行貞/ヤマダ/モグラ, 【SUNNYSIDE BALCONY】LunchTime Guest:ポップしなないで♪, 【SUNNYSIDE BALCONY】11月16日(月)の SUNNYSIDE BALCONY, 【energy_flow】「THE FLOW MIXER」 mixed by SHIM TATSUYA, 京都89.4MHz 宮津79.8MHz 福知山81.3MHz 峰山85.4MHz 舞鶴87.2MHz イビススタイルズ京都ステーションの地図を楽天トラベルでチェック。周辺の人気観光スポット情報も満載。jr京都駅八条西口 横断歩道渡ってすぐ 徒歩1分 「ヤバイTシャツ屋さん」が 奇数月の毎週日曜日DJに登場!レギュラー番組「WEEKEND SHELTER」好評O.A.中!! イビススタイルズ京都ステーションの料金一覧・宿泊プラン。jr京都駅八条西口正面!全室禁煙! ... イビススタイルズ京都ステーションの宿泊予約は国内最大級の旅行情報サイト<じゃらん> ... デイユース; DJ: ヤバイTシャツ屋さん, WEEKEND SHELTER(偶数月)毎週日曜日 22:00-23:00 世界的に名高いARTIST「ジム・オルーク」がDJを担当。奇数月の毎週火曜日レギュラーオンエア中!, 松武 秀樹が「音」にこだわった、ラジオならではのオリジナリティ溢れるプログラムを好評O.A.中!.

DJ: サイトウジュン&カクバリワタル&オオゼキヤスユキ, NICE POP RADIO毎週金曜日 20:00-21:00 当日/直前のオンライン予約もok。イビススタイルズ京都ステーションの宿泊予約は国内最大級の旅行情報サイト<じゃらん> 宿・ホテル予約 > 京都府 > 京都駅周辺 > 京都駅前 > イビススタイルズ京都ステーションの料金・宿泊プラン.

”曽我部恵一”がα-STATIONのレギュラーDJに新登場!音楽談義とグッドミュージックでお届けする新番組『PINK MOON RADIO』が11月からスタート!, 京都の酒米「祝」100%の「京春雅(きょうかすが)」地元京都の酒蔵とコラボした日本酒を発売中!, 11月HELLO!KYOTO POWER MUSIC「Tomato Ketchup Boys」をピックアップ!, 圧倒的な存在感を放つ坂本慎太郎が偶数月の毎週水曜日「FLAG RADIO」レギュラーオンエア中!.

イビススタイルズ京都ステーション 電車:京都駅八条口(八条西口)より徒歩1分。 伊丹空港よりJR京都駅までバスで約55分、バス停から徒歩1分。 never young beachがFLAG RADIOのDJとして偶数月の毎週火曜日好評O.A.中!

Second Royal&bud music, LONG LIFE DESIGN RADIO毎週日曜日 18:00–19:00 WEEKEND SHELTER(奇数月)奇数月日曜日 22:00-23:00 京都のfmラジオ放送局 α-station | エフエム京都 公式サイト。最新イベント情報、プレゼント、ランキングチャート、番組ブログ、京都のおすすめ情報などをお届けいたします。周波数は89.4mhz。 アパ直なら、比較なしで最安値。【新都市型ホテル】全国のアパホテル(APAホテル)が直接販売する公式サイトは、ベストレート(最安値)にて予約できます。大浴場、露天風呂、サウナを完備の施設多数。朝食プランなどお得な宿泊プラン満載。 ベイクルーズの公式通販サイト。JOURNAL STANDARD、IENA、EDIFICE、Spick and Span、Deuxieme Classeなどの新着アイテムやスナップを毎日更新でご紹介。全品送料無料、最短翌日お届け。通常ポイント3%還元。ポイントなどの会員サービスは店舗共通でご利用いただけます。 イビス スタイルズ 京都ステーション 宿泊予約は[一休.comビジネス] 京都駅八条西口より徒歩1分の絶好のロケーション。レジャーにもビジネスにも便利。スタイリッシュなデザイン、シモンズ製のベッドですっきり目覚めた朝には朝食ビュッフェを満喫。 エリア: 京都府 > 京都駅周辺 > 京都駅前 宿番号:346318. イビススタイルズ京都ステーション、京都駅八条西口目の前、横断歩道渡ってすぐ! 高額な現金謝礼がもらえて、スキマ時間を上手に活用できるのはスマートフォン対応の老舗アンケートモニターサイトのD style webがピッタリ!