08. 21. 14. 24. DVD – 第95回:高知生まれの人が特に身悶える恋愛物語 夏の帰省の必需品!? 15. 生命の源 私の夏の物語 22. 海と琉花 ソング そして、2020年2月6日(木)に、その詳しい展示内容が新たに発表されました。なんと!なんと!「千と千尋の神隠し」に登場する風景をイメージした空間ができるとのこと。 今回は、発表されたばかりの最新情報と、ジブリパークの全貌をご紹介します♪ 海との別れ 25. 星の歌 ~ケーナ&ムックリ version~ 10. みなさんはスタジオジブリの映画作品のタイトルをどれだけ挙げられますか? 本稿では国内で上映されたジブリ映画歴代21作品をすべてご紹介します。観たものを再確認のもよし、まだ観ていないものをチェックするのもよし。次に観る作品を決める参考にどうぞ! 16. ?』というタイトルで後日談を書いている, 『氷室冴子とその時代』レビュー:誰より少女の自立を願っていたのに、少女小説家の“レッテル”に悩んだ作家の苦悩, 1993年のジブリ作品『海がきこえる』が、初のアメリカ公開 限定2館の公開ながら評判を呼ぶ, 帰ってきた買っとけ! 18. 海に連れられて (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 音楽はスタジオジブリ作品でお馴染みの久石譲さんが担当しています。収録曲は25曲で、収録時間43分となります。, 01. 海と琉花 ~出会い~ 光る夜の海へ 05. ジンベエザメ 他人とうまく接することができない中学生の少女・琉花が、ジュゴンに育てられた不思議な2人の少年、“海”“空”と出会う海洋ファンタジー作品です。 音楽はスタジオジブリ作品でお馴染みの久石譲さんが担当 …

19. 星の歌 ~ケーナ version~ 20. 取り扱いは全国の「どんぐり共和国」およびオンラインショップそらのうえ店にて、2018年6月22日(金)より販売開始されます。本品は飛行石の形をした音声認識マイク搭載のアクセサリーで、2014年に発売した「光る飛行石 光のちから」からバージョンアップしています。. 嵐の中のふたり 12. 「光る海」の楽譜一覧です。ぷりんと楽譜なら、楽譜を1曲から簡単購入、すぐに印刷・ダウンロードできます!プリンタがなくても、全国のコンビニ(セブン‐イレブン、ローソン、ファミリーマート、ミニストップ、デイリーヤマザキ)や楽器店で簡単に購入、印刷いただけます。

11. 孤独な世界 星の歌 ~シンセサイザー version~ 「海がきこえる」, 【訃報】イラストレーターの広田麻由美さん死去 「ティアリングサーガ」 「トラキア776」のキャラデザ, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=海がきこえる&oldid=80450996, 手島晶子、佐藤伸子、柴田和子、大村まゆみ、北島由美子、山田憲一、長嶋陽子、横山和美、野田武広、粉川剛、岡田妙智子、笹木信作、中村勝利、小野田和由、井上博之、斉藤昌哉, BD化にあたり、4K解像度でフィルムをスキャンする4Kデジタル・リマスターによりマスターを作成, 『スタジオジブリ絵コンテ全集 8 海がきこえる』(徳間書店スタジオジブリ事業本部、2001年), 作中、高校時代の文化祭のロングショット内で、『紅の豚』の主人公ポルコ・ロッソが席に座って丼物らしき物を食べているシーンで登場している(ただし、後ろ姿なので顔は見えない). 23. (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 本体が、より原作に忠実な色合いで再現されており、音声認識で「バルス」とマイクに向かって唱えると、内臓LEDが光り、より本物のような発光となりました。, また、作中でシータが唱えたもう一つの言葉「リテ・ラトバリタ・ウルス・アリアロス・バル・ネトリール」で発動するシークレットモードも搭載されています。, ストラップ紐とペンダント紐の2種がついており、ペンダントとしてもストラップとしても楽しむことができます。, また、7月には発光させた飛行石を近づけるとロボット兵が立ち上がる効果音が流れる「天空の城ラピュタ オルゴールサウンドトレー 復活!ロボット兵」も発売予定。光る飛行石と連動して楽しむことができます。, 次のHTML タグと属性が使えます:
