2017 -2017 All Rights Reserved.

エルフ(ELF)は、いすゞ自動車が製造・販売する小型および中型トラック。かつて乗用車、SUVを製造していた時代も含め、一貫していすゞ自動車の主力販売商品である。, 1975年に2トンクラストラックでシェアトップを奪って以来、日本の小型キャブオーバートラックの代表的存在として世間では位置づけられている。一般的なトラック同様、荷台のバリエーションによりさまざまな車種が存在する。エンジンは、ディーゼルエンジンのみならず、CNGエンジンの他、ディーゼルエンジンとモーターを組み合わせたハイブリッドカーも存在する。かつては3種類以上のディーゼルエンジンのほか、ガソリンエンジンなど、多彩なエンジンが用意されていた。しかし、排出ガス規制への対応から、6代目へのモデルチェンジでLPG車が廃止され、ディーゼル2機種+CNGと、ベースエンジンを共用するハイブリッドのみとなった。, 日本国内向けは最大でも車両総重量8tクラスの「NPR」シリーズまでの設定であるが、輸出仕様の中には車両総重量8.5tクラスである「NQR」シリーズの設定がなされている海外仕向地もある。, なお、マイパックは350シリーズとともに3代目にフルモデルチェンジした後も1978年まで併行生産を行っていた。, 「Be-Cam」はベース車に対し、リヤのリーフスプリングを1枚にし、乗り心地と安定性を向上させたほか、キャンピングカー装備を架装することによる重量増を前提としてリヤタイヤもダブルタイヤとなっている。

2017/02/11 NPS72 4WDエルフ高速ギア切換時にギーと音がして低速のままという事で引き取り, ワイヤーの行っている先はフロントプロペラシャフトの奥で右側上部ですクローラーということもあり, ク○アーやディーラーメンテパック車検の現実グリスが無くて4WDにならない記事はこちら, ホンダ4WDは4万キロごと交換しないとトラブルの出るDPSFがあります記事はこちら, ハイブリッド、クリーンディーゼル、自動ブレーキ等最新システムは車検項目ではありません, 2014.9弊社の耐塩カルクリアークリアー施工 2年白馬通勤しても錆びない詳細はこちら, ○新車販売○頭金不要期間中の税金、車検コミコミ個人/法人リースも行っております記事はこちら. U“ÆŽ©‚̃C[ƒW[ƒhƒ‰ƒCƒuƒVƒXƒeƒ€ uƒfƒ…ƒAƒ‹ƒ‚[ƒh‚l‚sv‚ð•W€‘•”õ‚Æ‚µA‰õ“K«‚ÌŒüã‚ð}‚Á‚½B. 当ブログは情報の提供に際しては細心の注意をはらっておりますが、情報の利用についてはすべて閲覧者様の責任において行っていただくようお願いいたします。詳しくは, 車種によりセンターデフの仕組みはいろいろですので、フルタイム4WD車で雪道を走る前にはメーカーやディーラに、確認. 1975年6月 フルモデルチェンジで3代目登場(エルフ150及び250)。テレビcmに渥美清を起用。 ゆえに3代目前期型は通称「寅さんエルフ」とも呼ばれている。 1976年 1年遅れてルートバンもフルモデルチェンジ。; 1977年1月 エルフ250に前後異径タイヤのフラットローを追加。 いすゞ自動車(株)は、小型トラック「エルフ」のワイドキャブ車に、低型4WD車を新規設定し、 10月3日より全国一斉に発売する。 前輪・後輪ともに駆動する4WD車は、滑りやすい路面でも安定した駆動 … いすゞの小型トラック・エルフ(elf)の商品情報サイトです。燃費・走行性能、室内・インテリア、安全性能、シャシ性能、グレード・ラインナップ、車種別展開・スペックなど、詳しい商品情報が載ってい … life info , スバルサンバー4wdにならない記事はこちら Since2008©Y-ARMS, Ltd. !って疑問に思っちゃいますよね。   …, オートキャンプにはじめて挑戦しようと思っていても、道具を買いそろえるのは、なか …, ドライブレコーダーが急速に普及しています。そろそろ、自分も付けたほうがいいのか …. Some Rights Reserved. 4wdは常時四輪駆動のフルタイム式と任意に駆動システムを切り替えられるパートタイム式が存在し、 トラックに搭載される4wdはfrベースのパートタイム式が一般的で、高い駆動力が必要となる際に2wdのfrから4wdへの切り替えを行えます 。 北米でもシボレーおよびGMCで販売されていたが撤退した。