通勤や家事、子育て、アルバイトの合間にちょこっとアンケート回答できちゃいます!座談会や会場調査を多数実施中で、手渡しした現金謝礼も5億円を超えるのはD style webだけ!登録無料のアンケートモニターに今すぐ登録!!, D style webは2019年でサイト運営21周年を迎える、老舗アンケートモニターサイト。日本マーケティングリサーチ協会に加盟しており、プライバシーマーク取得済み企業だから安心・安全!, 創業当時から座談会・会場調査に特化してきたから、常時多数実施中!手渡し現金謝礼はなんと年間総額5億円!, D style webはわかりやすく1ポイント=1円。最小換金額は250ポイント(※PeXポイント交換時)からなので、楽しみながら貯められる!, アンケートや調査で得られた声は、データとして企業に届けられるので、気軽に社会貢献!あなたの声が商品やサービスに活かされる!, 6~8名程度の方にお集まりいただき、普段感じていることや正直なご意見などを話し合っていただく調査です。, 決められた場所にお集まりいただき、新商品をお試しいただいたり、ご試食後、アンケートにご回答いただきます。, 自宅で新商品の食品や化粧品などを試用していただいた後、ご感想やご意見をWEBアンケートでご回答いただきます。, インターネット上のアンケートで、ご回答いただくことでポイントを獲得することができます。スマートフォンからのご回答も可能です。, D style webのポイント交換先にPeXポイントがあります。 250ポイントからPeXポイントに交換できるので、他の交換先よりも少ないポイントで交換が可能です。, 座談会や会場調査、訪問調査等の案件が多い。座談会などの雰囲気がよく、その場で現金を貰え、時給換算するとかなり良い報酬額。電話などでの対応が親切で丁寧。, 回答ページがとても見やすいこと。電話でいつもとても丁寧に対応して頂けること。こちらから電話すると、電話代が掛からない様にと折り返しの電話をして頂けるなど、お心遣いをして頂ける事。, アンケート数が多くポイントも早く貯まる点。時間もかからないものが多いのでスキマ時間に答えやすい。サイトもわかりやすいしスマートフォンで答えられるので非常に便利。, アンケートの設問数がちょうど良く、ポイントが多いところです。私は学生だった15年前からアンケートに参加させていただいていて、安定した企業なので安心して答えることができます。, 広く募られる会場調査や座談会の件数、シェアビューなど、頂けるポイントや謝礼の額面が大きいこともあり、応募しても選ばれないという残念な結果にもならないところがいいですね。, お小遣いにもなるし、なかなか都内など降りない駅に行くことがあるので、調査参加ついでに新発見や体験ができることが気に入ってます。, スキマ時間にアンケートモニターや商品モニターで商品券やポイントを獲得してお小遣い稼ぎができる!高額な現金謝礼がその場でもらえる座談会・会場調査の実施数・案内数を多数実施中!スマホ対応の老舗アンケートモニターサイトD style webは登録無料です!, 運営会社の株式会社アスマークは、(社)日本マーケティングリサーチ協会の正会員です。, 運営会社の株式会社アスマークは、プライバシーマークを取得しており、適正な情報管理をおこなっています。, 運営会社の株式会社アスマークは、ISO20252を取得しており、規格に沿って調査業務をおこなっています。, このサイトは、プライバシー保護のため、個人情報に関する画面にはSSL暗号化通信を採用(導入)しています。, アンケートや調査は企業の既存の商品の改善や新しい商品やサービス開発を行う際に、世の中の人がどう思っており、何が求められているのかを調べるために行われています。アンケートモニターはご案内するアンケートや調査にご参加いただき、その報酬としてポイントや現金、商品券などを受け取ることができます。集めたデータを集計・分析することで既存商品・サービスの改善を行ったり、顧客ニーズに合うものを新たに開発したりすることで、消費者に喜ばれる商品やサービスが生まれることにつながっています。, 座談会や会場調査に頻繁に応募されている方は、月間で約1~2万円を受け取られているようです。WEBのみで完結するアンケート中心でご回答いただいているアンケートモニター様は、月間500ポイント以上貯められている方が多いようです。D style webでは特に座談会や会場調査などのご参加いただく調査の案内数が非常に多いので、上手に参加型調査を織り交ぜることで、ある程度まとまった金額を獲得することが可能になります。