『ウォッチドッグス レギオン』はいつ発売されますか? 答え: PC、PlayStation 4、PlayStation 5*、Xbox One、Xbox Series X|Sで、 2020年10月29日 に自分たちのレギオンを作り、未来を取り戻そう! Stadia, the S logo, and related marks and logos are trademarks of Google LLC.

Watch Dogs, Ubisoft and the Ubisoft logo are registered or unregistered trademarks of Ubisoft Entertainment in the U.S. and/or other countries.

ジャンル:アクションアドベンチャー.

ブログを報告する, 始めに 「バイオハザード レジスタンス(BIOHAZARD RESISTANCE…, 今回の舞台は、イギリス・ロンドン。ビッグベンやピカデリーサーカスといった誰もが知るランドマークが再現されたこの街では、犯罪組織や民間軍事企業、未来主義者といった勢力が覇権をかけて抗争している。そして、組織の暴力におびえる人々を救い、自由を取り戻すために立ち上がったのが、正義の, “デッドセック”は、スマートシティ化が進む世界でシステムを利用して不正を働いたり、弱者から不当な利益を得ている企業や集団に反抗する, 驚くべきことに、サブミッションや地区ミッションについては、色々なパターンがあって面白いです。, この仕様が非常に面白く、慣れると「これが日常生活でも使えないものか」と思ったりするレベル, 【感想等】Watch Dogs : Legion(ウォッチドッグスレギオン)【トロコン済】, 【感想等】Demon's Souls Remake PS5(デモンズソウル リメイク)【トロコン済】, 【感想等】The Last of Us Part II(ラストオブアス2)【トロコン済】. ユービーアイソフトは、PS4/Xbox One/PCダウンロード版「ウォッチドッグス レギオン」を本... 「VALORANT」SF世界を連想させるフォルムのスキンシリーズ「イオン」が11月12日に実装!, 「FFBE 幻影戦争」志尊淳さん・松岡茉優さんが出演する新TVCMが本日より放映開始!楽曲はヨルシ…, 梶裕貴さんや緑川光さん、上坂すみれさんなどがデザインを監修したワイヤレスイヤホンが登場!…, 宇内梨沙アナウンサーがゲーム実況に挑戦!YouTubeチャンネル「ゲーム実況はじめました。~女子…, 24時間ごとにランダム生成される塔に挑む「常世ノ塔」のアーリーアクセスがSteamで開始!, 落ち着いた雰囲気の中でアイドルたちの姿を楽しむ―「変なホテルとアイドルマスター」メディア向…, 「ウムランギジェネレーション」本編二週間前の世界を描くDLC「マクロ」がSteamにて配信開始!, 「ぷよクエ」11月23日スタートの「ハイキュー! ジャンル:アクションアドベンチャー. 「Watch Dogs : Legion(ウォッチドッグスレギオン)」をクリアし、トロフィーコンプした筆者が、感想・評価・レビュー等をまとめたいと思います。, 本ゲームは、2014年に1作目が、2016年に2作目が発売された「Watch Dogs シリーズ」の続編です。, ただし、タイトルには、前作の流れからの「3」ではなく、「Legion」が付けられていることから、正統なナンバリング作品ではなく、あくまで外伝のような扱いなのではないかとも思われます。, 当初は、2020年3月6日に発売される予定でしたが、延期となり、2020年10月29日の発売となりました。, ウォッチドッグス レギオン - PS4【CEROレーティング審査予定 (「Z」想定) 】, 今回の舞台は、イギリス・ロンドン。ビッグベンやピカデリーサーカスといった誰もが知るランドマークが再現されたこの街では、犯罪組織や民間軍事企業、未来主義者といった勢力が覇権をかけて抗争している。そして、組織の暴力におびえる人々を救い、自由を取り戻すために立ち上がったのが、正義のハッカー集団“デッドセック”だ。, “デッドセック”は、スマートシティ化が進む世界でシステムを利用して不正を働いたり、弱者から不当な利益を得ている企業や集団に反抗するハッカー集団。初代『ウォッチドッグス』では、主人公に協力する組織として登場したが、2016年に発売された『2』では主人公はじめデッドセックのメンバーが中心となる物語が展開した。, 今回は、ロンドン市民に自由を取り戻すためプレイヤー自身がデッドセックを組織することになる。メンバーとなるのは、ゲーム内に登場するロンドンの一般市民全員だ。過去作と同様、今作も同じ世界観のなかで独立したストーリーが展開するので、前作をプレイしたことがない人も普通にストーリーに入り込めるだろう。, ただし、舞台はもちろん、メンバーも全く異なり、2と関係する話題も出てこないため、ほぼ別の組織と思ってもよいでしょう。, さて、ここからがストーリーに関する感想なのですが、正直なところ、プレイし終わった今、何の感情も湧いてきません。, このような状態になる原因について考えてみたところ、次の3点について考えられました。, まず、「1.主人公に感情移入できない」ですが、この点についてはある意味では仕方のないことでもあります。, というのも、本作の目玉として「街中でスカウトした人間をそのままプレイキャラとして使用できる」というシステムがあるためです。, 割と簡単に仲間に出来てしまい、ポンポン新しいキャラクターが増えていってしまいます。, また、各キャラクターを掘り下げるような「ドラマ要素」はもちろんないため、各キャラクターに感情移入することは難しくなっております。, 一応、ストーリーの中の会話は各キャラクター毎にボイスが収録されているため、ちゃんと行われるのですが、さっき入ったばかりのメンバーが、長年デッドセックに居たかのような対応を取るため、どうしても違和感が出て来てしまいます。