しかし、2015年6月15日にいすゞとゼネラルモーターズは米国における商用車に関する協業に合意し、これにより2016年からシボレー向けにNシリーズ(エルフ)のOEM供給が再び行われて、シボレーは米国のローキャブフォワードトラック市場に再参入する予定である[15][16]。, タイではトラックの他に4代目と5代目と同じくルートバンベースのバディ(BUDDY)が生産されていた。, また、かつては韓国のセハン自動車(大宇自動車を経て現:韓国GM/タタ大宇/大宇バス)でも生産されていたことがある。また2020年現在はいすゞコリア(CUROモータース)によりいすゞブランドのものが輸入されている。なお、ハングルにF音がないことからセハン/デーヴ生産分・CURO輸入分ともにハングル表記上は「エルプ(엘프)」となっている。, ウクライナのボフダーン社ではエルフのプラットフォームを利用したマイクロバス「ボフダーン」が開発されており、1999年より販売している。この他にもトルコ、フィリピン、台湾など世界中でエルフのプラットフォームに独自の車体を架装したマイクロバスが生産されている。, 日本ではエルフ同一キャブのマイクロバスや、コンポーネント流用のジャーニー等が初代エルフの時代から存在していた。西日本車体工業がマツダ・パークウェイ用の車体を5代目エルフに架装したマイクロバスをジャーニーEとして販売したことがある。このほか、エルフと共通の部品を活用したジャーニーSも製造された。, ジャーニーS(KA5*B系)は1970年、エルフマイクロバス(TL-B系)からモデルチェンジした15人乗りのマイクロバスで、エルフルートバンと車体が共通化されている。尚、同車はリヤドアが塞がれていた。後継車種はファーゴバスである。, 妖精のエルフであり、1959年8月にデビュー時の広告では「お仕事繁栄のマスコット」といったキャッチコピーとともに、端の方にとんがり帽子をかぶった小人の絵と「エルフ」の意味について解説が掲載されていた。, — 『カタログでたどる 日本の小型商用車―1904-1966』108ページ[17], メキシコや韓国など、日本と同じエルフの名称で販売している輸出・現地生産先もあるものの、日本国外のほとんどの地域ではNシリーズとして発売される。2008年の6代目からの輸出車両は車名が「REWARD」となった[2]。, 2代目(1968年-1975年(150/250)。1970年-1978年(350)), 3代目(1975年-1984年(150/250)。1976年-1991年(ルートバン)。1980年-1984年(350)。, 1978年に2代目350シリーズ生産終了後、約2年半ぶりの復活としてのフルモデルチェンジとなる, 3トン積車以下のSG・SEカスタムの全車種に標準設定、3トン以下のSTと3.5トン積車以上の全車種にオプション設定。, 車両停止時に、従来のエルフのアイドリングストップ機能で行っていたパーキングブレーキレバーの操作をすることなく、クラッチペダル操作のみで、エンジンの自動停止&再始動を行うシステム。, 小関和夫『カタログでたどる 日本の小型商用車―1904-1966』、三樹書房、2017、, いすゞ自動車創立80周年記念特別仕様車を発売-大型トラック「ギガ」、中型トラック「フォワード」、小型トラック「エルフ」-, “いすゞ、小型トラック「エルフ」を改良 -安全装置およびエンジンの刷新とともに、コネクテッドトラックへ”, http://www.isuzu.co.jp/press/2018/10_29.html, https://www.isuzu.co.jp/press/2019/3_12.html, https://newsroom.nissan-global.com/releases/190619-01-j?lang=ja-JP, https://global.nissannews.com/ja-JP/releases/release-012e60c65c918c8aad1d656ccb018169-190829-02-j, Chevrolet Re-enters Low Cab Forward Truck Market, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=いすゞ・エルフ&oldid=80378000, 1977年2月 エルフ250にいすゞ独自のデザインを施したベッセルを搭載したダンディダンプを追加。