仮面ライダーナイト松田悟志、17年ぶり『龍騎』に感慨 激似で話題のゲイツ押田岳との秘話も明かす, 『仮面ライダー龍騎』萩野崇、岡元次郎の王蛇で復活 - 俺たちはいま再び『龍騎』を撮っているんだな, 平成最後にして最初のNintendo Switch用”ライダーゲーム”「仮面ライダー クライマックススクランブル ジオウ」発売決定, 「パズドラ」と「仮面ライダー」シリーズの初コラボ企画が12月3日にスタート。ジオウやクウガら参戦ライダーたちのイラストも掲載, 「モンスターハンター エクスプロア」,仮面ライダー「ジオウ」や「電王」「エグゼイド」とのコラボが開催決定, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=仮面ライダージオウ&oldid=80328463, ライダーの力が宿っていない状態のライドウォッチ。ライダーの力を持つ者が手にすることで変化し、力が宿る, ソウゴの自転車の上に置かれていたブランクウォッチが、彼がジオウになることを決意したことで変化した, ジオウライドウォッチIIとゲイツリバイブライドウォッチ、白ウォズの力が融合することによって誕生した。, ブレイドとカリスの力を吸収したアナザーブレイドが倒されたことで排出され、その後剣崎からソウゴに託された, ソウゴとゲイツが城戸真司に会った時に二人の所持していたブランクウォッチが変化した。, ウールによって、翔一のアギトの力が吸収されて精製され、その後奪還されソウゴに託される, 『平成ジェネレーションズ FOREVER』でゲイツが2000年の九郎ヶ岳遺跡で誕生させた, 京介がツトムへの思いを告白した後に、彼の持っていたブランクウォッチが変化した。その後、ソウゴに託される, ソウゴからツクヨミに与えられたブランクウォッチが、オーマジオウの力を吸収して2019年の時点で変化した, 飛流によって操られたウォズが、赤ウォズと呼ばれる人格を植え付けられ、本来のウォズが分離することで生まれた, 未来のライダーの力が宿っていない状態のミライドウォッチ。未来のライダーの力を得ることで変化する, 飛流が所持していたブランクウォッチに仮面ライダーウォズの力を吸収させることで誕生したが、白ウォズがノートに書いたことですぐに元に戻った, 2019年の蓮太郎がライダーになる資格を得た後に白ウォズが未来のノートに書き記したことでブランクウォッチが変化した, ゲイツがアナザーキカイに「WILL BE THE KING」のパスワードを入力することで誕生した, 「王様」というキャラクター付けは、レジェンドライダーを無意識にへり下らないフラットな視点で見ることが必要であることから設けられた, 企画段階ではソウゴと王位決定戦を繰り広げるという現代人という設定で、ツクヨミとは別の未来人から力を与えられると想定されていた, 逢魔降臨暦の撮影用のプロップは紙面が無地となっており、後に真逢魔降臨暦に改造された, 仮面ライダーウォズがその名前からウォズが変身するものと容易に予想できるため、それに対するサプライズとして創作された, 未来のノートの撮影用プロップは、ブラウンがかった無地の紙面を持ち、文字が記されるシーンは合成となっている, 自分を大きく見せるため、虚勢を張る感じで常にポケットに手を入れており、終盤で手をポケットから出している, 当初は、ゲンムゾンビゲーマーのライドウォッチを渡すだけの少しだけの出演だったが、それまでのアナザーライダーの契約者の人選が本質的に王様ではないような人物が選ばれていたため、「30代くらいの王様になりそうな破天荒でイケメンな感じ」という案を聞いた監督の柴﨑の提案で檀黎斗がアナザーライダーの契約者に選出された, 黎斗を演じる岩永はオーズ編のため、鴻上の口癖であった「素晴らしい」という台詞を言ったり、欲望を前面に出して意識しているという, EP06でアナザーフォーゼに首を掴まれるシーンは、『555』のオマージュであり、草加を演じる村上の提案によるもの, 