, © 2020 非公式スタジオジブリ ファンサイト【ジブリのせかい】 宮崎駿・高畑勲の最新情報, 『天空の城ラピュタ』グッズから新バージョンの飛行石「光る飛行石 光のみちびき」が登場!, 「天空の城ラピュタ」の光る飛行石がバージョンアップして新登場!「光る飛行石 光のみちびき」全国のどんぐり共和国で6月22日(金)より発売!, 「構想ガレリア」第3弾!『天空の城ラピュタ』のロボット兵が、フル稼働モデルで発売!, スタジオジブリドールコレクションから『天空の城ラピュタ』のロボット兵とキツネリスが登場!, 『ハウルの動く城』サイドストーリー 少年時代のハウルと、若き日の荒地の魔女を描いた『星をかった日』, 宮崎吾朗監督を解き明かす書籍『どこから来たのか どこへ行くのか ゴロウは?』が発売, 高坂希太郎監督の『茄子 アンダルシアの夏』や、片渕須直監督の『マイマイ新子と千年の魔法』など放送, 高畑勲監督も絶賛!『ロング・ウェイ・ノース 地球のてっぺん』がBlu-ray&DVDで発売!. 1993年6月25日 ジブリがいっぱいコレクション 『海がきこえる』 vhs dvd: vwsz-8026 vwdz-8026 ブエナ ビスタ ホーム エンターテイメント: 1999年7月23日 2003年8月8日 本編の後に新たに「芸術文化振興基金」のロゴが挿入された。 生命の繋がり エピローグ, 次のHTML タグと属性が使えます:
, © 2020 非公式スタジオジブリ ファンサイト【ジブリのせかい】 宮崎駿・高畑勲の最新情報, 『ハウルの動く城』サイドストーリー 少年時代のハウルと、若き日の荒地の魔女を描いた『星をかった日』, 宮崎吾朗監督を解き明かす書籍『どこから来たのか どこへ行くのか ゴロウは?』が発売, 高坂希太郎監督の『茄子 アンダルシアの夏』や、片渕須直監督の『マイマイ新子と千年の魔法』など放送, 高畑勲監督も絶賛!『ロング・ウェイ・ノース 地球のてっぺん』がBlu-ray&DVDで発売!. 04. 02. 17. 生命の理由 海 宇宙の誕生 『天空の城ラピュタ』グッズから、「光る飛行石 光のみちびき」が登場します。 取り扱いは全国の「どんぐり共和国」およびオンラインショップそらのうえ店にて、2018年6月22日(金)より販売開始されます。 宇宙の記憶 空との別れ 13. ひとりぼっちの夏休み 09. 出航 映画『海獣の子供』のオリジナルサウンドトラックが6月5日に発売されました。 星の歌 『海がきこえる』(うみがきこえる)は、氷室冴子による小説。また、それを原作として1993年にスタジオジブリが制作したアニメーション作品、及び1995年にテレビ朝日系列で放映されたテレビドラマ[1]。, 本項では続編の『海がきこえるII〜アイがあるから〜』(うみがきこえるII あいがあるから)についても述べる。, 氷室冴子による小説で、徳間書店のアニメ雑誌『月刊アニメージュ』に23回(1990年2月号 - 1992年1月号[注 1])に渡って連載され、のちに単行本として出版された[2][3]。土佐・高知を舞台に、地元の男子高校生と東京から転校してきた女子高生がたどる青春の軌跡を描き、スタジオジブリの映画「魔女の宅急便」のキャラクターデザイナー・作画監督であった近藤勝也[注 2]が挿絵を担当したことも話題となって若い世代を中心にじわじわと人気を集めた[3][4]。雑誌連載で用いられた挿絵は氷室の構想メモをもとに近藤勝也が描いたもので、氷室自身も近藤の挿絵に触発された。そのため、懐かしさやノスタルジーを感じさせる独特の雰囲気のある作品ができたのだという[5]。, アニメ誌に連載されたきっかけは、当時の『アニメージュ』編集部が「アニメ絡みでない、メジャーな作家さんの作品を載せたい」と考えたことだった。徳間書店の編集者だった三ツ木早苗は、当代の人気作家だった氷室冴子に本を書かせてその原作を元にジブリで映像化することを目論んだ[3]。当時の氷室は集英社のお抱え作家で少女向け文庫レーベル・コバルト文庫の第一人者だったため、そこに食い込むのは至難の業だったが、三ツ木はジブリを餌にそれを実現した[3]。