, 1977年9月 ロングボディ車やルートバンにもフラットローを設定し、バリエーションを拡充。, 1988年7月 ワイドキャブにOKウインドーという助手席セーフティウインドウを装備。, 標準キャブ車のみ5代目のキャブ本体を流用したが他の部分についてはエンジン、フレーム等キャブ以外はハイキャブ車と同様の変更を受けている。, 05モデルは4.8リットルエンジン車が主力だったが、当代では、1.5トン~3.5トンクラスに3リッター, グレード名は、従来のリミテッド仕様・標準仕様・カスタムから、ST・SG・SEカスタムと名称変更された。, エンジン自動停止機能及び自動再始動機能付アイドリングストップ&スタートシステムを標準装備。, ハイキャブ・ワイドキャブにはOKウインドウ(セーフティウインドウ)をオプション設定。, 2007年12月 『第26回 日経優秀製品・サービス賞』(優秀賞 日経産業新聞賞・環境)受賞, 2012年12月 日産・アトラスのフルモデルチェンジによるベース車種変更(エルフ→, 2013年3月 一部仕様変更。2WD・スムーサーEx車のセレクトレバー形状が変更され、P(パーキング)レンジが新設されるとともに、ゲートタイプのセレクトレバーに変更。また、エンジン始動もPレンジ投入時のみ始動可能に変更された, 2014年11月13日、マイナーチェンジ。可変容量パワーステアリングポンプの採用や6速トランスミッションギヤ比の見直し、省燃費タイヤの展開拡大、そして、4JJ1エンジンを改良し、低圧縮化と新インジェクターの採用、エコストップをカーゴ系(SGグレード以上)に標準装備としたことにより、燃費を向上させた。これらの改良の結果、全車平成27年度燃費基準達成となった。これにより、2 - 3トン積エコストップ付車で平成27年度燃費基準+10%を達成し、低排出ガス認定制度と合わせて新車購入時の自動車重量税・自動車取得税が免税に、3トン積超2WDと車両総重量5トン超4WDで平成27年度燃費基準+5%を達成し、低排出ガス認定制度と合わせて新車購入時の自動車重量税が75%減税、自動車取得税が80%減税となった. ジャングルのドロドロの未舗装路やサラサラでグリップしづらい砂漠、摩擦係数が低下する凍結した道路など4WD駆動システムを搭載した車両が活躍するのは道路コンディションが極端に悪い悪路をイメージします。, しかし4WDは高い走破性と共に強力な駆動力を発生させる特徴も備えているため、高性能スポーツ車やトラックに搭載される駆動システムでもあると言えます。駆動システムとしての4WDの特徴やメリット・デメリットを紹介します。, 自動車はエンジン出力をタイヤに伝えることで走行し、エンジンの出力を受けて駆動力を発生させるタイヤは駆動輪と呼ばれます。またエンジンと駆動輪の位置関係を駆動システムと呼び、エンジン形式にさまざまなタイプが存在するように駆動システムも5つのタイプが存在します。, エンジンで発生させた出力で駆動輪を回転させることにより走行する自動車は、エンジンと駆動輪の位置関係によって次に挙げるFF・FR・RR・MR・4WDの5つの駆動システムに分類されます。, FFはフロントエンジン・フロントドライブと呼ばれる駆動システムで車両前部にエンジンを設置し、前輪にエンジン出力を伝えることで前輪が駆動輪となる駆動システムです。一般的な乗用車に採用される駆動システムで現在最も普及している駆動システムだと言えるでしょう。, FRはフロントエンジン・リアドライブと呼ばれる駆動システムで車両前部にエンジンを設置し、後輪にエンジン出力を伝えることで後輪が駆動輪となる駆動システムです。トラックに採用される駆動システムであり、国内で運行するすべてのトラックがFRで駆動していると言えます。, RRはリアエンジン・リアドライブと呼ばれる駆動システムで車両後部にエンジンを設置し、後輪にエンジン出力を伝えることで後輪が駆動輪となる駆動システムです。現在国内現行モデルで駆動システムにRRを採用するトラックは存在しませんが、大型バスに多く採用される駆動システムだと言えます。, MRはミッドシップエンジン・リアドライブと呼ばれる駆動システムで車両後部にエンジンを設置し、後輪にエンジン出力を伝えることで後輪が駆動輪となる駆動システムです。