, スマートフォンからのご回答も可能となっております。また、1回のご登録でパソコン用とスマートフォン用両方のページでログインが可能となっていますので、それぞれのメールアドレスでご登録いただく必要はございません。ご回答いただく際は、D style webの推奨環境の端末からアクセスしていただきますよう、お願いいたします。, 個人が特定されない状態で、回答データが集計されます。アンケートモニター様の大事なご意見・感想として企業に届けられ、商品やサービスの開発・改善に役立てられます。, D style webのアンケートは、調査ごとに対象となる方の条件がそれぞれあり、ご登録いただいている基本条件(性別、年齢など)に合致した方の中から、ランダムに抽出されたアンケートモニター様に配信しています。, D style webでは、プライバシーマークを取得しており、個人情報保護方針に則って業務を運営していますので、ご安心ください。, 収集(取得)した個人情報は、原則として統計データとしてまとめられ、個人が特定できる形で利用することはありませんので、勧誘や営業等のご連絡はしておりません。, お手元に届いたすべてのアンケートにご回答いただく必要はございません。お手元に届いたアンケートの中からご興味のあるものにご回答ください。, 本プログラムはD style web(運営:株式会社アスマーク)による提供です。本プログラムについてのお問い合わせはAmazonではお受けしておりません。D style web, Amazon、Amazon.co.jpおよびそのロゴはAmazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。. イビス、イビススタイルズ、イビスバジェットの各ホテルではボリュームたっぷりでバラエティに富んだ朝食をお楽しみいただけます。ぜひご利用ください。朝食は料金に含まれています。

イビススタイルズ京都ステーションの宿泊プラン一覧。今オススメの『【ツイン2室隣部屋確約】【朝食付】女子旅に♪家族旅行に♪紅茶&コーヒー無料サービス!』など、他にもお得なプランが満載! Copyright © FM-Kyoto Inc. All Rights Reserved, Kyoto 89.4 / Miyazu 79.8 / Fukuchiyama 81.3. マイルス・デューイ・デイヴィス三世(Miles Dewey Davis III、1926年5月26日 - 1991年9月28日)は、アメリカ合衆国出身のジャズトランペット奏者、作曲家、編曲家。アルバム『ウォーキン』『カインド・オブ・ブルー』『ビッチェズ・ブリュー』など多くの作品で知られている。日本には彼を「モダン・ジャズの帝王」[1][2][3][4][5]と呼ぶジャズ・ファンやジャズ評論家もいる。いわゆるジャズの巨人の[注釈 1]一人。クール・ジャズ、ハード・バップ、モード・ジャズ、エレクトリック・ジャズ、クロスオーバー、ヒップホップ・ジャズなど、時代に応じて様々な音楽性を見せ、ジャズ界を牽引した。, イリノイ州オールトン生まれ。翌年にイーストセントルイスへ転居。祖父はアーカンソー州に広い土地を持ち、父は歯科医[注釈 2]、母は音楽の教師という裕福な環境で育った。13歳の誕生日に父親からトランペットをプレゼントされ、演奏を始める。高校在学中の15歳のときにユニオン・カードを手に入れ、セントルイスのクラブに出演するようになる。当時のセントルイスにはアフリカ系アメリカ人の労働者の居住区が多く、ジャズライブが定期的に行われていた。そのためマイルスは多数のジャズプレイヤーを見て学んでいた。, 18歳の頃マイルスは、セントルイスにビリー・エクスタイン楽団が来たとき、病気で休んだ第3トラッペッターの代役を務め、チャーリー・パーカー、ディジー・ガレスピー[注釈 3]との共演を果たした。このときのことをマイルスは「バードとディズの演奏を聴いてても何が何だかさっぱりわからなかった」と語っている。彼はその後直ぐにニューヨークに出てジュリアード音楽院に入学(後、中退)。間もなくパーカーを探し当て、1年間同じ部屋で暮らしながら演奏を共にする。, 1945年、ライオネル・ハンプトンの楽団に所属していたハービー・フィールズの録音に参加。公式な初レコーディングである。1947年には、パーカーやマックス・ローチのサポートを得て、初のリーダー・セッションを行う。