各作品のウォッチが終盤でほぼ一巡し、『Over Quartzer』でドライブの力が継承されることは決まっていたため、『オーズ』の世界の延長線上にいる存在ではなく、オーズの存在が歴史から消えても消えずに残っており、幼いころのツクヨミたちがいる時代にいたという未来出身の設定のため、マイナーではあるが登場させることとなった, 撮影で使用したパンツは、『オーズ』当時の映司のパンツが残存していたため、そのまま使用することとなった, 東映プロデューサーの白倉伸一郎は、序盤でゴーストとドライブのウォッチを入手する過程を描きたかったがキャストの都合がつかず、西銘のスケジュールが取れた時点では既にゴーストライドウォッチを持っているという展開であったため、ストーリー作りに苦心した旨を語っている, 『ディケイド』の響鬼編とは異なるアプローチにするため、『響鬼』のプロデューサーが白倉に交代することとなった回から登場した象徴的なキャラクターである桐矢京介を登場させることとなり、彼が響鬼を継ぐ後日談となった, ウォズとの修行シーンは、トドロキが自然と向き合った生活をしているなどの彼の修行のイメージから洗濯をするものとなった, 『カブト』テレビシリーズ冒頭で、カブトゼクターに選ばれなかった加賀美をフィーチャーするため、テレビ版からの成長を描くものとしてカブトに変身することとなった, 本作品に天道総司は登場しないが、地獄兄弟の置き手紙は『カブト』テレビシリーズの天道の達筆な手紙を拾っている, 響鬼編で中村が桐矢京介を演じた際に、『平成ジェネレーションズ FOREVER』で『電王』に触れていることから、響鬼編に既に中村が出演することは決まっており、響鬼編の撮影終わりに「次は『電王編』で」と中村に声をかけたという, ちなみに、EP39は、同時期に『Over Quartzer』と同時進行で撮影していたため、出番を減らさずに奥野を映画撮影に行かせるため、ソウゴはラストシーンを除いてクジゴジ堂とデンライナーの中にしかいない, 平成仮面ライダーの力を受け継ぐことから平成2期の明るい空気感だけではなく、平成ライダー初期の少しダークな世界も通過しなければオーマジオウにはなれないため、その暗い部分の象徴としているが、実際にジオウIIに変身した直後のソウゴは、一皮剥けた感じがあるようになってしまい、裏ソウゴと融合しダークな世界を通過したことで、オーマジオウに半歩近づいたという、ジオウの強さにはそういった危うさを持ち合わせているものとして設定された, 台本上での「機械だ!」という台詞は、現場で「キカイダー!」と聞こえる発音に変更されている, ライダーアーマーのデザインフォーマットは、一目見ただけでジオウが装着したアーマーであるとわかるようにライダーの特徴を誇張する形でデザインされ、カッコいいアーマーではケレン味がなく、視聴者も見飽きているため、いかにふざけた感じにするようにしている, ジオウとゲイツはボディは共通のパーツを装着するが、マスクは互換性が無いため、それぞれ前部のアップ・アクション用の2種類が新規造形され、アーマータイム用の後頭部に換装することで対応している, 装着前のライダーアーマーは、そのライダーの決めポーズを取り、ジオウは正面から、ゲイツは背後から装着するようになっている, 変身時のギミックは、歴代のベルトで一部が回転するものはあったがバックル自体が360度回転するものはなかったことから取り入れられた, 撮影用プロップはアップ用とアクション用が存在し、前者は回転ギミックが再現可能である, 電池や基盤が中に入っているため、回すと線が絡まり切れてしまう可能性があり、本来は出来ないものとなっている, 側面のピンと磁石で小型のライドウォッチを固定しており、手に持った際に通常サイズのウォッチに切り替えている, 