Excellent job by the whole team to get us closer to our objective.

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); Jan Oblak(@oblakjan)がシェアした投稿 – 2020年 6月月18日午前11時11分PDT, ここ5年間はアトレティコ・マドリーの守護神として最高のパフォーマンスを披露。足元以外は全てを兼ね備えている。また、今シーズンCLの決勝トーナメント一回戦での対リバプール戦では計8本のセーブを連発し、勝利に貢献するとともにマン・オブ・ザ・マッチにも選ばれるなどイングランドでも活躍できることを証明。, しかし、問題は契約解除金が約150億に設定されており、アトレティコ側は満額の支払い以外は受け付けないという。チェルシーはすでにドイツ代表FWヴェルナー、モロッコ代表FWハキム・ジィエフを獲得しており、またブンデスリーガで活躍している若き超新星カイ・ハフェルツも狙っているとあるので高額な移籍金なら獲得の可能性は低いか。, Dean Henderson(@deanhenderson)がシェアした投稿 – 2020年 6月月17日午後12時10分PDT, 昇格1年目ながら躍進を続けるシェフィールド・ユナイテッドのGKとして活躍する23歳。, 昨シーズン懸念されていた足元の課題も安定し始め、現在37節までを終えてリーグ3位となる最少失点数に貢献。, しかし、ディーン・ヘンダーソンの保有元であるマンチェスター・ユナイテッドは、彼の未来に非常に期待しており、放出には否定的なのでこちらも高額な移籍金が必要になると予想される。, Nick Pope(@npope29)がシェアした投稿 – 2020年 4月月19日午前11時01分PDT, いい意味でクセがなく基本に忠実な28歳GK。すでに所属するバーンリーでの高パフォーマンスからプレミアリーグでの活躍は証明済み。さらにそれほど高額な移籍金もかからないだろうという見通しもあるので、問題は全くバーンリーと異なるチェルシーのスタイルに上手く適応できるかどうか。, Yeess!! いずれにせよクラブは新しいgkを探していると伝えられており、補強はほぼ間違いないと思われます。 そこで今回は、gkの補強が必須なチェルシーfcが考えている5名のgk候補選手を紹介します。 1.ヤン・オブラク(アトレティコ・マドリー) ❌❌❌, André Onana(@andreonana.24)がシェアした投稿 – 2020年 3月月7日午後3時06分PST, 18/19シーズンCLベスト4に貢献した1人として一気にブレイクし、古巣バルサも買戻しを検討しているという24歳GK。, アフリカ人らしい驚異的な反射神経を持っており、数々のビッグセーブを連発。また、元バルサだけあって足元にも定評があるのでランパード監督は非常に高い評価をしているという。, 約47億円というそれほど高くない移籍金で獲得できることから獲得に本腰を入れているとの報道もあり、そうなると問題はバルセロナとの争奪戦か。, Mike Maignan – MM16(@mmseize)がシェアした投稿 – 2020年 2月月8日午前4時04分PST, フランスのリールで活躍し、将来フランス代表の守護神になるとして期待される25歳GK。18/19シーズンにはリーグ・アンの最優秀GKにも選ばれるなど実力は証明済み。, 身体能力を活かしたセービングや元フィールドプレイヤーということもあり足元にも定評があるなどチェルシーのスタイルに合致する。, しかしその活躍からロリスの後釜を探しているトッテナムや古巣パリ・サンジェルマンも興味を示しているというので獲得は容易ではないとみられる。, イングリッシュプレミアリーグの記事を掲載。BIG6多め。。ゴシップやランキングなど。。. 19/20シーズンの37節までを終えてチェルシーの順位は4位とCL圏内に位置していますが、失点数は54失点とこの数は上位10チームの中で最も多い失点数となっています。, その理由として守備陣の不安定さが挙げられます。特にGKケパ・アリサバラガの今シーズンのパフォーマンスは批判的な声が多く、クラブも放出を考えていると噂されています。いずれにせよクラブは新しいGKを探していると伝えられており、補強はほぼ間違いないと思われます。, そこで今回は、GKの補強が必須なチェルシーFCが考えている5名のGK候補選手を紹介します。.