ジブリの『魔女の宅急便』の試写会の際に「この映画と同じようなエンディングの作品を書きたい」と氷室が感想を述べた時に、連載はほぼ決定づけられた[5]。, 1993年に単行本化されたが、その際に氷室自身による編集が加えられ、一部エピソードが省かれるなど連載時とは異なる構成となっている[注 3]。同年、挿絵担当の近藤によるキャラクターデザインでスタジオジブリによるテレビアニメが制作された。, 1995年、続編として『海がきこえるII〜アイがあるから〜』が書き下ろし単行本として出版された。続編であるこちらも引き続き近藤勝也が挿絵を担当している。同年、武田真治主演で主にこちらの作品をベースにしたテレビドラマが制作された。, 1999年には『海がきこえる』『海がきこえるII〜アイがあるから〜』が共に文庫本化(徳間文庫)された。その際、時の流れにより現実と小説にギャップが生じたため、時代に合わせてセリフや作中に登場するヒット曲が変更される(Winkから安室奈美恵へ)などの作者による修正が加えられた。文庫版の解説はそれぞれ『海がきこえる』を社会学者の宮台真司が、『海がきこえるII〜アイがあるから〜』をドラマ版の脚本家の岡田惠和が担当している。, 高知の高校を卒業した杜崎拓は、東京の大学に進学した。一人暮らしを始めた矢先、同郷の友人から高知の大学に進学したと思っていた武藤里伽子が東京の大学に通っているという話を聞く。荷物の中から見つけた里伽子の写真を見ているうちに、拓の思いは自然と2年前の高校2年の夏の日へと戻っていった。家庭の事情で東京から転校してきた里伽子。彼女は、親友・松野が片思いしている相手という、ただそれだけの存在のはずだった。その年のハワイへの修学旅行までは。, 大学1年の夏、杜崎拓は故郷の高知に帰省した。その夜開かれたクラス会には思いがけないことにあの武藤里伽子も出席していた。親友・松野と里伽子のわだかまりも解け、気分よく東京に戻った拓の部屋に、年上の女性、津村知沙が入り込み泥酔して寝ていた。不倫の恋に傷ついた知沙、離婚した父とその再婚相手との間で傷つく里伽子。2人の女性に翻弄されながら、拓は東京で初めての冬を迎える。, 『海がきこえる』(うみがきこえる、英題Ocean Waves)は、日本テレビ開局40周年記念番組として放送されたスタジオジブリ制作のアニメ作品。1993年5月5日に90分間のスペシャルアニメとして日本テレビで放送された後、一部の日本テレビ系列局でも放映された[3]。テレビ放映後にはいくつかの映画館でも上映され、2016年には限定2館の上映ながらアメリカでも劇場公開された[6][7]。, 芸術文化振興基金助成事業の一環として制作され、第31回(1993年度)ギャラクシー賞で奨励賞を受賞している。, 同題の小説を原作として、スタジオジブリとしては初めて劇場用ではなくテレビスペシャル用のテレビアニメとして制作した作品[2][8]。そのため他のジブリの劇場作品と異なり、チラシやマスコミ向けのパンフレットやテレビCMなどが制作されただけで、告知ポスターや劇場用パンフレットなどによる大掛かりなプロモーションは行われなかった[6]。しかしテレビ放映では予算が合わないということを理由に、同様の企画はその後実現していない[注 5]。また東小金井に移されたスタジオジブリ新社屋で制作された初めての作品でもある。, ジブリ内の若手作家を育成する目的で、鈴木敏夫プロデューサーが『紅の豚』の制作を終えたものの次回作の着想を見い出せずにいた宮崎駿に「社内の若手スタッフに何か1本制作を任せてみてはどうだろうか」と提案して実現した企画で、原作小説のイラストを担当した作画監督の近藤勝也、のちに『ゲド戦記』『コクリコ坂から』などのジブリ映画を手掛ける脚本家の中村香(丹羽圭子)[注 6]、宮崎駿作品の背景を手掛ける男鹿和雄を師と仰ぐ美術監督の田中直哉ら、その後のジブリを背負って立つ若手アニメーターたちを中心に制作された[注 7][2][3][4][8]。そのためジブリとしては宮崎駿や高畑勲が全く関わらない初めての作品となった。監督には、外部から『魔法の天使クリィミーマミ』の演出・絵コンテや『めぞん一刻』『きまぐれオレンジ☆ロード』などの青春アニメの劇場版を監督した望月智充が招聘された[注 8][2][4][8]。