大小の腕時計のバンドが絡み合うことで、それが積み重なり塔のようになるようデザインされた, 前作『ビルド』のパンドラパネルの玩具が好評であったことから、同じくキーアイテムのディスプレイグッズとして用意された, ファイズフォンを現代の携帯としてスマートフォンのようなタッチで『ジオウ』版としてアレンジされ、原典が折りたたみ式だったのに対してスライド式となっている, 変身時は、背中にアナログ時計のエフェクトが出現し、身体に時計のベルトが巻かれて変身する, 監督の田﨑は、「モノマネ芸人が本人登場でビビる」というイメージをジオウのスーツアクターである高岩に伝え、本物ではないため、色々間違っているが、微妙に本物ではない感を出すよう頼んだという, 名乗り時に現す時計の針を模したポーズは、最初の撮影会で高岩がとっさに披露したものが採用となったが、左手でやっているのは、ビルドのポーズとの重複を避けるために行っているもので、左利きというわけではない, ビルドのアーマーであることよりも、ジオウとゲイツが装着するアーマーであることを前面に出している, ゲームは可視化しづらいため、エグゼイドがハンマーの武器を使うことから腕に大きなハンマーを付けることで分かりやすく押し出している, 手で腕のロケットを支持する形状であることから、このままではライドウォッチに触れることが不可能であり、カットに応じて消えるようになっており、EP09ではジカンギレードを使用している, スーツのプロテクターとマスク、トラクローZを含めた右腕、ブーツパーツと太腿は新規造形, 鎧武の特徴であったロックシードが上空から降ってきてそのまま頭に被ると展開してアーマーになるという変身シーンのコンセプトは、鎧武の変身シーンの再現で, 撮影用スーツは、アップ・アクション兼用の1着が制作され、顔のプレート部のみアップ用とアクション用がある, 高岩は、EP46のエターナル戦では、『W』の左翔太郎そのままで演じており、ソウゴ風に演じたものも撮影されたが、前者が採用された, クウガにはキーアイテムの類が存在しないため、肩パーツは元のライダーのものをそのままデザインしたものとなった, 変身時は、背中に2つの時計のエフェクトが出現し、変身と同時に1つに合体した時計に変化する, ジオウIIが既に強力なため、強さをインフレさせるのではない方向でのパワーアップが志向され、「ジオウIII」というコンセプトから3体合体する形態となった, マスクのデザインは、頭の文字盤からマスク側面に3本のバンドが出ており、末広がりにすることで王冠のように見えるよう配されているが、顔を覆うベルト・, 意識空間でのシーンは、アバンタイトルでウォズの背後に置いてある時計を使用し、上でピアノ線で引っ張っている人と、下で手で動かす人の二人で時計の針を動かしている, 変身音は、史上最大に派手にするため、平成ライダー全員の名前を全て言うものとなり、約1分30秒の長いものとなった, 変身時は、背中に禍々しさを出した時計のエフェクトが出現し、ジオウIIと同じ捻れたバンドが変身と同時に何重にも中心に渦巻くように変化している, ディケイドアーマーでのフォームチェンジは各ライダーの中間フォームの力を用いるというコンセプトであったが、龍騎には中間フォームが存在しないため最強形態の例外的なフォームとなった, 前作『ビルド』のドリルクラッシャー同様、2段階に変形する武器となり、ヒーローにも取り入れられたカタカナを全面的に押し出し、ジオウの武器である個性を際立たせるため、ディテールに文字が刻まれている, デザインは、ベルトを伸ばした腕時計が剣になったもので、ギミックは時計の針を動かす武器がなかったため、針を操作して時代を選ぶものとなった, デザイン段階では、ジオウIIへの変身時にジオウの顔が外れて剣になると想定されていた, 