RRの駆動システムに類似していますが、エンジンの設置位置が後輪よりも後部であればRR、後輪よりも前部であればMRと捉えれば良いと考えられます。現在国内現行モデルで駆動システムにMRを採用するトラックは軽トラック1車種しか存在しません。, 4WDはフォー・ホイール・ドライブと呼ばれる駆動システムで車両前部にエンジンを設置し、前輪・後輪にエンジン出力を伝えることで4つのタイヤ全てを駆動輪にできる駆動システムで四輪駆動とも呼ばれます。類似した駆動システムに3つ以上の車軸を搭載する車両の総輪駆動を行う全輪駆動 (AWD) が存在し、3軸車両の6×6や4軸車両の8×8などが該当します。, 5つに分類される自動車の駆動システムですが、各システムの特徴によって駆動システムの採用車両が異なってきますので、各駆動システムの特徴と採用される車両を紹介します。, 前輪が駆動することで車両を引っ張りながら走行するため直進安定性に優れる点や、後輪を駆動させるドライブシャフトが存在しないことから室内空間の確保が行えるFFは、コンパクトカーや普通乗用車に採用されるケースが多い駆動システムです。, 前輪は操舵専用・後輪は駆動専用と役割分担がなされ軽快なハンドリングの実現が行えるものの、トランスミッション・デフ・ドライブシャフトなどで室内空間が犠牲になる点やリア・サスペンションの構造が複雑化するFRは大型セダンやスポーツカー、トラックなどに採用されるケースが多いと言えます。, 駆動輪となる後輪に直接エンジン出力を伝えやすいことや、前輪と後輪の機能を分離することでハンドルの操作性向上が望めることから1960~1970年代の小型車両に数多く搭載されてきたものの現在では珍しい駆動システムとなったRRですが、室内空間の確保が行えることから大型バスなどには採用されています。, 最も理想的だと言われている50:50に近い前輪と後輪の重量配分を実現できるMRは運動性能に優れることからスポーツカーに多く採用される駆動システムだと言えます。現在国内のトラックへの採用例は軽トラック1車種のみとなっています。, エンジン出力を無駄なく前後の車輪へ伝えることができる4WDは、駆動性能・走破性・走行性能に優れるため、ジープやSUV、スポーツカーや乗用車の上級グレードに採用されるケースが多い駆動システムですが、高い駆動力を必要とするトラックへの採用例も多く見られます。, 4WDは常時四輪駆動のフルタイム式と任意に駆動システムを切り替えられるパートタイム式が存在し、トラックに搭載される4WDはFRベースのパートタイム式が一般的で、高い駆動力が必要となる際に2WDのFRから4WDへの切り替えを行えます。, 4WDの駆動システムを搭載する車両は軽トラックや小型クラス・中型クラスのトラックに多く見られます。運送業務に用いられる小型トラックで4WDの駆動システムを搭載する人気モデルを紹介します。, 三菱ふそうの小型トラックシリーズ、キャンターには1986年に投入された5代目4WD搭載モデル以降、全てのモデルに4WDモデルが用意されています。現行モデルは2010年に発売された8代目モデルとなりますが、2011年に標準キャブ車全車に全低床フルタイム4WD、ワイドキャブ車全車にパートタイム4WDが用意されました。, いすゞの小型・中型トラックシリーズ、エルフには1986年に投入された4代目4WD搭載モデル以降、全てのモデルに4WDモデルが用意されています。現行モデルは2006年に発売された6代目モデルとなりますが、2019年のマイナーチェンジで4WDモデルのシングルキャブの標準キャブ・ハイキャブ・ワイドキャブを平成28年排出ガス規制に適合させています。, 日産の小型・中型トラックシリーズ、アトラス は1982年発表の1.0~1.5トンクラス・1981年発表の2.0~4.0トンクラスの各初代モデルから4WD搭載モデルが投入され、現在全てのモデルに4WDモデルが用意されています。, 1.0~1.5トンクラスの現行モデルは2007年に発表された3代目ですが、2019年にいすゞ小型トラックのOEM供給で合意しエルフの1.5トンモデルの供給を受ける見込みとなりました。また2.0~4.0トンクラスの現行モデルは2013年に発売された5代目となりますが、三菱からOEM供給を受けたキャンターが使用されています。, 日野の小型・普通トラックシリーズとして1999年に発売されたデュトロは初代モデル・2011年に発表された現行モデルの2代目共に4WDモデルが用意されています。