりません。資産の購入時に既に課税されているためです。, 白色申告をしている個人事業主の方でも、取得価額が10万円以上20万円未満のパソコンを「一括償却資産」として経費を計上することができます。, 一括償却とは、本来の耐用年数にかかわらず、10万円以上20万円未満のものの償却期間を3年間(かつ、取得した事業年度における月割計算も不要)とすることができる特例です。本来の耐用年数よりも短い期間で償却できるため、1年間により多くの額を経費として計上できます。また、一括償却資産としたものは、償却資産税の課税対象外となるのもメリット。, 個人事業主が一括償却を行なう場合、青色申告決算書や収支内訳書の「減価償却費の計算」欄に必要事項を記入します。, 青色申告を行なっている個人事業主の方は、30万円未満のものについて一括で経費として計上することが認められます。なお、適用を受ける事業年度における取得価額の合計額300万円が上限となりますので注意が必要です。, この特例を受けるためには、青色申告決算書の「減価償却費の計算」欄に取得価額と特例を適用する旨を記載します。, それでは、20万以上30万円未満の金額のパソコンを購入した場合についてはどのように経理処理を行なうかについて以下で説明します。, 青色申告を行なっている個人事業主の方は、「少額減価償却資産の特例」が利用できますので、業績好調の年には300万円までは特例を用いて経費として処理し、税金を少しでも安くするのが得策です。, なお、白色申告を行なっている個人事業主の方は原則通り減価償却資産としての処理のみになります。, パソコンを購入する場合、分割払いで購入される方もいらっしゃるでしょう。以下では、パソコンを分割払いで購入した場合の経費処理方法について説明します。, パソコンをローンで購入したとしても、税務上は一括でその年の経費として処理することができます。ただし、青色申告の方は、前述の「少額減価償却資産の特例」を利用して30万円未満まで、白色申告の方は、10万円未満のパソコンに限ります。, 例えば、青色申告者が20万円のパソコンを10回払いのローンで購入し、少額減価償却資産の特例を使用した場合、購入時の仕訳は, 個人事業主の方でよくあるのが、パソコンを事業用と家庭用それぞれに使用しているケースです。この場合、パソコンに係る経費を按分する必要があります。, 按分した場合であっても税務上のルールに従って経費として処理、または資産計上を行ないます。例えば、20万円のパソコンを購入し、減価償却資産を選択した場合は備品として計上し、減価償却することとなります。なお、家庭用に按分を行なう場合の勘定科目は「事業主借」又は「事業主貸」という個人事業主のみが用いる勘定科目になりますのでご注意ください。, 例えば前述の20万円のパソコンのうち、70%を事業用、30%を家庭用として使用していた場合、減価償却費は年間50,000円になりますので、70%の35,000円を, パソコンに限らず、事業を行う上で支払った領収書は経理処理や確定申告を行う上でとても重要な書類であるため、紛失しないよう保管することが大切です。, パソコンなど減価償却資産は、資産の計上単位(一体化)や金額ごとの税制の特例(一括償却資産の一括償却や少額減価償却資産の特例)など、一定の判断に基づく経理処理が求められます。, そのため、通常の経費で受け取るような総額や但し書きを記載した領収書だけでは、正しい経理処理が行えません。領収書に加え、請求書や納品書など経理処理の根拠となる証憑の保管が必要となるので注意しましょう。, 個人事業主の方にとって、高額のパソコンを経費として一括で処理できるかは確定申告の際にとても重要なポイントになるかと思います。本記事を参考にして、上手に節税してくださいね。, ミツモアは、完全無料、すべてWeb完結のシステムで、税理士と直接チャットでやり取りをすることができます。気軽に気になることを確認してから、直接会ったり、仕事を依頼したりできる簡単で便利なプラットフォームです。, また、チャット開始の際には、見積もり金額を含めたメッセージが届きますので、料金やサービス内容の問い合わせまで自然に行うことができます。隙間時間にスマホで税理士探しをしてみてください。, こんにちは、神戸市で会計事務所を開業している安田亮と申します。