望月監督は本作品と同時期にOVA作品『ここはグリーン・ウッド』を掛け持ちで作業していたため、激務によるストレスで十二指腸潰瘍を患い、1992年10月末に出血による貧血で倒れて入院。2日後には現場復帰したものの、病院で点滴を受けながら作品完成を迎えた[6][9][12]。, キャラクターデザインは原作小説の表紙と挿絵を担当した作画監督の近藤勝也が手掛けた。, 72分間[注 9]という短い作品であるため、原作とはストーリー展開や構成、設定の一部が異なっている[8]。監督の望月は、短い放送時間の中で原作のエピソードを全て描ききるのは困難だと考え、原作の前半部(高校生編)か後半部(大学生編)のどちらか一方のアニメ化を希望していた。作監の近藤、制作プロデューサーの高橋望、脚本を手がけた中村香を交えた話し合いの結果、高校生編を中心に大学生編の一部を加えた内容でストーリーを構成することが決まった[6]。作品の舞台は主に高知での中高一貫校時代に限定され、大学進学後の話は冒頭とエンディングに登場するのみでほとんど描かれなかった[注 10]。, 演出としては、大学生の現在と中学・高校時代の思い出をカットバックで見せる手法や、それぞれのキャラクターの目線で風景を切り取るカット割り、望月監督の狙いでラストシーンを活かすために全編にわたってフィックス(固定撮影)となっているカメラワークなどが独特である[2][13]。またキャラクターの演技や感情表現も他のジブリ作品に対してあえて抑えたものにしてある[9]。, 通常の絵コンテは望月監督が作成しているが、本作品ではそれとは別にキャラクターデザインと作画監督を担当した近藤勝也が作画参考用にレイアウト集も作成している[14]。近藤は監督の絵コンテを元に各ショットをさらに細かく演技づけした第2の絵コンテを描き、それをそのまま拡大コピーしてレイアウトに使用できるようにして作監作業の負担を軽減した。またロケハン時の写真も使えるものはそのままショットの背景原画として拡大コピーし、背景作業の簡便化も図った[6][12]。, テレビアニメながら本作品は16:9のビスタサイズで制作された。当時、テレビは4:3画面アスペクト比の地上波時代だったが、制作側はテレビスペシャルというより「映画」という認識だったためである[15]。, 配役はベテラン声優の中からテープオーディションで決めたが、里伽子役だけが決まらず、別途小劇団で活動していた坂本洋子が選ばれた[16]。歴代スタジオジブリ作品の中で、唯一男性の専業声優(飛田展男)が主人公の声を演じている作品であり、キャストのほとんどが専業声優で占められていることもジブリ作品としては異例である。, 制作当初、主題歌は中島みゆきの『傷ついた翼』が検討されていたが、楽曲使用料の問題でヒロインの里伽子役の声優を務める坂本洋子の「海になれたら」が使用された。, 1995年公開のスタジオジブリ作品『耳をすませば』は、同作の脚本・絵コンテ・制作プロデューサーを担当した宮崎駿が『海がきこえる』に触発されて制作に乗り出したものである、とされている[9]。また同作の監督を務めた近藤喜文は、本作前半の主人公の家の食事シーンの作画を担当した[17]。, 2011年公開のスタジオジブリ作品『コクリコ坂から』とはシナリオとキャラクターデザインが共通であるなど非常に密接な関係がある[18]。, 1993年5月5日の本放送は関東のみで夕方4時からの放映だったが、この時間帯では異例の視聴率17.4%を記録した[19][20]。その後、5月8日から7月14日にかけて全国の一部日本テレビ系列局(計13局)でも順次放映された。, 2011年7月15日には日本テレビ『金曜ロードショー』枠で約18年2ヶ月ぶりにテレビで再放送された。他のスタジオジブリ作品とは異なりこの枠で放映されるのはこれが初であり、また一部の系列局で遅れ放送はされたものの本放送は関東ローカルで夕方の時間帯だったため、ゴールデンで全国放送されたのも完成以来初めてのことだった[19]。通常の金曜ロードショーの枠で放映するには90分間(正味72分間)と尺が短いため、映画『コクリコ坂から』の公開を記念した日本テレビ『金曜特別ロードショー』として時間を延長して『ゲド戦記』とともに放映される2部構成の形が採られた[注 11]。