チェルシーは今日に至るまで多くの選手を獲得してきた。 獲得してきた選手の中には大活躍した選手、期待に応えられずチームを去った選手など様々いる。 今回は活躍した選手にフォーカスし、筆者が考えるチェルシーの歴史の中で大成功した補強トップ5を勝手に選出した。 サッカー, イングランド・プレミアリーグの強豪チェルシーは新シーズンに向けて積極補強を行っているが、そのうち3選手がクラブの高額移籍金で歴代トップ10入りを果たしたという。, チェルシーは先日、レバークーゼンからドイツ代表MFカイ・ハフェルツを獲得したことが話題になった。その移籍金は8000万ユーロ(約100億円)プラス成果ボーナスとされ、これはクラブレコードになったという。, それに加えて、RBライプツィヒから獲得したFWティモ・ヴェルナーの5300万ユーロ(約66億5000万円)は歴代7位、レスターから獲得のDFベン・チルウェルの5020万ユーロ(約63億円)は歴代8位にランクインしていると伝えた。この3選手だけでも総額で1億8000万ユーロ(約226億円)を超え、ハフェルツのボーナス次第では2億ユーロ(約251億5000万円)という超高額の投資が行われたオフになっている。, チェルシーは他にも、パリ・サンジェルマン(PSG)から契約満了に伴うフリーでブラジル代表DFチアゴ・シウバを獲得するなど、新型コロナウイルスの影響で各クラブが慎重な姿勢を示すなかで、補強の勢いは欧州でもトップと言える。新シーズンのチェルシーは、この大型補強の成果をどれくらいピッチ上に示すことができるのか注目される。, 「トゥットメルカートウェブ・コム」が伝えた、チェルシーの歴代移籍金トップ10は以下の通り(カッコ内は移籍元クラブ)。, 1位 カイ・ハフェルツ(←レバークーゼン) 8000万ユーロ(約100億円)+成果ボーナス2位 ケパ・アリサバラガ(←アスレティック・ビルバオ) 8000万ユーロ(約100億円)3位 アルバロ・モラタ(←レアル・マドリード) 6600万ユーロ(約83億円)4位 クリスティアン・プリシッチ(←ドルトムント) 6400万ユーロ(約80億5000万円)5位 フェルナンド・トーレス(←リバプール) 5850万ユーロ(約73億5000万円)6位 ジョルジーニョ(←ナポリ) 5700万ユーロ(約71億5000万円)7位 ティモ・ヴェルナー(←RBライプツィヒ) 5300万ユーロ(約66億5000万円)8位 ベン・チルウェル(←レスター) 5020万ユーロ(約63億円)9位 マテオ・コバチッチ(←レアル・マドリード) 4500万ユーロ(約56億5000万円)10位 アンドリー・シェフチェンコ(←ACミラン) 4388万ユーロ(約55億円)(Football ZONE web編集部), ランパード監督、113億円の大型補強に胸中 「プレッシャーが増すならば望むところ」, 1チームが完成する豪華陣容! チェルシー“大刷新”へ…「今夏放出候補11人」を英紙予想. > チェルシーは夏と冬における2回の移籍市場でfifaから補強禁止処分を受けた。 チェルシーはレンタルに出している若手の力を借りこの問題を乗り切るという方向に舵を切りフランク・ランパード監督にチームを委ねた。 その方針が正しかったと現在チームは証明しようとしている。 スポーツ ニューストップ チェルシーが大型補強、3人総額“220億円超” クラブ歴代「高額移籍top10」入りと海外特集 ... やべっちfc 今月末に終了と報道 4. 3 very important points. >