, パーカーの元でのビバップからキャリアは始まったが、マイルスは新たな可能性を求め、1948年に編曲家のギル・エヴァンスやジェリー・マリガンらと出会う。ギルの協力を得て、後のウェスト・コースト・ジャズの興盛に多大な影響を与えた『クールの誕生』を制作。スイング時代に意欲的な活動を繰り広げたピアニスト兼バンドリーダーのクロード・ソーンヒルの音楽から受けた影響を発展させたものだった[6]。その後もギルとは度々共同制作を行う。, 1950年代に入ると、J・J・ジョンソン、ソニー・ロリンズ、ホレス・シルヴァー、ジョン・ルイス、アート・ブレイキーなどと共演するが、麻薬の問題で一時演奏活動から遠ざかる。しかしマイルスは立ち直り、1954年プレスティッジ・レコードから発表した『ウォーキン』は高く評価され、ハード・バップのトップ・アーティストとしての地位を固める。1954年12月24日にはアルバム『マイルス・ディヴィス アンド モダン・ジャズ・ジャイアンツ』でセロニアス・モンクと共演する。両者は音楽に対する考え方が相容れなかったとされ、この共演は俗に「喧嘩セッション」と呼ばれていた。しかし実際の所、このセッションは演出上マイルスが吹くときにはモンクに演奏しないよう、マイルスが指示したというだけである。, 1955年、ジョン・コルトレーン、レッド・ガーランド、ポール・チェンバース、フィリー・ジョー・ジョーンズのメンバーで、第一期クインテットを結成。同年、ニューポート・ジャズフェスティバルにおいて、チャーリー・パーカー追悼のために結成されたオールスター・バンドに参加。このときの演奏がきっかけとなりコロムビア・レコードと契約。1956年に移籍第一作『ラウンド・アバウト・ミッドナイト』発表[7]。その一方で、プレスティッジとの間に残された契約を済ませるために、アルバム4枚分のレコーディングをたった2日間で行った。24曲、すべてワンテイクであったといわれる。俗に「マラソン・セッション」と呼ばれるが、連続した2日間ではなく、2回のセッションの間には約5ヶ月のブランクがある。これらの演奏は『ワーキン』『スティーミン』『リラクシン』『クッキン』の4枚のアルバムに収録され、プレスティッジはこの4枚を毎年1枚ずつ4年かけて発売した。また、1957年にはパリに招かれ、ルイ・マル監督の映画『死刑台のエレベーター』の音楽を制作した。映画のラッシュ・フィルムを見ながら即興演奏で録音したというのが伝説になっている。[8][9]。, 1958年にはキャノンボール・アダレイ[注釈 4]を加えて、バンドはセクステット(6人編成)になる。同年にはキャノンボールの『サムシン・エルス』に参加。また、レッド・ガーランドが退団したため、ピアノにビル・エヴァンスを迎える。ビルはバンドにクラシック音楽(特にラヴェル、ラフマニノフ)の要素を持ち込みマイルスに影響を与えたが、7ヶ月余りで脱退。ウィントン・ケリーが代わって参加した。, 1959年代表作の一つ『カインド・オブ・ブルー』を制作。その際にはビルを特別に呼び戻した。この作品でマイルスは、これまでのコード進行に頼る楽曲ではなくスケール(音列)を指標とした手法、いわゆるモード・ジャズの方法論を示した。この作品は革新的である以上に演奏の完成度が非常に高い。, 1960年にジョン・コルトレーンがグループを脱退、他のメンバーも随時交替する。ここからしばらくメンバーは固定されず(この時期ソニー・スティット、ソニー・ロリンズ、J・J・ジョンソンらと再び共演している)、作品的にも目立ったものは少なく、ライブレコーディングが中心となっていく。1963年ジョージ・コールマン、ハービー・ハンコック、ロン・カーター、トニー・ウィリアムスがグループに参加。サックスのコールマンがサム・リヴァースに変わって間もなくの1964年7月に初来日した。同年秋にはウェイン・ショーターを迎え、マイルス、ウェイン、ハービー、ロン、トニーという第二期クインテットが確立。1968年前半までこのメンバーで活動した。途中マイルスが健康状態の悪化で活動の休止を余儀なくされる時期もあり、録音された作品はあまり多くは無かったが『E.S.P.』『マイルス・スマイルズ』『ソーサラー』『ネフェルティティ』など優れたスタジオ・アルバムと数枚のライブ・アルバムを発表した。特に前述の4作品は60年代4部作と呼ばれ、50年代のマラソンセッション4部作と並んで人気が高い。