最初に登場する強化形態のため、普通のものではなく、別のウォッチをつけることとなった, これまでのライドウォッチが竜頭を捻る動きをするがなかったため、捻ることでスライドさせ、二つに分割するものとなった, 竜頭を回転させることで、裏面に時計の針状の彫刻が施された天面の各プレートが本のページをめくるように片ヒンジで開き、3つのプレートが重なることでベルト中央に, 装着時のジオウドライバーの表記は「2019」だが、ウォッチにより半分隠れ「20」のみが見えるようになっている, デザインイメージは、音楽室の肖像画だが、造形物は曼荼羅のように見えてしまったという, 足の「キック」の文字は顔の「ライダー」と合わせて「ライダーキック」と読めるように共に光っている, 「ヘイセイ」と書かれた20人分のカードがデザインされているが、龍騎のものだけ反転した文字となっている, 未来から来た主人公のライバルのため、ジオウのアナログウォッチに対してデジタルウォッチ、カタカナに対してひらがなの流れとなった, 変身時は、背中にデジタル時計のエフェクトが出現し、身体にジオウとは色違いの時計のベルトが巻かれて変身する, 当初のデザインでは腕にガンガンセイバーを模した武器がついていたが、ジオウの武器と被るためドライブともども武器をつけない形となった, ライダーアーマーのデザインは肩にキーアイテムを配するルールとなっており、ドライブの場合本来はシフトカーが配されるべきであったが、ドライブのもう一つの特徴であるタイヤを胸部アーマーのグラフィックで表現するよりも肩につけた方がドライブらしいとの判断からルールとは外れたものとなった, 劇中に登場するため、平成1期のフォーマット同様、ファイズの特徴である携帯を肩に付けることとなり、各武装を起動させる意匠となった, アーマーのデザインコンセプトは、円形の魔法陣が変形したもので、指輪を肩に付けているが、指には嵌めていない, 背中のマントはアクションの際に内側に巻き込まれないように付け根部分に折り目が付けられている, スーツもエグゼイドアーマーの色変えで、腕のハンマーの部分をオミットし、肩のガシャットは玩具版のプロトマイティアクションXガシャットが、他のガシャットとは異なり取っ手のガード部分が黒ではなく紫だったため、遊び心でそのまま拾っている, 変身時は、ジオウIIとは異なる正統な強化版と考え、上に装甲が付け足されたデジタル時計の上に砂時計を配置したものが出現し、開き方で各形態の差をつけている, 展開した羽の部分が加わるため、実際のスーツは重量があり、スーツアクターの縄田は剛烈の方がスピーディーに動けて楽だったという, スーツはディエンドのベーススーツとゴーストアーマーのプロテクターをベースに改造された, のことつめのモチーフを優先してデザインされ、ジカンザックスのディテール感を拾って、ひらがなで文字を入れ、同じ人物が使用することを演出しており、各モールドを各形態の色にすることで印象付けている, デザインモチーフは砂時計であるが、ゲイツのギアでもあるという方向性でまとめられている, アップ用プロップには青いビーズが封入されており、実際にビーズが降りてフォームチェンジを表現している, ゲイツの複眼テクスチャを貼り込んだファイズの円錐エフェクトを使用し、敵を拘束するエフェクトはジオウと共通の時間ノイズを混ぜ込んでいる, 撮影用スーツはアップ用とアクション用が存在しており、肩と胸、履帯とマフラーの換装によりフォームチェンジを表現している, 企画段階では、ソウゴの敵としての本性を明かしたウォズが変身する最強形態と想定されており、中ボス的な立ち位置としてオーマジオウとの最終対決の前哨戦でジオウトリニティを圧倒しグランドジオウによって倒されるという展開が予定されていた, マスクはアップ・アクション兼用が制作され、ゲイツリバイブと同様、全体を換装することでフォームチェンジを表現している, ウォズのデザインモチーフがスマートウォッチであることからタッチパネルを用いたスワイプをギミックに組み込んでいる, アップ用プロップは、文字の部分は可動表示されるが、先端部の各パーツを換装して変形を表現している, 