と『影』は答えた 「エルドラドへ行きたいならば」 ポーのリフレイン論に関する覚書(2018年5月) エドガー・アラン・ポー(Edgar Allan Poe)が「フィロソフィ・オブ・コンポジション( 'Philosophy of Composition')」 で説いた理論。 ホーム » おすすめ本 » エドガーアランポーおすすめ作品 ! Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。, アメリカ最大の文豪であり、怪奇と幻想、狂気と理性の中に美を追求したポオ。彼は類なき短編の名手である。推理小説を創造し、怪奇小説・SF・ユーモア小説の分野にも幾多の傑作を残した彼の小説世界を全四巻に完全収録した待望の全集! 収録作品 1壜の中の手記 ベレニス モレラ ハンス・プファアルの無類の冒険 約束ごと ボンボン 影 ペスト王 息の喪失 名士の群れ オムレット公爵 四獣一体 エルサレムの物語 メルツェルの将棋差し メッツェンガーシュタイン リジイア 鐘楼の悪魔 使いきった男 アッシャー家の崩壊 ウィリアム・ウィルソン 実業家(解説)佐伯彰一 全巻にハリー・クラークの口絵一葉を付した。, 全体的な星の評価と星ごとの割合の内訳を計算するために、単純な平均は使用されません。その代わり、レビューの日時がどれだけ新しいかや、レビューアーがAmazonで商品を購入したかどうかなどが考慮されます。また、レビューを分析して信頼性が検証されます。, さらに、映画もTV番組も見放題。200万曲が聴き放題 ゾクゾクする魅力 ! Amazonでエドガー・アラン・ポオ, 阿部 知二のポオ小説全集 1 (創元推理文庫 522-1)。アマゾンならポイント還元本が多数。エドガー・アラン・ポオ, 阿部 知二作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。またポオ小説全集 1 (創元推理文庫 522-1)もアマゾン配送商品なら通常配送無料。 !「E・A・ポー ポケットマスターピース 09 (集英社文庫ヘリテージシリーズ)」. プリアン・オーヴァーベック・ウェルズ-----文学的モザイク》,                                                                        . 選び方その3. 。クラウドに好きなだけ写真も保存可能。, このショッピング機能は、Enterキーを押すと商品を読み込み続けます。このカルーセルから移動するには、見出しのショートカットキーを使用して、次の見出しまたは前の見出しに移動してください。, 比較文学の島田謹二氏に「ポーの初期物語の読み方 ―「ペスト王」を一例として」という小論文があります。, この小説を初めて読んだのは二十歳の頃でした。が、そのころの私にはいささか難解過ぎる内容と、また1ページに文字がギチギチに詰め込まれているのも手伝って、半分も読まない内にリタイアしてしまったという有り様でした。そして三十代になった今改めて読み返してみると人間の心の複雑さ、難解さをしみじみと感じさせて、また考えさせてくれる話ばかりです。私のお勧めはメッチェンガーシュタイン、瓶の中の手配、鋳楼の悪魔、などですが、まだ読んでいない方は是非一回読んでみてください。狂気と天才とは紙一重とはよく言ったもので作者の狂気ぎりぎりの天才ぶりが 伝わってくる話ばかりです。, 今回の本で先ず評価したいのは、一巻から4巻まで年代順に分類されていることです。したがってポーの作品の遍歴を詳しくしることができます。そういった意味で大変資料的価値があるといえましょう。「ハンスプファール氏の無類の冒険」は月旅行の題材ですが、後にジュールベルヌなどの世代にSF小説のジャンル確立のきっかけにもなっていますし、推理小説ファンの私にとってはペダントリー主義の先駆けといっていいい作品などがあり大変興味深く拝見させていただきました。しかし、推理小説や古典嫌いの方にはとっつきにくいと思います。ならびに生粋のポーファンではないとついていけないジョークなどもあり、初心者は他の出版社の代表作を読んだ上でこの本をぜひ購入していただきたい。, 「狂気」を扱った小説家においてポオほど完璧な世界観を構築しえた小説家は数少ない。勿論焼き増しのような作品は数多く存在する。読めば読むほど圧倒的な筆力が強力な魔力となって読み手を引き込んでいく感じがする。「モルグ街の殺人」といえばミステリーファンなら一度は耳にしたことがあるかもしれない。推理小説の原点を紐解いてじっくり読み込み、その独特の世界に浸るのも悪くない時間のすごし方でしょう。, 本著は、ポーの代表作で編集された小説全集である。アル中、サクソン系ではなくフランス、ドイツ系のしつこいくらいネッチリした文章と怪奇の世界が楽しめる。, 商品詳細ページを閲覧すると、ここに履歴が表示されます。チェックした商品詳細ページに簡単に戻る事が出来ます。, © 1996-2020, Amazon.com, Inc. or its affiliates. ! ★解説2:コナン・ドイル作《あの四角い小箱 (That Little Square Box)》とエドガー・アラン・ポー作の 『長方形の箱 (The Oblong Box) 1844年発表)』の類似性について (Poeの表記が参考文献によって「ポオとポー」があるので二つの表記が混在しています。 人気ランキングTOP5+10, 子どもの頃からの読書好きが高じて、本に囲まれたくて司書として働いた経験があります。趣味が読書なのはもちろん、仕事でも幅広いジャンルの本を取り扱ってきた筆者が、おすすめの本を紹介します。