演奏面でも作曲面でも4ビートスタイルのジャズとしては最高水準まで昇りつめた5人は、「黄金クインテット」と呼ばれる。マイルス自身もこのクインテットを「偉大なバンド」と評しており、4人から学んだことも多かったと語っている。, 1968年、8ビートのリズムとエレクトリック楽器を導入した、『マイルス・イン・ザ・スカイ』を発表。この年の後半には、リズム・セクションがチック・コリア、デイヴ・ホランド、ジャック・ディジョネットに交替。このメンバーによる録音は長らく公式には発表されなかったため、ファンの間では「幻のクインテット」「ロスト・クインテット」と呼ばれていたが、マイルスの死後1993年になってようやくライヴ盤『1969マイルス』が発表され、黄金クインテットに劣らない高水準の演奏がようやく日の目を見ることになった。, 1969年、ジョー・ザヴィヌル、ジョン・マクラフリンの参加を得て、『イン・ア・サイレント・ウェイ』を制作。さらに翌年にはLP2枚組の大作『ビッチェズ・ブリュー』[注釈 5]を発表する。3人のキーボード、ギター、ツイン・ドラムとパーカッション、という大編成バンドでの演奏で、重厚なリズムとサウンドは70年代のジャズの方向性を決定づけた。この時期、マイルスはジェームス・ブラウンやスライ・ストーン、ジミ・ヘンドリックスなどのアルバムを好んで聴いていたと伝えられており、そのファンクやロックの要素を大胆にジャズに取り入れた形となった。, 1970年代に入るとマイルスはファンク色の強い、よりリズムを強調したスタイルへと発展させ、ジャズ界でブームとなりつつあったクロスオーバーとは一線を画する、ハードな音楽を展開する。マイルスのエレクトリック期とは、この時期を指すことが多い。マイルスは、次々にスタイルを変えながらスタジオ録音とライヴを積極的に行ったが、公式発表された音源は必ずしも多くはなく、後に未発表音源を収録した編集盤が多く発売されることになる。1972年公式に発表した『オン・ザ・コーナー』は、ファンクを取り入れたことが話題となる問題作であった。しかし、クロスオーバー・ブームで、かつてのメンバーのハービー・ハンコックやチック・コリアなどがヒット作を出す一方で、こういったマイルスの音楽はセールス的には成功とはいえなかった。, 1973年と1975年に来日。この頃から健康状態も悪化、1975年の大阪でのライヴ録音『アガルタ』『パンゲア』を最後に、以降は長い休息期間となる。, 1980年に活動再開。ドラムのアル・フォスター以外はビル・エヴァンス(サックス)、マイク・スターン、マーカス・ミラーなど、当時それほど有名ではなかったフュージョン系の若手がメンバーとなった。1981年に復帰作『ザ・マン・ウィズ・ザ・ホーン』制作。10月には新宿西口広場(現在の東京都庁)で来日公演を行った。この模様は、後日NHKテレビで放映され、ライヴ盤『ウィ・ウォント・マイルス』にはその一部が収録されている。以降、1983年、1985年、1987年、1988年、1990年と度々来日した。, 1980年代はフュージョン、ポップ・ジャズ色を強め、1981年の「マン・ウィズ・ザ・ホーン」はフュージョン色が濃かった。85年に制作された『ユア・アンダー・アレスト』ではマイケル・ジャクソンの「ヒューマン・ネイチャー」やシンディ・ローパーの「タイム・アフター・タイム」などを取り上げた。, 1986年、長年在籍したコロンビアからワーナー・ミュージックへ移籍。同年発表の『TUTU』は、マーカス・ミラーのプロデュース(1曲のみジョージ・デュークのプロデュース)で、バンドを従えずあらかじめ出来上がったトラックの上にトランペットをかぶせるポップス・ミュージシャンのような制作スタイルを取り入れた。また、プリンスなどにも接近し、いくつかのセッションや録音をした他、ペイズリーパークでのプリンスのライヴにゲスト出演している。また、コーポレート・ロックのTOTOによるアルバム『ファーレンハイト』にも、ゲストとして参加。以降も、チャカ・カーンやスクリッティ・ポリッティなど、ジャズ以外のジャンルの作品にも多くゲスト参加した。, 1990年には東京ドームにて行われたジョン・レノン追悼コンサートに出演し、ビートルズの「ストロベリー・フィールズ・フォーエバー」をカバーした。さらにヒップホップのミュージシャンであるイージー・モー・ビーをゲストに迎えた新アルバムの制作を開始した直後の1991年9月28日、肺炎の為、カリフォルニア州のサンタモニカで死去。満65歳没。