✅役立つ知識を集めて発信するよ 北摂で住宅売買の不動産仲介会社に勤め、2014年36歳のときに北浜で独立。 ローン事務代行手数料は、不動産会社の言い値で決まります。 お客さんの了承があればそれが費用の価格です。 これまで見てきたのは、 ローン事務代行手数料の相場はだいたい3万円-50万円 くらいでした。 のお役立ち情報をツイート 住宅ローンの相談はもちろん、銀行選び・借入プラン選びもお手伝いをさせていただいています。. 弁護士・税理士と共同して仕事をすることも多く、「売買契約の安全・安心は当たり前」がモットー。 ✅業界の裏側…コッソリ教えるよ

不動産・住宅のことならセンチュリー21の不動産総合情報サイト。賃貸情報やマンション・一戸建て・土地の購入&売却の情報はもちろん、賃貸管理、相続に関するご相談などを幅広くサポート。豊富な不動産情報と地域に密着したプロフェッショナルが、お客様の理想をかなえます。 新築一戸建ての仲介手数料が自動計算できる!早見表よりかんたん!不動産売買時の仲介手数料はいくらかご存じですか?... 住宅ローン代行手数料は不動産会社に本当に支払う必要があるの?いやいやそんなの支払ってる場合ではないです!. 住宅ローンの選び方。住宅ローンの諸費用についてご紹介しています。不動産の購入ならセンチュリー21の不動産総合サイト。全国のセンチュリー21の店舗から届いた、地域に根付いた豊富な情報で、お客様の不動産購入をサポートします。 そんなお客様の声をカタチにしたサービス「ゼロ仲介」をはじめました。

住宅ローン代行手数料(住宅ローン事務代行費用)という名目のお金を、不動産仲介会社は購入諸費用で請求してきます。, ▶参考動画:「よくわからない費用をたくさん請求する不動産仲介会社」の話(動画時間4分40秒), 銀行からローンを借りるためには、不動産の購入手続きとは別に、住宅ローンの手続が必要です。, 「あなたがローンを借りるための手続きを不動産会社に依頼して、不動産会社に手続きを代行してもらった時に支払う費用」, でも不動産会社の営業マンは、お家の購入が初めてのお客さんに、サービスの内容や価格についてもきちんと説明しません。, もちろん、お客さんが住宅ローンの手続きを自分でやれば、支払う必要のない費用だということも説明しません。, お家を仲介した場合に、不動産屋が請求することができる仲介手数料は上限が決められています。, (物件価格×3%+6万円)×消費税10%です。法律で決まっていますので、この計算での金額より多くもらうことはできません。, 結局のところ、不動産仲介会社は仲介手数料を割引しません。その理由を書きました。なんで?, これまで見てきたのは、ローン事務代行手数料の相場はだいたい3万円-50万円くらいでした。, ちなみに、大手不動産会社(住友不動産販売、三井のリハウス、東急リバブルなど)は、このローン事務代行手数料を請求していないみたいです。, 住宅ローンの申込みに必要な書類をそろえて、銀行などの金融機関に提出するというのが仕事の内容です。, 「うちの会社の提携ローンありますよ。使えば審査が通りやすいですよ(いい条件で通りやすいですよ)」, どこの不動産会社から買うかで、審査が通りやすい、いい条件で審査に通ることはありません。, まずは自分で調べた銀行の住宅ローンを申込んでみて、審査が通らなかったら不動産会社の勧める提携ローンを検討してもいいかもしれません。, よく目にするコトバ、「提携ローン」について書きました。ローン事務代行手数料と関係が深いので読んで10万円節約していただけたら。, 「提携住宅ローンあります。」とは?不動産業界用語を解説します。超基本なので知っておいて損はないですよ!, ▶参考動画:事前審査(仮審査)をお願いする不動産会社によって住宅ローンに通りやすいってあるんでしょうか?(動画時間2分17秒), この記事ではローン事務代行手数料としていますが、下記のような名目で請求される場合もあります。, 不動産会社からもらう費用明細の中に下記のような項目があったら、その内容をくわしく聞いておいたほうがいいです。, 銀行で住宅ローンを利用する場合、銀行に住宅ローン事務手数料という手数料を支払う必要があります。, その支払先は銀行です。銀行によりますが、都市銀行だと32,400円、地方銀行だと55,000円です。, 銀行へ支払う、この「住宅ローン事務手数料」という費用は必ず支払わないといけないので、節約することはできないのでくれぐれもまちがわないように。, 新築一戸建ての購入時に必要な費用を一覧にして解説しました。各項目の支払い先・平均価格などを書いています。, 仕事が非常にいそがしく、自分で銀行の手続きをする時間がないなど、ローン事務代行費用を支払っても良いほどのメリットがあれば使ってもいいかもしれません。