, 40年という、現代からすれば短い生涯のうちにエドガー・アラン・ポーが残した作品は、そう多くはありません。また短編小説が多いので、1冊に数作品がまとまっていることも多いです。その点を踏まえて、参考になるような選び方をまとめてみました。, まだエドガー・アラン・ポーの作品を読んだことがない、何から読めばいいかわからないという方は、有名な作品から選んでみてはいかがでしょうか。, 例えば、恐怖小説では「黒猫」「アッシャー家の崩壊」などが有名ですし、「モルグ街の殺人事件」は、世界初の推理小説とも言われています。冒険小説、暗号解読の推理小説として知られる「黄金虫」は、出版された当時から広く読まれたとされている作品です。, またエドガー・アラン・ポーは詩人でもあり、掲載当初大変な評判を得た「大鴉」をはじめ、「アナベル・リー」「鐘のさまざま」といった多くの人に知られる詩を残しました。, このようなエドガー・アラン・ポーを語るうえでは欠かせない作品から、読んでみてはいかがでしょうか。, エドガー・アラン・ポーの作品で、書店やネットで見つけられる作品はそう多くないので、ネタバレのないあらすじや内容を読んで、興味を持った作品から読むのも良いかもしれません。, 小説を読むのか、詩を読むのか。小説の中でも恐怖小説、推理小説、冒険小説と色々なジャンルがあります。また同じ恐怖小説といっても、ドッペルゲンガーを題材にしたものや、生き埋めにされるもの…など感じるホラーの要素も様々です。, 短編小説が多いので、短編集として一冊にまとまっている本がいくつかあります。例えば同じ代表作「黒猫」が収録されている作品であっても、他の収録作品が違うので、読みたい作品が多く収録されている一冊を選ぶのが良いでしょう。, また1800年代のアメリカの作品なので、訳によって読みやすさも変わってくると思います。試し読みや、レビューで確認するなどして、自分にとって読みやすい文章の本で読めれば、作品により一層入り込めるのではないでしょうか。, 選び方を見たところで、まずは本のランキングをトップ5からご紹介します。エドガー・アラン・ポーの作品は、短編が一冊にまとめて収録されているものが多く、そのうえ短編は電子書籍などで一作品ごとに読めるものも多いです。ですのでおすすめの本と、おすすめの短編作品に分けてランキングでご紹介します。, Kindle版 > 日本文学研究エドガー・アラン・ポー全集・出版委員会エドガー・アラン・ポー(著), エドガー・アラン・ポー全集・出版委員会から出ている電子書籍「『エドガー・アラン・ポー・16作品⇒1冊』」。ここで短編作品ランキングとして紹介した10作品に加え、「アモンティリャードの酒樽」「十三時」「暴露させる心臓」「病院横町の殺人犯」「メールストロムの旋渦」「約束」の16作の短編小説を楽しむことができます。訳者も複数で、ポー関連の豊富なさし絵も楽しめる作品です。, これだけポーの主な短編小説を収録して、お値段もリーズナブル。電子書籍で、読みたい作品に飛んで読むのも簡単なので、携帯できる端末などでポー作品を楽しみたい方にオススメです。, 光文社古典新訳文庫から出ているシリーズ。ポーの本では、「黒猫/モルグ街の殺人 」と「アッシャー家の崩壊/黄金虫」があります。「黒猫/モルグ街の殺人 」の方に収録されているのは、「黒猫」「本能vs.理性-黒い猫について」「アモンティリャードの樽」「告げ口心臓」「邪鬼」「ウィリアム・ウィルソン」「早すぎた埋葬」「モルグ街の殺人」の8篇です。「アッシャー家の崩壊/黄金虫」の方には、「アッシャー家の崩壊」「ライジーア」「大渦巻への下降」「群衆の人」「盗まれた手紙」「黄金虫」と、詩の「大鴉」「アナベル・リー」が収録されています。, ポーの作品は、1800年代のものなので、本によっては訳が読みにくいということがあるかもしれません。読みやすい訳で読みたいという方には、こちらのシリーズがオススメです。, 恐怖小説や詩で知られるアメリカの作家であり詩人、編集者や批評家でもあったエドガー・アラン・ポー。日本でも知られている作品は多く、有名作家 江戸川乱歩もペンネームの由来とした作家です。エドガー・アラン・ポーは、世界中の文学に影響を与える作品を残していますが、馴染みがなければどんな作品から読めばいいか迷いますよね。そんなエドガー・アラン・ポーの作品で、読んでおきたい作品や人気の作品をご紹介したいと思います。, エドガーアランポーおすすめ作品 ! 人気ランキングTOP5+10, 3位 短編小説を楽しむ「黒猫・アッシャー家の崩壊 -ポー短編集I ゴシック編-(新潮文庫)」, 1位 名作をとにかく網羅 ! ゾクゾクする魅力 ! 収録内容・訳から選ぶ; エドガー・アラン・ポーおすすめ本ランキングtop5; 5位 電子書籍で楽しむ「『エドガー・アラン・ポー・16作品⇒1冊』」 4位 読みやすい新訳で「黒猫/モルグ街の殺人 (光文社古典新訳文庫)」 エドガー・アラン・ポー「大鴉」 [1845年初出] (1) Once upon a midnight dreary, while I pondered weak and weary, Over many a quaint and curious volume of forgotten lore, While I nodded, nearly napping, suddenly there came a tapping, As of some one gently rapping, rapping at my chamber door. エドガー・アラン・ポー、第1回「アナベル・リー」 Annabel Lee (1849)日本語訳と解説(ポーの目次はこちら)。 1.日本語訳 2.原詩 3.解説 4.翻訳ノート !