そのため、このアルバムはイージー・モー・ビーにより大きく手を加えられ、『ドゥー・バップ』(1991年)としてリリースされることとなる。ヒップホップ・ジャズとも言える本作は、黒人ラジオでオンエアされるなどリスナーの評価はよかったが、未完成ということもあり評論家は批判的だった。, 死後15年経った2006年にはロックの殿堂入りを果たし、授賞式でのプレゼンターは、マイルスとグループを共にしていたハービー・ハンコックが務めた。, マイルスのトランペット・プレイは、ミュートを(1940年代後半〜1950年前半に使用したミュートは「カップ・ミュート」が中心で、「ハーマン・ミュート」を頻繁に使用するのは1950年代中頃から)使用し[10]、自身の特性を考慮し、ヴィブラートをあまりかけず、跳躍の激しい演奏などといったテクニックにはあまり頼らない面が挙げられる。また、ディジー・ガレスピーのようなハイトーンを避け、中音域がトランペットにおいて最も美しい音が出る、として多用し、音から音へ移動する場合、半音階を用いている。, 後には、無駄な音を出さないという「空間性」にも繋がっていった。楽曲上の主な特徴は、初期においては、テーマの後、それぞれが順にソロ演奏を行い、その間バックアップとして呼応したり煽る事はあっても、アドリブ演奏を同時に2つ以上ぶつけることはせず、その後、再びテーマに戻って終わるといった、ジャズでの典型的なスタイルである。1960年代以降は、テーマに戻らずに終了する作品も見られる。また、1970年代以降のステージでは、トランペットの他に電気オルガンやシンセサイザーといったキーボードを演奏する事もあった。, クラシックなどのアレンジも研究し、クール・ジャズや後の完全にアレンジされたジャズにおいて、その成果が発揮された。特に、マイルスが導入したスタイルにモード (旋法)・ジャズ(Modal Jazz)[11]がある。これらは、チャーリー・パーカーらが創出したビバップに限界を感じ、コードが導入される以前の古い教会旋法を積極的に採りいれたアルバム『カインド・オブ・ブルー』で、モード・ジャズの発端を開いた。, 他にも、ブルースやロック、はたまたヒップホップなども採り入れ、ジャズを超えた、様々なジャンルの音楽に注目していた。1960年代後半は、マイルス自身ロックなど電気楽器を取り入れた音楽にも強い関心を持っていた。ジェームス・ブラウン、スライ・ストーン、ジミ・ヘンドリックスの音楽を評価し、ジミとは共同で録音する計画まであった[12]。ただ、ジミとの共演は非公式なセッションだけで終わった。ビートルズに関しては、評価せず興味も示さなかった。ただ、パーティーでジョン・レノンと出会い、バスケット・ボールをプレイしている映像は、動画サイトで確認可能である。プリンス作曲の「ジェイルバイト」の音源は、未発表のままとなっている。ただし、ブートというかたちでプリンスと共演したもう一つの作品「キャン・アイ・プレイ・ウィズ・ユウ」は出回っている。この曲は元々、アルバム『TUTU』に入る予定であったが、曲調が他の収録曲と合わないため外れた。また、『ユア・アンダー・アレスト』では、スティングがナレーションでゲスト参加し、マイケル・ジャクソンやシンディ・ローパー(「タイム・アフター・タイム」)のカバーも収録している。, 音楽的には柔軟で先進的な姿勢を貫いたマイルスも、フリー・ジャズは演奏せず、オーネット・コールマンを批判した事もあった[13]。, マイルスは、アメリカにおける人種差別問題には常に批判的であった。「白人によるアメリカ」を嫌悪しており「カストロはアメリカを批判するのに3日掛かると言ったが、俺なら2週間で出来るよ」と喧伝していた。マイルス自身も、人種差別の被害にあった経験があった。, また、「今生きている人間で最も大切な人を5人挙げてくれないか」とインタビューで聞かれ、「俺自身と弁護士のハロルド・ロベット、ギル・エヴァンスと妻のフランセス。あとの一人は50歳をこえたアメリカン・ニグロなら誰でもいい。みんな白人にひどい目に遭わされたのに我慢したからさ」と答えている。, しかし、音楽性の追求のためには人種は関係ないというスタンスを貫き通した。マイルスが一番の親友と称しているアレンジャー、ギル・エヴァンスには生涯に渡って強い影響を受けていた他、初期の名作『クールの誕生』にはリー・コニッツやジェリー・マリガンといった白人ミュージシャンを起用した。