各モードはそれぞれ通常形態・フューチャーリングシノビ・フューチャーリングクイズで使用することを想定している, 変身ポーズは、アクション監督の宮崎が考案した『補完計画』第15.5話の際のツクヨミの変身ポーズと同様である, 玩具「DXジクウドライバー」では当初から「TSUKUYOMI」のセグ表示が設定されていたが、これは開発段階で名前が決定していたことから仕込まれていたものであり、ツクヨミの変身を想定したものではなかった, 当初は、奥野本人が50年後の姿を演じるには無理があることから、変身前は登場させない予定だったが、ジオウのスーツアクターを務めている高岩が担当することとなった, 白倉は、オーマジオウは平成ライダーの墓を守る墓守としており、ちゃんとしたピリオドを打って平成ライダーを封印し、過去のものにして彼らが暴れ出さないよう50年間見張りについていたと語っている, デザインコンセプトは「王様」で、最初から敢えて最後の敵を登場させることで、自分自身が最後の敵であるという顛末をどう展開させていくかという緊張感を持たせるために制作された, 本作品の最終回までの劇中(前述参照)、並びに関連する商品展開においては「オーマジオウ」が「仮面ライダー」の名を冠することはなかったが、2019年2月23日に発売された、, 各仮面ライダーのモチーフは、子供にわかりやすくて人気があり、なおかつ今後の仮面ライダーシリーズでメインモチーフにはならないであろうものを選定している, デザインモチーフが忍者のため、クナイやシュリケンの意匠、忍者装束のような布を用いることで忍者ライダーの印象を強く押し出している, 撮影用スーツは『仮面ライダーエグゼイド』のライドプレイヤーのマスクと『エグゼイド』に登場するライダーの共通肩パーツ、『仮面ライダーゴースト』の仮面ライダーゴーストのボディを改造したもので、忍者の記号である布を巻いている, シノビの対比としてオレンジがメインカラーに選ばれ、二の腕や太腿にオレンジの生地をグルグルに巻いている, クイズがモチーフのため、○×や?を全面的にあしらい、2択問題のクイズのイメージで○×は2色にしている, 撮影用スーツは『ゴースト』のダークゴーストのマスクと『エグゼイド』のライドプレイヤーのボディを改造したものである, スパナを顔にあしらうことで無骨に「機械といえば?」という方向でデザインされ、配線をグラフィックとして入れることで機械感を強調している, 全身に散らばる星のディテールやベルトを中心とした同心円のディテール、ギンガファイナリーと同じ太陽や惑星のアイコンをポイントで配置することで全体で宇宙を表現している, ジオウを踏襲したデザインとなっており、文字盤を模したフロントカウル、その両サイドから車体にメタルバンドが通っているようにデザインされた, スケジュールや予算の都合で、一気に1年分用のモーションキャプチャーを撮る必要があり、1話から16話までのリストを元に該当するシーンのキャプチャーを作成している, 企画段階ではオーズは巨大ロボット枠という想定であったため、その名残として玩具「DXタイムマジーン」にオーズライドウォッチが付属することとなった, ウォズ機は、ミライドウォッチではなく、タイムマジーン専用のウォズライドウォッチをデザインしている, プロデューサーの白倉は、「アナザークイズのようにオリジナルライダーの力が完全に倒していない場合もある」, 一時的にアナザーライダーが倒されるという設定は、前編で敵を倒せないという前後編の問題点があり、『電王』が基本的に単体ライダーものであったのに対して、本作品ではジオウとゲイツの最低2人がいるため、現代と過去で同じ相手と戦うというのを成立させるための条件として設定された, 