, 試しに事前審査してもらっただけでローン事務代行費用を請求された、という話を聞いたことがあります。, まずは不動産仲介会社に費用がかかるのかを確認して、住宅ローンはすべて自分で調べて仮審査も自分で申し込むのもありです。, ▶参考記事:「都市銀行・地方銀行・ネット銀行の住宅ローンの審査内容についてどこよりもくわしくまとめました。, ローン事務代行手数料は、かんたんに節約できて、しかも効果大なので節約しない理由はありません。, なんと言っても自分で手続きするだけで、奥さんのパートのお給料の1か月分が節約できるんですから。, お客さんからもらって当然!なんて教えられていたので、何にも考えずいただいていました。, でも中には「これなんですか?」って聞かれることも多くて、ホントしれっと説明していました。, 「新築一戸建てを買うまでに知っておきたかった...」と後悔しないために。

✅さんへ優しく解説するね

✅ホンネで語るよ ゼロ仲介 YouTubeチャンネル, 人生で一番高い買いもの「新築一戸建て」を少しでもお得に買いたい。 そんなお客様の声をカタチにしたサービス「ゼロ仲介」をはじめました。, 自分で銀行に行けば親切に教えてもらえますので、実は不動産会社に頼らなくても自分でできる程度の内容です, 不動産会社を通して銀行手続きをしてもらわないと、ローン事務代行手数料をもらえないからです, よく考えたらあたり前ですよね、銀行が35年間お金を貸すのはあなたです、あなたがどんな人か調査をして貸すんですから, 住宅ローン事務代行手数料とよく似ている(まぎらわしい)ので、まちがえないようにしてください, 会社員時代、僕もこのローン事務代行手数料をお客さんから普通にもらっていました(前の会社ではローン事務代行手数料は10万円でした), 大阪生まれ大阪育ちの42歳。 「人生で一番高い買いもの、新築一戸建てを少しでもお得に買いたい」 「住宅ローン代行手数料」という項目でお金を請求されたら…皆さまはどう思うでしょうか?「えっ!仲介手数料以外にもお金かかるの! 「住宅ローン代行手数料」という項目でお金を請求されたら…皆さまはどう思うでしょうか?「えっ!仲介手数料以外にもお金かかるの!?」と焦ってしまいますよね。この全く意味が分からない費用について宅建マイスターが解説しますので、マイホーム購入計画を立てる前の参考知識として勉強してみてください!, 不動産業界15年・宅建マイスター(上級宅建士)・2級FP技能士の「ゆめ部長」が心を込めて記事を執筆します!それでは、さっそく目次のチェックからいってみましょう~, 住宅ローン代行手数料というのは、不動産屋さんが買主さまの住宅ローン書類を取り次ぐことで請求するお金のことです。, 住宅ローンの審査だけで5万円~15万円も取られるなら、自分で銀行に行って手続きしてくるよ!と思うからですよね。, 住宅ローンを使わなきゃ買えないんだから、仲介手数料の中に住宅ローンをサポートしてもらう費用が含まれているんじゃないの?と感じるからでしょう。, 「弊社と親密にしている金融機関に持ち込みますので、お客さまがご自身で行くより良い条件でお借入れが可能でございます。」という感じ。, 確かに、難しい案件を通してくれたり、最大の金利優遇を取ってくれるのであれば、住宅ローン代行手数料を支払っても簡単に元を取ることは可能ですから、悪い話ではないように感じられます。, ゆめ部長の感覚で話をすれば、難しい案件でも諦めず、努力・工夫・情熱で審査を通してくれたのであれば、住宅ローン代行手数料で15万円支払っても良いのでは…と思います。ゆめ部長も住宅ローンでさんざん苦労してきましたので、厳しい案件を通す大変さはわかりますからね。, また、大手だからこそ…、地元密着で大量の案件を出しているからこそ…、最大優遇の金利を取れる場合も、まぁ、許容範囲なのかもしれません。(ゆめ部長がお客様の立場なら、高い仲介手数料を支払った上に10万円も請求されるのはイヤですけどね~), こんなケースであるにもかかわらず、住宅ローン代行手数料で5万円~15万円も請求しているのは大きな問題だと思いませんか!?, 夫婦共働きの公務員さん。自己資金2,000万円で2,500万円を25年返済で借入したい。という案件だったらどうでしょうか。, これは鉄板案件。誰がやっても最優遇を超簡単に獲得できます。金融機関だって「ぜひ当行でお借入れくださいませ~。」と言ってくる内容。審査も楽々、新人さんが対応しても苦労せず進んでいくことでしょう。, 「請求しても仕方がない案件もある。だけど、通常は住宅ローンのサポート費用は仲介手数料に含まれていると考えるべき!」です。, ゆめ部長が購入をサポートする場合、住宅ローン代行手数料は一切かかりませんし、バックマージンも完全に0です!