リー・コニッツを雇った際、当時主なマイルス音楽のリスナーだったアフリカ系アメリカ人層からは批判されたが、マイルスは「いいプレイをする奴なら、肌の色が緑色でも雇う[14]」と発言したと伝えられている。, 第一期クインテット時代に、一時的にビル・エヴァンスをバンド・メンバーに迎え入れ、ビルは音楽的には貢献をしたものの、客による白人バッシングに耐えきれず、わずか1年程度で脱退した。1960年代末のエレクトリック導入期には、ジョー・ザヴィヌルやジョン・マクラフリンの存在抜きには考えられないほど彼らの才能を評価していたし、その後もチック・コリアやキース・ジャレット、デイヴ・リーブマンなど多くの白人メンバーが在席した。唯一のアジア系人種として、ピアニストのケイ赤城が1989年から2年間レギュラー・メンバーとして活躍した。70年代後半の休養期にも、日本人ピアニスト菊地雅章が未発表セッションに参加していた。, 速い物を好み常にフェラーリなどのスポーツカーを乗り回していた。また彼曰く最速のスポーツである事から、ボクシングをたしなんでいた。このスポーツカーへのこだわりは飛行機で移動すれば1時間のところを、クルマに乗る事に固執し、3時間かかってしまった事にも現れている。1980年の復帰以降は、絵を描くことに没頭し、『スター・ピープル』のジャケットは自分で描いている。, グラミー賞に通算8回受賞、32回ノミネートされている。またアルバム11枚がグラミー殿堂賞を受賞、本人には特別功労賞生涯業績賞が授与されている[15]。その他ハリウッド・ウォーク・オブ・フェーム(1998年)、ロックの殿堂(2006年)などに名を刻んでいる。, デンマークによって、音楽的に著しい成果を上げた人物に対して贈られる賞である。主にクラシック奏者が受賞するため、マイルスの受賞は異例であった。, マイルス、チャーリー・パーカー、ジョン・コルトレーン、オーネット・コールマンらは、しばしば「ジャズの巨人」として名前をあげられる, http://rateyourmusic.com/.../round-about-midnight-3/lists/, http://www.quora.com/What-type-of-mute-did-Miles-Davis-use, http://www.jazzstandards.com/theory/modal-jazz.htm, http://www.rollingstone.com/.../jimi-hendrix-sought-paul-mccartney, http://www-cs.canisius.edu/~bucheger/OrnetteReview.html, http://ilovejazz.tripod.com/jazz/milesdavis.html, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=マイルス・デイヴィス&oldid=80054309, 12インチ (30cm) LP編集盤(上記の10インチのアルバムを、別テイクを入れて再構成し、2枚にしたもの), 『ザ・コンプリート・マイルス・デイヴィス&ジョン・コルトレーン 1955-1961』 -, 『セブン・ステップス:ザ・コンプリート・マイルス・デイビス 1963-1964』 -, 『ザ・コンプリート・マイルス・デイヴィス・アット・モントルー1973-1991』 -, 1993年 『ライヴ・アット・モントルー』- Miles & Quincy Live at Montreux, 2019年 『ラウンド・アバウト・ミッドナイト』- Round About Midnight, 『MILES AHEAD』 (2016年) ※1970年代後半のマイルス・デイヴィスを描いた作品。, 『巨匠たちの青の時代 Miles Davis 帝王への扉を開けたサウンド』 (NHK BSプレミアム)2011年12月22日, 菊地成孔、大谷能生『M/D マイルス・デューイ・デイヴィスIII世研究』上・下(河出文庫, マイルス・デイヴィス、クインシー・トループ 『マイルス・デイビス自叙伝』(中山康樹訳、, ジョン・スウェッド『マイルス・デイヴィスの生涯』(丸山京子訳、シンコーミュージック・エンタテイメント 2004年10月), 小川隆夫 『マイルス・デイヴィスコンプリート・ディスク・ガイド』(東京キララ社、2002年12月), アシュリー・カーン『マイルス・デイヴィス「カインド・オブ・ブルー」創作術 モード・ジャズの原点を探る』(川嶋文丸訳、.