変身時のエフェクトは、繊維状のものが体の周囲を包み、モチーフとなったライダーの禍々しい変身エフェクトが表示され、変身する, 当初は、ジオウIIとグランドジオウに合わせて新しくなるというものだったが、グランドジオウのアナザーは難しいという判断から前者をアナザー化させることとなった, ディケイドということは意識せず、判別しやすいラスボスのシルエットのイメージに、ディケイド要素のスリットやカードを加え、身体側のマゼンタ部分にカード状を追加し、ディケイドの左胸の白いスリットで示された「X」を意図的になくし、原典のディケイドが本作品にも登場することや、当初は門矢士が変身すると想定していたため、ディケイド感は言われなければわからないほど薄くなっている, 当初は、金時計をデザインモチーフとしたものとなっていたが、「死神」というキーワードが出てきたことで『ドライブ』の死神をもとにまとめ直している, 試作段階では、単体で遊べるギミックを搭載したため大型化してしまい、小型化するまで幾度も苦労を重ねた, ブランクウォッチの無機質な天面を悪っぽい色の紫と黒にすることで、アナザーウォッチとして使用し、アナザーライダーのデザインをデータにして加工し、グラフィック化したものとなっている, 店内にはビルドの秘密基地にあった数式に由来した時計など各レジェンドライダーに由来した時計のプロップが並べられている, 桜井侑斗 / 仮面ライダーゼロノス アルタイルフォーム(声) - 中村優一(39,40)『, オープニング映像は、タイトルバック冒頭はエフェクト込みのライダーキックを並べて、それが動き出す「ライダーキック博物館」というイメージ、映像最後のロゴのフラッシュは視聴者に馴染みのある作品のロゴを並べ、その作品のロゴに反応した際にタイムトラベルのような感覚をできるようにしており、平成ライダーだけでなく、初代『仮面ライダー』のロゴも入れたことは反響を得ているという, サブタイトル形式はEP29までは「○○(西暦)」、EP30以降は「(西暦):○○」で統一されている。, 本編終了時には各話ごとに関係するライドウォッチやミライドウォッチ、アナザーウォッチが表示される, 『ジオウ』テレビシリーズでのシノビの描写に力が入れられていたことから、これを活用するために制作された, 身長:186.1cm / 体重:114kg / パンチ力;8.3t / キック力:15.7t / ジャンプ力:83.2m / 走力:2.4秒(100m), 浅野桂、井上文人、牛込兼一、大脇涼、沖雄貴、岸田風斗、小林広一、小松束沙、齋藤孝造、坂本孝一郎、島貫翔、鈴木信一、辰巳茉莉子、田中孝弘、寺門剛、户田晴香、貫井響、原田堅司、廣瀬亮太郎、畠山慈羽、松川翼、三上喜康、山口純一、山口遥、山本誠一、吉田哲弥, VFXアーティスト - 越智裕司、小松祐規、機田功介、前田尚宏、今井昭克、若林純、南剛、高橋泰孝、林潔、諸星勲(, 製作 - 東映特撮ファンクラブ(東映、テレビ朝日、バンダイナムコライツマーケティング), 当初は当時のロングコートを着用する予定だったが、年齢にあった新たなジャケットを着用している, 城戸真司 / 仮面ライダー龍騎(声) / 仮面ライダーリュウガ(声) - 須賀貴匡, VFXアーティスト - 越智裕司、小松祐規、機田功介、前田尚宏、今井昭克、若林純、南剛、高橋泰孝、林潔、林秀則・島田友晴・吉岡隆史・東孝裕(林デジタル工務店)、諸星勲(マリンポスト), 浅野桂、井上文人、牛込兼一、大脇涼、沖雄貴、岸田風斗、小林広一、小松束沙、齋藤孝造、坂本孝一郎、島貫翔、鈴木信一、辰巳茉莉子、田中孝弘、寺門剛、戸田晴香、貫井響、原田堅司、廣瀬亮太郎、畠山慈羽、松川翼、三上喜康、山口純一、山口遥、山本誠一、吉田哲弥, 撮影時期はEP44からEP46と同時期であり、テレビシリーズのハードな展開とのギャップとして学園祭のようなテンションで、子供でも純粋に楽しんでもらえるような内容にしている.