また、冒頭に「この作品には、未成年の飲酒・喫煙シーンがありますが、原作の作品性、原作者の意図を尊重しオリジナルのまま放送いたします。」とのテロップが入れられた。, テレビ放映以外に、劇場でも公開された。上映は主に第七藝術劇場(大阪府、1993年10月9日 - 22日)、山形フォーラム(山形県、同年11月13日 - 26日)、中野武蔵野ホール(東京都、同年12月25日 - 1994年1月14日)といったミニシアター系の映画館で行われた[6]。2016年12月28日から4Kリマスター版がアメリカのニューヨークとロサンゼルスの映画館2館で劇場公開された[7]。, 社会学者で映画評論家の宮台真司は、宮崎駿との対談において「『耳をすませば』よりも『海がきこえる』の方がより現実的な女子中高生の描写ができている」と発言し、二人の間で論争となった[注 12][23]。また宮台は望月智充・近藤勝也・高橋望の3者へのインタビューも行っている[24]。, 高知の進学校から東京の大学に進学した杜崎拓は、吉祥寺駅のホームで武藤里伽子に似た女性を見かける。だが、里伽子は高知の大学へ行ったのではなかったのか?初めての夏休み、同窓会のために帰省する飛行機の中で、拓の思いは自然と里伽子と出会ったあの2年前の夏の日へと戻って行った。季節外れに東京から転校して来た里伽子との出会い、ハワイへの修学旅行、里伽子と2人だけの東京旅行、親友と喧嘩別れした文化祭。ほろ苦い記憶をたどりながら、拓は里伽子との思い出を振り返っていく。, 『海がきこえる〜アイがあるから〜』は、同題の小説を原作としたテレビドラマ。1995年12月25日の月曜日20:00 - 21:48にテレビ朝日系列でクリスマスドラマスペシャルとして放映された。, 主演には『海がきこえる』のファンで、この作品がテレビドラマ初主演となる武田真治が起用された。小説『海がきこえる』を原作にドラマ化する予定だったが、企画段階で「22歳(放映当時)の武田真治が中高生を演じることに無理がある」ということが問題となった。しかし続編の『海がきこえるII〜アイがあるから〜』が出版されたことにより、そちらの内容をベースに大学進学後の話をメインとすることで解決した[29]。設定は原作とは大きく異なっている。, 当初、里伽子役となる女優は未定であった。さらには「里伽子脇役論」も出るなど混乱していたが、当時20回目を迎えたホリプロタレントスカウトキャラバン(以下、TSC)で、TSC史上初の試みとなる「コンテスト兼ドラマヒロインの選考」として、里伽子役を公募するに至った。TSC史上最多(当時)の応募総数となる43723人が、書類審査を経て約4000人に、さらには地方予選を経て候補者は14人に絞られた。14人は千葉県長生郡一宮町での厳しい合宿を経て、6人が最終候補として残った。そして厳正なる審査の結果、佐藤仁美がグランプリを獲得し、里伽子役に抜擢された。なお、このときの審査員特別賞は新山千春が受賞した[29]。, ロケーションには出演者見たさに多数のギャラリーが殺到し、撮影が思うようにいかないこともあった[29]。, 東京の大学に進学を決めた拓は、路面電車のホームで松野豊に「お前な絶対女で苦労するタイプや」と告げられて見送られた。東京での慣れない一人暮らしを送るなか、駅のホームで偶然にも里伽子を見かける。その後、拓は里伽子が東京方面に進学したことを松野から電話口で知らされた。拓は里伽子との高校時代の思い出を振り返りながら、田坂や知沙に出会い、そして里伽子と再会し、彼らとの関係に悩まされながらも大学生活を送る。, いずれも日本テレビ四十周年キャンペーン用に、スタジオジブリが制作したアニメーション, のちに鈴木敏夫は「スタジオジブリ史上最も予算の回収に苦労した作品である」と回顧している, 実は本作品以前から望月によって「海がきこえる」のアニメ化企画が何度か鈴木プロデューサーのもとに持ち込まれていたが、いずれも実現することはなかった。しかしその経緯があったために監督選考の際に望月が推挙されることになった。また、彼が過去に『, そのために津村知沙など大学で出会う人物は一切登場せず、また原作には掲載されているキスシーンが描かれていない。, この件について、宮台はのちに『宮崎駿の新作アニメは「ジジババ向き」!