こういうところもチェックしてもらえると、ゆめ部長の良さがさらに伝わるかと思います (笑), 会社に内緒で住宅ローン代行手数料を残代金決済時(=引渡日)に請求し、個人で領収証を切ってお小遣いにする…という手口があるそうです。, 残代金決済時はたくさんの書類に署名・捺印をすることになります。そのため、あまり内容を確認せず、機械的に署名・捺印してしまうお客さまがいるものです。こんなタイプのお客さまがターゲットにされてしまうのでしょう…。, 住宅ローン代行手数料の領収証をこっそりファイルにしまわれたら、不動産屋さんではなく個人が領収証を切っていることに気が付きませんよね。こんな悪い人もいるようですから、十分にご注意ください!, このWebサイトは、皆さまが知りたいことを宅建マイスターが代わりに調べ、自分の経験を加えてまとめていることに価値があります。今回もしっかり調査してきましたので一緒に勉強しておきましょう!, 住宅ローンのあっせんは不動産屋さんの当然の仕事なので、どんなに大変な案件でも原則請求するべきではないし、重要事項説明書に「住宅ローン代行手数料がかかります。」と記載して説明してあってもダメです。, 仲介手数料を宅建業法の上限(成約価格×3%+6万円【税別】)で受領していながら、別途、住宅ローン代行手数料も受領しているなら、それは超過報酬となります。実費が発生しているわけではないし、特別な負担をしているわけではないので、これは「報酬」となり、受領する根拠がありません。, 大きな会社でも住宅ローン代行手数料を請求していますから、ゆめ部長はなんらかの法的根拠があるのかと思っていました。, 国土交通省が定めた包括的なガイドライン「宅地建物取引業法の解釈・運用の考え方」第46条第1項関係の「6.不動産取引に関連する他の業務に係る報酬について」には次のように書かれています…, 媒介業務以外の不動産取引に関連する業務を行う場合には、媒介業務に係る報酬とは別に当該業務に係る報酬を受けることができる。この場合にも、あらかじめ業務内容に応じた料金設定をするなど、報酬額の明確化を図ること。, この規定がありますから、住宅ローン代行が「媒介業務以外の不動産取引に関連する業務」に該当するんだ!とムリヤリ解釈しているのだと考えていましたが、そうではないということですね。安心しました!, この話を知り合いにすると「マジで!?そうだったのかー!」という話になります。ほとんどの不動産屋さんが知らないことなのです。, 都庁に相談すれば返却するように指導してくれる可能性が高いという新事実。それなら、もっと都庁が注意喚起してくれたらいいのでは…と思ってしまうのは、きっとゆめ部長だけではないですよね。イザという時は消費者を味方するから大丈夫!ではなくて…予防することも大事なはず。ムダを排除していく意識を持ってほしいと思います。, もし、仲介手数料半額で成約価格×1.5%しか受領していなかった場合はどうですか…?との質問には「その場合には受領した分を返却させることは難しいです。」との回答でした。, 仲介手数料は無料だけど、契約書類作成料とか、事務手数料とかと一緒に住宅ローン代行手数料を請求できてしまうということですね。仲介手数料無料・半額をウリにしている不動産屋さんをチェックする時は、仲介手数料以外のお金が必要かどうかを見るようにしましょう!, この記事は都庁でのヒアリングをまとめたものであり、返還を受けられなかったとしても、その責任は負えません。この点はご了承いただけましたら幸いです。, 平成31年4月1日より都市整備局に「住宅政策本部」が設置されました。それに伴い、宅地建物取引業の免許・指導、適正な不動産取引の促進などに関するお問い合わせ窓口が変更になりましたので下記修正してあります。, 都庁は消費者の強い味方ですから気軽に連絡してみてください。なお、都庁は東京都の宅建業者さんとトラブルになっているときに相談することになります。, 「住宅ローン代行手数料を還してもらえますか?」という質問には回答できません。また、「住宅ローン代行手数料を還してもらえるように話をしてくれませんか?」という要望には残念ながらお応えできません。, 返還を受けられるかどうか…?は、お手数ですがご自身で確認してくださいね。ゆめ部長が相手方の不動産屋さんと直接やり取りなんてしたら、トラブルだけ請け負うことになってしまいますので…。ご理解くださいませ。, 住宅ローン代行手数料は請求する法的根拠がないので、もう止めるべきです!仲介手数料を法定上限で請求していれば十分なはず。それでも請求したいなら、2級FPや住宅ローンアドバイザーの資格を取得したり、住宅ローンの深い勉強をしてからにしましょう。, 今回は自分で調べてみてすごく勉強になりました。他にも調査したいことがたくさんあるのですが、皆さまからの要望があれば、そこを先に記事化していきますので、お気軽にメールくださいね。, “不動産の「悩み・不安・怒り」を解消するぞー✨