, 過去作は、キャラが固定されており、それぞれのキャラが個性的で愛着が湧いていただけに、仕様とはいえ、残念でした。(個人的に), 次に、「2.ミッションの内容が単調」ですが、基本的に各ミッションは次のような流れになります。, もちろん、各段階で色々なことがあるでしょうが、それでも「敵とガチンコで戦う」「敵にばれないように隠れながら進む」「監視カメラ等を駆使しながら自分の手を汚さないように頑張る」といったぐらいしか選択肢がありません。, 筆者も最初は趣向を凝らしながら進めていたのですが、途中からはゴリ押しが強いことに気づき、最終的にはランボー状態でした。, ストーリーの内容もそれに準ずるような形で進むため、ワンパターンなストーリー展開となってしまったように思えます。, なお、驚くべきことに、サブミッションや地区ミッションについては、色々なパターンがあって面白いです。そっちをメインにした方が…と思ったのは内緒です。, そして「3.翻訳が微妙にずれていて理解しきれない」という点については、そのままの意味です。, ある意味では洋ゲーの宿命なのかもしれませんが、某ツシマをプレイした後だと、それが顕著に現れます。, 「この言い回し、自分だったらこうやって訳すけどなぁ」「今ってこういう意味なのかなぁ」と考えてしまい、ストーリーに没入することが難しかったです。, また、日本語字幕を表示すると、変なところで字幕が切られているため、ますます没入感が無くなってしまいます。, 洋ゲーの割には頑張っている方だと思いますが、せめて字幕はちゃんと調整して欲しかったと思いました。, まず、操作感でいうと、基本的にはTPS視点の一般的なオープンワールドと思ってよいでしょう。, 前者は、監視カメラから始まり、ドローン、信号機、場合によっては人間までコントロールすることができます。これは過去作からあるものですが、この仕様が非常に面白く、慣れると「これが日常生活でも使えないものか」と思ったりするレベルです。, 後者については、上記にあるとおり、本作から採用された要素であり、街中で様々な職種や能力を持った人間をスカウトすることができます。そして、そのキャラクターを実際に自分の手で操作することができます。その職種や能力も様々なので、自分の気に入るキャラクターを探し求める作業が非常に面白いです。, その他、街の散策やサブミッション、収集物等についても、大いに楽しめます。オープンワールドゲームとしては、安定した面白さではないでしょうか。, 難易度は、 「イージー」から「ハード」まで準備されており、それとは別に「キャラクターがやられた場合は死亡し、そのキャラクターを使用できなくなる設定」も存在します。, 筆者はオフにしておりましたが、その設定を行うことにより、より臨場感のあるプレイができるのではないでしょうか。, ちなみに、難易度やそれらの設定によって何かができなくなる、トロフィーが取得できなくなるという仕様は特にないようなので、サクサク快適にプレイしたい方はイージーでプレイしてはいかがでしょうか。イージーの場合、敵に囲まれたとしても中々死亡することはありません。, というのも、一部トロフィーがバグで取得できない、取得しにくい仕様になっているのです。, まず、「どこに行ったかわかるまい!」ですが、こちらは職業「動く銅像」のキャラクターが使える「銅像のポーズ」を使用し、警察の追跡レベル5をやり過ごすというものです。動く銅像を探す作業も中々大変ですが、何より厄介なのが、「メインストーリーをある程度進めると、警察から追われなくなる」ということです。つまり、追跡レベルの概念が消えてしまうのです。バグなのかどうか分かりませんが、そういうことなので、このトロフィーは唯一の時限トロフィーと言ってもいいと思います。, 次に、「ブルズアイ」及び「乾杯」ですが、こちらについては、基本的に酒場を巡ってお酒を飲むと同時に、ダーツをプレイすることで達成できます。具体的な場所については、こちらの動画(Youtube)を参考にしてください。しかし、ここで厄介なのが、お酒を飲む及びダーツをプレイするキャラクターは同一でないといけないということです。途中でキャラを変更し、別のキャラで飲んだりプレイしてしまうとカウントされないようです。, 次に、「声の記録」ですが、こちらは一見すると簡単なように見えます。音声ログについては、普通にプレイしていてもある程度の数が集まり、集めることを意識した時点で30~40個は所持していることでしょう。しかし、ここで厄介なのが、対象となる音声ログはフィールドに落ちているものです。ストーリーで自動的に手に入るものは対象となりません。そして、フィールドに落ちている音声ログは全部で51個です。つまり、ほぼ全て集めないと達成できません。こちらの動画(Youtube)を参考に集めましょう。また、こちらのトロフィー、全て集めてもトロフィーが解除されない場合があります。筆者はまさにこれでした。なので、1度ニューゲームでやり直し、1から集め直しました。すると、集めている途中で解除されました。何故解除されたのかは謎ですが、おそらく、前回の収集データが残っており、ニューゲームで集め直したものの中に、前回収集していなかったものを取得したといううことなのかもしれません。しかし、真偽については不明です。とにかく、このトロフィーが一番謎で、厄介です。, こちらのトロフィーのビデオゲームデザイナーは非常にレアな職業となっております。筆者は街中を徘徊しまくった中で、2度だけ遭遇しました。これは、物凄く低い確率となっております。とにかく根気が必要となってきますので、収集物を集めながら余裕があったら人々をスキャンして回る癖をつけた方がいいかと思います。, pusipusiさんは、はてなブログを使っています。あなたもはてなブログをはじめてみませんか?, Powered by Hatena Blog