初代モデル・2代目モデル共に共同開発を行ったトヨタにもダイナ・トヨエースとしてOEM供給が行われています。, トラックの前輪・後輪に駆動力を発生させる四輪駆動の4WDは完成度の高い駆動システムだと言えますが、もちろんメリットとデメリットも存在しますので4WDのメリットとデメリットを紹介します。, 4WDのメリットとして真っ先に挙げられるのが走破性の高さだと言えるでしょう。四輪駆動車である4WDは前後すべての車輪で駆動力を発生させられるため、悪路走行に必要となる安定したトランクション発生が行えます。, トランクション発生が安定は悪路走行中での車両の挙動安定に繋がることが4WDの高い走破性を実現させています。またすべてのタイヤで駆動力が発生することはエンジン出力のロスを抑え加速性能の向上や力強い走りにも繋がるため、貨物自動車であるトラックにとって効果的な特徴をもつ駆動システムだと言えます。, 高い走破性や走行性能を実現させる4WDですが、駆動系等が2WDの倍となるため車両価格が高額になる傾向にあります。また駆動輪が増加することはデフの数が増加することを意味するため、車両重量の増加やメンテナンスコストの上昇がみられるのも4WDのデメリットと捉えられるケースは数なくありません。, 車両重量の増加によって最大積載量が2WDモデルより減少することや燃費の悪化は避けられませんし、4WD走行時は抵抗が増加するためさらに燃費の悪化が見られるのも4WDの弱点だと考えられます。, 機能性の高い駆動システム4WDですが、車両価格が高額化する側面を持つことが新車の4WDトラックの購入の際に問題になると言えるでしょう。4EDのトラック購入は中古トラック販売店を利用することをおすすめします。, 中古トラック販売店は新車同然の未使用車から低価格な車両まで、多彩な中古車両の取扱いを行っています。4WDトラックは一般的な2WDのトラックよりも登録台数が少ない傾向にありますが、中古自動車市場へは一定数が流入していますので中古トラック販売店で予算に合わせた4WDトラックを短納期で購入することができます。, 新車よりも断然有利!短期納車が可能な中古トラック納車までの流れ・必要書類・日数のまとめ!, 中古トラックの車両コンディションは生産技術の向上と共に年々向上している状況で、メンテナンスコストが高くなる4WD車も良好なコンディションの車両が取り扱われています。, 車両価格が高額な4WDトラックの購入は、実車を比較しながら予算に合わせた車両を選ぶことができる中古トラック販売店の利用がおすすめです。, 平ボディ/いすゞエルフ/H31(R1)/走行0.2万km/積載3t/★車検付★ アルミブロック, 一般的なトラックに比べると4WDトラックの存在は余り知られているものではありませんが、機能性が高く完成度が高い駆動システムだと考えられる4WDを搭載するトラックは非常に魅力的な存在だと言えるでしょう。, 車両価格が高額な傾向になるのが4WDトラックの弱点ですが、中古トラック販売店を利用して次に挙げる機能を搭載する4WDトラックを購入してみるのはいかがでしょうか?, 荷台寸法は積載重量で異なる!2t・4t・10tの平ボディトラックの荷台寸法を徹底比較!, 前輪・後輪にエンジン出力を伝えることで4つのタイヤ全てを駆動輪にできる駆動システムで四輪駆動とも呼ばれます, トラックに搭載される4WDはFRベースのパートタイム式が一般的で、高い駆動力が必要となる際に2WDのFRから4WDへの切り替えを行えます, エンジン出力のロスを抑え加速性能の向上や力強い走りにも繋がるため、貨物自動車であるトラックにとって効果的, 4WDトラックは一般的な2WDのトラックよりも登録台数が少ない傾向にありますが、中古自動車市場へは一定数が流入していますので中古トラック販売店で予算に合わせた4WDトラックを短納期で購入することができます, トラックドライバーが免停になる条件とは?点数や罰金、期間、会社への対応はどうすればいいの?, オイルエレメントはオイルをキレイに保つ必須アイテム!交換時期や費用、種類についても解説, トラックのブレーキパッドは乗用車とは違うの?交換目安や工賃、メンテナンス方法などもご紹介!, 大型特殊免許を取得するために必要な日数や費用、コツなどを徹底解説!どんな車が該当するの?.